Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 群馬県ネタ


県立公園「群馬の森」内にある「朝鮮人の碑」。群馬県から設置更新を不許可とされ、早急なる撤去を求められている。

当然である。設置条件である「政治的行事、及び管理を行わない」を無視し、設置の2004から2012年まで、追悼集会という名の反日集会、政治集会を行ってきたからである。

現在、碑の管理団体(「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を守る会)は設置更新不許可を不服として訴訟を起こしている。

そんな「碑を守る会」は4月18日に追悼集会を開催した。場所は高崎市の労使会館(群馬の森内は県が使用禁止してる)。別に追悼集会自体を批判する気はまったくない。公共の場でなければ、どこでも好きなところでやってくれて構わない。反日集会だろうが、なんでも禁止しろなんて言わない。それが民主主義国家・日本だから。

だから碑も別の場所に移せと言っている。なぜ県立公園内でなければならないんだ。群馬を代表する極左・角田義一の自宅の庭でいいじゃないか。

県民の税金で運営されている県立公園内は、特定勢力の思想・主義を主張する場所ではない!! それが右でも左でもだ!

ところで、この18日の追悼集会で裁判の弁護団事務局長・下山順という弁護士がバカなことを言っていた。「そもそも約束がおかしい。守る必要はない!」

口あんぐり!! 弁護士が約束を破ってもいい!! と強弁している。まあ勝手な推定をすると、「『政治的行事、管理行わない』という内容は、表現の自由を謳っている憲法に違反する」と言いたいのだろう。だから、「憲法違反の約束など守る必要はない」ということだと思う。

バカなことをいうな!!! 設置時の約束として、当時の団体がちゃんと受け入れた内容だ。約束を破った側が約束自体がおかしいなどどと、後から言うのは笑止である。まあ、こいつもお仲間なんだろう。

関連
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ!
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その2
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その3


4月から富岡製糸場の入場料が500円から1000円に値上げになる。
(「富岡製糸場の入場料が値上げになる!」参照)

さらに、解説員による定時解説も無料から200円と有料になる。つまり4月からは、富岡製糸場に入場し解説を聞くと、合計1200円の出費になる。これはちょっとどころか、相当高いぞ。

解説員の方々は原則ボランティアで、非常にご苦労なことと思うが、有料化されると「この程度でカネ取るんか!」とか言う来場者も出てくるような気もする。年配者が多い解説員の方々も大変だと思う。

富岡製糸場の世界遺産としての価値は大いに認めつつも、あの程度の見学エリアで1200円は高いわぁ~。

世界遺産として、維持・管理はしっかりしていかないといけないので、カネがかかることは良く分かってはいるが、500円で済んでいたものが1200円(解説込み)になる。人によって物の価値感は違うので、1200円でも見学する価値があると思う人は多いとは思うが・・・。

今は世界遺産効果で何もしなくても来場者がドッと押し寄せているが、その効果もそう長くは続かない。富岡市も次の一手を打たないと、「あれっ? こんなはずでは・・・」ってすぐなるぞ。


群馬大学病院で、肝臓手術にて18人が死亡していた。腹腔鏡手術で8人、開腹手術で10人。しかもすべて同一の医師によるもので、まるで殺人医師である。医師の名前は須納瀬豊、45歳、群馬大学の助教だ。

群馬県民にとって、重大な病気になった時にお世話になるのは、群大病院か高崎総合医療センターかといわれる。その一方の雄・群大病院での今回に不祥事に、群馬県民は大きなショックを受けている。

第一外科と第二外科と分かれていて、しかも交流などなく対立していたとか、いろいろ言われているが、結局は須納瀬が「超下手な外科医」だということ。須納瀬の手術風景を写したビデオを視た医療関係者は、一言「下手」。

さらに須納瀬は、胆管細胞がんと診断され、術後に死亡した患者が実は良性腫瘍だと分かった後も、遺族に伝えず死亡診断書にもガンと書いていた。これは医師の倫理に悖る行為であるとともに、人間として許されない行為である。

5年間で18人の方が亡くなっているにもかかわらず、何の対応もしなかった須納瀬の上司は竹吉泉教授。竹吉の責任も、須納瀬と同様に非常に重い!!

報道によると、竹吉は「多くの患者が死亡していたことは把握していたが、それがどれだけまずいことか、認識していなかった」と言っている。絶句!!

大学病院の内部のいろんな問題は、数多くの映画やTVドラマになるくらいネタには困らないようだが、こういうことを実際に目の当たりにすると、何も言えない。

稚拙な手術力で多くの患者を死亡させた須納瀬本人は、なぜ雲隠れしているのか? なぜ自ら謝罪しない。群大病院も死亡症例検証委員会とコンプライアンス推進室を設置して、今後同様の事故を防止するとか言ってるが、この程度の内容で終わりにしようとしている。

とんでもないことだ!!!

医療事故の立件は相当難しいらしいが、最低でも竹吉と須納瀬は刑事事件として裁かれるべきだ。そうでなければ、亡くなった方はもちろん、ご遺族も浮かばれない。


1月4日にスタートしたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、吉田松陰の妹・文が主人公だ。文は後に群馬県初代県令・揖取素彦(かとり もとひこ)に嫁いでいる。(ちなみに、揖取の最初の妻も吉田松陰の妹・寿(ひさ)だ)

なので、群馬県は大河ドラマに期待している。前橋市をはじめとした各自治体も「花燃ゆ推進協議会」を設立し、その舞台となる地域の魅力を発信していくそうだ。

さらには地元紙(上毛新聞)も「揖取と文の物語」なんて連載を始めた。これ以外にも、盛んに大河ドラマ関連の記事を載せて、群馬県、関係自治体と一緒になってPRに余念がない。

ところが「花燃ゆ」のスタートは順風満帆とは言えないようだ。1月4日(初回)の視聴率は16.7%(関東地区)。これは史上3番目に低い数字だ。

文をやっている井上真央はかわいいが、文自体に知名度がない。NHKもよく分かっていて、イケメン男優を大量に投入している。松下村塾を男子校に見立てた「学園ドラマ」らしい(笑)。

幕末の動乱期は多少の面白みがあるかもしれないが、揖取が群馬県令になるのは明治9年(1876年)、文が揖取に嫁ぐのは明治16年(1883年)になってからである。群馬県はどのように大河ドラマで取り上げられるのだろうか?

「花燃ゆ」は知名度の低い群馬県にとって、好機到来となるのだろうか?群馬県民として、多少の期待を持ちながら・・・。

最後に、オレは大河ドラマをここ数十年観たことないし、「花燃ゆ」も観ない。


94f1166f.jpg
富岡製糸場と絹産業遺産群として世界遺産に登録された「富岡製糸場」。非常におめでたいことで、群馬県民としても喜ばしいことだ。

そんな富岡製糸場の入場料が、来年4月から値上げになる。富岡市・岩井市長が、現行500円(大人)を1000円程度にしたいと明言した。理由は保存整備の「協力金」として500円程度を上乗せするから。

富岡製糸では、保存修理作業が30年計画で進行中だ。世界遺産にも登録され、その価値が再認識されている現在、来場客から「協力金」を得ようとする発想は理解できるが・・・。

保存修理に見込まれる金額は100億円。国と県が75%負担するので富岡市は25%の25億円準備しないといけない。

現在の入場料500円の中の250円は、既に保存修理のための基金として積み立てている。これらは早急に対策が必要な安全面などに使って行かねばならないので、別に「収入」を得たいということだ。

今年度の入場者数は10月時点で約80万人と、昨年度の約31万人を大きく上回っている。2倍以上!!このままいけば100万人を超えそうだ。群馬県民もちょっと驚き。世界遺産効果ってすげえなぁ~。仮に、年間100万人の来場者があれば、協力金は5億円集まる計算。

これなら25億円くらい、すぐに集まりそうだが。残念ながら、そうはいかないと言うのがオレの読み。

7faf7c2f.jpg
e68df00e.jpg
オレは2010年に行ったけど、はっきり言って・・・だった。
(「日本で最初の富岡製糸」参照)
とにかく見るところがない。東繭倉庫の外観と明治5年のレンガくらい。

ボランティアの解説を聞きながら周っても、解説8割、見学2割。自分で周ると10分で見終ってしまう程度のエリアしか見られない。

多分入場者数は今年がピークだろう。そして、昨年並みにすぐに戻る。見学コースの拡大などをしなければ、もっと減ると思う。世界遺産効果もあっと言う間になくなる。

保存修理のための費用を賄わなくてはならないのは言うまでもない。来場客から、さらに「協力金」を取るのもいいだろう。でも500円は取り過ぎだ。すでに250円取ってるんだから、合せて750円になる。

ついでに言うと、リピーターはまったく見込めない。誰でも思う、「1回来れば十分」。それに追加して、来年4月から「1000円は高いね」という感想がつくことになると思う。

来場者が多いうちに、いっぱい集めておこうという発想もいいけど、世界遺産効果が薄れても、来場者をある程度維持するための施策をしっかり考えた方がいい。

個人的には、まずはブリューナ館、工女館の見学コース追加は必須。東繭倉庫内に博物館的なものを作る。なんなら、「日本絹の里」をそのまま移す。西繭倉庫内をホール化し、コンサートなどを可能にする。

と書いてはみたものの、金だけかかって集客は見込めないかな。

*日本絹の里
 「繭と生糸は日本一」参照


「群馬の森」内にある朝鮮人の碑の設置更新不許可について3回目。

反日売国奴っぷりでは朝日新聞に負けずと劣らない東京新聞。設置更新不許可を伝える電子版の記事が、これまた酷い。

「碑を管理する団体の前身は、強制連行の問題を広く伝えることなどを目的に1996年に市民らによって設立された」

強制連行??
確かに朝鮮でも労務徴用者の割り当てはあった。ただし「強制」と言っているのは、朝鮮出身の末端の官吏や公吏が成績を上げようと乱暴に集めたことで、末端の朝鮮人官吏が主体となった行為である。朝鮮総督府が「強制連行」した事実などない!これ、もう周知だけど、東京新聞よ。

市民??
反日売国新聞は「市民」って言葉が好きだねぇ。いかにも「一般市民」から声が挙がったごとく書くけど、れっきとした「プロ市民」でしょ。プ・ロ・し・み・ん!!

「追悼碑建設用地の提供を求める請願書を群馬県議会に提出し、全員賛成で趣旨採択された。

全員一致??
議会常任委員会が請願を趣旨採択しただけ。趣旨採択とは挙手や記名による採択ではなく、「賛成っ」って声だけでの採択。1回目で書いた、反日左翼や朝鮮総連から金を握らされていた一部県会議員が主導したもの。「趣旨採択された」ということを正しく書いたことだけは褒めてやろう(笑)。

「碑には、アジアの人々との真の友好と連帯を結び、平和を実現する基礎にしたいという思いなどが込められている」

よく言うわ・・・。
碑の前で反日集会を繰り返し、反日のプロパガンダを垂れ流していただけだろう。「日本政府は強制連行の真相究明に誠実に取り組んでいない」「朝鮮学校だけを高校無償化制度から除外するなど不当で非情な差別を続け、民族教育を抹殺しようとしている」これを政治的発言と言わず何を言う。

朝日新聞が「政治的行事及び管理を行わない」という設置条件を一応書いていたのと違い、東京新聞はこの重大な前提を全く書いてない。これを書かず、読み手に行政側(群馬県)があたかも理不尽に撤去をさせようとしている、と意図的に誤認させようとしている、非常に悪意のある記事となっている。

東京新聞よ、国民、県民はそんなにバカじゃないぞ。もう少し勉強してから記事を書けや!

関連
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ!
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その2


「群馬の森」内にある朝鮮人の碑の設置更新不許可は当然だ。

で、この件を報じた朝日新聞がバカ丸出しだった。朝日新聞はこの問題を群馬版で時たま報道していたが、いよいよ県が更新許可を出さないという段になって、危機感を感じたのか7月22日に遂に社会面でこの件を報じるに至った。

まあ、早い話が全国の同志よ、批判の声を群馬県庁に伝えようという意図なんだと思う。(結果的に、その当日に群馬県は不許可にしたんだけど)

更に、その記事のレベルがあまりにも低く・・・。署名を見ると、群馬版で署名していた記者と同じだったので、前橋支局にでもいる記者なんだろうけど。

更新不許可の発端は、県に寄せられた抗議や批判の声で、朝日新聞はこういう抗議自体が「おかしいこと」という記事構成。お得意の大学教授を使いコメント出させている。

新藤宗幸・千葉大名誉教授。
「多様性を認めず同調を求める世の中の雰囲気がある」
「安倍政権の下で続いてきた日韓・日朝の緊張状態が、市民レベルで具現化した」
「ヘイトスピーチと同様だ」

なんとバカ丸出し。
朝日新聞から正確な情報を伝えられてないのかもしれないが、本質がまったく分かっていない。管理団体側が、設置時の約束事を守らず、県立公園内で反日集会を行っていた、ということが本質。それを抜きに何をコメントしてるんだ。このアホ教授が!

それに「多様性を認めず同調を求める世の中の雰囲気がある」とか言ってるけど、管理団体側の言い分の飲むことこそ、多様性を認めないことになるじゃないか。自分たちの言い分を聞いてもらえないと多様性を認めないとなるのか?バカバカしい言い分だ。

それに、なにかと言うと安倍首相が悪い、在日韓国・朝鮮人に何か言うとヘイトスピーチだ! こういう風潮こそ「多様性を認めない」ではないのか?右だ左だ、保守だ革新だではなく、設置許可違反を繰り返したことが更新不許可の大きな理由である。

だいたい韓国の反日政策は安倍政権下で始まったことじゃないだろう。あそこは昔から政権の人気取りに反日を打ち出す国で、安倍政権とは何の関係もない。こういうことを言い、朝日新聞に重宝がられる大学教授なんて、所詮この程度のレベル。こんなヤツの給料が税金から出てるかと思うと、いたたまれないね。

朝日新聞は良く理解しなくてはいけない。今回の朝鮮人の碑の設置更新不許可の本質は何かということを。朝日新聞は全く分かってないようなので、もう一度書いてやる。税金で運営されている県立公園という場で、設置時の約束事を守らず反日集会(政治的集会)を繰り返し行っていたことである。

変な大学教授を使って、訳の分からないコメントを出させる前に、上記に対して朝日新聞はどう考えているのか、しっかり書いたらどうだ。設置時の約束事を守らない管理団体に言うことはないのか。反日(政治的)集会を県立公園内で開いていたという事実についてどう考えるのか。

こういうこと抜きにして、何を戯言記事を書いてるんだ。このクズ新聞!!

関連
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ!


「群馬の森」は県立公園だ。県民の税金で運営されている。そんなところに朝鮮人の碑が建っていること自体が異常なことだ。

b97924ab.jpg
10年前、バカな県会議員どもが、反日左翼や朝鮮総連から金を握らされて、設置誓願を認めてしまった。碑の設置を推進した当時の県会議員(当時)の名前は出さないでおくが、金に目がくらんだクズ人間である。

また、当時の群馬県知事が県有地を提供するという愚挙を行ったのである。

除幕式には、あの慰安婦捏造犯のひとり植村隆の義母・梁順任まで出席している。これをみるだけで、この碑がどういう性質のものかよく分かる。しかも政治目的で使用しないという設置時の約束を反故にし、追悼集会という名の反日集会を毎年開催している(平成24年まで)。

こんな状況だから、様々な反対意見が出されてきていた。設置許可の取り消し誓願も出され、採択されている。ちなみに、この誓願に反対したのは共産党とリベラル群馬である。リベラル群馬というのは民主党系の会派。(社民党は群馬県議会に議席がない)

そして、7月22日群馬県は設置許可の更新を不許可とし、速やかな撤去を管理する団体に伝えた。当然のことである。

管理団体側は反発しているが、設置許可違反を繰り返し、反日的(政治的)な活動を公園内で行っておいて、ガタガタ言うんじゃない!県民の憩いの場である「群馬の森」にこんな碑はいらない。

管理団体が自ら出してきた対策が、「当面の間、碑の前での集会を禁止する」。今まで散々反日(政治的)活動を行ってきた連中が「当面」だってさ。当面の期間はいつまでだ。それに当面が過ぎたら、またやるという宣言か? こんな抽象的な回答が通るとでも思っているのか。アホ丸出しだ!

この管理団体に深くかかわっているのが売国政党・社会党(現社民党)出身の角田義一だ。こいつは土井たか子が委員長の時、訳の分からない「マドンナ旋風」というブームに乗って、おこぼれで当選してしまったヤツ。2期目は自社さ連立政権下だったため、再選されてしまった。

議員時代は、朝鮮総連系の商工会や不動産会社、パチンコ業者から闇献金をもらうなど、あちらの勢力と強くつながっている。群馬を代表する反日売国奴だ。

今年の4月には、「憲法違反の質問には答えられない」「(更新を)拒否すれば国際問題に発展する」などど、反日左翼丸出しの発言をしている。

質問というのは、県が「追悼集会が政治的だったとの認識があるか」というもの。この質問のどこが憲法違反? 多分、憲法の表現の自由や集会の自由を侵すと言いたいんだろうけど、自分たちの不作法を棚にあげて屁理屈を言うところが、まさに反日左翼の特徴。

こいつが県との会談に同席し、盛んにぐたぐた言っていた。じゃあ、お前の自宅の庭にでも建てろや。そこで毎日反日集会を開けばいいじゃないか。

とにかく、「群馬の森」という県民憩いの場を、反日左翼の宣伝に使うなんて許されるわけがない!!



4月1日、政府は長嶋茂雄と松井秀喜への国民栄誉賞授与を発表した。その4月1日の朝刊で、このネタを上毛新聞がスクープしていた。

254180c4.jpg
8f7ca16e.jpg
1面に「長嶋、松井氏に国民栄誉賞」との4段見出し、2面に26行の記事が掲載されていた。後日、これが上毛新聞のスクープだった知ってビックリ!!

うちは上毛新聞を取ってるんだけど、夜のTVニュースなどで、このネタはさんざん報道されたので、当日の朝刊に載っていたなんて、記憶のかけらもない。

まあ、巨人OBへの政治的な授与には、興味もないけどね。

このスクープに対して永田町に波紋が広がっているらしい。巨人の親会社である読売新聞ではなく、長嶋、松井と縁もない上毛新聞。首相経験者を含む群馬県出身の有力政治家が、上毛新聞にリークしたのではないか、と噂になっているのだ。

ネタ元として取りざたされているのは、福田康夫元首相、下村文科大臣、山本沖縄・北方担当相など。(下村文科大臣は、選挙区は群馬ではないが、群馬県出身(旧倉渕村)。)

目立ちたがり屋の山本一太は、早速自身のブログで否定していた。心配するな、誰もお前だなんて思ってないよ(笑)。

公称約31万部の、いわゆる「地方紙」が、全国紙を押しのけたなんて。いつもは、共同通信あたりの配信記事ばかりなのに。

ところで、なんでうちが上毛新聞をとっているかというと、販売店が「タダ」でいいと言うので。本当に「タダ」で毎日配達されてくる。


今日、暇つぶしに書店を覗いていたら、派手な表紙の本が目に付いた。

d5f93f26.jpg
「これでいいのか群馬県」
日本の地域批評シリーズで、これまで30以上の地域を特集しているという。

ペラペラめくって見てみたら、何となく面白そう。思わず買ってきてしまった。1300円(+税)。

まえがき(はじめに)が面白かったんだよね。ちょっと長いけど、一部抜粋。
「すでに日本全国30以上の地域をあつかってきている地域批評シリーズで、丸ごと一県を扱ったのは茨城県のみである。群馬県民からは、茨城の後に群馬ぁ~、と文句のひとつも言われそうである。ともかく栃木よりは先だった、ということで納得してもらいたい」

ちょっと内容を紹介すると、
 一か八かが快感!? 群馬県民は博打好き
 前橋VS高崎の仁義なき戦い
 ショボい県庁所在地といわれる前橋市の実情
 なんでもかんでも高崎に吸い取られる西毛
 みどり市に分断された東毛の中心・桐生市
 雇用はそこそこあるが問題が山積の北毛の憂鬱
 群馬のいまいち感は払しょくできるのか?
などなど。

読んでみると、群馬県民からすれば、あんまり目新しいことはなかった。時たま「クスッ」って笑ってしまうところはあったけど・・・。

1300円(+税)分楽しめたかは、ちょっと微妙だったかな。


群馬県桐生市議・庭山由紀議員(43)が、市役所での献血風景を指して、献血車の写真入りでツイッターに、

「放射能汚染地域に住む人の血ってほしいですか?」
などと書き込み、抗議が出ている。

確かに、あまりに酷い発言である。献血による社会貢献を全否定するような発言である。それに、桐生市を汚染地域と考えていること自体、どうなんだ?って思う。

上記以外にも、原発事故で放射線量が上がった地域の農産物について、「毒物作る農家の苦労なんて理解できません」などとツイッターでつぶやいている。

これなんかは、風評被害に苦しむ農家の方々の神経を逆なでするもので、とても責任ある立場(市議)の人間の発言とは思えない。

桐生市が放射能汚染に関して、事実を隠しているとも言っているようなので、市の対応に不満を持っていることも背景にあるんだろうけど。

この議員のことはまったく知らないし、日ごろからどんな主張をしているのかも知らない。

それにしても・・・・・。

説明のため議会へ出席するよう、別の市議が出向いたことに関して、「委員長の伝書鳩が来た。ストーキングしているとしか思えない。警察に届けておこう」だってさ。

ここまで来ると、市議会議員だどうだではなく、ひとりの人間としてどうなのか?って思う。

議会に除名の懲罰動議が提出されたようなので、可決・除名って雰囲気だね。


車のナンバープレートには、その車の登録されている陸運局がある市町村名が入っている。陸運局が1ヶ所の場合は県名。群馬は前橋に1ヶ所なので、全県で「群馬」ナンバーのみであった。

2006年から通称「ご当地ナンバー」制度ができ、「富士山」「伊豆」などの新ナンバーが導入された。これは地元からの要請で検討され、地域での賛成率も考慮されるらしい。

群馬県でも「高崎」ナンバーが導入され、高崎市、安中市がその区域となっている。

この前、国土交通省が新たなご当地ナンバーを導入する方針を決めたというニュースの中で、「前橋」が候補になっているとあった。

ふぅ~ん。前橋市の高崎市への対抗心だな、と直感。高崎があるのに前橋がないのは、前橋市民にとってある意味屈辱なんだろうな、なんて思ったりした。(明治初期の、県庁の取り合いから仲が悪いイメージ。)

ところで、「高崎」ナンバーができたとき、安中市もこのナンバーになった。安中市民の中には、「群馬」と「高崎」から選べると誤解をしていた人がけっこういた。

「高崎」ナンバーになって、今も嫌々乗っている人を知っている。それだけ、自分の住んでいる場所(安中市)に、愛着があるんだね。

でもナンバーなんて、車の登録を示すただの「記号」なんだから、気にすることはないんだけどね。

↑このページのトップヘ