Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 宝くじ


サマージャンボ2020
ドリームジャンボ2020
東京2020協賛ジャンボ宝くじ
年末ジャンボ2019
ハロウィンジャンボ2019
サマージャンボ2019
ドリームジャンボ2019
バレンタインジャンボ2019
年末ジャンボ2018
ジャンボ宝くじを1000万円分買ったら?
ハロウィンジャンボ2018
サマージャンボ2018 & ミニ7000万円
ドリームジャンボ2018
宝くじコレクションもファイル満杯になった
グリーンジャンボ改め「バレンタインジャンボ」
年末ジャンボ2017 & ミニ7000万円 & プチ700万
オータムジャンボ改め「ハロウィンジャンボ」
サマージャンボ2017 & ミニ1億円、プチ100万
ドリームジャンボ2017 & ミニ1億円
グリーンジャンボ2017 & ミニ5000万
年末ジャンボ2016 & ミニ1億円、プチ1000万円
オータムジャンボ2016
サマージャンボ2016 & ミニ7000万
ドリームジャンボ2016 & ミニ7000万
グリーンジャンボ2016
年末ジャンボ2015 & ミニ7000万
オータムジャンボ2015
サマージャンボ2015 & ミニ7000万
ドリームジャンボ2015 & ドリームジャンボミニ
グリーンジャンボ2015
年末ジャンボ2014 & ミニ7000万
オータムジャンボ2014
宝くじコレクション9
サマージャンボ2014 & サマージャンボミニ
ドリームジャンボ & ドリームジャンボミニ 2014
グリーンジャンボ2014
預金のおまけ宝くじで7億円!!
宝くじコレクション8
年末ジャンボ 群馬県内で1等1本、前後賞2本
年末ジャンボ2013
オータムジャンボ2013
サマージャンボ&2000万サマー 2013
宝くじコレクション7
幸運の女神さま お願いします
ドリームジャンボ 群馬県内で1等3本
LOTO7で8億円!
米宝くじで590億円の高額当選
ドリームジャンボ & ドリーム10(TEN) 2013
グリーンジャンボ2013
宝くじコレクション6
福井のバカ女がロト6当たり券を搾取!
年末ジャンボ2012
1等と同じくらい珍しい!
オータムジャンボ2012
宝くじコレクション5
なんと当選金184億円!!
サマージャンボ&2000万サマー 2012
幸運の女神さま お願いします
ドリームジャンボ2012 & ドリーム10
年末ジャンボ2011 その3
宝くじコレクション その4
グリーンジャンボ2012 史上初の1等3億円!!
7億5000万円宝くじ!!
年末ジャンボ2011 その2
年末ジャンボ2011
ハズレ券のコレクションは・・・続く
宝くじコレクション その3
totoとBIGと宝くじ
オータムジャンボ2011
2等が当たった!! けど・・・
東日本大震災復興宝くじ
サマージャンボ&2000万サマー
宝くじコレクション その2
ドリームジャンボを買ってきた
2011年最初のジャンボ
宝くじコレクション
惨敗だった・・・
今年最後のジャンボ
オータムジャンボの結果は・・・
ジャンボの季節がまた来た
宝くじの絵柄って意外に・・・
億万長者への道は・・・・・遠し
夢の億万長者
億万長者になったら
統計的手法による宝くじ戦略
ボーナスレジャー賞
1000万サマーも買っちゃった!! その2
1000万サマーも買っちゃった!!
宝くじの高額当選
宝くじグッズ
ロト6ならどうだ?
ジャンボ宝くじ 夢の確率は?
3億円ゲット!?

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サマージャンボ」と「サマージャンボミニ」が7月14日から発売されている。

サマージャンボ2020 (1)
サマージャンボは1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて7億円。2等1000万円、3等100万円までは、昨年一昨年と同一賞金構成。ただ、4等は10万円から1万円に減額。

サマージャンボミニ2020
サマージャンボミニは1等が1000万円(前後賞なし)。3年前の前後賞合わせ1億円、2年前の同7000万円、昨年の同5000万円と年々減額されてきて、遂に前後賞なしの1000万円になってしまった。

サマージャンボ2020 (2)
チャンスセンターでいただいたのは「ビニールメッシュポーチ」。昨年とほぼ同じ。右下のロゴが少し違うだけ。実は昨年のポーチはけっこう重宝していおり、ちょっとした小物の収納に使っている。ただ、この手のくじ券入れは大量にもってるんだよね。永年もらい続けているので(苦笑)。

ちなみに左に写っている大黒天のステッカーは別の売り場でもらったもの。大当たり祈願済みと言われたので、多少ご利益があるかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ」が5月8日から発売されている。

新型コロナ感染拡大防止のための非常事態宣言発令中はチャンスセンターも軒並み休業していたが、解除後は徐々に営業を再開している。

宝くじはネットでも買えるが、この場合くじ券は送付されて来ない。くじ券収集を趣味のひとつとしているので、ネット購入は選択肢から外れる。まあ、あまりに当たらないのでくじ券集めを「趣味」にすることで、購入を続けているに過ぎないという話もあるけど。

「宝くじ公式サイト」で営業中の売り場を確認し買いに行ってきた。

ドリームジャンボ2020
ドリームジャンボは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて5億円となっている。4等が5万円と、昨年の10万円から半減したが、ほぼほぼ賞金構成は変わらず。

ドリームジャンボミニ2020
ドリームジャンボミニは、1等1000万円、1等の前後賞はなし。昨年の1等3000万円、前後賞1000万円から大幅ダウン。

1万円以上の当せん本数がドリームジャンボ・ミニで合計88万本以上用意されているとのことなので、この辺に重点配分した影響がミニに大きく表れたんだろう。どうせ大きいのは当たらないので、1万円(ジャンボで5等、ミニで3等)が当たれば御の字だけどね。

実は今回いつもと違う売り場で買ってきた。「宝くじ公式サイト」で調べてみたら、「ここにもあったんだ」と気付いた売り場があったので。数年前にできたショッピングモール内にある売り場。

初めての売り場で買ってきたので、ちょっと期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「東京2020協賛ジャンボ」が2月3日から発売されている。本ジャンボの収益金の一部は、東京オリンピック・パラリンピックの準備・運営に役立られる。

例年の「バレンタインジャンボ」は、今年はお休みのようだ。

東京五輪協賛ジャンボ
東京2020協賛ジャンボは、1等賞金が2億円、1等の前後賞が各5,000万円で、1等・前後賞合わせて3億円。基本的に昨年のバレンタインジャンボと同じような賞金構成。

ただ、バレンタインジャンボにあった2万円のバレンタイン賞に相当するものがなくなったり、6等(下2桁当たり)が3,000円ではなく2,000円のままなど不満な内容もある。1枚300円のくじで2,000円はダメだろう(怒)。

東京五輪協賛ジャンボミニ
同時発売のミニは、1等2,000万円、1等の前後賞は各500万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は3,000万円。昨年のバレンタインミニと比較すると、1等・前後賞は同額だが2等以下は激減(2等500万円 → 100万円、3等100万円 → 10万円)。

バレンタインミニ賞(3万円)相当の東京2020賞(3万円)があるのがせめてもの救いかな。

いつものことではあるが、文句を言いつつ買っちゃったけどね。まあ、少しでも東京五輪(パラリンピック)の役に立てばと我慢しよう。



このエントリーをはてなブックマークに追加


「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」が11月20日から発売されている。昨年まであった「プチ」はなくなったようだ。

年末ジャンボ2019 (1)
年末ジャンボは1等賞金が7億円、1等の前後賞が各1億5,000万円で、1等・前後賞合わせて10億円。現行宝くじ中、最高の当選金を誇る。賞金構成もここ数年固定化している。年末ラッキー賞も2万円で存続。

年末ジャンボミニ2019
ミニは1等3,000万円、1等の前後賞は各1,000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は5,000万円となっている。こちらの賞金構成も昨年同様。

2つの「年末ジャンボ」合計で10万円以上の当選本数は10,9031本(年末ジャンボ23ユニット、ミニ18ユニット前提)。何となく多そうに感じるけど、なかなか当たりは手元に来ない(涙)。

年末ジャンボ2019 (2)
今回チャンスセンターでもらったグッズは「チョコ」。それなりに長く宝くじを買ってきたが、初めて食べ物をもらった。過去、宝くじ券入れ(ポーチ)みたいなのが多いけど、食べ物もいいね。日持ちしない物は向かないけど。

2019年最後のジャンボ。何とか1万円くらい当たって欲しい・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ハロウィンジャンボ」と「ハロウィンジャンボミニ」が9月29日から発売
されている。

ハロウィンジャンボ2019 (1)
ハロウィンジャンボ(オータムジャンボから衣替えして3年目)は、1等賞金3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて5億円。

2等が500万円と昨年の1000万円から半減。5等1万円は消滅。2年続いてあった「ハロウィン賞」も消滅。「1万円くらい当たらないなかぁ」と思って勝っている庶民からすれば、つまらない賞金構成になった。

ハロウィンジャンボミニ2019
ハロウィンミニは、1等2000万円、1等の前後賞は各500万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は3000万円。

2年続いていた1等3000万円が2000万円に、前後賞1000万円も500万円に減額。ハロウィンミニ賞2万円は消滅。こっちも面白みが、あまりない。

ハロウィンジャンボ2019 (2)
チャンスセンターでもらった「ポケットティッシュ」と「付箋」。たいした物ではないけど、実用性はあるので満足している。ちなみに、最近一般的によく使う「ポスト・イット」の名称は特定メーカの商品名。先発メーカの商品名が一般名称になっている例。

今回、「宝くじ公式サイト」で貯めてきたポイントを初めて使ってみた。数百円分だけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サマージャンボ」と「サマージャンボミニ」が7月2日から発売されている。

サマージャンボ2019 (1)
サマージャンボは1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて7億円となっている。2等1000万円以下、3等100万円、4等10万円と、昨年と同一賞金構成。

サマージャンボミニ2019
サマージャンボミニは1等が3000万円、1等の前後賞が各1000万円で、1等・前後賞合わせて5000万円。一昨年の1億円(前後賞合わせ)、7000万円(同)から年々ダウン。

ジャンボは、年末7億円、サマー5億円、ドリーム・ハロウィン3億円、バレンタイン2億円。ミニは年末・サマー・ドリーム・ハロウィン3000万円、バレンタイン2000万円で、1等賞金は固まったのかな。一昔前までは、年末・サマー・ドリームが三大ジャンボと言われていたけど。

サマージャンボ2019 (2)
チャンスセンターでもらった「ビニールメッシュポーチ」。この手のくじ券いれは大量に持っているので・・・。

宝くじ券入れ
それに桐生織物観光センターで買った「大黒様の開運宝くじ入れ(大当たり袋)」も持っているし。大黒様のご加護はまだないけどね。

今回から「宝くじ公式サイト」に登録し、宝くじポイントをため始めた。100円購入で1ポイントなので、実際に宝くじが買えるポイントがたまるまでには相当時間がかかりそうだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ」が4月1日から発売されている。

ドリームジャンボ2019 (1)
ドリームジャンボは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて5億円となっている。2等1000万円から5等10万円まで、1桁ずつ減っていく分かりやすい賞金構成。

ドリームジャンボミニ2019
ドリームジャンボミニは、1等3000万円、1等の前後賞は各1000万円、1等・前後賞合わせて5000万円となっている。

昨年のサマージャンボから始まった「3連バラ」「福連100」「福バラ100」だが、どれくらい購入している人がいるのだろう? 「3連バラ」は「10万でできるかな」でも取り上げられていたので、浸透しているかもしれないが、買うとなると別の話。オレ的にはまったく魅力がない。ただただ中途半端。

ドリームジャンボ2019 (2)
チャンスセンターでもらった「カードケース」。ビニール製でちょっと安っぽいけど、スーパーのポイントカードでも入れるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


バレンタインジャンボ宝くじが1月30日から発売されている。一昨年までのグリーンジャンボが、昨年からバレンタインジャンボと名称変更。

馬連ラインジャンボ2019
バレンタインジャンボは1等賞金が2億円、1等の前後賞が各5000万円で、1等・前後賞合わせて3億円。1等・前後賞は昨年と同額だが、2等は500万円と昨年の1000万円から半減(一昨年のグリーンジャンボ時代の2000万円からみると4分の1)。昨年同様、2万円のバレンタイン賞がある。

多少可能性のある6等が2000円から3000円に。300円のくじで、下2桁そろって2000円というのがおかしい。3000円は当たり前。

バレンタインジャンボミニ2019
同時発売のバレンタインミニは1等賞金が2000万円、1等の前後賞は各500万円で、1等・前後賞合わせて3000万円。1等・前後賞は昨年と同額だが、2等は500万円と昨年の200万円から2倍以上。3等に100万円が追加され、バレンタインミニ賞も2万円が3万円に。

ミニの賞金を厚めにして、全体として数万円~10万円クラスの当選本数を増やした印象。買うことが目的化して久しいが、1万円でいいので当たらないかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「年末ジャンボ」が11月21日から発売されている。ミニとプチも同時発売。これで一気に年末モードに入った感じ。

年末ジャンボ 2018 (1)
年末ジャンボは1等賞金が7億円、1等の前後賞が各1億5000万円で、1等・前後賞合わせて10億円。2等1000万円以下、昨年と同じ賞金構成。

年末ジャンボミニ 2018
年末ジャンボミニは1等3000万円、1等の前後賞は各1000万円の合わせて5000万円。ミニの1等賞金は一昨年1億円、昨年7000万円から年々下がっている。2等1000万円以下は昨年と同じ賞金構成。

年末ジャンボプチ 2018
年末ジャンボプチは1等1000万円(前後賞はなし)。昨年は700万円だったので、少しだけアップした。2等10万円以下は昨年と同じ賞金構成。

3つのジャンボ合わせて、10万円以上の当選確率が15%以上増えていると言うが、そんなに簡単には当たらない。まあ今回の収益金の一部は、大阪府北部地震・平成30年7月豪雨(西日本豪雨)・北海道胆振東部地震の被災地支援に役立てられるので、その一助ということで。

年末ジャンボ 2018 (2)
チャンスセンターでもらったグッズは「お掃除クリーナー」。クリーナーってあるけど、まあ「ふきん」だね。

ところで、今回の年末ジャンボからジャンボ宝くじも「宝くじ公式サイト」で購入可能になった。24時間、いつでもどこでも買えて、ポイントもたまる。でも、勢いで大量に買ってしまいそうで怖い。

それに、くじ券が送られてくるわけではないので、苦し紛れに始めた「くじ券集め」が成立しなくなるので、これからもチャンスセンターで現金購入を続けよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


もうすぐ年末ジャンボが発売される(11月21から)。5億円は無理でも100万円くらい当たらないかなぁ~などと夢想する。

テレ朝の「10万円でできるかな」という番組で、宝くじ関連もやっているけど、10万円では当たって2~3万円。100万円分くらい買ったらどうだろうとか考える。

そんな中、ジャンボ宝くじを大量に買い込み、どれくらい当たるかを検証している動画をみつけた。ヒカル(Hikaru)さんというユーチューバーのチャンネルだ。

2016年の年末ジャンボでは100万円分(3333枚)購入し、その結果を明らかにしている。結果は22万8800円の当選。高額当選はなく、1万円も3枚しか当たっていない。

2017年のグリーンジャンボ(現バレンタインジャンボ)も100万円分購入。高額当選が1枚(10万円だったが)。当選金総額は37万3900円。

2017年の年末ジャンボは、何と! 1000万円分(3万3333枚)購入。結果は高額当選が3枚! 3枚しかと言った方がいいのかも。内訳は100万円が1枚、10万円が2枚。それ以外は1万円以下。当選金総額は352万8900円。そんなもんかぁ。

その後も、2018年のドリームジャンボは100万円分購入で、総額22万2200円。高額当選はなし。1万円も2枚のみ。サマージャンボは75万円分購入で、やはり高額当選はなく当選金総額は15万円。

探せばもっと動画があるのかもしれないが。これらの結果を見ると、だいたい返ってくるのは20%~38%くらい。

以前計算したことがあるのだが、1等を確実に当てるには1000万枚(1等の確率は1000万分の1なので)必要。1ユニット買い占めれば必ず当たるが30億円必要。でも返ってくるのは15億円くらいというのが当時の計算。賞金構成が最近は変わってきているので、少し違うかもしれないが。(「ジャンボ宝くじ 夢の確率は?」参照)

オレが50枚買ったくらいで、高額当選が出るわけもないのは当然のことと良く理解できた。過度な期待は毎回していないが・・・。過去に1回10万円が当たったのは、よほど運が良かったと言うことだね。

ヒカルさんはロト6やスクラッチくじでも、大量買いの結果をアップしているので、興味があったら観てください。検索すればすぐ見つかる。しかし購入資金はどこからでているのかな。ユーチューバーって、そんなに儲かるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ハロウィンジャンボ」と「ハロウィンジャンボミニ」が10月1日から発売されている。とりあえず買ってきた。「とりあえず」というのは半分義務感。

ハロウィンジャンボ2018
ハロウィンジャンボは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて5億円。

2等1000万円、3等100万円までは昨年と同等だが、4等10万円、5等1万円が追加された。昨年は100万円の次(4等)が3000円だった。

昨年同様ハロウィン賞もあり、1万円が5万円に。ただ、昨年は1万円×3本だったけど今年は1本。

ハロウィンジャンボミニ2018
ミニは、1等賞金が3000万円、1等の前後賞が各1000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は5000万円。

1等(前後賞)は昨年と同額だが、2等が50万円から100万円に倍増。さらに、ハロウィンミニ賞(2万円)が追加。当然、どこかにしわ寄せが・・・。

昨年のハロウィンジャンボに比べると、10万円以上の当選本数が、「ハロウィンジャンボ」で約8倍、「ミニ」で約17倍とのこと。両方合わせると約11倍になると言うが、その恩恵が回ってくることは余り期待していない(自虐的)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ7000万円」が7月9日から発売されている。早速買ってきた。

サマージャンボ2018 (1)
サマージャンボ2018は、1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて7億円。昨年と同額。昨年、2等(1000万円)の次の3等が3000円という急降下・極悪構成だったが、今年は3等100万円、4等10万円が復活し、少しはましになった。

サマージャンボミニ2018
今年のミニは7000万円。昨年はミニ1億円で、プチが100万というのがあったが消滅。7000万円は前後賞合わせてで、1等は5000万円。

ミニとかプチを出したりやめたり、金額変えたり忙しい。いっそのことすべてやめて、本くじの中に賞金構成として組み込めと言いたい。

サマージャンボ2018 (2)
もらったグッズは「フードクリップ」。うぅ~ん、使わなそう(もらっておいて失礼)。

3連バラなど
今回のサマージャンボから、新しい買い方ができるようになった。

「3連バラ」
「バラ」3セット(30枚)が1つのセットになったもの。通常のバラとは異なり、連番3枚が10通り入っているため、1等・前後賞の当せんの可能性がある。

「福連100」
「連番」10セット(100枚)が1つのセットになったもの。下2ケタ00~99の番号が入っている。

「福バラ100」
「バラ」10セット(100枚)が1つのセットになったもの。「福連100」と同様、下2ケタ00~99の番号が入っている。

「福連100」と「福バラ100」は5等3000円が必ず1枚当たるわけだが(6等300円10枚含め合計6000円)、購入には3万必要。そんなたいしたメリットでもないし・・・。(すべての売り場で販売されているかは知らない)

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ」が、4月4日から発売されている。と言うことで、いつものように買ってきた。

ドリームジャンボ2018 (1)
ドリームジャンボは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせて5億円となっている。あれっ? 1等が昨年の5億円から減っている。

10万円以上の当選本数が、昨年のドリームジャンボの約10倍になっていることなので、上を削って中位を厚くしたということかな。

そういえば、今年の「バレンタインジャンボ」(グリーンジャンボ改め)も1等や前後賞が減額し10万円辺りを増やしていたので、今年の傾向かも。

ドリームジャンボミニ2018
ドリームジャンボミニは、1等賞金が3000万円、1等の前後賞が各1000万円で、1等・前後賞合わせて5000万円となっている。ミニも昨年の1等・前後賞合わせ1億円から減額。ただ、こちらも前年のドリームジャンボミニ1億円と比べ、10万円以上の当選本数が約1.4倍。

まあ、どうせ1等などは当たりはしないので、10万円あたりを厚くしてもうらのが現実的ではあるが、ジャンボ宝くじの「夢」という部分は損なわれるけどね。

ドリームジャンボ2018 (2)
チャンスセンターでもらった「巾着袋」。この手の物はいっぱい持っているので、あんまり有り難みがない。ウエットティッシュやメモ用紙の方が実用的でうれしい。

サマージャンボ2017
最近もらったもので1番役に立っているのは、昨年のサマージャンボの「ミニホワイトボード」。こういうのをよろしく(もらっておいて不満を言って申し訳ないです)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


宝くじ券のコレクションを始めて8年目に入った。

当たり外れをチェックすれば、はずれ券には用はない。即ゴミ箱行きだったのを、絵柄に興味を持ったことからコレクションを始めたもの。今やすっかり趣味のひとつに数えるようになっている。

宝くじコレクション(1)
宝くじコレクション(2)
フィルの紙に3枚ずつ貼り付けてコレクションしている。2010年のドリームジャンボから数えて総計250種類を超えた。全国自治くじ(ジャンボ焼き年くじ)、関中東(関東・中部・東北自治くじ)、地域医療等振興自治くじ(レインボーくじ)はすべて買ってきた。(枚数はたいしたことないけど)

購買額以上はなかなか戻ってこないけど、多少穴埋めできるので。

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年までのグリーンジャンボが「バレンタインジャンボ」と改まり、1月31日から発売された。

バレンタインジャンボ2018
バレンタインジャンボは、1等が2億円、1等の前後賞が各5,000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は3億円となっている。昨年のグリーンジャンボと比べると、1当は3億円から1億円の減額、前後賞も1億円から5,000万円に減額。

2等は2,000万円から1,000万円に減額されたが、本数が3本から5本に増加。微妙な変更。

その代わり、10万円以上の当選本数は約2倍になり、さらに特別賞として「バレンタイン賞」2万円が56,000本(14ユニットで)用意されている。高額当選を減らして、中下位層を多少厚くした印象。

バレンタインジャンボ ミニ2018
同時発売の「バレンタインジャンボ ミニ」。1等2,000万円、1等の前後賞は各500万円で、1等・前後賞合わせ3,000万円。昨年のグリーンジャンボミニの1等5,000万円から3,000万円の減額。こちらも代わりに、10万円以上の当選本数は約9倍になっているという。

昨年の「ハロウィンジャンボ」(旧オータムジャンボ)もそうだが、安易な名称変更だな。流行りの名前にしたって、急に売り上げが伸びるわけでもなかろうに。それに元々グリーンジャンボは、国土保全を始めとする緑化事業等に役立てるためのジャンボ宝くじとして始まった。名称変更したら趣旨が分からなくなるではないか。

役人の天下り法人に大量に流すために名前を変えたんじゃあるまいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「年末ジャンボ」が11月27日から発売されている。昨年同様、ミニとプチも同時発売だ。

年末ジャンボ2017
年末ジャンボは1等賞金が7億円。1等の前後賞が各1億5000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は10億円。年末ジャンボは「10億円」というのが定着した。

2等は昨年の1500万円から一昨年の1000万円に逆戻り。逆に4等は5万円(一昨年)1万円(昨年)と来て、今年は10万円。

年末ジャンボミニ2017
年末ジャンボミニは7000万円になった(昨年は1億円)。

年末ジャンボプチ2017
年末ジャンボプチは700万。昨年は1000万。

今年のサマージャンボは、ミニ1億円、プチ100万だったことを考えると、ミニとプチに関してはスタンスがまだ定まってないようだ。

年末ジャンボ2017 (2)
チャンスセンターでもらったジャンボグッズは「宝くじ券入れ」。これ、もういっぱい持ってるんだよなぁ。ペンケースとして使ったりしてるけど、たくさん余ってる。

昨年の年末ジャンボでもらった「メモ用紙」や今年のドリームジャンボの「ウエットティッシュ」、サマージャンボの「ミニホワイトボード」の方が実用性があってよかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年までのオータムジャンボが「ハロウィンジャンボ」と改まり、10月11日から発売された。

ハロウィンジャンボ 2017
ハロウィンジャンボは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円、1等・前後賞合わせた賞金額は5億円。これは昨年のオータムジャンボと同一。

2等1000万円、3等100万円、4等3000円、5等300円と、普通の賞金構成になった。できれば3等と4等の間に10万円か1万円が欲しい。

昨年のオータムジャンボは2等1000万円はいいとして、3等5000円、4等300円とハチャメチャだったのに比べればいいかな。

ハロウィンジャンボミニ 2017
ハロウィンジャンボにもミニが発売された。
ミニは1等3000万円。前後賞1000万円もあり、1等・前後賞合わせて5000万円。

これで5大ジャンボは、サマーと年末は通常・ミニ・プチの3種類。グリーンとドリームとハロウィンは通常とミニの2種類となった。(ミニやプチの1等賞金額は多少違うが)

前から書いているが、ミニだプチだと別に出すなということ。ミニもプチも含んだ賞金構成を1種類(通常)で出せと言いたい。そのためには還元率を上げろ! ということ。
約48%といわれる還元率を、最低でも中央競馬並みの約75%くらいにしないといけない。建前上、宝くじの売り上げの約40%は全国都道府県、政令指定都市などの公共事業に使われることになっている。

うちの近所の公民館にあるTVとDVDは、宝くじ事業からの購入品と書いてある。いろいろなことに使われてるんだなぁと実感でき、これはこれでいいのだが、役人の天下り法人に大量に流し込むのは止めろよな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サマージャンボ宝くじ」が7月18日から発売されている。
今年は、「ミニ1億円」と「プチ100万」も併せて発売されている。

サマージャンボ2017
サマージャンボ2017は、1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円、1等・前後賞合わせた賞金額は7億円。これは昨年と同額。

年末ジャンボが10億円(1等+前後賞、以下同)、ドリームジャンボとサマージャンボが7億円、グリーンジャンボとオータムジャンボが5億円ってのが定着した感じ。

しかし、2等1000万の次(3等)がいきなり3000円って?「夏祭り賞」5万円があるとは言え、こういう賞金構成だと萎えるなぁ~。

ミニ1億円2017
昨年は「ミニ7000万」だったが、年末ジャンボと同様の「ミニ1億円」に。
年末ジャンボの「ミニ1億円」とは賞金構成が異なっているが(2等100万円が1000万円に)、まあ当たらない。

プチ100万2017
新登場の「プチ100万」。
年末ジャンボは「プチ1000万」だったが100万に。

昨年のサマージャンボ(含むミニ7000万)と比較すると、億万長者の数は約1.5倍、100万円以上の当選本数は約7倍になっている。一見、豪華なジャンボのように見えるが、当選総額は昨年と同水準。つまり均すと下に薄いということ。

多分、いずれも300円以外は当たらないと言うこと。相変わらず悲観的・・・。

サマージャンボ2017 (2)
チャンスセンターでもらったジャンボグッズは「ミニホワイトボード」。
裏にマグネットがついており、冷蔵庫などの貼れるようになっている。小さいけど使えそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ1億円」が、5月10日から発売されている。

ドリームジャンボ 2017 (1)
ドリームジャンボは1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせた賞金額は7億円となっている。

昨年もそうだったが、2等の1000万円はいいとして、3等は3万円(昨年は2万円)。ここの落差は大き過ぎないか? 3等は100万円くらいにできないものか。当たらないけど・・・。

ドリームジャンボミニ 2017
ミニの1等賞金が7000万円から1億円にアップした。
これは年末ジャンボのミニと同額。3大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)はミニを1億円で統一するのかもね。

ミニ1億円の2等は100万円。3等10万円、4等1万円と、ドリーム本体よりましな賞金構成。とは言え、6等の300円しか当たらないだろうが。

ドリームジャンボ 2017 (2)
チャンスセンターでもらったウエットティッシュ。
なんか、これが1番実用的で有用だったりして。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年最初のジャンボであるグリーンジャンボが2月22日から発売されている。今年から他のジャンボのようにミニ5000万も併売となった。

グリーンジャンボ2017
グリーンジャンボ2017は、1等賞金3億円、1等の前後賞が各1億円の計5億円。昨年の1等4億円から1億円の減額。
2等は1000万円から2000万円に倍増。4等は5000円から3000円に減額。春のつぼみ賞1万円が新設。2等が増額のうえ3本になったので、まあいいかな。

グリーンジャンボミニ2017
新登場のミニ5000万。
他のジャンボ(オータム除く)ではおなじみのミニ版。春のめぐみ賞5万円があるので、他よりましかも。

グリーンジャンボとミニ5000万の収益金は、国土保全をはじめとする緑化事業等に役立てられるということなので、それに協力すると考えて買ってきた。抽選前から負け惜しみ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「年末ジャンボ」が11月25日から発売されている。1年納めのジャンボ宝くじだ。

年末ジャンボ2016 (1)
年末ジャンボは、1等賞金が7億円。1等の前後賞が各1億5000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額は10億円と、昨年と同様の最高額。
2等は1500万円で、昨年の1000万円から500万円の増額。3等の100万円は変わらず。4等は1万円で5万円から減額。

昨年は宝くじ発売70周年を記念して、70万円の記念賞があったが、当然今年は無し。

年末ジャンボ ミニ1億円
今年から新発売の「年末ジャンボ ミニ1億円」。
昨年までの「ミニ7000万円」から衣替え。その名の通り、1等は1億円。2等100万円、3等3000円、4等300円。

年末ジャンボ プチ1000万
さらに「年末ジャンボ プチ1000万円」も新登場。
1等1000万円。2等100万円、3等3000円、4等300円。

年末ジャンボ2016 (2)
地元チャンスセンターのジャンボグッズは「メモ用紙」。何のキャラも書いてないシンプルなもの。でも実用性があるからOK。

最近のジャンボはミニ7000万円みたいのを併売するようになったが(今回はミニ1億円とプチ1000万円)、本来は1枚の宝くじでこれらの賞金を網羅させて然るべきである。

上の賞金額を厚くすれば、下の賞金が減額される。かと言って、下を厚くすると上の賞金額が抑えられ、夢を売る宝くじの魅力がなくなる。一見、難しい問題のようだが、そんなことはない。すべてのガンは宝くじの還元率が異常に低いことだ。

中央競馬の還元率が約75%なのに対し、宝くじはたったの約48%! 建前上は売り上げの約40%は全国都道府県、政令都市などの公共事業に使われることになっているが、お役人の天下り法人にも相当流れている。

こういうところを変えることなく、1等(+前後賞)の賞金額ばかりアップさせても、宝くじの売り上げが今後伸びることはないだろう。とは言え、毎回買ってしまう自分が悲しい。早く億円を当てて、卒業したいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


オータムジャンボが9月26日から発売されている。

オータムジャンボ 2016 (1)
オータムジャンボ2016は、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円、1等・前後賞合わせた賞金額は5億円。

1等前後賞合わせ5億円は昨年と変更なし。でも、2等1000万円はいいとして、3等5000円、4等300円と急降下するのはなぜ??昨年は2等1000万円、3等10万円、4等1万円、5等2000円、6等300円だった。

まあ、3等(下2桁)が3000円ではなく5000円というのが、多少の配慮なのもしれないが・・・。

オータムジャンボ 2016 (2)
チャンスセンターでもらった「消しゴム」。
すごろく6角消しゴムって書いてあり、さいの目が描いてあるのでサイコロ代わりになる。って、誰が今頃すごろくをやるんだ(笑)。テストの3択4択問題で使うくらいだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サマージャンボ」と「サマージャンボミニ7000万」が7月11日から発売されている。

サマージャンボ2016
サマージャンボ2016は、1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円、1等・前後賞合わせた賞金額は7億円。これは昨年と同額。

今回のサマージャンボの大きな特徴は、2等が1000万円の他、豪華客船の旅と所ジョージプロデュースのカスタマイズカーという賞品が選べるところ。

選べるって言っても、豪華客船の旅は先着10組(20人)、カスタマイズカーは先着5人と少ない。

それに、カスタマイズカーは中古車。プラスカスタマイズ費用と登録費用が出るというもの。つまり、当選後希望した人は指定中古車と諸費用を渡され、それを指定工房でカスタマイズしてもらうということ。現時点では、完成イメージ図すら見つけられない。それなら、1000万円で高級新車を買った方がいいと誰もが思うのでは?

豪華客船の旅は、クイーンエリザベス号で行く世界一周か、神戸からケープタウン(南ア)までのどちらかを選ぶ。オーダードレス1着付き。とは言え、日時指定。

もちろん、どちらも1000万円相当だが、選ぶ人いるかなぁ~。オレなら迷うことなく現金1000万円。

サマージャンボミニ2016
ミニ7000万は、2等が昨年の700万から100万に減額。3等も30万が10万に。4等3万は消え、5等7000円が4等にスライド。減額ばかりだが、どうやら2等・3等の当選本数が増えているらしい。

いろいろ賞品を工夫し始めたようだが、素直に「現金」が一番だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ7000万」が5月11日から発売されている。

今回のドリームジャンボの収益金の一部は、熊本地震の復興支援に使われる。約40億円(見込み)が活用される予定だ。

ドリームジャンボ2016
ドリームジャンボは1等5億円、前後賞各1億円と合わせて7億円。
これは昨年と同額。

ところが、2等の1000万円はいいとして、3等がいきなり2万円。すっごい落差。昨年は3等として100万円があったけど。4等(下2桁)を4000円にしているのは、多少の配慮?

ドリームジャンボミニ2016
ミニ7000万は名前の通り、昨年と同様の1等7000万円。
2等が100万円に減額(昨年は700万円だった)。ドリームジャンボ同様4等(下2桁)を4000円にしている。

まっ、この感じだと300円以外は当らなそうだけど、熊本復興に協力ということで良しとしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年最初のジャンボ、グリーンジャンボが2月24日に発売された。

グリーンジャンボ2016
グリーンジャンボ2016は、1等賞金が4億円、1等の前後賞が各1億円の計6億円。これは昨年と同金額。

でも、賞金内訳はけっこう変わった。1等4億円、2等1000万円、3等10万円、4等5000円、5等300円。シンプル過ぎないか(笑)。

昨年は、1等4億円、2等1000万円(×4通り)、3等100万円、4等10万円、5等1万円、6等2000円、7等300円。

2等が4本(1ユニット当たり)あったのが、金額は同じだが1本のみに。3等100万円が10万円に(ショボ)。1万円は消えてしまった・・・。

ただ、下2桁当りが2000円から5000円に。珍しく下の方を少し厚くしたようだ。この辺が当たるかどうかが、一般人の楽しみだからね。

「夢」を考えると上が厚い方がいいけど、「現実」を考えれば下が厚い方がいい。うん、上は当たらないので、下が厚い方がいいかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ7000万」が11月25日から発売になっている。発売初日の様子がTVニュースで流れていた。多くの人が並んでいたが、みんなの気合が例年より高いように見えた。

年末ジャンボ2015 (1)
みんなの気合が入っているのは、今年の年末ジャンボが前後賞合わせると、遂に10億円になったから。宝くじ史上最高額。内訳は1等が7億円、前後賞が各1億5000万円。(昨年は1等5億円、前後賞各1億円の合わせて7億円だった)

2等1000万円、3等100万円は昨年と変わらず。また、宝くじ70周年記念賞として70万円がある。

1等・前後賞が増額されているのに、2等以下が前年と同様なのには実は裏がある。1等の当選確率が1000万分の1から2000万分の1に落ちているのだ。つまり1ユニットを01組から100組までの1000万枚から、200組までの2000万枚に増やしている。1等賞金を上げれば、どこかにしわ寄せが来るのはしょうがない面もある。元凶は、寺銭取り過ぎ(還元率が低い)ということ。

まあ、上の方はあんまり関係ないけどね。せめて4等の5万円が当ったらこんなに嬉しいことはないけど・・・。

年末ジャンボ2015 (2)
3年連続発売の年末ジャンボミニ7000万。1等は7000万円で2等が100万円、3等が5万円、4等3000円。

あれっ??
昨年は2等700万円、3等70万円、4等7万円だったのに・・・。(ちなみに、ミニ7000万は1ユニット1000万枚は変わらず)

まあ、ミニ7000万はあんまり期待してないから、どうでもいいや。

年末ジャンボ2015 (3)
チャンスセンターでもらった「宝くじ券入れ」。例年に比べると、少し厚手になった。とりあえず、12月31日まで入れておこう。

年末ジャンボに限らず、各ジャンボでもらった「宝くじ券入れ」をいっぱい持っているが、けっこう色々な入れ物に使えて便利である。ペンケースとして使ったり、保険証・診察券入れなどに使っている。でも、悲しい現実だなぁ・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


9月28日からオータムジャンボ宝くじが発売になっている。いつものことであるが買ってきた。

オータムジャンボ2015
今年のオータムジャンボ宝くじは、1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円で、1等・前後賞合わせた賞金額は5億円と、オータムジャンボ史上最高額となっている。

昨年は1等3億3000万円、前後賞が各3000万円だったので、1等はダウン前後賞はアップで、1等・前後賞合わせるとアップとなっている。

また、今年は宝くじ発売70周年ということで、特別賞「宝くじ70周年賞」70万円が設定されている。とは言え、5等(下から2番目)が2000円と、1枚300円の宝くじなのに・・・。(通常なら3000円)

最近のジャンボを見ると、ドリーム、サマー、年末が1等5億円。グリーンが4億円。そして、オータムが3億円と、序列化が出来上がった。以前から3大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)と言われていたので、それが明確になったということか。

まあ、上の方を見ても虚しいだけなんだけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加


サマージャンボとミニ7000万が7月8日から発売されている。

サマージャンボ2015
今年のサマージャンボは、1等賞金が5億円、1等の前後賞が各1億円で1等・前後賞合わせ7億円と、サマージャンボ史上最高額となっている。

昨年が1等4億円だったので、1億円の増額。
直近のジャンボの1等賞金は、
ドリームジャンボ2015 5億円
グリーンジャンボ2015 4億円
年末ジャンボ2014 5億円
オータムジャンボ2014 3億3000万円

ドリームジャンボ、年末ジャンボと同額になり、5つのジャンボのうち3大ジャンボが足並みをそろえたことになる。

サマージャンボミニ2015
今年新登場のミニ7000万。新登場? と思って昨年を調べてみたら、昨年はミニ6000万だった。ミニの方も、これでドリーム、年末と同一となった。一昨年は2000万サマーという物だったことは、もう忘却の彼方だ。

1等賞金はアップ傾向で景気の良い話だが、この恩恵にあずかれる人はごくごく少数。ジャンボの4等3000円、ミニの5等7000円が当れば御の字。

サマージャンボ2015 (2)
かわいいコースターを貰った。ドリームジャンボ購入時もらった7億円のキティちゃんメモ用紙に続き、多少実用性があるからいいかっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


ドリームジャンボとミニ7000万が5月13から発売になった。

ドリームジャンボ2015
今年のドリームジャンボは、1等賞金がドリームジャンボ史上最高額の
5億円となっている。去年も史上最高の3億5000万円だったから、1等賞金は最近のはやりで、どんどん高額になって行く。

直近のジャンボ宝くじ1等賞金は、
グリーンジャンボ2015 4億円
年末ジャンボ2014 5億円
オータムジャンボ2014 3億3000万円
サマージャンボ2014 4億円
なので、今回のドリームジャンボは年末ジャンボと同額になった。

1等前後賞は各1億円なので、前後賞含めると7億円(連番購入時)! と、上の方を見ると景気はいいけど、実際はもっと下の方が現実的。昨年は4等10万円、5等1万円だったが、今年は4等3万円のみ。やっぱり下の方は微妙に減って行くのね。

ドリームジャンボミニ2015
最近はやりのジャンボミニ。今年のドリームジャンボミニは7000万(昨年は5000万だった)。一昨年まではドリーム10だったことなど既に忘れている人も多いだろう。

とりあえず目標は、ドリームジャンボが4等の3万円、ミニ7000万は5等の5000円が当ればいいや。でも、これも厳しいんだろうな・・・。

今回、キティちゃんの7億円メモ用紙がもらえたので、これで充分??

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ