Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 朝日新聞の妄言・虚言・戯言


【2020年】
朝日新聞は4年前のバイデン発言を都合良く忘れてる
朝日新聞が「どの1票も平等だ」とかよく言うわ
朝日新聞が報道しない日本学術会議の「学問の自由の侵害」
朝日新聞の反省なき慰安婦社説
朝日新聞の女性活躍度は?
元朝日新聞・佐藤章の「小沢が言う政権交代の根拠はこれだ」
朝日新聞・桜井泉「もう帰る! これは社としての方針だ!」
朝日新聞は社説でも平気でウソを書く!
朝日新聞の世論調査で「安倍政権を評価する」が71%
元朝日新聞・小此木潔の根拠なき断言は悪質だ!
朝日新聞が作リ上げた靖国神社参拝問題
朝日新聞の言う「きちんとした記録」とは?
朝日新聞の「最低賃金を上げろ!」という時世感
朝日新聞の相変わらずな「お花畑論」は無責任で悪質だ
朝日新聞・国分高史の恥を知らないいつもの言い分
朝日新聞がまたアホなことを言ってる
朝日新聞・原真人の「財政赤字がぁ~!」のまやかし
朝日新聞・原真人の「PCR検査がぁ~!」って何周遅れてるんだ
朝日新聞の「韓国が問題視する可能性もある」に苦笑
朝日新聞は自分のことを棚に上げて他社を批判するな
朝日新聞の沖縄県議選に見るいつものダブスタ
朝日新聞は拉致問題解決の邪魔だけはするな!
朝日新聞の「100円ラーメン」捏造記事
安倍首相の「言葉」を批判する朝日の「言葉」は?
朝日新聞の検察庁法改正反対は筋違いだ
朝日新聞よ SNSってデマが多いんじゃなかったか?
朝日新聞が「転ばぬ先の杖」とか言うな!
朝日新聞が「パチンコは不要不急ではない!」
朝日新聞・高橋純子は事実をねじ曲げ自説を展開
朝日新聞の「コロナ倒産」記事にみる違和感
朝日新聞・川本祐司がテレ朝・玉川徹を批判しているが・・・
朝日新聞の反日・侮日なら「表現の自由は無制限」
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞の「蓮舫化」が凄いことになってる
朝日新聞が緊急事態宣言に反対し倒閣を目指す宣言
朝日新聞ブレブレだなぁ~(苦笑)
朝日新聞が政府の布マスク配布に対し悪質印象操作
朝日新聞・東岡徹の世間ズレが酷すぎる
朝日新聞・大野博人は最後まで戯言
朝日新聞の「再生可能エネルギーがぁ~!」を笑う
朝日新聞・吉岡桂子の非常識さは朝日を表わす
朝日新聞は自らの報道が不安を煽っていることを自覚せよ
朝日新聞は「メディア不信」の元凶は自社だと気付けよ
朝日新聞の自己満のための首相会見ではないぞ
朝日新聞よ 日ごろの「説明責任を果たせ!」はどうした?
朝日新聞・小滝ちひろ「新型コロナ痛快」発言で逃亡
朝日新聞の論座が「今は石破内閣しかない」だってさ
朝日新聞の「批判のための批判を続けるぞ!」社説
朝日新聞の押し紙を無くしたら環境破壊も止められるぞ
朝日新聞の印象操作もここまで来たか
朝日新聞に見る新型肺炎に関する報道
元朝日新聞・植村隆の敗訴の弁は戯言
朝日新聞が事実を書けば福島への風評被害は減るだろう
朝日新聞こそ福島の声を聴け!
朝日新聞・鮫島浩の筋違いな政府批判
朝日新聞・高橋純子の論理の飛躍はすごいなぁ
朝日新聞・坪井ゆづるが未だに「モリカケがぁ~!」(苦笑)
朝日新聞は訪日客データから韓国のことしか書くことないのか?
朝日新聞・定塚遼がTBS・サンモニを持上げる
朝日新聞の社旗は「国賊朝日」の象徴のくせに
朝日新聞・箱田哲也がまた「日韓どっちもどっち」論 呆れる・・・

【2019年】
朝日新聞は福島への風評被害を煽るのをやめろ!
朝日新聞・定塚遼は根っからの共産主義者のようだ
朝日新聞・前田直人の典型的な「おま言う」
朝日新聞・福島申二のローマ教皇を利用した日本批判
朝日新聞は「一票の格差」を批判するが成案は?
朝日新聞・箱田哲也は相変わらず「日本も悪い」論
朝日新聞の「韓国通」牧野愛博のすっからかんコラム
朝日新聞・国分高史の安倍首相在任最長に惨めな言い分
朝日新聞の薄っぺらで底の浅い論調を再認識
朝日新聞は喉から手が出るほど広告料が欲しい!
朝日新聞が「脅迫による言論の自由侵害」をどう報じるか興味がある
朝日新聞・駒野剛の「権力監視がぁ~!」には笑える その2
朝日新聞・駒野剛の「権力監視がぁ~!」には笑える
朝日新聞と赤旗の論調が同じには笑うしかない
朝日新聞の呆れた「表現の自由」論
朝日新聞の「表現の自由がぁ!」には笑うしかない その2
朝日新聞の「表現の自由がぁ!」には笑うしかない
朝日新聞は科学よりもイデオロギーと感情優先
朝日新聞の悲しいくらいレベルの低い改憲批判
朝日新聞のいつものダブスタ社説
朝日新聞よ 反原発でもいいがウソは書くな!
朝日新聞が「勝手な仮定のみ」で批判している
朝日新聞の旧民主党政権擁護は願望を通り超して妄想だ
朝日新聞の悪意ある見出し
朝日新聞が「スラップ訴訟」を批判している(苦笑)
朝日新聞編集委員・吉岡桂子が無知をさらけ出す
朝日新聞・高橋純子の侮日なら「表現の自由は無制限」
朝日新聞はトコトン韓国目線
朝日新聞の「表現の自由」に関する安定のダブスタ
朝日新聞が「表現の自由がぁ~!」と言う愚かさ
朝日新聞の「話し合え、話し合え、話し合え」(嘲笑)
朝日新聞がとぼけたウソ記事
朝日新聞の参院選低投票率分析は間違いだ!
朝日新聞的「野合」の薦め
朝日新聞よ、メディアは「聖域」ではないぞ!
朝日新聞よ、立民を「過保護過」にしても育たないぞ
朝日新聞がまた負惜しみを言ってる
朝日新聞の「ヤジ」容認は「反民主主義」行為だ!
朝日新聞・箱田哲也の韓国目線にうんざり
朝日新聞の消費税社説は支離滅裂だ
朝日新聞の「夢よもう一度」は不発だ
朝日新聞の撒き餌に喰いついたバカな政治家
朝日新聞大誤報! そして相変わらず恥ずかしい言い訳
朝日新聞・坪井ゆづるが「また」恥をさらした
朝日新聞は韓国とともに沈んでいく
植村隆が相変わらず戯言を言ってる
朝日新聞はG20の記念撮影をどう見た?
朝日新聞がハシゴ外してるんだから野党議員連中もかわいそうだな
朝日新聞労組委員の本音「売れない商品を作る記者たち」
朝日新聞が慰安婦問題を他人事のように書いている
朝日新聞が恐れているから「衆院解散、W選」が正解
朝日新聞が韓国救済に必死すぎで痛い
朝日新聞のご注進記事とそれに乗る韓国
朝日新聞にかかると、ひとりが言うと総意に化ける
韓国を煽り・けしかける朝日新聞が「対話だ」という愚かさ
朝日新聞を読んでも真実は得られない
朝日新聞の古くさい遺物思想
朝日新聞・箱田哲也は相変わらずだな
「理念」で飯が喰える朝日記者って楽でいいなぁ
朝日新聞が福島復興を語ってはいけない
朝日新聞が「ヤミ金」に出資しろって言ってるぞ(苦笑)
朝日新聞・大野博人の反省なき朝日を象徴するコラム
朝日新聞は詐欺会社! と言っても過言ではない
4月20日は「朝日新聞KYの日」
風評被害を拡大させた朝日新聞が言うな!
朝日新聞・鮫島浩がまたいちゃもんつけてる(苦笑)
朝日新聞が法の趣旨を説く愚かさ
朝日新聞は「情」で判決を出せと言うのか!
朝日新聞よ「おことわり」ではなく「間違いでした」だろ!
朝日新聞・鮫島浩が早速新元号を腐していて笑った
朝日新聞・箱田哲也は相変わらずの北朝鮮目線、しかも曇っている
朝日新聞の元号論
朝日新聞的日本の景気感
朝日新聞の厚労省統計不正追求に欠けている視点
朝日新聞は今も北朝鮮が大好きだ(苦笑)
朝日新聞・堀篭俊材は恥知らず!
朝日新聞・高橋純子の思い上がりと勘違いを笑う
朝日新聞の体質をよく表わす鮫島浩のツイート
朝日新聞は沖縄県民投票の投票率52.48%をどう考える?
朝日新聞の自惚れは滑稽だ
マスコミの「お詫びして訂正します」は魔法の言葉
朝日新聞が「国民の知る権利」とは笑ってしまう
朝日新聞・鮫島浩が東京新聞・望月衣塑子を高評価
朝日新聞・高橋純子こそ「やむを得ない」の実践者!
朝日新聞は厚労省の勤労統計不正に関しどの道を選ぶ?
朝日新聞・坪井ゆづるの「負け犬の遠吠え」
朝日新聞の「韓国レーダー照射」社説はお笑いレベルだ
朝日新聞・鮫島浩の歪んだ感情は理解できない
朝日新聞は鮫島浩の感情論ツイートを放置するな!
朝日新聞こそ日韓関係悪化の最大の原因だ!
朝日新聞・福島申二は事実を報道してからものを言え!
朝日新聞は元日からバカ丸出し

【2018年】
朝日新聞・鮫島浩は行く着くところまで行った感じだな
朝日新聞の「中国さまには刃向かうな!」社説のアホらしさ
また朝日新聞・中野晃が戯言を書いている・・・
朝日新聞は立憲民主党にも見捨てられた?
朝日新聞・鮫島浩の「安倍がぁ~!」には笑うしかない
おい朝日新聞、前提がおかしいぞ!
朝日新聞の数々の捏造は新聞への信頼を傷つけた
朝日新聞・箱田哲也の韓国擁護も「だから何?」
朝日新聞が言う「国民」「普通の人々」とは?
朝日新聞の自惚れと勘違い
朝日新聞・石川智也の勘違いは朝日新聞の体質を表す
朝日新聞と尾辻かな子 最強の曲解コンビ
朝日新聞は韓国批判よりも日本批判
朝日新聞は意図的に「ネットの影響」を過小評価している
朝日新聞が不法滞在者摘発を差別助長と言い始めた
朝日新聞は社説やコラムで自己紹介?(苦笑)
朝日新聞の謝罪なくして未来志向の日韓関係などない
朝日新聞は「旭日旗批判」がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する
朝日新聞のダブスタは相変わらず過ぎて笑うしかない
朝日新聞は「パチンコの換金禁止」に賛成だよな?
韓国の「ウリジナル」と朝日新聞のダブスタ
朝日新聞の自民党総裁選記事は駄々をこねる子供と同じ
朝日新聞・高橋純子は相変わらず揚げ足取りに忙しい
元朝日新聞・小田川興「安重根を尊敬している」
元朝日新聞・佐藤章の「批判が足りない」を笑う
朝日こども新聞など百害あって一利なし
朝日新聞は「北朝鮮への帰還事業」の加害者だぞ!
朝日新聞が「地上の楽園」と対話しろだってさ
朝日新聞は「不都合な事実」に向き合っているのか?
朝日新聞の石破推しの浅はかさ
朝日新聞には廃刊してもらおう!
朝日新聞は中国に「言論の自由」がないことをどう考えるのか
朝日新聞論説委員連中の頭の中はどうなってる?
朝日新聞・鮫島浩は自身が「老害」だと気付けよ
朝日新聞は何が言いたいの?
朝日新聞の高校野球に関する「報道しない自由」
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるが・・・
朝日新聞って本当に北朝鮮が好きだなぁ~
朝日新聞論説委員連中のグチ社説
朝日新聞は徹底的に本質から目を背ける
朝日新聞にかかると高校野球はすべて美談になる
朝日新聞の「賭博大国」ってパチンコはいいのか?
朝日新聞・箱田哲也の甘ぁ~い北朝鮮分析
朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し
朝日新聞・忠鉢信一がまだゴニョゴニョ言ってる
朝日新聞・中野晃の朝鮮戦争における日本の責任って?
朝日新聞・忠鉢信一 「どうだぁ! 俺様の意見は」も批判多く逃げ出す
朝日新聞こそハラスメント防止の先頭に立ったら?
朝日新聞・伊丹和弘は自分の間違いを認めないクズ
朝日新聞・大野博人は自ら「おもてなし」を実践したら?
朝日新聞・三浦英之 震災で政権批判するクズ
朝日新聞編集委員・福島申二の「世間ずれ」
朝日新聞・箱田哲也の朝鮮半島目線を笑う
朝日新聞・峰久和哲の底の浅い新潟知事選分析
朝日新聞もとことんネタがないようだ(苦笑)
朝日新聞論説委員・高木智子のツラの皮の厚さ
朝日新聞の笑えないお笑い社説
朝日新聞・国分高史よ、恥ずかしくないのか?
朝日新聞は「納得できない!」で沈んでいく
朝日新聞は自社のセクハラ疑惑にダンマリ
朝日新聞夕刊の素粒子が余りにひどい
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるけれど
朝日新聞・科学担当論説委員の感情論
朝日新聞は自社支局長の犯罪を報道しろ!
朝日新聞の印象操作の典型
朝日新聞・高橋純子のバカ丸出しコラム
朝日新聞は「異論」に耳を傾けたことがあるのか?
朝日新聞は未だに「共謀罪」などとデマを流している
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞・高橋純子が相変わらず言ってる(苦笑)
朝日新聞・鮫島浩よ、自らの「忖度」はいいのか?
朝日新聞のせいで慰安婦問題は永久に終わらない!
朝日新聞は憲法が改正されたら困るの?
朝日新聞は印象操作に一生懸命!
朝日新聞が「モリカケ捏造」を反省することはない
朝日新聞は慰安婦問題の当事者だぞ!
朝日新聞はなぜ「書き換え文書」を公表しない?
朝日新聞が中国御用達メディアに認定される
朝日新聞が未だに稲嶺を持ち上げているぞ(笑)
朝日新聞・上丸洋一の妄想が末期的症状
朝日新聞が米国に日本の政治情勢を解説?
朝日新聞がまた「表現の自由がぁ~!」と言ってるぞ
朝日新聞の本音は北朝鮮に核ミサイルを完成させたいとしか思えない
朝日新聞の本性 その2「天皇・皇室廃止」
朝日新聞の本性「尖閣諸島は中国領」
朝日新聞が産経新聞の「誤報」を伝えているけど・・・
朝日新聞 安倍首相に反論できず!
朝日新聞の都合の良い物忘れ?
朝日新聞が「日頃の備え」が必要だって言ってるぞ(苦笑)
朝日新聞の名護市長選に関する社説が相変わらず
珍しく朝日新聞の言ってることに賛同するがタブスタはやめろ!
朝日新聞・鮫島浩の自己紹介ツイート?
朝日新聞の悪質さと立憲民主党・長妻昭の無能さ
朝日新聞は「国民」を都合良く引き合いに使うな!
朝日新聞・坪井ゆづるがまだ「モリカケ」言ってる(呆)
朝日新聞「安倍首相が関与したとは報じていない」って?
朝日新聞は党首討論に賛成・反対どっちなの?
朝日新聞に大阪大を批判する資格はない!
元朝日新聞・星浩の言う大人の対応って?
朝日新聞はもっと自分の責任を感じろ!
朝日新聞はカジノ反対・パチンコ推奨のダブスタ
朝日新聞・高橋純子って政策に関する持論ってあるの?
朝日新聞は元日から安倍批判(苦笑)
朝日新聞は慰安婦問題の主犯だぞ!

【2017年】
朝日新聞はスラップ訴訟を起こすほど追い詰められている
朝日新聞・高橋純子が自爆!
朝日新聞・高木真也はクビになってないの?
朝日新聞の究極の「おま言う」社説
朝日新聞 ブレブレだなぁ~(苦笑)
朝日新聞がさりげなく過去の捏造を正当化している
朝日新聞・高橋純子の「何でも安倍のせい」論を笑う
朝日新聞お得意の「誤報」ですから謝罪したら?
朝日新聞は暗黒社会を目指しているのか?
「日本死ね」は許すが「朝日死ね」は許さない朝日新聞
「普段着の日韓関係」? 朝日新聞よ現実を見ろ!
朝日新聞も終戦後1ヶ月はまともだった
朝日新聞・原真人よ、もっと素直になれよ(笑)
朝日新聞はアベノミクスを肯定してるの?
朝日新聞・大野博人よ、屁理屈をこねても結果は変わらないぞ
朝日新聞の負け惜しみが止まらない
朝日新聞は現実を見つめたらいかが
朝日新聞論説委員・坪井ゆづるの恥の上塗り
朝日新聞が「国民の知る権利」とは恐れ入った
朝日新聞がまた他社の不正を批判している
朝日新聞・原真人の恥ずかしい安倍首相批判
朝日新聞がもう負けの言い訳を始めたぞ
朝日新聞・大野博人「民主主義が壊される」(笑)
朝日新聞・鮫島浩は自分で取材してないな
朝日新聞は「立憲民主」押しで行きます
さあ朝日新聞はどこを応援するの? 楽しみだ
朝日新聞のお気楽な対話論で北朝鮮問題は解決するのか?
朝日新聞の言う「解散の大義」って何?
朝日新聞には「資格」があるのか?
朝日新聞が絶対に報じない沖縄の姿
朝日新聞・前田直人の「妄想」に感服!
国民の知る権利とマスコミの報道しない権利
朝日新聞は獣医師会擁護を続けるしかないようだ
朝日新聞が慰安婦問題日韓合意で韓国を擁護する愚かさ
朝日新聞は知っているくせにウソを書く
朝日新聞が言う「子どもの望ましい教育法」って??
朝日新聞・鮫島浩の思考回路は分からん(苦笑)
朝日新聞・赤田康和の「多様な意見の共存」って?
朝日新聞は民進党・玉木の行動を論調してみろ
朝日新聞を始めとしたメディアの「報道しない権利」は酷すぎ
朝日新聞が「海上衝突予防法」を持ち出す基準は?
朝日新聞は山城博治が弾圧されているとでも?
朝日新聞は韓国・慰安婦謝罪碑書き換えを報じろ!
朝日新聞のご都合主義には慣れているけど
朝日新聞は目の付け所がずれてる
朝日新聞よ 前川喜平と吉田清治の違いは何だ?
朝日新聞・中野晃の言う「断片のイメージ」って朝日新聞そのもの
「悪魔の証明」を求める朝日新聞の愚かさ
森友も加計も朝日新聞の底の浅さが分かっただけ
朝日新聞・前田直人のつまみ食いは見苦しいの一言
朝日新聞的魔法の言葉「社会の右傾化」
元朝日新聞・山口一臣のクズツイート
朝日新聞は民進党の国会対応をどう考えているのか?
朝日新聞は「報道の自由」をはき違えるな!
朝日新聞・高橋純子の反論になっていない反論
朝日新聞編集員・大野博人の教育勅語論
朝日新聞が「危機を煽るな」とおっしゃっているぞ(笑)
元朝日新聞・早野透の駄文コラム
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞が銃剣道批判をこっそり言い訳
朝日新聞が社説ではしゃいでいるけど・・・(哀)
朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)
朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)
朝日新聞はなぜ宮古島市議・石嶺香織を批判しないのか?
朝日新聞がまたまた国民から否定される
もういちゃもんでしかない朝日新聞の社説
朝日新聞の必死さがよく表れている前田直人のコラム
朝日新聞は自社の国有地払下げの件を説明したら?
朝日新聞が特定の学校法人を批判する愚かさ
朝日新聞よ、選挙結果より明確な民意って何があるのだ?
朝日新聞は国民を「煽る」ことしか能がないのか?
朝日新聞がまた「複眼的」とか言ってる(爆)
朝日新聞政治部次長・高橋純子がまた火病ってる(笑)
朝日新聞は自分のファクトチェックをやったら?
ファクトチェック? 朝日新聞のギャグか?
朝日新聞・伊勢剛よ 自分で取材してから言え!!
朝日新聞のご都合PKO論
朝日新聞編集委員・松下秀雄の何でも沖縄差別論
朝日新聞の天にツバ吐く社説
朝日新聞が自社の世論調査を完全無視!
朝日新聞・上丸洋一が剥き出しの極左ツイート
朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート
朝日新聞よ 「改善」ではなく「撤去」だろ!
朝日新聞苦しいのぉ~(爆)
朝日新聞の慰安婦合意に関する苦しい社説

【2016年】
朝日新聞は事実確認をしたうえで社説を書いているのか?
朝日新聞が高江を歩くと「活動家」も「地元民」に化ける
朝日新聞が超ド級の「おま言う」!
朝日新聞とテレ朝は自社報道を取り消し謝罪せよ!
朝日新聞が鳥インフルエンザ記事で誤誘導見出し!
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!! その2
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!!
朝日新聞は自分の社説に責任を持て!
朝日新聞 蓮舫のウソを「説明が揺れた」(笑)
お前が言うな! 朝日新聞!!
朝日新聞は沖縄で暴れている左翼の違法・暴力行為を報道せよ!
朝日新聞政治部次長・高橋純子こそ気味が悪い!
朝日新聞のご都合主義・ダブスタ発動!
朝日新聞が上から目線で何か言ってるぞ(爆)
冨永格を見ると朝日新聞が分かる
朝日新聞の社説は面白い! もちろん皮肉だけどね
必死で民進党を応援する朝日新聞の滑稽さ
朝日新聞の社説には笑っちまう!
朝日新聞よ 甘利を批判するなら山尾はどうした?
朝日新聞は自分の責任を棚に上げるな!
朝日新聞・今村優莉の恥ずかしい言い訳
中国の身勝手な行動を擁護する朝日新聞
朝日新聞記者の性根の悪さ!
朝日新聞・林望の媚中嫌日記事
朝日新聞よ、なぜ鳥越俊太郎を批判しなかった?
朝日新聞・渡辺志帆の身勝手な言い分
朝日新聞悔しいのぉ~(爆)
朝日新聞論説委員連中はアホとしか言えない
朝日新聞は自身の「閉塞感」に自覚なし!
朝日新聞が珍説を開陳(笑)
朝日新聞の言う「民意」って何??
朝日新聞・豊秀一って本当にどうしようもないな
朝日新聞は分かりやすいなぁ~(笑)
朝日新聞の記者ってどうしてご都合主義なのか?
またまた朝日新聞は事実を報道せず!
朝日新聞は自らの過去記事を忘れているようだ
恥知らずな朝日新聞の開き直り
朝日新聞が「現実逃避」のうえ「逃亡」(笑)
朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう その2
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう
朝日新聞よ、なぜ事実を事実として報道しない?
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何?? その2
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何??
朝日新聞がAERAも使って悪質な難民報道!

【2015年】
産経前ソウル支局長無罪に対する朝日新聞の本音
朝日新聞・豊秀一よ、黙れ!!
靖国神社爆発犯は韓国人? を朝日新聞だけ報道せず
悪質な朝日新聞の難民報道
日韓首脳会談にみる朝日新聞の韓国目線
朝日新聞・大岩ゆりの悪質な扇動デマ記事
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
朝日新聞・豊秀一の恥知らずな講演
ネット民に対する朝日新聞の苛立ち
朝日新聞は自分の社説に責任をとれ!
朝日新聞の安倍談話評がクズすぎて笑った
相変わらず植村隆は事実と向き合わない
朝日新聞特別編集委員・冨永格がまたやらかした
朝日新聞「天声人語」のご都合主義
朝日新聞「天声人語」が大学入試に有利?
朝日新聞に「反省」の文字はない!
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない その2
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない
朝日新聞・鯨岡記者の常識ツイート
朝日新聞記者 みんなに責められる(笑)
朝日新聞で信用できるのは日付のみ(笑)
朝日新聞グループはとことん腐っている!!
捏造アサヒ
朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!
植村隆がロスでも妄言
植村隆がニューヨークで好き勝手言ってる
朝日新聞・テレ朝のアシアナ航空機事故の報道が酷い!
朝日新聞が「中国人慰安婦」とか言い出した(苦笑)
左傾戦艦 アサヒ
傲岸不遜なクズ記者! 朝日新聞カイロ支局長・翁長忠雄
朝日新聞がアホコラム「天声人語」で商売をしてる(笑)
朝日新聞・西村陽一がメルケルに玉砕!
朝日新聞は違法行為を擁護するのか!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識 その2
クズ朝日が特攻隊をテロリストと同等に扱いやがった(怒)
朝日新聞にはうんざりだ
朝日新聞のNHK会長批判
朝日新聞の身勝手な言い分
朝日新聞の支離滅裂、ここに極まり!!
新年から朝日新聞は「全開」だ!(爆笑)

【2014年】
「慰安婦捏造」植村隆と「特許法捏造」西尾邦明の言い訳が同じ
朝日新聞・第三者委 植村隆の捏造を認定せず
左端の朝日新聞から見れば、すべてが右だ
朝日新聞の支離滅裂
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!! その2
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!!
やっぱり朝日新聞はクズだ!!
韓流の「おもてなし」を見習って by 朝日新聞
朝日新聞の「自浄作用」とは?
品性下劣なヤジに対する朝日新聞の対応
植村隆追及の手を緩めるな!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識
朝日新聞の姑息さは変わらず!
朝日新聞の隠蔽体質
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている その2
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事
あまりに酷い朝日新聞の記者会見
朝日新聞が言論機関?????
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート その2
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その3
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その2
恥の上塗り 哀れな朝日新聞
朝日新聞の慰安婦報道検証 識者の意見
朝日新聞よ、カジノに反対する前に言うことはないの?
朝日新聞に日韓関係を語る資格はない!
朝日新聞・前田直人の有名人大好き病
朝日新聞社長・木村伊量は反日売国奴
朝日新聞の開き直りとその後
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ! その2
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ!
朝日新聞は百田尚樹氏がとことん嫌いらしい
朝日新聞の社民党化 その2
朝日新聞の社民党化 その1
朝日新聞よ、なぜ「民主主義の破壊だ!」と騒がない?
日本の民主主義の崩壊だ! と朝日新聞は言うけど・・・
極左政治団体・朝日新聞!
朝日新聞にコメントを出す大学教授のレベル
朝日新聞よ、週刊現代が宗旨替えを始めたぞ(笑)
朝日新聞が煽れども滋賀県民は踊らず
朝日新聞が大はしゃぎ(笑)
朝日新聞の「嫌中憎韓」本批判 その2
朝日新聞・植村隆の義母が無罪だとぉ~っ!
朝日新聞が「慰安婦問題」についてよく言うわ
朝日新聞の印象操作は酷過ぎだろう!
朝日新聞の典型的な記事
健全なジャーナリズム精神? お前が言うな朝日新聞!
朝日新聞の姑息な広告
朝日新聞が週刊誌からフルボッコ状態
朝日新聞編集委員・前田直人の低レベルコラム
朝日新聞は本当にクズ新聞だ! その2
朝日新聞は本当にクズ新聞だ!
朝日新聞は「嫌中憎韓」本が売れるのがご不満らしい(笑)
佐村河内守問題での朝日新聞の開き直り
朝日新聞が佐村河内問題で反省記事を載せたけど・・・

【2013年~2011年】
朝日新聞編集委員がみのもんたを持ち上げる
朝日新聞の不見識
朝日新聞紙面審議会って何だ?
朝日新聞よ、東京五輪反対なら反対って言え!
おいっ! いい加減にしろよ朝日新聞!!
朝日新聞の「妄言」
領土問題は冷静に話し合おう?? その3
領土問題は冷静に話し合おう?? その2
領土問題は冷静に話し合おう??
相変わらずな朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカ大統領選は、もうひと揉めありそうな無いような混沌とした状態。しかし米国反トランプ派のメディアはバイデン勝利の既成事実化を始めている。日本国内でも朝日新聞は11月10日に「米大統領バイデン氏当確 民主主義と協調の復興を」との社説を載せた。

バイデンが次期大統領かは別にして、バイデンで思い出されるのは前回の大統領選(2016年)で、当時のヒラリー・クリントン(民主党候補)への応援演説。

「核武装を持てないように我々が日本の憲法を書いたことを、彼は知らないのではないか。彼は学校で習わなかったのか。トランプは判断力に欠けており、信用できない」

共和党の候補者であるトランプが「日本が在日米軍駐留経費を全額負担しないと言うのであれば、日本は自力で国を守るべきだ。そのために核兵器を保有するというのであれば、それはそれで結構だ」との趣旨の発言をしたことを受けてのものだ。

バイデンは当時現職の副大統領。あまりに正直な発言だが、日本国内の左派陣営は慌てふためいたようだ。

朝日新聞は「戦後の歴史を無視する」「米政府の要人としては異例で、無神経というほかない」「発言は傲慢ともとれる」と批判した。朝日は躍起になって「憲法起草では日本の研究者たちの意見も参照された」などと否定していた。しかしGHQ実務担当者・ケーディスによれば、日本国憲法作りはすべてアメリカ人だけで進められたと言っているので、朝日の言い分はお得意のウソである。

左派系識者はバイデンは過去から失言が多かったし、事実関係の曖昧なことでも思ったことをすぐに口に出して喋ってしまうという性格の人物だなどと、フォローになっていないフォローをしていた。

そんな朝日を始めとした反トランプ派が、バイデンの憲法発言や失言癖のような大統領としての「資質」を、今回の大統領選で問題にした節は見えない。それにしても、4年前に「無神経で傲慢」と批判したバイデンを大統領選期間中ずぅ~っと持上げてきた朝日は、自身の整合性をどうつけたのだろうか?

4年前のバイデン発言は、米国内では何の反響もなかった。アメリカ人からすれば日本の憲法の話などどうでもいいこと。それに常識の範疇でもあり、失言でも何でもない。これを朝日は都合良く利用したんだろうが、日本国内的にはご都合主義といわれても仕方ないだろう。

だから朝日は社説でバイデンを持上げつつも、「『トランプ後』の世界を描く使命は、米国だけでなく国際社会全体で背負うほかない」「この4年で国際社会が学んだ教訓は、もはや特定の大国に多くを頼れる時代ではないということだ」と書く。バイデンが大統領になるのを不安がっているような書きぶりだ。

だったらバイデンが言った「(米国が書いた)日本の憲法」を後生大事に持っている必要性はさらさらないな。逆に率先して憲法を改正して、自分の身は自分で護らないといけないだろう。

バイデンが大統領になれば、国務長官にはスーザン・ライスが有力視されている。ライスは中国が唱えた米中で世界を二分する「新たな大国関係」を容認する考えを示し(あの弱腰オバマですら拒否したというのに)、尖閣諸島問題には「他国の主権の問題には立ち入らない」と発言した「親中・反日」(傾向)の人物であるから尚更だ。

関連
 「朝日新聞が『どの1票も平等だ』とかよく言うわ

このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカ大統領選は投開票をめぐってのゴタゴタ感が伝わっている。CNNやNYTなどは、トランプ大統領が不正を印象操作つけ「悪あがき」をしているように報じている。しかし実際のところは、現段階で確定的なことは言えないのは明らかだ。あちらの国でも左派系メディアは印象操作に忙しい(苦笑)。

日本でも朝日新聞が11月6日の社説「米大統領選 粛々と公正な集計を」で、同様に「根拠も示さず『詐偽だ』と公言、裁判闘争にもちこむ構え」などとトランプ大統領批判を行っている。

さらには、どさくさに紛れ「トランプ氏はこれまで移民らに門戸を閉ざす姿勢が目立ったが、米国社会の多様化は止めることのできない潮流だ。必要なのは、排外ではなく寛容な包摂をめざす指導者であることが、いっそう鮮明になっている」と、投開票不正とは関係ない論点で、やはりトランプ大統領を批判する。

そんな朝日は、社説中で「どの1票も平等に扱うのが大前提だ」と書く。一見当たり前の言い分のように感じるが、実は朝日が言ってはいけない。なぜなら、朝日は2013年の参院選で自治労(高松選管)が犯した「開票不正」を大擁護したからだ。

これは自民党候補者への312票を「白票」とすり替えた犯罪だ。当該者は後に有罪(執行猶予)判決を受けている。それを「思い違いから始まった」とか「誤認だった」などと、過失へ誘導しようと必死に工作した。

「どの1票も平等に扱うのが大前提だ」などはかなぐり捨て、シンパの自治労を守ろうと姑息なほどの記事を載せた。それは自民党候補者に投票した312人の有権者の想いをないがしろにする、まともとは言えない酷いものだ。

こんな朝日が、気に入らないトランプ批判の中で「どの1票も平等に扱うのが大前提だ」などと、見事なまでのタブスタぶりを発揮する。ブーメラン炸裂! と言った方がいいかな。

朝日は自治労の「開票不正」という民主主義の根幹を破壊する行為を擁護した瞬間から、民主主義がどうたらと偉そうに書く資格を失っている。そんな自覚もなく、安倍前首相の施策に何かと言うと「民主主義が崩壊した」などと書き失笑かっていたが、今回も同様に無様な論調だ。

それにしても「恥」という言葉を知らない連中が、記者を気取っていることって本当に「恥ずかしい」ことだと、普通の人間なら強く感じる朝日の「恥ずかしい」社説だ。

関連
 「朝日新聞よ、なぜ『民主主義の破壊だ!』と騒がない?

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本学術会議が自薦した会員候補6名が任命されなかった件で、朝日新聞など左派系メディアが「学問の自由を脅かす」との批判をしている。税金で運営されている組織であることを理解しているのかと思うが、まあ何でも批判の朝日には理由など関係ない。政府批判ができれば何でもいいのだ。

それにしても「学問の自由がぁ~!」には笑うしかないが、日本学術会議が「学問の自由を侵害」している事実を朝日は決して報道しない。

日本学術会議は「軍事目的の科学研究を行わない」とする声明を過去に2度も出している。「特定分野の研究はしない」を他者に強いることは「学問の自由の侵害」である。さらには、実際に行動に移し研究を潰した前例がある。

北海道大は2016年度に防衛省の安全保障技術研究推進制度に応募し採択された。内容は船舶の運航効率アップ(燃費向上)につながるもので、自衛隊の艦艇のみならず民間船舶へも適用できるものだ。しかし日本学術会議はこれを「軍事研究」と声明を出し批判。結局、学術会議からの事実上の圧力で、北海道大は2018年に研究辞退に至っている。

これを「学問の自由の侵害」と言わず何を言うのだろう。日本学術会議はどう考えているのか? そして同様に「学問の自由がぁ~!」と批判している朝日は、これもしっかり報道した上で論調しろ言いたい。

まあ同じ方向に偏向しているから、意図的に見ないのだろうが。こういう連中(日本学術会議や朝日などの左派系メディア)のダブスタ・ご都合主義は今に始まったことではないし、いつものことではあるが呆れるしかない。

朝日は10月3日の社説「学術会議人事 学問の自由 脅かす暴挙」で、「このままでは学者が萎縮し、自由な研究や発信ができなくなるおそれがある」と、いつものバカな論調をしている。「学者」の部分を官僚などと置き換えれば、朝日の定番文章になる。

朝日の論説委員連中は「政府=強者、市民=弱者」という概念が大好きだ。もちろん、ここで言う「市民」は左翼用語としての「市民」だけど。今回、日本学術会議会員は朝日から「市民認定」された。政府から何か言われればすぐに「萎縮する」程度のチープな存在だと。

朝日の実質お仲間会員はいいだろうが、サイエンスとしての真の科学技術を追求している会員はそれでいいのか? 「学問の自由を侵害」する組織内にあって、しかも朝日から「萎縮する」程度の存在と見られているんだぞ。

現時点では、日本学術会議内から自浄作用が働く雰囲気すら感じられない。やっぱり朝日から「萎縮する」と見られる程度の連中の集まりなんだろう。やっぱりその役割は終わっているな。

関連
 「日本学術会議の役割は終わっていると思うぞ

*訂正
「学術会議幹部が北大総長室に押しかけ」と記載しましたが、その事実はないことが確認されたので、「学術会議からの事実上の圧力で」と一部文章を訂正しました。不確実な記載をお詫びします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が吉田清治の戦時慰安婦「強制連行」の詐話を大々的に報道し、対韓国のみらず国際問題化した「慰安婦問題」。相変わらず朝日は反省することなく戯言社説を書いている。9月18日社説「慰安婦合意 意義を再評価し前進を」だ。

2015年の慰安婦合意を勝手に破棄したのは韓国だ。それ以外の案件も含め、日韓関係をこじらせているのは文在寅大統領だ。こんな分かりきったことをぼやかし、日本も悪いとする朝日の態度こそが韓国をここまでつけ上がらせた原因だ。

そんな自覚もないのか、慰安婦問題は「一つの合意でただちに解消するものではない」などと書く。じゃあ、どうしろというのか? 当時の合意に関しては、日本側も大きく譲歩している。その上での「最終的かつ不可逆的な合意」だ。朝日が作り上げた慰安婦問題と称する虚構を終わりにするためだ。

この件に関しては韓国も良く合意したと評価しているが、朝日が前年(2014年)に「吉田清治発言(強制連行)は誤報」と認めたことが大きかったと思っている。

朝日はこの合意後も多くの「日本も悪い」的な記事・社説を書いている。特に文の合意破棄後は顕著だ。結局、朝日は慰安婦問題を終わりにしたくないという意思表示以外の何物でもない。韓国が支離滅裂な対応をしても「日本も悪い」と書き続けられる。どうしようもないクズ紙である。

今回の社説の中で、しきりに「正義連」(旧挺対協)を持上げる。「団体などの活動により、被害が掘り起こされ、世論が喚起されてきた経緯がある」。だってさ。しかし、これは大ウソである。朝日が吉田清治の詐話を大々的の報じたからである。さらには植村隆の「挺身隊として『連行された』」で追い打ちをかけた。

盧泰愚元大統領も言っていたように「(慰安婦問題は)日本の言論機関がこの問題を提起し、我が国の国民の反日感情を焚きつけ、国民を憤激させた」。韓国の認識も朝日主犯だ。

朝日は自称第三者委員の林香里に「朝日の報道は国際社会においてあまり影響がなかった」と強硬に主張させることで、自身の免罪をはかった。今もこれにしがみついている。哀れな朝日。

さらに朝日は社説中で慰安婦をしきりに「被害者」と書く。慰安婦の方々の境遇や経緯については同情を禁じ得ないが、「加害者」は日本(国や旧軍)なのか? 強いて加害者を挙げるとすれば、金学順の場合は養父である。他の多くも韓国人手配師であり韓国人業者だ。

朝日は「強制連行」⇒「(広義の)強制性」⇒「女性への人権侵害」という論点のすり替えで、恥ずかしげもなく逃げてきた。言い換えれば「ご都合主義」だ。この延長線上にあるのが、この「被害者」連呼だろう。

朝日は自覚しなければならない。2015年の合意以降、慰安婦問題は韓国の内政問題になっているのだ。朝日が被害者と呼ぶものいいが、その救済責任は韓国政府にある。自称徴用工(実際は応募工)も同様だ。

朝日は「菅義偉政権はこじれた関係のリセットに向け、新たな政府間対話を始めてはどうか」などとと書くが、こじらせたのは文在寅だ。そんな文をしきりに擁護し続けている朝日も共犯者と言っても過言ではない。

文は朝日と同じように慰安婦問題を終わりにしたくないだけだ。未来永劫にわたって日本を批判し続けるためである。文と朝日の思惑は一致していると言うこと。

朝日があれだけの捏造をして作り上げた慰安婦問題。未だに悪あがきをして日本批判に使っている。反省もせず自分に甘い自称新聞に、誰がカネを払って読むものか。その証拠に8月の販売部数は499万部と、遂に500万部を切った。押し紙を引けば350万部程度といわれる。

早く本業の不動産業にのれん替えした方がいいぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


9月16日に発足した菅新内閣の女性閣僚が、安倍内閣の3人から2人に減ったことに朝日新聞が噛みついている。「女性閣僚1人減って2人 菅首相、女性活躍の本気度は」との見出しで、どこの国は何%だとか国別順位で190国中167位だとか書いている。

女性がその能力に対し正当に評価されるのは当然だ。「女性だから」などという考えがあってはならない。そういう面で、日本が遅れていることは認めるところでもある。

しかし、見出しには大いに疑問を感じる。女性活躍って人数で決まるのか?

そんな中、朝日のサンフランシスコ支局長だという尾形聡彦が次のツイートをした。「女性活躍を7年掲げながら真剣に取り組まなかった(安倍政権の)結果です」。

さらに尾形は自民党4役が全員男性だったことにも、「女性も若手もいないのが象徴的です。お膝元の自民党内ですら努力してこなかった。やる気もないのに看板(女性活躍)だけを掲げた責任は重いと思います」。

そうだろうか? 「女性だから」はダメだが、じゃあ女性なら誰でもいいのか? 「女性活躍」をその人数でのみで判断するのは思慮不足ではないのか。

もし、稲田朋美、小渕優子、松島みどり、片山さつきを再任用したら、朝日は何と書いただろうか? いずれも前任時、一悶着起こしたメンバーだ。その能力とは別の面で朝日は大批判しただろう。

結局は、その「能力・資質・経験」などに裏打ちされた「実力」が重要なのであって、そこに男性・女性、若手・老齢は二の次だと思う。意図的に実力不足の女性(男性であっても)を登用することは、その組織においてデメリットしかない。ましてや閣僚の話だ。

閣僚として日本の未来を担う女性国会議員が、8年で大勢輩出できたらそんなに良いことはない。しかし現実はそう甘くはない。まだ過渡期だと思う。

じゃあ、尾形の朝日新聞はどうなのか? どれほど多くの女性が活躍しているのか?

すると、会社の舵取りを担う取締役(7人)に女性はゼロ。業務執行に責任を持つ執行役員は18人中3人。他に監査役に2人。取締役・業務執行役員(待遇含む)・監査役の計31人中5人の16.1%。

これは安倍内閣の最後が15.8%(19人中3人)と同程度。。菅内閣は10%(20人中2人)だから、それよりは高いが大差ないレベル。朝日だって決して多いとは言えない。

朝日の「女性活躍」もたいしたことないなあと批判するのは簡単だ。しかし朝日だって「能力・資質・経験」などから人選しているはずだ。また女性登用についても各種施策を行っているのだろう。単に人数を以て「朝日の女性活躍」は低い! との批判があれば、尾形も人数だけで判断するなと反論するのではないか?

「女性を増やせ!」と言うのは簡単だ。確かに分かりやすいのは人数だろう。しかし現実は言うほど簡単ではないのは、朝日の人事でも明らかなこと。見かけ(人数)で判断する浅はかなことはやめた方がいい。

尾形や朝日は批判するならば、女性活躍のため政策・施策のこういうところがダメだと言わなければならない。相変わら見かけだけで批判する。だから「批判のための批判」と言われるうえに、自分にブーメランとして跳ね返る。

まあ、朝日はそういう記事(表面ズラの批判)しか書けないからしょうがないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の論座に元朝日の佐藤章が小沢一郎を持上げる論評を書いていた。「小沢一郎『絶対次の総選挙の後は我々の政権だよ』の根拠」だ。小沢一郎が何を根拠にこんな戯言を言っているかさっぱり分からなかったので、ド偏向で有名な佐藤章の文章だが、我慢して読んでみた。

佐藤は小沢を気持ち悪いほど持上げている。まあ、それもいいだろう。我慢、我慢。小沢が議員を続ける最大の理由は「議会政治の日本への定着」であり「政治改革」だという。そして、その目的達成のための手段が「政権交代」。

ふむふむ、それで? ところが、この後は延々と安倍批判や、合流新党に反対した玉木雄一郎や山尾志桜里をディスり続ける。「彼らは多くの凡庸な政治家の一人となり、淘汰されてしまうのだろうか」だってさ。

そして、やっと出てきたのが、菅新首相が安倍政権の路線を継承すると言っていることだという。安倍政権には「国民の大半は大きい失望を味わっている」から。さらには菅新首相も、遅かれ早かれ失政を引き起こすという、佐藤の予言というか願望というかを書いているだけ。

小沢の「絶対次の総選挙の後は我々の政権だよ」の根拠が、菅新首相が「安倍政権の路線を継承する」から? 菅新首相が失政を引き起こすから?

鼻で笑ってしまう。だって小沢がその発言をしたのは8月15日のこと。安倍前首相が退陣を発表したのは8月28日。菅新首相が自民党総裁に選出されたのは9月14日。さらには、佐藤は新立民の枝野が消費税減税を口にしたことも挙げている。でも、これも9月15日のこと。枝野の発言は選挙目当てが明らかだけど。

結局は小沢発言の根拠らしきものは、佐藤の論考からは何も読み取れない。長めの文章を我慢して読んだのに。強いて言えば「安倍政権は国民から失望されているから」になるのかもしれないが・・・。

でも「安倍政権は国民から失望されているから、野党がひとつになれば政権交代」は、小沢発言のすべて。それをなぞって「根拠だ」と言われても。しかも菅新首相や枝野減税発言は後付けだし。

小沢には小沢なりの成算があるのかもしれないが、佐藤が一生懸命忖度しているだけ。何が「根拠」だ。タイトル詐欺の何物でもない。朝日がタイトル(見出し)で印象操作するのと同じことだ。

佐藤が小沢発言で「これで政権交代だ!」と喜ぶのはいいけど、こんな中身のない戯言を載せる朝日も朝日だ。まあ、同じ思いなんだろうな。

関連
 「小沢一郎の『最後の悪あがき』も惨めの一言

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞オピニオン編集部・桜井泉。朝日に数多い傲慢記者のひとりのようだ。世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の説明施設「産業遺産情報センター」を訪れた際、思い通りの偏向取材が出来なかった時の捨て台詞が「もう帰る! これは社としての方針だ!」。

朝日は「産業遺産情報センター」の展示のひとつである元島民の証言が気に入らない。「朝鮮半島出身者への差別などなかった」とあるからだ。この中には在日韓国人2世の方の証言もある。

だから朝日は社説や記事でも平気でウソを書く。ウソを駆使して主張する。最早新聞などと呼べる代物ではなく、ただのプロパガンダ紙でしかない。
(「朝日新聞は社説でも平気でウソを書く!」参照)

朝日記者が「事実より主張」「主張のためには捏造・ウソも当たり前」で記事を書くことは周知のことだが、これで桜井が「産業遺産情報センター」を批判する記事を書いたら、「取材もせずに記事を書く」が追加になる。

あっ、取材なしの記事化って昔から普通にあるな(苦笑)。編集委員が堂々と「エビデンス? ねーよそんなもん」「『レッテル貼りだ』なんてレッテル貼りにひるむ必要はない。堂々と貼りにいきましょう」と言うくらいだから。
(「朝日新聞・高橋純子が自爆!」参照)

桜井の過去記事などを見ると、韓国の反日プロパガンダを垂れ流しているようなヤツ。定年まで数年を残し、再就職先(もちろん、あちら界隈)へのアピールに余念が無いといったところかな。

しかし「社の方針だ!」には笑ってしまう。「朝日新聞だ!」って声高に叫べは、取材対象者が「はは~っ」ってひれ伏すとでも思っているのだろうか。惨めな権威主義だ。それに桜井ごときが朝日を代表しているわけでもあるまいし。惨めの上塗りであり、恥の上塗りだ。

さらには、桜井が「産業遺産情報センター」を訪問した際についてきた清水大輔(国際報道部)という記者。こいつは、それ以前に反日活動家・矢野秀喜と一緒に来館し、朝日記者なのを隠して入館していた。

矢野は「軍艦島は地獄島だ」などと、韓国の市民団体と一緒になって活動している人間だ。そんな人物と一緒に来ること自体、清水は反日活動家もどきであることの証拠だ。ちなみに、この時は共同通信・西野秀も一緒に来館している。やはり共同記者の身分を隠して。

記者の身分を隠し、反日活動家と行動をともにする。これでまともな記事が書けるわけがない。それにしても、自称記者の反日・左翼活動家って多いなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の説明施設「産業遺産情報センター」が6月15日から一般公開された際、朝日新聞はその展示内容にイチャモンをつける記事を書いた。
(「朝日新聞の『韓国が問題視する可能性もある』に苦笑」参照)

その後、7月9日には社説「世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ」で、同様に「産業遺産情報センター」の展示内容などを批判した。その社説の中に、「朝鮮半島出身者の労務動員に暴力を伴うケースがあったことや、過酷な労働を強いたことは当時の政府の公文書などで判明しており、日本の裁判でも被害事実は認められている」と書いた。

実は朝日は2015年5月8日の社説「世界遺産 複眼で歴史見る機会に」でも、「鮮半島出身者が強制労働させられたさせられたのは史料などで分かっている」と書いていた。

当時から「どんな資料があるんだ?」とずっと疑問に思っていたが、その答えが月刊Hanada10月号に載っていた。その答えは「そんな資料はない」だ。

7月9日の社説を読んだ多くの人が同様の疑問を持ったようだ。「産業遺産国民会議」専務理事・加藤康子氏の元に問い合わせが多数寄せられた。また加藤氏自信も疑問に思ったらしく、直接朝日に問い合わせている。

朝日の回答は「さまざまな公文書が存在し、研究発表もなされている」。なんじゃそれ? 具体的内容は一切無し。また元島民の方々も同様に三菱マテリアル(当時の端島炭鉱経営)に確認したところ、「国内裁判で弊社(三菱)が被告となった事例はない」との回答を得ている。

つまりは、「当時の政府の公文書などで判明しており、日本の裁判でも被害事実は認められている」は真っ赤なウソだと言うこと。

さらには、元島民が朝日に問い合わせた回答は「過酷な労働を強いたことをめぐる記述は、当時の労働現場一般のことで端島に特定し記述したものではない」(要約)だそうだ。一般論で批判するのか? その一般論だって朝日の主張でしかないのに。

自分らの主張のためには事実は問わない。社説でも平気でウソを書くということ。相変わらずの「事実より主張」「主張のためには捏造・ウソも当たり前」の朝日だ。

本当にクズ連中の集まりだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の世論調査(9月2、3日調査)で、安倍政権を「評価する」が71%にも達している(「大いに評価する」17%、「ある程度」54%)。政党支持率も自民党は40%(7月調査30%)とアップしているのに対し、朝日一推しの立民は国民などとの合流決定効果もなく3%(同5%)。朝日の思惑通りにならないものだな(苦笑)。

ウソ・捏造、悪質印象操を駆使し必死に紙面で安倍政権を腐してきた朝日。退任発表翌日からも「安倍政治の弊害 清算の時」「アベノミクス 行き詰まり」「安倍改憲 首相自らが招いた頓挫」「安倍外交 価値を実践したのか」と、続けざまに社説で外交・内政にわたり安倍政権の成果を否定している。

さらには「森友・加計・桜 説明なき退陣ありえぬ」と、自分で捏造しておいて批判するという(加計)バカなことまでやっている。呆れるしかない。

朝日は安倍首相の手法(政治スタイル)を「考えの異なる者を攻撃し、自らに近い者は優遇する」「野党や批判勢力に必要以上の敵対姿勢をとる」批判する。

よく言うわ、でしかない。考えの異なる者を必要以上に攻撃するスタイルは、朝日の専売特許ではないか。朝日は紙面(特に社説)では「多様性」だ「複眼的」だとか言いながら、自らの思想・主張に合わない論説などを悉く批判・排除してきたではないか。まったく「多様性」を認めず、「単眼式」(朝日目線)でしか物事を見ないのが朝日。

さらには自分とお仲間ならいいけど、意見の異なる側はダメというダブスタ。朝日の紙面は、このダブスタ記事で埋め尽くされていると言っても過言ではない。

こんな朝日が永年積み重ねてきた安倍批判。それが自社の世論調査であっさりとひっくり返される。いくらいい加減なことをやっても決して批判せず、過保護にしてきた立民はまったく評価されず。「野合」丸見えで、今後も浮上することはないだろう。

ついでに、朝日は次期首相と期待している石破茂を人気No1と持上げてきたが、同世論調査では菅官房長官に負けているではないか(38%と25%)。

朝日は2017年の衆議院選の際、自社の世論調査結果と選挙結果が違うから「こんな結果おかしい」と書いたアホ紙だ(安倍首相の続投を望まないが望むより多かったことから、編集委員(当時)・大野博人が書いた)。

そこまで自社の世論調査に自信があるなら、今回の「安倍政権を評価する」も素直に受け入れたらいかが。今回は自社の世論調査がおかしいとなったら、またお得意のダブスタ炸裂になるぞ。まあ、それはそれで朝日らしいので構わないけどね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


元朝日新聞論説委員(現上智大教授)・小此木潔というのが、朝日新聞の論座で「コロナ感染拡大をいつまで放置するのか?」と政府批判をしている。

「新型コロナウイルス感染症の拡大阻止に有効な対策を打ち出せていない安倍政権」「無策も同然」「このままでは医療崩壊を招く」「Go toキャンペーンなどで、むしろ感染拡大の要因を作っている」と言いたい放題。さらには沖縄県の感染者増加は「Go toトラベルなど国内の旅行者からの感染によるものだ」と断言。

小此木は経済記者だったようだが、いったい何のデータや知識からこんなことを言っているのだろうか?

コロナ感染者状況
政府の分科会の分析によると、感染のピークのは7月27~29日とみられると明言している。7月27日から始まった「Go toトラベル」と感染者増加には、何の関係もないと言っているに等しい。

また沖縄県の感染者増加に関して、県の専門家会議の委員(医師)は「県外から沖縄に戻った人がウイルスを持ち込み、市中感染につながった」との見解を示している。

政府の分科会や沖縄県の専門家会議委員は、小此木とは真逆のことを言っている。もちろん、現段階ではどちらの言い分が正しい(結果として)のかは判断できない。

しかし小此木の言い分は、自身の「思想」や「主張」に基づいていることだけは確かである。そう、根底にあるのは「安倍批判」。小此木は現状を自らの「感情」で判断しているだけだ。そこにはデータの把握や分析はない。朝日などの煽りメディアが報道する「今日の感染者は1000人を超えました」的なものを、政権批判に結びつけているだけだ。

それに沖縄県の医療が逼迫してきているのは、玉城デニー知事の失政である、療養用ホテルの不足など、明らかである。小此木は、これに関しても「政府は大きな責任を負っている」と、まるで「政府のせいだ」と書く。

新型コロナに関しては、専門家と称する人の中でも意見が割れている面はある。だからこそ、メディアはそれぞれの言い文について、きちんと把握・評価したうえで報じなくてはならない。

ところが、メディアは自らに都合の良い言い分しか報じない。朝日の場合は、それに記者の「思想」や「主張」が混じるので、まったく信用性のない記事になる。小此木はさすが元朝日だけあって、これを実践している。

「Go toキャンペーンなどで、むしろ感染拡大の要因を作っている」「(沖縄県の感染者増加は)Go toトラベルなど国内の旅行者からの感染によるものだ」などと、根拠も示さず断言する悪質さには呆れるしかない。

朝日の好きな「複眼的」という言葉を、今こそ小此木に贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞8月16日の社説「閣僚靖国参拝 問われる政権の歴史観」は、朝日が自ら政治問題化し、そして自ら問題視するマッチポンプ社説だ。それにしても使い古した自作ネタをまだやってるのかと呆れるばかりだ。

朝日は「敗戦から75年の日に、安倍内閣の4閣僚が靖国神社に参拝した。政権全体の歴史観が問われる事態である」「東京裁判で戦争責任を問われたA級戦犯も合祀されている。侵略の被害を受けた国々を中心に、日本が過去の過ちを忘れ、戦前の歴史を正当化しようとしていると受け止められても当然だ」と鼻息も荒い。

日本のためにその身を捧げた英霊を悼む気持ちの表現に善し悪しはない。靖国神社だからとか、A級戦犯が合祀されているとかは朝日史観でしかない。それにB級・C級戦犯にされた方々も合祀されている。A級はダメだけど、BC級ならいいのか? まさか区分を知らないわけでもあるまい。ことさらA級と書き、誤誘導でも狙っているのか?

それに「戦前の歴史を正当化しようとしていると受け止められて当然」とは、どういうことだ? 「靖国参拝問題」とは朝日が中国に「問題視してくれ」と頼んたから政治問題化したものだ。ある時まで、中国は(もちろん韓国も)要人の靖国参拝をまったく問題視していなかった。首相はもちろんだが、昭和天皇が参拝しても関心を示めさなかった。

ある時とは、1985年に中曽根康弘首相(当時)が「戦後政治の総決算」を謳い、首相として公式参拝をする計画を表明した時だ。これに危機感を持ったのが朝日。朝日の「戦後」とは日本の戦争責任を執拗に追及し、中国・韓国などへの謝罪を永久に求めるという、日本を卑下し貶める材料だからだ。

それを「総決算」されてしまうわけには行かない。朝日は中国に対して靖国参拝を問題視してくれと「ご注進記事」を書いた。加藤千洋の「中国『日本的愛国心を問題視』」(8月7日)だ。

中国が問題視していないのに「問題視」とは笑ってしまうが、朝日は15日の参拝以降も悪意のある記事を書きまくった。それでも中国は反応を示さなかった。痺れを切らした朝日は、訪中する社会党の田辺誠書記長(当時)を巻き込み、さらなる「ご注進」を依頼した。「とにかく批判してくれ!」。

その甲斐あって、8月26日になってやっと姚依林副首相(当時)が、中国政府要人として初めて靖国参拝を批判した。加藤千洋が参拝批判の記事を書いてから約20日、中曽根首相が公式参拝してから10日以上経ってからだ。朝日の念願がかなった瞬間だ。

「靖国神社参拝問題」とは、朝日が中国に「問題視してくれ」「とにかく批判してくれ」と頼み込んで始まったのだ。

ちなみに韓国も靖国参拝を批判するが、中国に便除した反日政策のひとつでしかない。反日でしか生きられない哀れな国だ。

だから「戦後レジームからの脱却」を謳う安倍首相が、朝日から目の敵にされるのは当然のことなのだ。朝日は何年たっても日本を卑下し貶められる「戦後」を失いたくないからだ。

朝日は「戦後」を守る(維持する)ために、捏造まで繰り広げてきた。ご存じの「慰安婦強制連行」や「南京大虐殺」の印象操作本「中国の旅」(本多勝一)など。さらには、その時々で「日本軍の毒ガス写真」(実際はただの「煙幕写真」)や虚構である731部隊なども利用してきた。

そのほとんどはウソがばれて使い物にならなくなっている。残っているのは靖国参拝問題だ。これを朝日が手放すはずもなく、懲りもせず毎年同じようなことを書く。戦後75年経ってもなお靖国神社を「戦後」の象徴として攻撃を続けるのはそういう理由からだ。

自分の数々の捏造はすぐに忘れるのに、日本を卑下し貶めるのには執念を燃やす。本当にクズ紙としか言いようがない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


新聞労連委員長・南彰(朝日新聞)が、2018年の福田康夫元首相のインタビューを引っ張り出して「きちんとした記録さえあれば歴史の一部の拡大解釈や過小評価は起きにくくなる」「外交にだって影響します。誠実に事実を積み重ねてきた国ということになれば、日本は信用される国になります」だそうだ。

福田元首相は典型的な「媚中・媚韓派」で、どういうことを念頭に言っているのかは、容易に想像できる。まあ、これはこれで元首相の考えなのでいいだろう。言いたいのは、これに南及び朝日が「そうだ、そうだ!」とはやし立てる資格があるのかと言うこと。

「きちんとした記録」があっても、福島第一原発・吉田元所長調書を曲解し、捏造記事に仕立て上げたのは誰だ? 言わずと知れた朝日である。

記録を残すことはもちろん重要なことだが、これを利用する人間の「特定の意図」が問題なのだ。意図的な曲解を許してしまえば、その記録は無意味になってしまう。

朝日は吉田元所長調書が一般に公表されていないことをいいことに、虚構を作り出した。そして、その虚構を元に東電と原子力行政を批判するという暴挙に出た。こんな朝日が「特定の意図」をもって「誠実に事実を積み重ねろ」との言葉を持ってきても、何の説得力もない。

さらに言えば、「特定の意図」をもった個人の詐話を裏取りもせず「きちんとした記録」のごとく偽装したのも朝日だ。「慰安婦強制連行」を吹聴した吉田清治を囲い込み、与太記事を書きまくった罪は大きい。

いまだに「誤報」だなどと取り繕い、身内の第三者委員会に大甘意見書を出させて済ませていることを恥じない朝日。しかも訂正記事にアクセスできないようメタタグを仕込むという恥の上塗りをしたのも朝日だ。

こんな朝日が少しも反省していないのは、最近の社説からも見て取れる。社説で乱発しているのが「勝手な仮定」だ。「~かもしれない」「~(だと)すれば」と事実に基づかない仮定を行い批判・否定する手法。これを許容してしまえば「きちんとした記録」などあってもなくても同じ事だ。

結局は朝日の言う「きちんとした記録」とは、朝日にとって都合の良い記録でしかない。そうでなければ「意図的曲解」「偽装記録化」「勝手な仮定による記録の朝日化」を行う。

こういう連中が書く記事に信憑性・信頼性が皆無なのは当然である。

南は9月で委員長任期を終え朝日に戻るようだが、まずは朝日自身の数々の捏造記事・悪質印象操作記事などの「きちんとした記録」の精査からやり直した方がいいだろう。望月衣塑子と連んでいるようじゃ、たかが知れてるけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の7月24日の社説「最低賃金 引き上げの歩み継続を」を読んで、相変わらず左派の経済音痴ぶりを晒しているなとの感想。

「IT不況の2000年代前半もリーマンショック時(2009年)も、多くの地域で引き上げられた」から、現在のコロナ禍の中でも引き上げろと言っている。もちろん引き上げられるなら、それにこしたことはない。しかしコロナ禍の中「賃上げより雇用維持」が優先されるのは明らかだろう。

「最低賃金やそれに近い賃金で働く人たちが少なくない。暮らしを支える働き手に報いる必要もある」などと尤もらしい事を書くが、それにより職を失ったらもともこもない。

例えば、韓国の文在寅は最低賃金の引き上げと労働時間の短縮を行った。その結果、当然のごとく失業率が上昇した。中小企業が耐えられなかったからだ。金融緩和など(別の施策でもいいけど)で雇用を作る前に賃金を上げてしまうと、逆に雇用が失われるという典型的な左派による経済失政だ。

だから安倍政権では雇用を生み出す施策としてアベノミクスによる金融緩和を行っている。その結果、雇用増加・賃金アップ(最低賃金含む)を成し遂げている。もちろん100点満点ではないし、昨年の消費税増税で景気の腰は折れてしまった。そこに現在のコロナ禍。

左派系は労働者基準で物事を考える。もちろん間違ってはいない。しかし、雇用より見た目に分かりやすい「賃金(最低賃金)」を重視する。例えば、金融緩和(金利の引き下げなど)は会社側にメリットがあり、労働者側にその恩恵はないと考える。当たり前のことだが、会社が成長しないで労働者の賃金が上がるわけがない。それなのに金利は引き上げ(引き締め)た方がいいと言う。朝日の某経済記者が、その典型だが。

この朝日経済記者は、旧民主党政権時の方が実質経済成長率は良かったなどと末節のことを言う。しかし旧民主党政権時雇用は悪化し、超円高に対する無策もあり就業者数は30万人以上減少している。2010年に経済実力以上に最低賃金を引き上げたことも要因だ。

リストラという言葉が「クビ切り」「ヒト減らし」の意味で使われ出した悪しき時代だ。本来のリストラクチャーは「再構築する」という前向きの事業構造強化の意味合いなのだが。

これに対し、安倍政権下では300万人以上の雇用増を生み出している。アベノミクスによる成果と言える。当然、最低賃金も毎年引き上げられてきている。

現在の最低賃金(全国加重平均で901円)のさらなる引き上げが望ましいが、経済実力に見合った引き上げであることは言うまでもない。コロナ禍で経済活動が逼迫している中、「上げろ!」と社説に書く神経が分からない。繰り返すが、現状は「賃上げより雇用維持」だろう。

ウソや捏造記事を載せた商品を売るという詐欺商法まがいの朝日で、机上の空論を書いていれば高給が食める論説委員連中には、なかなか分からないことかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞7月7日の社説「石炭火力削減 温暖化防ぐ道筋を描け」は、相変わらず現実を見ない朝日の「お花畑論」である。きれい事(理想論)を言うのは簡単だが、現実世界はそんなに甘くないという典型である。

経産省が「国内140基の石炭火力のうち、効率の悪い114基の旧式施設を2030年度までに段階的な休廃止を促す方針」を示したものの、「日本は資源の少ない国であり電源のベストミックスが必要だ。一つ一つの電源を放棄できない」(梶山経産相)ことから「高効率の石炭火力の建設や運転は認める」ことを、朝日は批判している。

朝日の言いたいことは「旧式の石炭火力を高効率型に更新するのではなく、再エネに置き換えていくことこそ求められる。原発もCO2を出さないが、事故のリスクをなくすために将来はゼロをめざす必要がある。それまでに再エネの拡大を急ぐべきだ」

つまりは「原発ゼロ」「石炭火力ゼロ」で、それを「再生可能エネルギーで代替え」と言うこと。朝日の言い分なので別に構わないけど、「再エネで代替え」がいかに非現実的なことを言っているかは過去に批判した。
(「朝日新聞の『再生可能エネルギーがぁ~!』を笑う」参照)。

朝日の理想論に絶対的に欠けているものは「安定供給」と「適価」だ。朝日は何か言うとドイツを引き合いに出すが、ドイツが原発大国のフランスから電力を購入(輸入)していることは報じない。再エネを増やせば安定供給に支障がでる。それをフランスからの購入で防いでいるのがドイツの実態だ。

電力の適価で安定供給なくして、社会基盤である産業を支えることは出来ない。そのためには安全確認の済んだ原発の再稼働も含め、電源ミックスを判断する必要がある。

朝日は「原発嫌だ」「石炭火力嫌だ」でもいいけど、じゃあどのように電力の供給(電源ミックス)を考えているのかは絶対に示さない。示せないのだ。「再生可能エネ」がメイン電源になり得ないことは、朝日だって百も承知のことである。

つまり朝日は実現不可能な「理想論」を持ち出し政府批判を行い、あわよくば世論を誘導しようという非常に悪質な手法をとっているのだ。本気で「再エネ」をメインにできると考えているなら、それはそれで笑うしかないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞のコラム「多事奏論」に恥を知らない編集委員・国分高史が駄文を書いていた。「『新しい日常』どこへ 政局かまける首相の旧態」。国分がどう思っていても構わないのだが、「普通の国民」とは感性が違うようだ(苦笑)。

「死者数は900人台。安倍政権の新型コロナウイルス対策は大成功だと自民党の閣僚経験者は言う」「だがその自己評価とは裏腹に、朝日新聞の6月の世論調査では、これまでの政府の対応を『評価しない』と答えた人は51%」

国分や朝日は安倍政権のコロナ対策はすべて失敗だったと言いたいのだろう。世論調査も半数が「評価しない」と言ってるよ、と言うことらしい。

世界的に稀な死者数の少なさ。医療崩壊を防ぐためのPCR検査の有効的な実施。やみくもに何でもかんでもPCR検査をやれ、との朝日主張のどちらが効果的だったかは明らかではないのか?

まあ、朝日は未だに「PCR検査がぁ~!」と書く原真人みたいのもいるけど、国分も同類らしい(苦笑)。

また、「全国一斉休校の唐突さ」と書くが、国分はこの施策も「失敗」だったと考えているようだ。確かに朝日は、この施策を批判し休校にしなかった群馬県太田市長を英雄のように取り上げていた。ところが、直後に太田市で感染者が確認され太田市も一斉休校に。朝日と市長は、とんだ笑いものになった。まあ、太田市長はただの目立ちたがり屋でしかないのは、群馬県民なら先刻承知のこと。

さらに国分はこのようなコロナ禍の中、安倍首相が解散に色気を出していると批判する。「国民の新たな日常を求めておきながら、自分は永田町内の政局的駆け引きという旧態依然の変わらぬ日常にさっさと戻って」だってさ。

朝日記者にありがちだが、何の関係もない別物を比較することで批判する手法だ。「(コロナ対策の)新たな日常」と「政局的駆け引き」には、何の因果関係もない。これを言い出したら会社幹部は経営会議も開けないし、朝日記者も取材すらできないだろう。

批判するのはいいが、もう少し理にかなった論理にならないものか。批判ありきで書くから、恥を知らない駄文になる。朝日信者以外の「普通の国民」が読んでも「なるほどね」と唸るような記事を朝日に求めても無理な話だな。所詮朝日は特定勢力のプロパガンダ紙ってこと。

関連
 「朝日新聞・国分高史の安倍首相在任最長に惨めな言い分
 「朝日新聞・国分高史よ、恥ずかしくないのか?
など

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が「対韓輸出管理強化」「徴用工問題」で、また戯言を言っている。7月2日の社説「対韓輸出規制 『徴用工』解決へ行動を」。まったくどこの国の新聞なんだか。相変わらず過ぎて笑ってしまう。

朝日は「輸出管理強化」を意図的に「輸出規制」と書く。こういう事実を曲げ自らの思惑で書くのは、報道機関として失格である。社説という新聞社の「主張」を書く場としても、事実に基づかない「主張」は「妄想」でしかない。

「日本側が指摘した貿易管理制度の問題点について韓国側は変更を施した」と書くけど、そんな話は聞いたことがない。朝日ですら具体的内容を報道してないではないか。

まさか、韓国大統領府が4月28日に発した「日本が輸出規制を行う中、日本側の指摘を韓国政府はすべて解消した」のを、中身も確認せず「変更を実施した」と書いたのではあるまいな。東京新聞ですら「(韓国は)指摘を受け入れ改善したとして」(6月4日)と、韓国は言っている程度にしか書いてないのに。

韓国の言い分に日本側は反応を示していない事実から、日本側が受け入れてないのは明らかだ。経産省に取材すればすぐに分かること。韓国側の言い分を無条件に受け入れて社説を書くほど、朝日の論説委員連中は韓国を信用しているんだろうが。

朝日は韓国側の対応も批判はしているが、いつもの「日韓どっちもどっち論」。どうすれば「輸出管理強化」「徴用工問題」でそうなるのか? そして、お決まりの「話し合え」。

特に「徴用工」に関しては解決済みで、しかも現在は韓国の国内問題である。それなのに「歴史問題に謙虚に向き合え」とかよく言えるわ。それに「徴用工」ではなく「出稼ぎ労働者」だし。

「輸出管理強化」は安全保障上の問題、「徴用工」は韓国の国内問題。この事実を踏まえないで、日本側に「輸出規制をただちに撤回すべきである」「歴史問題に謙虚に向き合え」とは、呆れるしかない戯言だ。

文在寅が反日を国内統制にあからさまに使っていることを朝日は書かない。「慰安婦問題」の合意破棄にしてもそうだが、なぜ日本が文の人気取りに付き合わなければいけないのか。

まったくバカな新聞だ。いや、新聞ではなかった。プロパガンダ紙だったな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞・原真人のコラム・多事奏論「進む政府の劣化 日本は何の『大国』か」の内容をせせら笑った。
(「朝日新聞・原真人の『PCR検査がぁ~!』って何周遅れてるんだ」参照)

原はコラムの中で、コロナ禍対策に当てられる補正予算委関しても批判している。

「日本は1100兆円の政府債務を抱え財政健全度で世界最悪の国でもある」「今年度の新規国債発行は空前絶後の90兆円。それなのに、政治からはこの異常さへの危機意識が感じられない」。

そう言う朝日は「支給が不十分だ」「規模が足りない」「必要なところに行き届いていない」だなんだ、同じ紙面で繰り返す。どういうことだ? どこから資金をひねり出せというのか?

原は東日本大震災後の復興税を持ち出していることから、国債ではなく増税しろと言いたいらしい。しかし、これは原が緊急性と恒常性の違いだを分かっていないことをさらけ出している。

今必要な資金と、これから常に(または長期間)必要になる資金との違いを、切り分けられていない。震災の復興には比較的的長期間必要なのに対し、コロナ禍対策は今だ。ワクチンや特効薬ができれば、恒常的にコロナ対策に必要な資金は大幅に減るだろう(経済の回復には未知数な面もあるが)。

原は経済担当の記者で、従来から「消費税を早く上げろ!」と主張していた。それはそれで構わない。原の持論だから。ここで言いたいのは消費税増税の善し悪しではなく、消費税はこれから益々膨れ上がる社会保障費に多くが当てられると言うこと。つまりは、恒常的な支出に対するものだ。復興税や消費税とコロナ禍対策費を同じ観点で論じるのは、明らかな間違いだ。

もちろん、国債の償還(借金の返済)に関して無視しているわけではない。しかし重要なのは、今必要な資金の確保だ。

朝日は安倍首相が消費税10%への増税を延期した際、『なぜ上げない!」と首相批判を繰り返した。ところが、昨年の増税時には「負担増となる国民に対し、丁寧に説明を尽くす責任がある」「増税を先送りした3年前といまの景気認識はどう違うのか、客観的に説明するべきだ」(2019年7月10日社説)とか、まるで増税を批判するかのようなことを書いていた。

結局は朝日の論説委員連中も原も、批判できればなんでもいいってこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞・原真人(編集委員)がコラムを書いていた。「進む政府の劣化 日本は何の『大国』か」(多事奏論)。

読んでみると、政府の劣化の象徴としてPCR検査の少なさを挙げていた。「5月初旬の日本の人口千人当たり検査数は2.2人と経済協力開発機構加盟37カ国中36位。首位のアイスランド(147人)は言うに及ばず、加盟国平均(27.7人)にも遠く及ばない」だそうだ。

そしてPCR検査数が少ないのは「政府の機能不全、政治の失敗だ」と断じる。いまだに「PCR検査がぁ~!」だってさ。もう笑うしかない。今回の新型コロナ禍で重要なのはPCR検査数なのか?

では、日本の死者数(人口あたり)が世界でも稀なほど少ないのは、どう評価しているのか。PCR検査数と死者数、どっちが重要なデータかは一目瞭然。

世界各国の研究者やメディアが、日本のコロナ対策を評価しているにもかかわらず、相変わらず自分らに都合の悪いデータは見ない。朝日新聞の記者らしい偏ったものの見方だ。朝日お得意の「複眼的」って言葉が虚しいな。結局は、政府批判ができればなんでもいいと言うこと。

テレ朝の玉川徹が「国民全員にPCR検査を」なんて、物理的に不可能なことを言って煽っているのと同レベルだ。

いまだにPCR検査数を持ち出して「コロナ危機のもとで、私たちはあまりにお粗末な政府の対応ぶり、日本の脆弱な社会基盤の現実を目にした」とは、どこを見てものを言ってるのか。グルグルバットでもやって、目が回っているとしか思えない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界文化遺産に登録された長崎県の端島(通称軍艦島)などの「明治日本の産業革命遺産」の説明施設である「産業遺産情報センター」が、6月15日から一般公開されている。

その中で、父が端島炭鉱で働いていたという在日韓国人2世の元島民のインタビューが紹介されている。「いじめられたとか、指さされて『あれは朝鮮人ぞ』とは全く聞いたことがない」。

これに対し朝日が早速「軍艦島元島民『徴用工差別、聞いたことない』施設でで紹介」との見出しで、韓国へのご注進記事を書いている(署名は太田成美)。記事中にはお決まりの「韓国が問題視する可能性もある」。

まあ、いつものこととは言え苦笑を禁じ得ない。

朝日は2015年5月8日の社説「世界遺産 複眼で歴史見る機会に」で、「朝鮮半島出身者が強制労働させられたさせられたのは史料などで分かっている」と言い放った過去がある。どんな資料があるんだ? 朝日の強制労働の定義って何だ?

朝鮮半島に「戦時徴用令」が施行されたのは昭和19年(1944年)。現在韓国で徴用工裁判の原告はみな応募工(出稼ぎ労働者)。こんな事実の中、朝日は何を以て「強制労働させられたのは事実」と書くのか。

元島民(日本人)は「差別や虐待なんかなかった」と口をそろえる。「朝鮮半島出身者が島のお祭りで民族衣装(チマチョゴリ)を着て、かけ声とともに輪になり踊っていた」と言い、「強制連行というのに、どうしてあんなもの(チマチョゴリ)を持ってきたのだろう。(日本人が朝鮮半島から)仕事中に引っ張ってきたとか、畑から駆り出してきたとか言っているのに。楽しそうに踊っていた」と不思議がる。

韓国が慰安婦に続く反日(もはやビジネスになっている)の材料に使ったこと、それを朝日やそのお仲間が応援したこと。これに尽きるだろう。応援と言うより「けしかけた」と言った方がいいかもしれない。

朝日新聞は、半導体関連3品目輸出管理強化では「取り消せ」、自衛隊の哨戒機に対するレーダー照射問題では「韓国側の訴えにも配慮すべき」などと、韓国を甘やかしつけ上がらせてきた。慰安婦捏造はその典型だ。

朝日の記事には「主張」はあっても「事実はない」。今回の件も「韓国が問題視する可能性もある」なんて書かないで、「発言は日本政府の捏造だ」「強制労働は否定できない」「韓国人労働者に賠償せよ」と書けばいいのに。

実は、そう書かないところが朝日の実態をよく表わしている。朝日は分かっているのだ。だからこそ、韓国をけしかける。朝日としては日韓関係は常に悪い方がいいのだから。

ところで、今回の件で共同通信は「過去の事実を覆い隠し、歴史修正主義を助長するとの批判を招きそうだ」と、とんでもない内容を配信した。共同も朝日と同じで「主張」はあっても「事実はない」。共同の言う「過去の事実」って何だ? 共同の配信記事は多くの地方紙にそのまま載っている。その分、朝日よりたちが悪いと言えるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞には自分の過去など都合良く忘れる記者ばかりのようだ。自分のことは棚に上げて他社・他人を批判する事の恥ずかしさ。「恥」の概念を持っていない、「恥」という言葉を知らないのが多くの朝日記者に共通するところだ(苦笑)。

朝日の6月16日「闇深まったJDIの不正会計 第三者委員会は隠れみのか」(署名:木村裕明)は、そんな朝日をよく表わしている。

JDI(ジャパンディスプレイ)の不正会計問題を調査した、同社の第三者委員会の報告書が評判悪いと書く朝日。企業や団体が設置した第三者委員会の調査報告書を格付けする「第三者委員会報告書格付け委員会」で、委員8人中7人が「F」で、1人が「D」だという。そして、「上場企業が設けた第三者委委では過去最低レベルの評価だ」と酷評する。

第三者委 格付け
「第三者委員会報告書格付け委員会」の格付け結果一覧。小さくて見づらいですが、写真をクリックしてもらえれば多少大きくなります。

確かにJDIの結果は芳しくない。でも、朝日の「慰安婦問題検証第三者委員会」の報告書の評価もたいして違わないぞ。「D」が3人、「F」が5人。よく偉そうにJDIを批判できるな。

形ばかりの「第三者」を集めて、都合の良い報告書を出させて問題をうやむやにし、あわよくば問題を終結させる手法は、逆に企業価値を大いに下げげることになる。JDIの報告書もそうなんだろう。

でも朝日が批判してはいけない。なぜなら「第三者委」を作って大甘報告を出させる手法を最初に実践したのは、他ならぬ朝日だからだ。「NHK番組改変問題」がそれ。このときにお仲間の左派連中を集め、お手盛り報告を出させて乗り切ったことに味をしめた朝日。以後、「慰安婦捏造」の時も酷いものだった。

こういう朝日を見習って不祥事を起こした企業・団体が、猫も杓子も第三者委を立ち上げるようになった。委員会とまでいかないまでも、「第三者」と称する弁護士などに同様のことを行わせるのも、もはや当たり前になっている。

確かに、総じて朝日の書くように「第三者委員会」を隠れ蓑にし、問題(不祥事)をうやむやに終わらせる都合の良い手法になっている。で、何かにつけ「第三者委の報告を尊重して」とか言う。朝日の社長も、当時(慰安婦問題)ことあるごとに同様の言葉を発していた。

それにもかかわらず、他社・他人の「第三者委員会」や「第三者による検証」を悉く批判する朝日。もう典型的な「お前が言うな!」でしかない。こんな風潮を作った大元が朝日だ。それなのに、自分のことは棚に上げて他社・他人を批判する恥ずかしさ。

最後に「第三者委員会報告書格付け委員会」から指摘された、朝日の慰安婦検証第三者委報告書の問題点を書いておく。

「組織的な原因が書かれておらず、非常に不満だ」「(朝日新聞社が)ずっと放置していたのは事実として分かるが、なぜ放置していたのかが浮かび上がらない。これでは評価できない」「問題を発生させた根幹の課題に対する検討も極めて不足していると言わざるを得ない」「疑問や問題が多数残っているにもかかわらず、委員会は深く切り込まなかった」

その上で、「多くの反省材料を提供しており、今後報道に関わる者に対しての良き教材となりうる」と皮肉られている。

朝日はJDIを批判する前に、ここまで言われた自社の第三者委報告書に対して、何か言うことがあるのではないか? 記事見出しのように自ら「隠れ蓑」にしておいて、何を言ってるんだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


6月7日に投開票された沖縄県議選で、玉城デニー知事を支持する勢力(与党)が25議席(定数48)を獲得し過半数を維持した。

これを朝日新聞が嬉々として社説に書いている(「沖縄県議選 一貫した民意に応えよ」6月9日)。しかしこれが朝日お得意のタブスタ満載で、笑ってしまうレベルだ。まあ、朝日のダブスタはいつものことなので、いちいち取り上げてもしょうがないのだが(苦笑)。

「玉城氏はこの間(コロナ禍)、観光が最大の柱である県経済の維持とウイルスの感染拡大の防止という、相反する要請をどうやって両立させるかの難題に直面した。試行錯誤した面も当然あり、知事を支える側も苦しんだ」

コロナ禍の中、苦しみながらも玉城知事はよく頑張ったと持上げている。しかし同様の状況の安倍首相に対しては、同じ理由で思いっきり批判しているのが朝日。沖縄県という一自治体の話ではなく、日本全国の話なのでもっと大変なことなのに。しかもその批判の中で、捏造はするわ悪質印象操作はするわの、やりたい放題。

「『辺野古ノー』の変わらぬ民意。18年知事選、19年2月の県民投票、4月の衆院補選、7月の参院選、そして今回と、県民の意思は一貫している」「『辺野古が唯一の解決策』というかたくなな姿勢を、安倍政権はいい加減改めるべきだ」

同じように2012年の衆院選に始まり、13年参院選、14年衆院選、16年参院選、17年衆院選、19年参院選と、国政選挙6回で示された民意は「安倍政権の信任」であった。

しかし朝日は、「投票率がぁ~!」とか「野党が負けただけ」とか難癖を付けまくったあげく、「こんなの民意でない!」と負け惜しみにもならない戯言を連発していた。中でも「民意は数の多寡だけで はかられるべきものではない」と、民主主義の根幹である選挙を否定する事まで書いていた。

そんな朝日が、自分に都合の良い選挙結果だと「民意だぁ~!」と声高に叫ぶ姿は滑稽だ。

朝日がまともな「新聞」などとは考えていないし、「事実を事実として報道する」とも思ってないし、「事実よりも主張」なもの分かっている。ただ、論説委員を始めとした記者連中の頭の構造だけは、相変わらず理解できない。

普通の人ならば、時と場合によって同じ事を真反対に論調することを「恥ずかしい」と思うだろう。しかしそれを平気でやれることの異常性が、対安倍政権に対する朝日の敵意剥き出しの記事になるんだろうが。

朝日のとっての安倍政権は、韓国にとっての日本みたいなものなんだろうな。いつまでもいてもらわないと困る相手。安倍政権が退陣した時に、一番喪失感を感じるのは朝日の連中かもね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親・滋さんがお亡くなりになった。めぐみさんとの再会を待ちわびていた想いは果たせず、さぞ無念なことだろう。ここに謹んでご冥福を申し上げる。

朝日新聞も6月7日の社説で論じている(「横田滋さん死去 悲劇を繰り返させまい」)が、どうしても違和感がある。「北朝鮮の非道さを非難する」「北朝鮮の不誠実な態度」などと、北朝鮮を批判しているのだが、過去の論調から「口だけ」と思えてしまう。

北朝鮮を「地上の楽園」と持上げたのは朝日新聞。この報道キャンペーンは多くの人々を不幸にした。しかも謝罪・訂正することなく、30年も経ってから「情報が少なかった」「十分な取材ができなかった」と言い訳を書いただけ。

最近でも、北朝鮮がミサイルを撃ち込んできても「1発なら誤射かもしれない」との記事を必死に、しかも変な論理で正当化した高橋純子。朝鮮戦争時、日本国内で無法行為を働いた在日朝鮮人を擁護し「朝鮮戦争は日本にも責任がある」と、バカな歴史感を披露した中野晃。

朝日も最近ではさすがに「北朝鮮賛美」記事は少なくなっているが、それでも論説委員・箱田哲也は北朝鮮を持上げる事は忘れない。金正恩を「若き有能な指導者」のごとく書く。金正恩の外交姿勢には学ぶものがあるとか言われると苦笑するしかない。

まあ箱田の本質は、北朝鮮を持上げることで日本を卑下するという論法。そのくせ、北朝鮮目線で見ているわりには表面ヅラしか見てないので(眼が曇っているので)、本質からずれている記事(コラム)が多いけど。

また朝日は、議員立候補者などの人物撮影をする際、ブルーリボンを外せと要求する。拒否すれば撮影をしない。

このように、常に北朝鮮目線で物事を書いてきた朝日が、こういうときだけ「北朝鮮がぁ~!」と書いても、冷めた目で見てしまう。口先だけと思われても仕方あるまい。

もちろん拉致問題が解決に至らないのが朝日だけのせいだなんて言わない。自民党議員を含む多くの国会議員、朝日などの左派メディア、外務省を中心とした官庁の不作為など、日本社会全体で「知らないふり」をしてきたと言える。

安倍首相も強硬路線(経済制裁など)で行き詰まらせ、嫌でも交渉の席に引きずり出す戦略は間違ってないと思う。ただトランプが人気取りのため金正恩と対話路線に舵を切った時(いろいろ拉致問題に言及してくれたが)、同様に軟化したのは失敗だったと思う(本人は軟化していないと言うだろうが)。

拉致被害者奪還は手詰まり状態だ。被害者の親世代の方はお二人だけになってしまった。時間がない中、安倍首相の強力なリーダーシップと実行力に期待するしかない。頼むから朝日は邪魔をしないでくれ。

関連
 「朝日新聞は『北朝鮮への帰還事業』の加害者だぞ!
 「朝日新聞・中野晃の朝鮮戦争における日本の責任って?
 「朝日新聞・箱田哲也は相変わらずの北朝鮮目線、しかも曇っている
 「朝日新聞・箱田哲也の甘ぁ~い北朝鮮分析
 「朝日新聞・高橋純子の反論になっていない反論
など多数。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞・福島申二のコラムを批判した件で、朝日の「100円ラーメン」捏造に触れたが、そのことを書いてないことが分かったので、改めて内容を書いておく。
(「安倍首相の『言葉』を批判する朝日の『言葉』は?」参照)

平成元年(1989年)4月に消費税が導入された(3%)。この時の広島県版に「消える100円ラーメン」という記事が載った。

内容は広島大学近くのラーメン屋「じゃが亭」の名物「100円ラーメン」を取り上げたもの。消費税の導入で仕入れ代金などが上がり、家賃が払えなくなる。ギリギリで頑張ってきたが、これではどにもならない。そして「100円ラーメンがなくなったら学生さんたちに怒られる。こんな婆から税金取って苛めんでも」との女性店主(64歳)のコメントを載せる。

30年以上前の話とは言え、当時の朝日は消費税導入に「大反対」していた。昨年の消費税を10%に早くあげろとの論調からは考えられないことだ。社会情勢も経済情勢も変わっているので、論調が変わったことは責めないけど。

ところが、この「100円ラーメン」はすべてが作り話。つまり捏造。しかも記事に添えられた「ラーメン100円」の看板も、記者が手作りするという手の込みよう。記事中の事実は消費税が3%のみ。ラーメン屋という舞台設定から登場人物、セリフ、看板という小道具まで、すべてが捏造!

記事を読んだ読者から「ラーメン屋を応援したい」「ラーメン屋に行きたい」などとの問い合わせが広島支局に殺到した。反響が大きいので、支局長が記者に続報を書けと言うと、記者はしどろもどろになり「全部作り話でした」。

朝日はどうしたかと言うと、どうもしなかった。何もせずすっとぼけた。もちろん、お詫びや訂正も出さず、記者もお咎めなし。この記者は何事もなかったかのように東京本社に戻り、普通に記者生活を送っている(現在も在籍しているかは知らない)。

ちなみに、この捏造記事の直後(同年4月20日)に有名すぎる「珊瑚落書き捏造記事」が載った。(「4月20日は『朝日新聞KYの日』」参照)

落書き捏造がバレたカメラマンはクビになっている。ついでに珊瑚落書きの記事で、おもいっきり日本人を罵倒した記者は、何も謝罪することなく逃亡。優雅に記者生活を終え、時たまOBとしてにコラムを書いたりしている。後年取材していた「オウム真理教」ネタでは本まで出している。それにしても、捏造写真が元とは言え日本人をあれだけ罵倒できる「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」は、さすが朝日と言える。

朝日の「批判できれば事実など関係ない」「バレなきゃ捏造もOK」との体質は現在も変わってない。この時のラーメン屋捏造記者も珊瑚捏造カメラマンも諸先輩を見習っただけ。罪の意識など皆無だったろう。

その後も「有名捏造記者」を多数輩出してきた朝日新聞。バレてクビになるのは捏造が下手だからという風潮。あれだけやった植村隆や本田雅和もクビにはなっていない。どうやら100%捏造だとクビになるが、その中に些細なことでも(ひとつでも)事実を潜り込ませるとセーフらしい(苦笑)。

これが朝日だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞5月24日のコラム「日曜に想う」は、編集委員・福島申二の「『言葉』に逆襲される首相」(紙面では「言葉を『虐待』してきた安倍首相 連発しても重みなし」と、より刺激的なタイトルになっているようだ)。内容は、とにかく安倍首相を批判するというだけのもの。

「安倍首相は様々に語りかける。しかし言葉が心に響いたという話はあまり聞かない」「リーダーを任ずる者なら、自分の言葉を磨き上げる意欲を持ってしかるべきだろう」などと、知った風なことを宣う。そして「新しいリーダーを早く選び出すかどうかの選択から始まろう。すべては民意にゆだねられる」と、国民を舐めたような言い分で結ぶ。

福島はコラム中で「言霊」について触れているが、どうやら「言霊」の本質を理解していないと思われる節がある。でも、まあいいだろう。こういうのが朝日だから。知ったかぶりで思い上がりの文章が書けないと、朝日では偉くなれない。

ここで言いたいのは「言霊」の本質ではなく、朝日の「言葉」(つまりは記事)に関して。首相の「言葉」を批判する福島だが、自身(朝日)の「言葉」は事実に基づいているのか?

事実を意図的に曲解するだけでなく、捏造までした虚構に関して発する「言葉」に、何か意味があると考えているのか?

朝日は慰安婦問題で、詐話師・吉田清治の直接的な「言葉」は取り消したが、その虚構を元にした与太記事(言葉)は一切取り消していない。同じように捏造がバレても取り消していない記事も多い。古い話では北陸電力の「記者思想調査捏造」や広島の「100円ラーメン捏造」。

また、自分で北朝鮮を地上の楽園と煽っておきながら、「『地上の楽園』と宣伝されていた祖国はひどく貧しく、自由にものが言えない恐怖政治の国だった」と平気で書く(2018年9月)。

「表現の自由」に関しては「(表現の自由は)どんな場合でも無制限というわけではない。無分別な表現は、個人や集団、民族などの名誉や尊厳を傷つける『暴力』にもなりえる」(2015年1月)と書きながら、あいちトリエンナーレ問題では、「表現の自由が大きく傷つけられた」と書く始末。

さらには、自社の不祥事は記事(言葉)にすらしない。2018年5月に浜松支局長が「建造物侵入罪」で罰金10万円の判決を受けた際は、記事にすらしていない。今回の賭け麻雀社員も実名報道しない(噂は流れているが)。まあ、産経もしてないけど。

これ以外にも、いっぱいありすぎて書き切れない。

そんな朝日が「安倍首相の言葉はダメだし、首相を変えよう」とほざく。福島は自分の「言葉」をきちんと省みてから記事(コラム)を書くことをお薦めする。それにしても、相変わらず「恥」という「言葉」を知らない連中だなぁ~。

関連
 「朝日新聞がとぼけたウソ記事
 「朝日新聞は『北朝鮮への帰還事業』の加害者だぞ!
 「朝日新聞の『表現の自由』に関する安定のダブスタ
 「朝日新聞は自社支局長の犯罪を報道しろ!
など多数。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が検察庁法の改正に反対している。これは朝日が安倍首相に近いとされる人物が検事総長につくことを懸念して煽っているだけのこと。朝日の「何でも反対」「批判のための批判」はいつものこと。

国家公務員法による定年が60歳から65歳に引き上げられることに伴い、同じ国家公務員である検察官に関しても、検察庁法に規定されている定年を63歳から65歳に引き上げる改正案でしかない(総長は元々65歳)。

これがどうして「権力から独立した検察を市民の力で守り抜こう。日本を政治腐敗の裁けない独裁国家にしてはならない」(福島瑞穂の旦那:海渡雄一の記事中のコメント)になるのか? 相変わらず過ぎて笑うしかない。

内閣が息の掛かった人物を総長に据え、政治家(権力)などを護るために使うと考えているようだ。検察官を舐めている(バカにしている)としか考えられない。証拠を捏造するような検察官もたまにいるので100%信用しているわけではないが、それでも使命を理解して職務に当たっていると思うけど。

朝日や海渡が大好きな韓国のようになるとでも思っているのか。文在寅は「権力から独立した検察」と言いながら、やったことはまったく真逆のこと。自らとお仲間に類が及ばないよう徹底して検察組織を壊している。

韓国にシンパシーを感じすぎて、韓国がやることは日本もやるとでも思っているのだろうか? ならアホすぎる。

だいいち検事総長の任命権はもともと内閣にある。この限りにおいて、検察官の定年延長が「独裁」に繋がるなら、現在も既に「独裁」になってないとおかしいではないか? 総長の任命権を内閣から外せとか、法相の「指揮権発動」を検察庁法から除外しろという主張ならまだ分かるが。

ただ前者で言えば、じゃあ誰が任命するのかになるし(検察も行政組織のひとつなので)、後者で言えば検察を法務省から独立させるしかなくなる。しかし、そうしたらどういう組織形態にするのか議論が残るけど。

朝日や海渡の言い分(懸念)は、総長の任命権が内閣にあり、法相が「指揮権発動」できる限り解消されない。

つまり、今回の検察庁法改正(定年延長)の反対は筋違いもいいところだということ。結局は「批判のための批判」であって、裏に特定の思惑があるかのように印象操作しているだけ。

朝日は安倍政権の批判ができれば何でもいいし、海渡は左翼活動家としていつもの主張をしているだけだが、両者が合わさると朝日が左翼活動家のアジビラになっている現実が良く分かるというもの。

以前からそうだ! と言われれば、その通りだけど(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が「検察庁法改正に抗議、ツイッターで470万超 著名人も」との見出しで、検察庁法改正案を批判している。朝日が安倍政権の施策なら「何でも反対」で「批判のための批判」を繰り返すのは社是なのでしょうがないけど。

それにしてもたちが悪いと言うか、レベルが低いと言うか・・・。

ツイッター上で470万件を超え、著名人も多くが抗議していると書く。朝日が上げる超名人は井浦新、きゃりーぱみゅぱみゅ、水野良樹、浅野忠信、秋元才加、大久保佳代子、羽海野チカ。知らない「著名人」もいるけど。

だから? との感想しかない。

朝日はいつからSNSを肯定的に捉えるようになったんだ? SNSにはデマが多いと盛んに書き、信頼出来るのは新聞メディアだ的な記事を乱発してきた過去はどうでも良いのね。それに芸能人が賛同すると、その主張が権威づけられるみたいな単純な発想には笑うしかない(もちろんSNSでのデマも多い。いかに他ソースなども使い真贋を見分けるかが、SNSを使用する上で求められていることは周知のこと)。

逆の主張(法改正に賛成)に賛同している芸能人のSNSもあるけど、そういうのは無視する朝日。自分たちの主張に賛同すれば「すばらしい」と持上げるご都合主義。

それに、この投稿の多くが「スパム」であることは既にバレている。「♯検察庁法改正に抗議します」の前にひらがなやアルファベットなど一文字をつけ、ツールを使って自動送信している。頭に一文字つけて、見かけ上内容を変えないとスパムとして引っかかるから。こういう労力をもっと別のところで使えば良いのにと思ってしまうが。

朝日の記事中で、津田大介が「深夜にこれほど投稿が伸びるのは見たことがない」と話しているが、スパムなんだから深夜でないと、それだけで引っかかるわな。

つまりは、特定の人たちが特定の目的を持ってスパムで件数稼ぎを行い、それに朝日などが乗っかり政府批判に利用しているという構図。

朝日だって、こんなこと(スパムであると言うこと)は充分の承知の上で乗っかっているはず。もし「事実」だと思って記事を書いているなら、それこそ甘ちゃんだけど。いづれにせよ、はっきり言えばこんなことにまで乗っからざるを得ないほど、追い詰められていると言うこと。

以前は捏造でもウソでも何でも有りで世論が誘導できたが、昨今はSNSですぐに真実が暴かれる。捏造・ウソ記事まで行かないまでも、発言の切り取りや継ぎはぎもすぐにバレる。朝日としては非常にやりづらい現実に「SNSはデマが多い」と誤魔化していたのにね。

朝日が言論で勝負できなくなって久しい。朝日の最近の手口として非常に多いのが「印象操作」。少しづつ論点をずらして本質とは違う批判を行い、何となく尤もらしくみせる。

こんなことに一生懸命な記者が「ジャーナリスト」を気取っている。たまには誰をも唸らせるような記事を書いてみろと言いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナの感染防止のため、政府は緊急事態宣言を5月末まで延長することを決めた。早速朝日新聞が政府を批判しつつ、上から目線でご高説をたれている。5月5日の社説「緊急事態延長 長丁場想定し戦略描け」がそれ。

「市民の自由と権利が制約される状況はなお続くことになった」と、左翼活動家のごとく「国民」を「市民」と書く。そして朝日は自由や権利の後ろにある義務や責任については絶対に触れない(苦笑)。

「なぜ今なのか?」と緊急事態宣言自体に反対した朝日(4月8日の社説)。不安を煽るような記事を書きまり、「イチャモン屋蓮舫」のような揚げ足取りに終始する朝日。

そんな朝日が長期戦略を描けという。しかも首相会見を「ウイルスとの闘いが長丁場になることを念頭においた政策プランはほとんど語られなかった」と批判する。非常事態の延長の会見だからでしょ。まずは現下の非常事態をどう乗り切るかに主眼が置かれるのはしょうがないと思うが。

また朝日は「考えたくない事態も考え、転ばぬ先の杖で手を打っていくのが政治の務めのはずだ」とも書く。この一文には同意するが、そう言う政策に真っ先に反対するのが朝日ではないか。

だったらマイナンバーカードを義務化させ、各種ヒモ付ければ現金給付も早くできるぞ。スマホの位置情報などを用い、移動経路や濃厚接触者を割りせるよう法整備を進めるか? 大好きな韓国はやってるぞ。さらには「自粛要請」ではなく「命令」できるよう法改正するか? 罰則規定も付けて。

でも、こういうことをやろうとすれば朝日は真っ先に、しかも声高に反対するだろう。「転ばぬ先の杖で手を打て」と言う朝日が、杖を持とうとするのを必死で邪魔をしている現実。朝日的には「杖を持つくらいなら転ろべ」と言ってるに等しいのに。

こういう言行不一致も、また朝日らしい(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞に「ぼくはパチンコで救われた 編集者が語る『不要不急』」との見出しの記事があった。読んでみるとフリー編集者へのインタビュー記事。この方は「パチンコ必勝ガイド」の元編集者。

インタビューの前書きには、「世間の『不要』でも自分には『要』ということ、ないですか? エロやパチンコという『不要不急分野』における伝説の編集者に話を聴きに行きました」とある。

どうやら、このインタビューの聞き手で記事化した中島鉄郎は、パチンコを「不要不急」とは考えていないようだ。

もちろん中島が書くように「不要不急」は人によって違うだろう。パチンコが好きな人は、多少のリスクを負ってでも遊びたいという人は多い。だから営業しているパチンコ店に行列が出来る。

しかし自粛要請に従わないパチンコ店に批判が集まっている事実もある。それはクラスターへの懸念が大きいからだ。万が一の感染、そして他人への感染拡大の可能性を考えると「自己責任」では済まされないと思うが。

新型コロナ感染防止の観点からの各種自粛(要請)にも、人によって思いはいろいろある。当然と考える人もいれば、やり過ぎだと考える人もいる。そんな中、メディアの役割は感染防止のために自粛の意義をきちんと伝え、これ以上の感染拡大を防止するような報道をすることではないのか?

それなのに、逆にパチンコは人によっては「不要不急」ではないと読める記事を載せる。しかも編集者の「当時のうつ状態からパチンコで救われたと思っています。パチンコで借金をする人もいるでしょうが、パチンコのおかげで自殺せずに生きていられる人もきっといる」などと堂々と載せる。

平時ならパチンコをやることでストレス発散やら何やらで、こういう精神状態(良い方向という意味)になる人がいることは否定しない。しかし現在は非常事態だ。精神的に良い方向に向かったとしても、感染してしまったらそれ以上にダメージを被るのは目に見えている。

「不要不急」が人によって様々だと伝えたいのだとしても、この時期に「ぼくはパチンコで救われた」なとと見出しを付け、パチンコを取り上げる神経がまったく理解できない。別の思惑があるのではと勘ぐってしまう。と言うか、間違いなくあるだろう。

しかも中島はインタビューの中で「パチンコ必勝ガイドは一種のギャンブル雑誌」と、パチンコがギャンブルであることを認めている。

おやおや、「依存症がぁ~!」とあれだけヒステリックにカジノに反対している朝日が、ギャンブル依存症の多くを抱えるパチンコを「不要不急」も人によって様々だからと書く。なんというダブスタ。

新型コロナ感染防止の観点からも、カジノ反対とのダブスタも含め、非常に不適切なインタビュー記事だと思う(インタビューを受けた編集者の方は自分の考えや思い出を語っているだけなので、何の問題もないけど)。

感染拡大を防ぐため国民も協力し(結果的には自分のためでもある)、何とかこの難局を乗り切ろうとしている中、何を考えているんだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞編集委員・高橋純子と言えば、駄文を操り政権(安倍首相)批判を行い、ひとり悦に入る超ナルシスト。そんな高橋が、事実を都合良くねじ曲げ安倍首相批判をしていた。

4月22日の多事奏論「首相の地金 『ある』と言えども取らぬ責任」。「にこやかに中指を立てて抗議する 云々」などと品のないことを書きながら、駄文は進んでいく。中身はいつもの事ながら、何もない。

そして、「(首相は)給付金をめぐる混乱は『私自身の責任』と陳謝したものの、その責任発言に絡めて朝日新聞記者が、布マスク2枚配布についての認識を問うたところ、『御社も布マスクを3300円で販売していた』と、あさっての方向に責任をぶん投げた」だってさ。

都合良く事実をねじ曲げている。朝日の星野が聞いたのは「コラボ動画や布マスク配布に批判があるが」だ。それに首相の回答本意は、高橋引用の後ろにある「そのように布マスクには需要がある」。

「朝日も売っている(いた)から責任がない」との解釈は、どう聞いても出てこない。あの首相回答から「あさっての方向に責任をぶん投げた」と解釈する頭の構造。相当いかれてる。まさに、朝日の「安倍首相批判なら事実を問わない」を地で行く行動。

逆に高橋の「地金」が出た。と言うか、こいつはいつも出てるけど(苦笑)。

だったら、朝日はなぜ「物流がぁ」とかウソまでついて布マスク販売を一時休止したのか? 理由は簡単。紙面で悪質印象操作も交えて「布マスクなんて」と批判記事を山ほど書いておきながら、裏では自社サイトで布マスクを売っていることを、ネットや週刊誌で批判されたからだ。

しかも朝日は安倍首相の回答後、しれっと販売を再開。首相発言を布マスク製造業者への批判のように印象操作した。それを大いに助けたのは毎日新聞。左翼紙連合だな。

そして高橋は最後にまた「カッコいい中指の立て方を、研究してみる」と品のないことを書く。左翼がよくこういう行為をする姿を見るが、恥という概念のないヤツはたちが悪いことこの上ない。

このような行為にカッコいいもない。自分の下劣さをさらけ出しているだけだ。高橋の「地金」の本質を見る思いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ