まったりとスペシャル系

Tigerdream が真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 反日国 中国・韓国


韓国の現代自動車が日本市場に再参入すると言う。2009年に乗用車販売から撤退していたが、電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)に特化することで販売拡大を目指すらしい。個人的には現代自動車にもEVにも、興味も関心もまったくないのでどうでもいい。

世界的な「脱炭素化」の流れからEVへのシフトが始まっている。日本は世界有数の自動車メーカが多数あり、しかも内燃機関たるエンジンの設計・製造技術が世界一なため、EV化の流れは遅い(良い悪いは別にして)。

現代自動車が日本市場への再参入を狙うのも、今なら日本市場でEVのシェアがとれるのではと読んでいるのだろう。現代自動車は昨年12月にエンジン開発部門を廃止し、EV開発に全面切り替えを行っている。つまりは韓国国内でもEVだけで行くと表明したも同然なのだ。

実は韓国の電気料金は非常に安い。政府の方針として昔から意図的に安く抑えられている(日本の約4割の水準)。安い電気料金で国内産業を補助しているようなもの。当然、一般国民もその恩恵に浴しているが。

そのため韓国電力(国営企業)は大赤字だ。政府からの補填は当たり前。不当な政府補助により、適正な(公平な)経済競争を阻害しているとWTOあたりから言われてもおかしくない電力料金構造となっている。

こういうことから韓国国内では、安い電気料金を背景としたEVの需要は大きいのだ。事実、ガソリンより安い軽油を使うディーゼル車と比較しても、燃料代が約5分の1になると言われる。

これらのことから、韓国の「脱炭素化」は素晴らしいと考える人もいるだろう。それは否定しない。ただ先にも書いたように、韓国の電気料金は国策によって安くされている。韓国のクルマの多くがEVに置き換われば電力需要が増える。ちなみに韓国内のクルマの数は約2,500万台。

しかし韓国でも原発の増設は難しい。それどころか減らす方向に向かっている。原発(比率は約29%)は減らしていき、石炭火力(同約36%)は全廃する(文在寅はCOP26で全廃を明言、署名した)。必然的に再生可能エネルギーの比率を上げるしかない。

つまりは電力需要の増加に関係なく、エネルギー構成を考えなくてはいけない状況なのだ。そこにEV化の拡大による電力需要の増加が見込まれる。電源ミックスをどうするのか? 電力需要が増えれば増えるほど、韓国電力の赤字も増える。政府からの補填額も大幅に増える。どうする?

等々、いろいろ問題は多い。別にこれは韓国を批判しているのではなく、どうするのかなという素朴な感想。当然、日本も「脱炭素化」は考えなくては行けない問題だし、電力ミックスも同様。これを否定する気はないよ。


中国のウイグル人などへの人権侵害に対し、米国を中心に北京冬季五輪への外交的ボイコットが表明されている。日本も政府関係者・高官の出席を避け、橋本聖子東京五輪組織委員長や山下泰裕JOC会長などが出席するという。

しかし岸田首相はこれを外交的ボイコットと明言しない。何と弱腰なことか! 欧米メディアの中には「ジェノサイド」の言葉を使って報道しているところもあると言うのに。

習近平は何かと言うと「中華民族」と言う。少数民族も含め一体感を装っているのだろうが、白々しいだけだ。「中華民族」など存在しないし、所詮は中国共産党の言う「中国」内に住む人を言う概念でしかない。

まあ、元は孫文が異民族の領地も中華民国(当時)領としたいがための「漢族を以て中心となし、満蒙回蔵4族を全部我等に同化せしむ」による。「満」は満州(女真)族、「蒙」は蒙古族、「回」は現在の回族ではなくウイグル族、「蔵」はチベット族。孫文はこれを「五族協和」と言っていた。

ちなみに日本が建国にかかわった満州国も五族協和を言っていた。その五族は「日・韓・満・蒙・支」である。

話が逸れてしまったが、中国と言われる地域は、俗に言う「中原」に多く住む「漢民族」と、その外(万里の長城の外)に住む異民族の争いの歴史だ。現在の中華人民共和国の中心が「漢民族」だ。漢民族は周辺異民族を「東夷・西戎・南蛮・北狄」などと蔑んだが、歴代王朝の中では漢民族の国家の方が少ない。

例えば日本と日清戦争を戦った「清」は「満州(女真)族」の国家だった。日本に攻め込んできた「元」は「蒙古族」だし、マンガ「キングダム」で知られる「秦」は「犬戎系族(西部遊牧民族)」、日本にも多くの文化をもたらした「隋」「唐」は「鮮卑族」だ。

漢民族は「秦」の次に劉邦(司馬遼太郎著「項羽と劉邦」で知られる)が興した「漢」から漢民族という。それまでは主に「華夏族」と呼ばれていた。国家を建てられたことがよほど嬉しかったからだろう。ただこれも「周」(紀元前1006年~ 256年)の創立者である武王が中原に定住し、その一族を「夏族」としたことに由来するだけのこと。武王一族は北方異民族との説もある(一部諸説有り)。

そんな「漢民族」だが、現在の我々が日常的に使っている言葉に、この「漢」が以外と多く使われている。「悪漢」「痴漢」「無頼漢」「頓珍漢」「凶漢」などなど。漢民族の行動や振る舞いから「漢人」のことを表わした言葉とされる(諸説有り)。

なるほどね、妙に納得。

*もちろん「好漢」「硬骨漢」「熱血漢」などもあることは否定しない。


以前、東京五輪の閉幕に思う国内の「オールド左翼」について考えてみた。同じ構図で思い浮かんだのが、お隣りの韓国のこと。大きなお世話だけど。
(「東京五輪の閉幕に思う『オールド左翼』のこと」参照)

韓国は現在左翼とされる文在寅政権だ。韓国は東京五輪で金6個、銀4個、銅10個の合計20個のメダルを獲得した。最近の韓国の成績では悪い方だ。特にお家芸のテコンドーで、初めて金メダルなしに終わったのは象徴的な出来事だ。理由は簡単である。

五輪=国威発揚・ナショナリズムの高揚=右翼・保守の台頭

これは日本の古い左翼に共通する考えであるが、文の施策を見ると同様に考えている節が見受けられる。この等号からすれば、スポーツ力向上は自分らの立場を危うくすると考える。しかし韓国はそう単純ではない。韓国にはもうひとつの等号が存在するからだ。

反日施策=国威発揚・ナショナリズムの高揚=国民の統合

これはいつもこと。特に文は就任時からずっと、これをやっている。文は本来これら2つの等号を複合化することで、より強固な等号を作ることが可能だったはずである。

五輪=日本に勝つ=国威発揚・ナショナリズムの高揚=国民の統合
(日本に勝つは直接対決は言うまでもないが、競技ごとの上位成績もあり)

文はこの等号を目指すべきだった。ところが目指し方を間違えた。

五輪=反日施策=国威発揚・ナショナリズムの高揚=国民の統合

こちらにしてしまった。竹島入り地図にクレームを付け、選手村の食事を問題視し、選手に「放射能フリー弁当」と称する貧弱な弁当を配った。何となく成功のように思われるが、反日施策だけでは国民は当然満足しない。日本に勝つことが必要なのだ。しかし、柔道で勝てず、卓球で勝てず、野球で勝てず。日本など相手にもしていなかったテコンドーで金メダルなし(成果は予選リーグで日本を破り4位になった女子バレーボールくらいか)。

文は「スポーツ外交」には執着を見せた。今回の東京五輪も菅首相との首脳会談を目指し来日したがっていた(実現しなかったが)。その思惑は平昌五輪に見ることができる。

北朝鮮と話をしたいがため、女子アイスホッケーチームに極端に力の劣る北朝鮮選手を半数入れる合同チームと称するものを作った。そこには努力を重ねてきた自国選手への敬意などなく、政治の道具として使ってしまった。北朝鮮との対話はできたかもしれないが、国内スポーツ選手の反感を買った(東京五輪でも合同チームをと言っていたが、北朝鮮が早々に不参加を決めてしまった)。

スポーツ力を向上・強化することの帰結は「右翼・保守の台頭」と考える左翼政権からすれば、そんなことはあってはならない。つまりは、今回の東京五輪の韓国の成績は当然の結果だと言える。

元々韓国のスポーツ力は財閥に支えられてきた。財閥の支援なくしてスポーツ力の向上はない。ところが文政権になると、サムスンの副会長が逮捕された。これは朴槿恵政権時の崔順実事件の余波だが、これで財閥はおいそれとカネを出せない状況となった。

財閥を締め上げる左翼的な経済政策が進んでいることを考えれば、韓国のスポーツ力の浮上は暗いと言うほかない。保守に政権が移っても、財閥が萎縮状態では同じかな。


放射状の図柄を見ると「旭日旗だっ! 問題だぁ~!」と条件反射する一部韓国人。その代表が大学教授・徐敬徳。本人は「韓国広報専門家」と自称しているらしいが。

そんな徐が、今度はアップルのiPhone12の広告映像にクレームをつけた。


31秒の短いCM映像だが、ほんの一瞬鍋が写る(7秒、16秒あたり)。その柄が「旭日旗」を連想させるとクレームをつけた。

アップルの広告意図は、iPhone12の頑丈さを伝えるもの。料理中に材料などが飛び散っても、シンクに落としても大丈夫。最後は水洗いして終了。

iPhone12 CM
普通にこのCMを観ていると、鍋の絵柄なんかには気付かない(目が行かない)。きっと世界中のCMを必死でチェックしているのだろう。ご苦労さんなことだ。

徐は「アップルは今回のことで傷ついたアジア人に心から謝罪し、二度とこうしたことが起こらないよう気を付けてほしい」。勝手にアジア人の代表ズラするな! こんな韓国人(サッカー選手奇誠庸)のウソから始まった言いがかりを、アジア人全体の問題みたいに言うな!

徐は2011年以前は何をしていたのだろう(奇誠庸がウソをついたのが2011年)。旭日旗なんて気にもしていなかっただろう。しかも、こんな徐に韓国人が称賛を贈っているというから気持ち悪い。

韓国版ぼかし
結局、アップルは韓国で流れる映像のみ、柄の部分に「ぼかし処理」を施している。

アップルからすれば「韓国面倒くせえからぼかし入れとけ」なんだろうが、こういう一種の「成功体験」が徐などをつけ上がらせる結果となっている。以前もディズニー映画「ダンボ」のティーザー・ポスターで成功している。

韓国脳 (2)
ボルダリング課題
先の韓国は東京五輪でも、開会式で「旭日旗演出があった」(中央日報)などとバカなことを言っていた(写真上)。また、スポーツクライミングのボルダリング決勝の課題にも「旭日旗だぁ~!」(金慈仁)と騒いでいた(写真下)。アホらしくてアホらしくて。

この調子で永遠に旭日旗叩き(日本叩き)を続けていくつもりなんだろうが、なんと哀しい国なことか。

自分たちのアイデンティティは反日か? もっと自分たちが誇れる自慢はないのか? それらを世界にアピールする方が、韓国という国が世界でのポジションを高めることに繋がると思うけどな。まあ、何もないからしょうがないか(苦笑)。

朝日新聞社旗
ところで、この旗にもクレームをつけてこその反日ではないのかな。

関連
 「『旭日旗問題』なんて言いがかりに過ぎない
 「徐敬徳がまたいちゃもんつけてる(呆)
など、多数。


韓国大韓体育会は、東京五輪選手村の食事に福島県産の食材が提供されることを懸念し、近隣ホテルに給食センターを設置した。嫌がらせ以外のないものでもない。

韓国脳 (3)
日本で調達した食材には放射線の線量計を当てて調べるという。その様子がメディアで流れていたが、それって「空間線量計」ではないか。これで健康に影響が出るか出ないかの判断は、相当難しいな。影響があるくらい出ていたら、測定者がまず危ないぞ(苦笑)。

食材の放射線を計るのに「空間線量計」持ってきてどうすんの? こういうのを見ると嫌がらせのパフォーマンスだってことが良く分かる。

韓国 弁当
「放射能フリー弁当」と銘打って出てきたのがこれ。五輪選手が食べる弁当として貧弱じゃないのか? しかも、これが1人当たり1日2食だって。2個かどうかは不明。なんか栄養バランスに欠けたコンビニ弁当みたいだ。コンビニ弁当がそうだと言っているわけではないので、誤解無きよう。

まあ、これで韓国選手団が満足できるなら構わないけど。とてもそう思えないけどな。

韓国人
そうすると、こういう裏切り者が出てくる(笑)。選手村の食堂で大量の食事をとる韓国関係者(選手かどうかは不明)。せっかく「放射能フリー弁当」が支給されているのに、放射能が心配な選手村の食事を食べたらいけないなぁ。

でもさ、おいしいだろう。他国の選手・関係者はみんな「おいしい」って食べてるぞ。SNS(含む動画)には各国選手のコメントがあふれている。また、米国の専門誌「フード&ワイン」でも、「東京の選手村でアスリートが食べているもの」と題した特集記事を載せているほどだ。

ひとりで食べると母国で批判されるから、みんなで食べなよ。でも、負けたときの言い訳(選手村で食事したら体調を崩した、みたいな)には使うなよ。


蛇足だが、韓国がこのような痛がらせをしていることを、朝日新聞は「原発事故に伴う放射性物質の汚染を心配する声が市民やメディアに根強い」などと、韓国の一般論のように報じている。これは福島への風評を煽るお仲間への気遣い報道だ。でも韓国をかばう余り、朝日も福島への風評を煽っているんだよな。それに気付かないバカ新聞(分かっていてやっていたら相当悪質)。

だから朝日を読んでも事実は分からない。


東京五輪が7月23日に開幕した。早速、韓国メディア(中央日報)が開会式にイチャモンを付けてきた。「旭日旗演出」があったと言うのだ。

中央日報はネット上の指摘をもとに「東京五輪の開会式で『旭日旗コード』が隠れているという疑惑が提起された。選手たちの移動経路を作った際に、超大型の旭日旗を形象化したという疑惑だ」と報道した。

韓国脳 (1)
どうやらこの写真に写っていることを言っているらしい。

これは各国選手団が入場する際に、選手たちの動線と立ち位置を誘導する案内員の配置の陣形。中央に大きな円形のスペースが作られたうえで、放射状に人員が配されている。これが旭日旗を連想させるという。

「全世界の選手一人ひとりを集めて、大旭日旗の形を作ったという意味を込めた疑惑だ」と息巻いている。

韓国脳 (2)
上の写真とは上下逆になるが、赤字のようなことをイメージしているようだ。

バカらしいことだ。何でもかんでも「旭日旗だぁ~!」って騒ぐことに人生をかけている「徐敬徳」という人間がいるが、韓国総徐敬徳化が進んでいるようだ。

まあ、勝手に言っていればいい。しかし「旭日旗問題」というものが、実はまだ新しい韓国反日策のひとつだと言うことが、図らずも示されたことでもある。

ソウル五輪
これは1988年に開催されたソウル五輪の閉会式の写真だ。選手や関係者の動線なのか分からないが、見ようによっては旭日旗って徐が言いそうな形状だ。

当然、88年当時にこれが問題となることはなかった。なぜかと言うと、旭日旗問題と称するものは2011年から始まったものだからだ。サッカー選手奇誠庸の言い訳(ウソ)から始まっている。

何かと言うと「旭日旗に見える!」と批判する韓国だが、韓国が騒ぎ始めてまだ10年の新参反日策だ。反日のためには何でも使う。その犠牲になったのが旭日旗だ。何が戦犯旗だ。いい加減いしろ! と言いたい。

今回の騒動は、韓国人自ら「旭日旗問題」なんて言いがかりに過ぎないことを示したと言うことだ。そうでないと言うなら、韓国人はソウル五輪関係者を、今からでも告発しなければ説明がつかない。

遡及法を作るのは韓国人の得意技だろうが。

関連
 「韓国は反日アピールのために五輪に来たのか?
 「徐敬徳がまたいちゃもんつけてる(呆)


あれだけ東京五輪をボイコットすると息巻いていた韓国が「やっぱり参加するわ」とノコノコやってきた挙げ句、選手村に入るなり李舜臣の言葉を連想させる横断幕を掲げ、政治的なアピール。

また、選手村の食事に福島県産の食材が提供されることを懸念し、近隣ホテルに給食センターを設置した。福島県への風評を煽るとんでもない行為だ。嫌がらせ以外の何物でもない。

まったく何しに来たんだか。わざわざ反日アピールのために五輪に参加しよう言うのか? 与党の有力政治家が相次ぎ「ボイコット」を叫んでいたんだから、来なくてもいいのに。まったくご苦労なことだ。

横断幕は撤去されたが、韓国側の言い分は「IOCが旭日旗も政治的な宣伝を禁じる五輪憲章第50条を適用すると約束したから」とか言っている。相変わらず過ぎて噴飯物だ。「IOCが約束した」どうのは韓国側の言い分なので別にして、旭日旗問題なんてものは韓国側の勝手な反日施策でしかない。

2011年のサッカーアジアカップ日本戦で、奇誠庸がゴール後に「猿まね」ジェスチャーで日本人を侮辱し批判されたときに、「日本側応援スタンドで旭日旗が振られていたからやった」と言い訳したことに始まる。当日のスタジアムに「旭日旗」がなかったことはVTRや観戦者の証言から、ほぼ証明されている。明らかな奇誠庸の「ウソ」である。

これを機に、いい反日材料ができたと喜んだ韓国の反日知識人(知識人は自称)たちが、さまざまな形態の旭日旗問題をでっち上げたことに始まる。特に徐敬徳が有名だ。何でもかんでもそれっぽい意匠のものに「旭日旗だ」とクレーム入れ、反日を煽ってきた。

いつの間にか、韓国内では旭日旗は「悪しき日本の旗」となってしまった。そんな韓国の反日を助けてきたのが国賊・朝日新聞だ。

朝日は昨年1月の社説「東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう」で、「東京五輪で旭日旗を振るのを禁止すべきだと韓国人が言っている」「旭日旗を振る行為に『政治的主張』はないと言えるのだろうか?」と書いた。

なんとバカな新聞だろう。「旭日旗を禁止しろ」という韓国人の政治的主張は無視するのに、振る行為を「政治的主張だから(止めろ)」と書く。ダブスタも甚だしい。

この社説は「(国旗などは)見る人が代われば、それは激しい憎悪の対象にもなりうる」とし、「戦後75年が過ぎても(中略)日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない」と、とんでもないことを書いていた。赤旗か!って突っ込みたくなる論説だ。

こんな韓国と朝日がタッグを組んだかのような嫌がらせに見舞われた東京五輪。両者ともいい加減「政治的主張」はやめ、スポーツの祭典としての五輪に寄与・貢献しようとは考えられないものか?

まあそれができていれば、韓国も朝日もこんなに嫌われてないだろう。

関連
 「韓国って東京五輪に参加するのかよ
 「朝日新聞の社旗は『国賊朝日』の象徴のくせに
 「徐敬徳がまたいちゃもんつけてる(呆)
 「朝日新聞は『旭日旗批判』がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する
など多数。


韓国の文化体育観光部は、7月8日に東京五輪に参加する韓国選手団の結団式を開催した。232人の選手が東京五輪に参加するようだ(その他役員など122人)。金メダル7個以上を獲得する目標も示されている。

えっ? ボイコットしないんかいっ!

東京五輪組織委員会HPの日本地図に竹島が記載されていることにイチャモンを付け、「ボイコットだぁ~!」と拳を振り上げているくせに。特に与党系の有力政治家連中が「五輪ボイコットを含め、断固たる対応を取るべきだ」(李洛淵元首相)と強く主張している。

丁世均前首相に至っては、日本を「あいつら」「悪いヤツら」「偏屈で恥知らず」とまで罵倒している。まあ、こいつらは次の大統領を狙って「反日合戦」をしている面が強いが、韓国国民の70%近くがボイコットに賛成しているという調査結果もある。

それにしても、大統領選(与党内の候補者選び)のためには反日を競い合う候補者たち。国民もそれを支持する。相変わらず面白い国だ。

与党政治家が主張し、国民の多くも支持しているなら「どうぞご自由にボイコットしてください」と言うほかあるまい。それなのに、文化体育観光部は選手の結団式なんかやっちゃっていいの?

文在寅大統領も五輪に合わせ訪日し、菅首相と会談したい意向を示している。何を言ってるんだ。就任以来ずぅ~っと反日三昧できて、それで支持率稼いできたんだから日和るなよと言いたい。

「ボイコットしろ」と拳を振り上げている与党大統領候補たち(有力3名)は、東京五輪組織委員会が地図を修正しないのに参加しちゃって良いのか? 政治家生命をかけて選手派遣を取りやめさせろよ。

韓国人が重視するメンツの問題でもあるぞ。さあ、頑張ってボイコットしてくれよ。


日本政府が福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を決定したことを受け、中国・韓国が国を挙げて反発・批判している。中国は「極めて無責任なやり方。周辺国民の利益を損なう」、韓国も「絶対に容認できない」だそうだ。

トリチウムを含む処理水を海洋放出することは、国際的に何ら問題のないことだ。世界保健機関が決めた基準に照らして、飲料水の7分の1程度になるまで処理される。国際原子力機関も「世界的な慣例に沿ったものだ」と問題視していない。

それに、批判している中韓の原発でも同様のこと(海洋放出)をしている。しかも中国の大亜湾原発は年間42兆ベクレル、韓国の古里原発は同45兆ベクレル、同じく月城原発は同136兆ベクレルのトリチウムを海に放出している(今回の福島第一原発の処理水は22兆ベクレルに相当するレベルでしかない)。

中韓も同じ事をしているわけだ。それなのに韓国・文は国際海洋法裁判所へ提訴するなどと喚いているから呆れるばかりだ。バカ丸出しである。

中韓の批判は「批判のための批判」でしかなく、国内の反日左派政党や左派メディアとやっていることは一緒。頭の中の腐り加減が同じだと言うこと(苦笑)。

下品な中韓 (1)
下品な中韓 (2)
そんな中、中国ネットに北斎の浮世絵「富嶽三十六景」・神奈川沖浪裏を使ったデマ画像が拡がっている。こんなものは決してパロディーや風刺画ではない! 悪質と言う以外に言葉はない。

自国が海洋放出をしていることを知ってか知らずか、中共のプロパガンダに協力しているネット民。これに飛びつき、それ以上に騒いでいるのが韓国ネット民。こちらも、自国のことは知ってか知らずか。

それにしても下品で粗野で、センスのないこと甚だしい。こういうところに「民度」が出る。恥ずかしい連中だ。


韓国の総合ニュースは「韓国新外相に前国家安保室長の鄭義溶氏内定」との見出しで、文在寅大統領が康京和外相の交代を決めたと報道した。

あらら、予想通りで笑ってしまう。

康京和は北朝鮮の新型コロナ感染に関して「(感染者ゼロは)信じがたい」と発言し、金与正(金正恩の妹)から「われわれの非常防疫措置を差し出がましく批評した」と猛烈に反発されていた。(「韓国は実質北朝鮮の属国に成り下がっている」参照)

過去から北朝鮮の反発を受けた人物を交代させてきた文在寅が、康京和をどうするか注目されていたが、案の定交代となった。文からすれば金正恩・与正は「偉大なる指導者」であり、その意向に従うのは当然なんだろう。

総合ニュースが「康氏は文政権の初代外交部長官を務め、3年半以上外交部を率いてきた。2022年の文大統領の任期終了まで外交部長官を務めるとの見方があったが、交代が決まった」と書いているように、韓国内では外相を交代させる理由はないとの見方だった。

それでも交代させるのは、金与正から批判された以外に理由はないだろう。まあ、文は北主導での統一を目指しているのだから、金兄妹に忠誠を尽くすのは、ある意味当然のことなんだろう。


韓国・朝鮮日報は「金与正氏に名指しされた康京和外相も近く更迭か」と題する社説を掲載した。

康京和外相が新型コロナウイルスについて「感染者ゼロ」と主張する北朝鮮を「信じがたい」などと批判したことに対し、北朝鮮・金与正(金正恩の妹)が「われわれの非常防疫措置を差し出がましく批評した」と猛烈に反発したからだ。

北朝鮮の機嫌を損なわないことを最優先している(ようにしか見えない)文在寅韓国大統領の対応が注目されている。

北朝鮮・金英哲党副委員長が、軍事行動の完全撤回を求めた韓国・鄭景斗国防相を批判すると、文は国防相を交代させた(6月)。翌7月には、「国家情報院」のトップに、金大中大統領時代に秘書室長を務めた朴智元を起用した。北朝鮮への違法送金で有罪判決を受けた「従北派」だ。

さらには、北朝鮮に向けた体制批判のビラ散布の禁止などを盛り込んだ「南北関係発展に関する法律」の改正案を成立させた(12月)。これは軍事境界線一帯でビラを散布を禁止するものだ。

北へのビラ散布を巡っては、やはり金与正が韓国政府の責任を問う声明を発表。ビラ散布に対する法規制などの措置を要求し、開城工業団地内にあった南北共同連絡事務所を爆破したことは記憶に新しい。

「南北関係発展に関する法律」は、間違いなくビラだけでは済まされないだろう。北朝鮮や金正恩などを批判する言論全般に適用されることになるのは、火を見るよりも明らかだ。

このように北から批判されれば、北の意向に沿って対応する。だから朝鮮日報は「金与正氏に名指しされた康京和外相も近く更迭か」としたのだ。

文在寅からすれば、北主導での赤化統一を目指しているのだから当然の施策でしかない。金正恩・与正は文からすれば「偉大なる指導者」だからだ。韓国国民の「表現・言論の自由」を侵害してでもビラ散布を禁止するなど、ごくごく当たり前のことだろう。

すでに韓国は北朝鮮の属国に成り下がっているのも同然だ。ここまで金兄妹に忠誠を尽くしても、晴れて赤化統一した後に文が厚遇される保証は一切ない。ましてや、赤化朝鮮で悲惨な目に遇うのは韓国国民なのも間違いない。

こんな文を大統領に選んだのも、先の総選挙で左翼与党を大勝させたのも韓国国民。しょうがないね。


国際標準化機構(ISO)が中国で製造される泡菜の「作り方や運搬、保存法」に関して新たな規則を制定した。これを中国が韓国挑発に使い、韓国はマジ反論するという事態になっている。

まず、ISOは国際的に通用する規格を制定する機関。その制定する規格は、国際的な取引をスムーズにするために、何らかの製品やサービスに関して「世界中で同じ品質、同じレベルのものを提供できるようにする」との趣旨に基づく。そのためISO規格は「世界標準」的な意味合いになる。

そして、泡菜とは中国で作られる漬物一般を言い、キムチは「朝鮮泡菜」と呼ばれている。最近では泡菜=キムチのイメージも強いといわれる。

ことの発端は、中国四川省が「泡菜」の製造法などに関してISOに規格制定を働きかけたこと。そして、それが実現したということ。これを中国共産党の機関紙・人民日報系の環球時報が「ISOの承認を受け、中国の泡菜がキムチの基準になった」と報じた。

これに対して韓国では朝鮮日報・東亜日報・ハンギョレまで、保守系から左派系までがそろって反論している。ハンギョレは社説で批判する力の入れようだ。それは泡菜の作り方(キムチとの違い)から説明し、中国の言い分は「泡菜がキムチに化けるという言いたい放題」などと鼻息も荒い。

厳密には泡菜とキムチは別物だし、さらにISOは規格制定時「これはキムチには適用されない」と明確にしていたようだ。

それにもかかわらず環球時報が「韓国が『泡菜宗主国だ』という主張はすでに有名無実となった」などと韓国を挑発したのは、政治的な思惑が透けて見える。中国とアメリカの間で風見鶏的な態度を取っている韓国に対し、「いい加減意しろよ!」との中国からのメッセージのひとつではないかと思われる。

中国からすれば、まだ韓国がアメリカに色目を使っていることが気にいらないんだろう。最近もバイデン大統領誕生を見込んで、いろいろ動いているようだし。それにしても、韓国の文化とも深く結びつくキムチで攻めるとは、韓国の弱点が良く分かってるな(苦笑)。

韓国は食文化の代表とも言えるキムチを、中国に横取りされた気分なんだろう。でも「自分のことを棚に上げて」でしかない。韓国がなんでも自国が発祥だとする「ウリジナル」で他国、特に日本を侮辱していることは何? と思ってしまう。

韓国の「ウリジナル」では、同じように日本人が大いに腹を立てていることを韓国人は理解すべきだ。

朝日新聞は「文化や人種の違いをあげつらい、何が日本固有でどれが韓国由来かまくしたてることにどんな意味があるのか」(2017年10月の天声人語)と日本(人)を批判していた。ならば、こういうときこそ韓国に言ってあげれば。

「泡菜とキムチの違いをあげつらうことに何の意味があるのか」と。


GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の終了通告期限の8月25日午前0時までに韓国からの通告はなく、案の定継続されることとなった。韓国は「いつでも終了できる」と破棄を匂わせることで、日本の輸出管理強化の撤回を迫っている。

いつもいつもの安定の韓国。ボコボコにされながら「今日はこれくらにしておいてやる!」という、吉本新喜劇あたりで使い古された往年のギャグのようだ(苦笑)。恥ずかしい国だ。

昨年(破棄を通告後、期限ギリギリで撤回)の日本の対応を見れば、こんな脅しをかけても無意味なことは分かっているはずだ。イチャモンをつければ日本が慌てて妥協する、なんて安倍政権ではあり得ないことだった。(安倍首相の辞任は残念なことだ。8年近くにわたりお疲れ様でした)

これが石破あたりだったら、慌てふためき妥協していただろう。しかも昨年に。それ以前に、輸出管理の強化すらできずに、第三国への不正輸出がまかり通っていただろう。

韓国は半導体関連材料の国産化が進んでいると言っているが、実際は・・・ということだ。韓国のプロパガンダに乗っかり、「日本企業の市場を失った」なんて言っていた立民議員は今何を思うのだろう。

8月15日の韓国「光復節」に文在寅が日本批判を抑え、対話姿勢を示したなどと朝日新聞などは書いていたが、まるっきり分かっていない。文は手詰まりなのだ。同15日にはソウル中心部で、文在寅を糾弾する5万人規模の大規模デモが行われている(日本ではほとんど報道されていないが)。GSOMIA破棄を言ってることも、韓国国内向への「やってる」アピールなのだろう。

文が威勢良く反日を煽ったところで勝算はなく、逆に日本に無視されれば文の政治能力が問われることになる。そうでなくても、経済は文の失政でコロナ前からズタボロの状態。大統領府主導で行った昨年の日本製品不買運動も、結局は冷え込んでいた韓国経済を凍りつかせただけ。

日本には相手にされず北からはバカにされ、すがるところは中国しかない文。早速、コロナ収束後に習近平の訪韓をお願いしている。しかし、現在の米中対立を考えれば、アメリカからも見放されるだろう。文は習近平から冊封を受け、そこから北との赤化統一を果たそうとでも考えているのかもね。

まあ、それはそれで文の本望かもしれないので、それもいいだろう。


韓国国家記録院と国立中央図書館、北東アジア歴史財団は、日本支配時の児童や女性の「強制動員」に関する記録と、これを扇動するための新聞記事や文献などを公開した(8月14日ハンギョレ紙から)。

ハンギョレ紙は「『少年工』と『白衣天使』の名で行われた日帝のもう一つの強制動員」との見出しをつけた。

強制動員? (1)
当時の新聞記事(昭和16年5月)が載っているが、小見出しに「募集」の文字が見える。「少年工求む 産業戦士として忠清北道で『募集』」とある。

「募集じゃないかい!」と思わず突っ込みを入れてしまった。

記事本文(もちろん全部読めるわけではないが)には、少年工に関しては「年齢十四歳以上二十歳までで小学校卒業者と同等程度の学力を持つ者」との「募集条件」が書かれている。

強制動員? (2)
同じく(昭和14年2月)「白衣の天使」に関しては「採用」の文字が。「白衣の天使の栄誉 島半女性も戦時看護婦として『採用』」とある。

「採用条件」は救護看護婦生徒で「「年齢十六歳以上二十歳未満 高等学校卒業者又は今春卒業する者」。看護師見習い及び看護学校生徒募集だ。


「募集条件(資格要件)」があり、当然応募多数なら選抜試験もあったろう。「強制動員」の証拠が「募集」の新聞記事とか、いい加減にして欲しいものだ。そんな「強制動員」って、いったい何? 「光復節」を前にしての反日攻勢のひとつなんだろうが・・・。「反日のためなら事実は不要」と言うことか。

国家記録院院長は「今回の各機関の記録物公開は初期段階にすぎない」「今後、学界とともに『強制動員』研究の基盤を拡大していく」と述べている。こうやって事実は歪められていく。意図的に行っているのか、単に漢字が読めないのかは知らないが(韓国では漢字を廃止して久しいため、多くの国民が漢字をまったく読めない)。

現在、韓国が反日の材料としている「徴用工問題」。これも自ら応募した工員たちが、後に強制徴用されたと日本と企業に賠償求めたものだ。同じような流れになって行くことは、容易に想像できる。

当時の朝鮮総督府(つまりは日本政府)が、朝鮮半島の「少年・少女」を工員や看護師として当てにしていたことは否定しない。しかし、事実を歪め反日の材料にすることは許されることではない。


日本でSNSを中心に、韓国ラーメンブームが起きているという。大韓貿易振興公社の東京貿易館によると、韓国ラーメンの人気が最近高まった理由について、韓国ラーメンを食べる様子を伝えるユーチューブの影響が大きいと言う。

韓国ラーメン
こんなにたくさんの韓国ラーメンが日本中にあふれている、と写真を載せるのもいいだろう。韓国ラーメンが好きな人もいるだろう。ユーチューバーが美味しそうに食べるものいい。もちろん「辛い食べ物が好きで、映像を見た購読者の反応がいい。辛いが辛さを超えたコクがあり、これからも食べたくなる魅力がある」とのコメントもいいだろう。

韓国人もこういう報道に「全世界のラーメンの中で、韓国ラーメンが最高だよ」「地球上で大韓民国のラーメンに勝てる国はない。やっぱり韓国ラーメンはすごいね」「美味しい物は日本に売らないで下さい」などと浮かれ気味だ。

だからといって、「日本の韓国ラーメン輸入額はさらに爆発的になる可能性がある」との大韓貿易振興公社(東京貿易館)の読みには大いなる違和感がある。

だって、なにがしかの食料品不足が起ったときでも、必ず韓国ラーメンだけが売れ残っているからだ。昨年の超大型台風19号が日本全国で猛威を振るった際、多くの人が非常事態に備え食料品を買い込んだ。

売れ残る韓国ラーメン (1)
売れ残る韓国ラーメン (2)
売れ残る韓国ラーメン (3)
売れ残る韓国ラーメン (4)
何もない食品棚にあって、韓国ラーメンのみが見事なまでに売れ残っている。韓国ラーメンしか食料品が売ってなくても、韓国ラーメンを買うことはない。素直な日本人の購買行動を示している。これは嫌韓行動もあるかもしれないが、それよりも単に口に合わないからだろう。まあ、はっきり言えば不味いってこと。

多くの日本人が「辛いが辛さを超えたコクがあり、これからも食べたくなる魅力がある」とは思っていない確かな証拠だろう。

AEONのように特別な意図を持って「韓国フェア」を乱発してるようなところもあるけど、多くの事業者が「輸入して失敗した!」「仕入れるんじゃなかった!」と後悔してると思うぞ。


世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙の立候補が締め切られた。8人が立候補したが、韓国の兪明希通商交渉本部長とナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相の、事実上の一騎討ちと見られている。

兪明希は「WTO事務局長になれば国益にかなうため最善を尽くす」と自国(韓国)利益を最優先すると公言している(韓国報道から)。国際機関の事務局長として相応しい人材かは、相当疑われるレベルだ。

韓国はこういう際のロビー活動への資金をつぎ込むのは得意だ。「兪事務局長」なんてことになったら、現在の韓国のイチャモンに自らお墨付きを与えることになるだろう。

昨年の半導体製造材料の輸出管理強化を「輸出制限」などと、本質論と違う反応を見せた国だ。自分らの行いを省みることもなく、ただただ日本が悪いと言い放つ。そしてGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄まで言い立た。まあ、アメリカに「いい加減にしろ!」と言われ、「シュン」となったのには笑うしかないが。

そんな韓国が、また「自由貿易の原則から逸脱している」とWTOに提訴・パネル(紛争解決の場)設置を要請した。ついでのように、またGSOMIA破棄を言い出しているのには、やっぱり笑うしかないんだけど。

ただ、「兪事務局長」がWTOのパネル上級委員会(DSB)に介入するのは目に見えている。仮に韓国の不当な言い分が正当化されることになったら、目も当てられない。

「兪事務局長」が実現するかは9月までの投票にかかっている。日本は対立候補に投票するだけではく、いかに兪明希が事務局長として相応しくないことを、加盟国にPRすることも必要なことだ。


政府は新型コロナの蔓延防止策として、中国と韓国に発行済みのビザの効力を停止するなど、両国に対する水際対策を強化すると発表した。

発生地で1万人以上が感染している中国、中国に次ぎ6000人以上の韓国。しかも、この2ヶ国の訪日者(客)が訪日外国人の半数を占めることを考えれば、当然の措置だろう。これで韓国からの入国を制限・禁止している国は合計102ヶ国となった。

これに韓国が分かりやすい反応を示し笑ってしまった。即座に駐韓日本総括公使を呼んで抗議。さらに対抗措置(?)として、日本人に90日以内の短期滞在にはビザを免除してきた制度と、既に発行されたビザの効力を停止すると発表した。

韓国は中国からも入国制限(韓国からの旅行者などを強制隔離)を受けているが、中国に一言でも抗議したのか? 中国の顔色を窺って何もしてないではないか。その他の国々に対しても何ら措置を取っていないばかりか、康京和外交部長官は「防疫能力がない国が入国禁止というやぼな措置を取っている」と負け惜しみを言っていたくらいだ。

でも医療先進国である日本やオーストラリアからも入国制限を受け、認識の甘さを露呈しただけだ。

だいたい、去年の日本の一部物品の輸出管理強化により、日本製品の不買やら日本旅行のボイコットなどを、政府主導で打ち出して大騒ぎ中じゃないのか。日本が韓国人の入国制限をしたところで、何でもないだろうが。

中国には何も言えないくせに、日本には高飛車な態度に出る。日本に対しては何をしても許されると相変わらず考えているんだな。それで韓国(人)のプライドが保てるならどうぞどうぞ。別に制限と言わず、禁止にしてくれても全然構わないけどね。

ついでに新型コロナだけではなく、一切かかわらないでくれたらもっとうれしいぞ。


韓国の日本大使館(現在新築工事中)の壁に、防護服の姿の人が聖火リレーで走る姿などが描かれたポスターが貼られた(既に剥がされているようだが)。

バ韓国 (10)
韓国の「サイバー外交使節団」を名乗るVANK(バンク)という団体。VANKは「五輪開幕前まで継続し、ポスターを全世界の主要な場所で積極的に配布する」とし、「国際社会に幅広い共感が形成されることを願う」と国際世界への発信をすると言っている。

失礼この上ない!

VANKは知られた反日組織で、世界に日本の「歴史歪曲」を知らせて国際社会における日本の地位を失墜させることを目的とした「ディスカウント・ジャパン運動」を提唱していることで知られる。

これを一団体の特殊な行為と理解することは出来ない。同団体には韓国政府政府から補助金などの公金が支出されており、国を挙げての東京五輪への嫌がらせなのは明らかだ。

韓国オリンピック委員会も、東京五輪に参加する選手団用に韓国産の食材と放射能測定器を持ち込むと言っている。福島第1原発事故による「食の安全」を懸念しているからだと言うから呆れる。

選手村に韓国専用シェフを入れられるわけがない。IOCが認めないだろう。選手団が自ら調理するならすればいい。他国の選手には非常にレベルの高い食事をしてもらうだけのこと。

それにしても、こんなつまらない嫌がらせまでして、なんで東京五輪に参加するのか? 韓国内の一部にボイコット論がでているのだから、来なきゃいいのにと思う。

しかし反日しかやることがないのかね文在寅は。先の中国での首脳会談で、安倍首相から「福島第1原発から排出される放射性物質は韓国の原発の100分の1以下だ」と指摘され反論できなかった文。

文は内政・外交ともに何の成果を上げることもできず、特に経済失政は韓国経済をドン底に突き落としている。それなのに、日本製品不買運動まで主導し、韓国経済にダメを押した。

そんな文に残された最後の手段は「さらなる反日」しかないのは分かりきっているが、東京五輪を自らの失政隠しに利用するのは止めてもらいたいものだ。

こんな国と、どう付き合えというのか?


韓国政府が公式ツイッターに「旭日旗は憎悪の旗だ。平和の場である五輪で、応援旗として使われてはならない」と投稿した。韓国政府の広報担当によると、これまでにも「旭日旗は侵略の旗だ」と投稿しており、「今後も継続して政府の立場を発信していく」だそうだ。

周知のことだが、この「旭日旗問題」と称する荒唐無稽の話は、サッカー選手の奇誠庸が2011年のアジアカップ日本戦で、ゴール後に「猿まね」ジェスチャーで日本人を侮辱し批判されたときに、「日本側応援スタンドで旭日旗が振られていたからやった」と言い訳したことに始まる。

たかがサッカー選手の言い訳が、今や韓国の反日(日本叩き)の大きなネタとなっている。韓国がそういう国だと言えば、それでお終いの話なんだけど・・・。

政府までが反日(日本叩き)に使えると思えは「ウソ」「言い訳」に乗っかる。それが韓国。1996年、2008年に開催された韓国観艦式に、自衛艦は旭日旗を掲揚し参加している。でも、そんなことは気にしない。

今や政府のみならず国民も大騒ぎ。なんとなく放射線状の物を見つけると「旭日旗だ!」といちゃもんをつける。韓国国内のみならず、全世界でやっているから呆れる。
(「徐敬徳がまたいちゃもんつけてる(呆)」参照)

奇誠庸は日本で言う国民栄誉賞ものだな。自身の「ウソ」が政府公認の反日ネタになったんだから(苦笑)。

「バッカじゃないの!」が「普通の日本国民」の感情だが、それで済ますわけには行かない現実がある。事実(歴史)を知らない外国(人)から見れば、韓国の言い分を真に受けてしまうケースもある。日本政府は引き続き外国への事実の発信を強めなければならい。

それに大きな問題なのは、朝日新聞を始めとした左派系メディアが、こういう歪んだ韓国の反日を擁護する報道を続けていることだ。
(「朝日新聞は『旭日旗批判』がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する」参照)

日本が嫌いでも何でもいい。しかし「ウソはウソ」と報道しなければならないのは言うまでもない。事実を事実として報道する。これ無くしてメディアの存在価値はない。そして、事実に基づき論調する。

「ウソ」を元に「日本が悪い!」なんて報道することを恥ずかしいとすら思わない朝日新聞。「慰安婦問題」はその典型。どんなバカをやっても朝日が護ってくれる。韓国にとって、こんな心強いことはない。だから韓国では「日本の良心」などと呼ばれている。朝日が韓国を擁護する。韓国紙がこれを引用する。朝日が日本を貶める。韓国紙がこれを引用する。この繰り返し。

あっ、韓国批判の記事が、いつの間にか朝日批判になってしまった。


韓国が土壇場でGSOMIAの継続に踏み切った。アメリカの圧力に抗し切れなかったようだ。文在寅が目指している「北との赤化統一」に向けて、日・米から中・北に舵を切ると思われたが、最後にへたった感じだ。

文は自分で拳を振り上げて大騒ぎしたのはいいが、降ろすに降ろせなくなり右往左往し、「いつでも破棄できる」と勝手な名分をつけて惨めに降ろした形だ。

日本が謝罪したとか、うんざりするようなウソを国内向けに発表しているが、いい加減いしろと言いたい。それにGSOMIAは「協定」であり、勝手に破棄できるものではない。今回は有効期間満了に対しての判断(継続か破棄か)の問題だった。

一度「継続」してしまったら1年間は有効な「協定」。二国間協定を勝手に破棄したら、どんな国際問題になるか分かっていない。もともと韓国は国際的に信用されていないが、世界各国がどう思うかなど微塵も考えないようだ。何と浅はかな国なのか。

まあ、日韓基本条約すら破棄する勢いの文だから、GSOMIAなど眼中にないのだろう。アメリカが呆れて手を引いたら、喜んで日韓、米韓の各条約・協定など破棄(ないしは無視)するだろう。

出稼ぎ労働者問題を見れば、日韓基本条約を無視した暴挙を当たり前のように行っているのだから、破棄を有言してもおかしくはない。まあ、破棄するなら日本が朝鮮半島に置いてきた資産は返してもらうから。そのつもりで。

文の悲願は金正恩の元、赤化統一することなので気にもしないだろう。韓国国民がどれくらい赤化統一を望んでいるのかは知らないが、悲惨な未来が待っていることだけは確かだ。逆に韓国主導で北を統一しても、旧西ドイツが味わった経済援助に伴う疲弊を韓国も味わうことになるけど。

それにしても経済政策にしても外交政策にしても、やることなすこと全部失敗続きの文の支持率が、未だに40%もあることに驚く。韓国って思っていた以上に左翼が根強い。共産主義に憧れるのはかまわないが、北が共産主義国なんて思っているのかね。典型的な全体主義の独裁国なのに。

国をどうして行くか、より良くして行くかよりも、個人の目的で政策を進める大統領を選んだのは国民だからしょうがない。しかし、どう始末をつけるのかも国民だ。




韓国が破棄を予定しているGSOMIAの失効まであと半月。ここに来てアメリカからデイビッド・スティルウェル国務次官補が訪韓し仲介に熱を入れ始めたが、文在寅は破棄するしか道はないだろう。ここで折れたら、シンパから弱腰と批判されるのは明らか。そうでなくとも経済失政(反日による自爆も含め)、曹国のスキャンダルも有り「もうお終い」。

「もうお終い」とは、日・米などとの関係改善を目指すのではなく、「反日・反米・従北・親中」路線に突き進むしかないということ。今から方針転換(中途半端な妥協)をしようものなら強固な左翼陣営が離れ、自身の立場が危うい。左翼陣営から見捨てられたら、待っている未来は朴槿恵と同じになる。

どんなに無様な姿をさらしても支持してくれる層を頼りに、突撃するしかないのが実態。「反日・反米・従北・親中」路線は文の基本方針なので、ある意味初志貫徹。

最近になり何となく日本にすり寄る姿勢を見せているように見えるが、無理だろう。反日一筋で振り上げてしまった拳だが、降ろすに降ろせない。国民生活よりメンツを気にする連中が、自分で泥を被ることは絶対にない。

「北との赤化統一」を目指す限りにおいては、国の中枢を左翼活動家が占めている現状や、国民の3分1が左派系だということなどから、文が朴槿恵のように弾劾される可能性は低い。

GSOMIA破棄だけではなく、統制権(戦時作戦統制権)を米軍から韓国軍への移管を目指している文の施策は、在韓米軍の撤退・撤収につながる。これも文が望んでいることだ。

そうなると、韓国が現状維持するには軍部の常識派がプレッシャーを掛けるしかない(別にクーデターとか言う意味ではない)。ただし現実的には難しいだろうから、文は初志貫徹で突き進む。最も悲惨な目に遇うのは「普通の国民」。でも、文を選んだのも「普通の国民」。「普通の国民」は北主導での赤化統一が、どんな世界かなんて想像もしていないのだろう。

文を切り、左派系を切り、反日・反米をやめることくらいしか、韓国の未来はないのだが、実際にはそうもいかない。永年にわたり反日に浸かっている国民は、逆に保守系であっても日本との関係改善は望まない。

と言うことで、韓国の行く末は暗い。「まあ、しょうがないね」としか言いようがない。


北朝鮮がミサイル発射を繰り返している。10月31日にも弾道ミサイルとみられるものを発射した。

日本では海保がすぐさま発表、付近を航行する船舶に注意を喚起した。これに対し、韓国軍が同事実を発表したのは10分後だった。この10分の遅れに関し韓国軍合同参謀本部は「発表が遅れただけで感知は韓国の方が早かった」だってさ。

さらには「ミサイルの感知時間と発表時間は別だ」「地球は丸いため北朝鮮に近い韓国が日本より早く情報を知るのは当然」とも。まあ、情報収集能力が劣っているとは国防関係者は言えないにしても、言い訳が見苦し過ぎる。韓国は目視でミサイルを確認しているわけでもあるまいに(苦笑)。

それに何にでも「日本に勝った」でしか、自身のメンタリティーを維持できないのも、かの国らしいと言えばらしいけど。

だから韓国はレーダー照射問題にしろ輸出管理問題にしろ、「負け」を認めるに等しい謝罪やそれに類することをするわけがない。日本製品の不買運動だってそうだ。日本(企業)にダメージを与えたと喜んでいる。しかし、実際は逆に韓国企業にダメージを与え、韓国経済をさらに冷え込ませているにもかかわらずだ。

そんな国と関係改善のために対話しろと、盛んに朝日新聞や左派野党は言う。対話を進め、万が一妥協でもしようものなら「日本に勝った!」となって、今後も同様のゴネ徳を許すだけのことである。まあ、朝日などはこれを狙ってるんだろうけど。

過去の日本政府の弱腰対応が韓国をつけ上がらせた原因だが、昨今の朝日などの韓国が何をやっても擁護するという姿勢が、韓国をより一層つけ上がらせたのも事実だろう。

さらには韓国左翼政権である文が、輪をかけて反日政策を取っているんだから始末に負えない。自壊するまで突っ走るのを止めはしないが、その時になって泣き付いて来るのだけはやめてくれよな。


韓国で公演を行った英国のロックバンド「The 1975」のメンバーが、韓国国旗を踏みつける写真をSNSに掲載し、韓国国民から大きな批判を浴びている。

The 1975
何か腹に据えかねることでもあったのだろうか? 韓国だから、あったとしても不思議ではないけど。

韓国のネットユーザからは「理解できない。常識的に考えて他国の国旗を踏みつけたらその国の人たちが黙っているわけない」「国旗を冒とくすることは相当な侮辱。処罰する国も多い。これは常識中の常識だ」などとの批判が殺到。

でもさあ、他国の国旗を冒涜するのは韓国の得意技ではないか? よく言うわの言葉しかない。自分たちは他国(特に日本)国旗に対して好き勝手に冒涜しておきながら、こんな反発をすることに対し、恥ずかしいという思いはないのかね。あっ、恥って言葉がない国だった(笑)。

関連
 「韓国人よ 『人の振り見て我が振り直せ』だ


8月28日に韓国をホワイト国(現グループA)から除外する政令が施行された。毅然とした態度をとり続ける日本に、韓国は右往左往の状態。

オレから言わせれば、7月初旬に半導体材料3品目の輸出管理強化を通告された時点で、適正な輸出管理を行う対応を取っていれば(もちろん、言葉だけでなくきちんと管理する必要があるけど)、ここまでこじれる事案でも何でもなかった。

北朝鮮への横流しなど、それなりに各国から批判されるだろうが、その対応をしっかりやれば済んだと思う。ところが、日本から何かを言われると無条件に反発する韓国は、ご存じの対応に終始。遂にはGSOMIAの破棄にまで発展した。

韓国政府のみならず、国民の抗議行動も幼稚すぎて笑ってしまうレベル。不買運動だ、デモだと騒いでいるが、やることはいつもと一緒。日の丸や旭日旗を燃やし、安倍首相の人形を痛めつける。文シンパを中心に始まった活動だろうが、流れに乗る一般国民。まあ、流れに乗らないと「親日派」のレッテルを貼られるのが怖いのだろうが。

GSOMIAを破棄までして振り上げた拳なのに、日本がホワイト国除外を撤回すれば、破棄を見直してもいいなどと言い出す始末。どこまで日本を舐めているのだろう。

韓国の間違いは初動(半導体材料3品目)の失敗にあるが、その後も日本(安倍政権)の固い意思を読めなかったことだろう。そりゃそうだ、日本(と言うよりは安倍首相)のことを理解している人物は政権中枢におらず、文の周りは親北ばかり。日本のことなど何も知らない連中が、日本嫌い(反日)を全面に出す政策ばかりやってきた。いわば、自業自得。

もう後戻りはできないぞ。反日に勤しんでいる間にアメリカからも見放され、中国・北朝鮮にも相手にされず。しかも経済も文の失政によりどん底状態。

韓国が頼る相手は限られ、多分に中国に秋波を送るだろうが、中国が相手にしてくれるか疑問だ。アメリカと中途半端に繋がっているうちは、無理だと思う。THAADミサイルの配備を破棄し、駐韓米軍も撤退させれば中国が振り向いてくれるかもね。

文ならやりそうだ。アメリカと縁を切って、北と一緒に中国に組み込まれ、中国の朝鮮省になる。ただ、旧北は韓国がすべて面倒見るはめになるけど、結果的に南北統一ができる。もしかしたら、本気で考えているかもしれないところが恐ろしいけど。

こんな想像すら成り立ちそうな現在。韓国国民が選ぶ道なので、お好きにどうぞでしかないが、日本にだけは迷惑をかけないようにしてくれ。


韓国・文在寅大統領は、一部国民から「外交の天才」とされている。自ら(大統領府)言いだし、左派新聞(ハンギョレ)が一生懸命PRした結果だけど。そんな「外交の天才」がその片鱗を見せたことは、残念ながらまだ無い(苦笑)。

日本を舐めきっていた「外交の天才」は、慰安婦財団の解散や元応募工裁判など、好き勝手やってきた。そのため日韓関係は冷え切り、6月末のG20で日韓首脳会談が行われるか話題となっていた。

実は「外交の天才」は、G20前のトランプと習近平の訪韓を画策していた。G20での日韓首脳会談と合わせ、これが達成されたとしても、何ら諸問題(米韓、中韓含め)の解決にはならないのだが、「外交の天才」の面子は保てる案件だ。

結果は、トランプも習近平も訪韓せず、日韓首脳会談は立ち話も実現せず(トランプはG20からの帰りに訪韓になった)。

G20中に習近平と会談できたはいいが、訪韓要請にはけんもほろろ。北に行ったのだから南にも、という面子からの要請でしかないし、習近平からすればアメリカとくっついているうちは相手にしないよとの回答だ。

トランプはG20前に北朝鮮・金正恩にツイッターでシグナルを送ったが、水面下で米朝交渉が行われていたことは周知だ。そんなことも知らない「外交の天才」は「米朝を仲裁する役割を果たす」と意気込んだが、北から「南朝鮮が関与する問題ではない」と一蹴されてしまった。

それでも「自ら金正恩に先に会い、トランプのところに連れてくる形にしたい」とアメリカに提案したが、これも一蹴されている。さらには、板門店にノコノコ付いて行ったが、トランプ・金会談の最中は同席を許されず、待合室で待機させられるという「外交の天才」。

それでもハンギョレが「文大統領がお膳立てした板門店の『脚本のないドラマ』」とウソ記事を書いてくれたお陰で、少しだけ面目を保てている。

で、7月に入ると、日本から半導体製造関連3品目の輸出管理優遇措置を中止され、「外交の天才」は大慌て。1日の日本発表から1週間も何の対応もできず、8日になってやっと談話を出す始末。

そして、「外交の天才」が何をやったかと言うと、アメリカへの「お願い外交」。特使をアメリカへ派遣し「仲裁して欲しい。日本を批判して欲しい」と泣きつく。当然のことながらアメリカからは無視され、「外交の天才」は四面楚歌。

苦しいときの反日頼みとばかりに、シンパが始めた日本製品の不買運動が拡がり、なんとなく面目を保っているように見えるが、足許の経済状況はどん底。自らの経済失政により企業倒産は過去最多、若者の失業率は10%を超える「不況ドミノ」(中央日報)状態。日本製品の不買や日本への経済報復措置は、韓国経済へのダメ押しになる可能性大だ。

そんな中でも「外交の天才」は、2032年のソウル・平壌五輪開催を目指し、2045年までに「ひとつのコリア」(統一)に向けた土台を整備すると表明した。ところが、これも北朝鮮に「おのずと対話局面が訪れると妄想し、朝米対話から漁夫の利を得ようとうかがっているが、未練は捨てた方がよい」と言われる始末。

経済はどん底、アメリカ・日本、中国・北朝鮮からは相手にされず。やることなすこと上手くいかない「外交の天才」。反日に勤しんでいる間は国民も我を忘れて大騒ぎだが、時間の浪費でしかなく、何の解決にも対策にもならない。

まあ、韓国国民が自ら選んだ大統領なので、始末をつけるのも韓国国民。日本相手に大騒ぎして高揚しているのだろうが、気がついたときは・・・。


韓国の幼稚な行動をいつも笑って見ている。

国や社会への不満のはけ口を常に求めている韓国人は、いつも憎悪の対象を探しているのだろう。そして「これだっ!」ってものが見つかると、国民が我を忘れて一斉になびく。ナッツ姫だったり、朴槿恵だったり。

そして日本が相手の場合、時として(と言うかほとんどの場合)かなり幼稚な行動に出る。自分たちが日本を始めとした世界からどう思われているかの想像力もなく。今回の日本が半導体材料の輸出管理を強化した件も同様だ。文大統領のシンパ(左翼団体)が始めた「不買運動」が拡がっている。不満のはけ口が日本の場合、国民はより一層元気になる(苦笑)。

まあ「好きにやってくれ」との感想しかない。

元はと言えば半導体材料の輸出管理強化(韓国では禁輸と考えているみたいだが)に対し、輸出して(売って)くれないと困ると反発したのが始まりだろう。「売ってくれ」と言いながら一方では「買わないぞ」。で、輸出許可が出れば「日本に勝った」(ハンギョレ新聞)と大喜びして買うのか? 不買運動中だろう。節操無くないか?

バ韓国 (9)
反日パフォーマンスやデモの様子を報じるTVカメラや記者のカメラが日本製でも気にしない。テープでロゴを隠せば許されるみたいだけど、中途半端だろう。

こんなお笑いを取りながら大騒ぎしている韓国だが、足許の経済状況はどんどん厳しくなっている。

韓国のGDPの約20%はサムスンや現代などの財閥企業に依存している。さらには、上位10社の売り上げ規模はGDPの約45%。このようないびつな経済構造のなか、サムスン電子の2019年度1四半期の営業利益は、前年同期比60%も減少している。

企業倒産も2019年上半期は過去最多の836社にのぼる。中央日報はこれを「不況ドミノ」と報じている。当然、景気悪化のため若年層の失業率は上昇している。20~24歳は10.9%、25~29歳は9.5%に達している。

普通なら為政者はなにがしかの対策を講じなければ国民の支持を失う。ところが、文大統領は「これぞ好機!」とばかりに、先頭に立ち反日パフォーマンスに勤しんでいる。自らの経済失政を、無かったことにできるとでも考えているかのように。

経済対策は後回しにされ、国民の先頭に立ち大騒ぎする大統領。経済悪化も対日関係悪化も、文大統領自らが招いたこと。韓国国民も日本相手に大騒ぎして高揚感を味わうのもいいけど、その後に待っている現実をよく考えた方がいいと思うぞ。

気付いたときには経済はどん底、他国からは相手にされず、「あれっ?」ってことになってると思うけどな。


北朝鮮の平壌放放送は、日本が韓国への半導体材料の輸出優遇措置を取り消した件で、「日本が強制徴用犯罪を謝罪し、賠償するどころか、輸出規制などとますます傲慢に振る舞う悪結果をもたらした」「過去の清算を回避しようとして『報復』をうんぬんする日本の卑劣な策動は、南朝鮮(韓国)各界の煮えたぎる憤怒を呼んでいる」と報じた。

分かりやすい国だなぁ。なぜ韓国への輸出規制に北朝鮮が怒っているのか。理由は簡単。韓国を経由し北朝鮮に物資が横流しされていたからだろう。軍事転用可能な物資が入ってこなくなり困るってことを、自らばらしてしまうところがなんともなあ。

日本政府は「不適切な事案があった」(安倍首相、西村官房副長官)としか言っていないが、自民党関係からは「行き先が分からないような事案が見つかっているわけだから、こうしたことに対して措置をとるのは当然だと思う」(萩生田幹事長代行)と、多少踏み込んだ発言が出ている。

また、与党幹部(誰?)は「ある時期、今回のフッ素関連の物品に大量発注が急遽入って、その後韓国側の企業で行方が分からなくなった。今回のフッ素関連のものは毒ガスとか化学兵器の生産に使えるもの。行き先は『北』だ」とまで。

この一連の発言と、韓国駆逐艦が自衛隊哨戒機にレーダー照射までして威嚇したことを合わせれば、「瀬取り」が恒常的に横行していたことにすぐ結びつく。

日本政府は具体的内容を公表していないが、この際はっきり明言した方がいいと思うぞ。韓国に「温情」をかけても、韓国が自浄作用を発揮することは期待できないばかりか、「仇」で返してくることは目に見えている。

過去からの韓国への「温情」は、韓国の甘えを許してきただけ。もう学ぼうよ、朝日新聞じゃないんだから。

案の定、韓国は「我々は四大国際輸出統制体制の参加国として、徹底して義務事項を順守している」「際社会との緊密な協調の下、国連安保理の北朝鮮制裁決議を忠実に履行している」などと開き直ると同時に、お得意の「被害者ズラ」を強調し始めた。

笑っちまうしかないが、韓国が過ちを認めて謝罪・行いを改めることなど絶対にないのだから、具体的に分からせるしかないと思うぞ。


韓国に対する輸出管理上の優遇措置を取り消す措置に関し、韓国の反応が相変わらず過ぎて笑ってしまう。

韓国政府(外相)は「日本の措置により間接被害を受ける可能性がある国と協力していく」と国会で発言。韓国の優遇措置を取り消しただけで、他のどこの国が被害を受けるんだ。それ以前に、既に「被害者」になってるんだな(苦笑)。どういう精神構造をしてるんだかなぁ~。

メディアはメディアで「徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決に対する経済報復措置だ」「(日本の説明は)苦し紛れの言い訳」「経済報復でねじ伏せようとするのには呆れる」「日本の稚拙な報復措置」など、予想通りの報道。政府と同様、すっかり「被害者」気取り。

バ韓国人 (1)
バ韓国人 (2)
国民は国民で、日本企業名の書かれた箱を踏み潰したり、日本製商品を撤去した跡にヒトラー的な落書き付の安倍首相の写真を貼ったり。パフォーマンスが大好きな国民性とは言え、なんか哀れになってくる。

反日左翼 (1)
反日左翼 (2)
こういう韓国内の反日パフォーマンスを見て、いつも思い出すのが国内の左翼連中の同パフォーマンス。いろんな意味で根が同じなのかな。


韓国U-18代表チーム
中国で開催されたサッカーのU-18「パンダカップ2019」で優勝した韓国チームの選手が、優勝カップを踏みつけるポーズを取ったことに、主催者側は激怒し韓国の優勝を剥奪した。

優勝した歓びが行き過ぎたのだろうが愚かな行為だ。まあ、韓国には相手を思いやるとか、敗者のことを考えるなどとの思考はなく、勝てば何でもOKのお国柄だから、選手からすれば当然の優勝表現かもしれない。

しかし中国側の怒りは韓国側の考えをはるかに上回っていた。中国メディアも「中国サッカーにとって彼らは軽蔑に値する存在」「中国のサッカーファンは、韓国に復讐することを待っている」などと、韓国を批判する報道が相次いだ。

韓国側もさすがにまずいと思ったのか、監督の「このようなことが起こったことについて、まず謝罪します。これは完全に私の過ちでした。我々の選手は二度とこのようなことを起こしません。中国の方の感情を傷つけてしまったことを改めてお詫びします」と謝罪。大韓サッカー協会も大会組織委員会に謝罪文を送付するなど、火消しに躍起だ。

それでも中国メディアを中心とした韓国批判は収まらず、道徳観やスポーツマンシップの欠如にも言及し、批判が続いている。

すると、やっぱりなと思ったが、韓国側(メディア)が逆切れを始めた。「監督や選手たちはすでに現地で記者会見まで開いて謝罪した。誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない」「劣等感を持つ中国による批判が激しすぎる」だってさ。

自分たちが謝罪する側になったら「もう謝ってるるじゃないか!」「いい加減にしろ!」的な言説が出てくるところが、これまた韓国らしくて。

苦笑しかない。韓国の日本に対する態度はどう何だと思ってしまった。慰安婦問題などでの日本の度重なる謝罪は、そのたびにゴールを動かし何度も因縁をつけてくる韓国(もともと謝罪する必要性すらないことだが)。「お前が言うな!」の一言で終わりだ。

日本のその界隈の人たちは韓国に言ってやれよ。「相手が許すまで永久に謝り続けなければならない。こちら側からもういいということはない」と。


3月29日に全米で公開されるディズニー映画「ダンボ」のティーザー・ポスターに韓国の大学教授・徐敬徳がいちゃもんをつけている。ティーザー・ポスターとは、映画公開までの時間に公開時期やイメージを伝えて知名度を上げるためのポスターで、メインポスターではない。

ダンボ
今回の「ダンボ」は実写版で、ダンボがサーカス小屋(テント)を模した紅白のストライブ柄を背景に、元気よく飛んで(走って)いる。

こういう感じの絵画・ポスターの類いにはいちゃもんをつけないと、精神を安定に保てないのだろうが・・・。この徐は大学教授と言っても、反日活動で喰っているように人物だから、いつものことではあるが。

デイズニーも韓国市場を一応は重視しているのか、韓国向けのティーザー・ポスターを変更している。

ダンボ2
まあ、なんともさみしい絵柄になっているではないか。元気に走っているダンボの姿は消え、板塀に映るシルエットのみ。まるでダンボが悲しんでいるかのような雰囲気になっている。

波風立てるより韓国向けだけ変えれば韓国人は満足するので、ディズニーも対応しちゃうのだろうが、こういうことが成功体験となって徐などの反日活動家は、どんどんつけ上がることになる。そして韓国は「偏狭なうるさい国」との評判になる。長い目で見れば、決して韓国のためにはならないと思うのだが。

昨年の「国際観艦式」で、韓国がしつこく「旭日旗」の掲揚自粛を求めたことが記憶に新しい。でも、そもそもこの「旭日旗問題」って、ただのでっち上げでしかない。2011年のアジアサッカー日本戦で、奇誠庸がゴール後に「猿まね」で日本人を侮辱し批判されたときに、「日本側応援スタンドで旭日旗が振られていたからやった」と言い訳したことに始まる。この言い訳は「ウソ」であることが、VTRや観戦者の証言により証明されている。

この「ウソ」が反日活動家に利用され、今では国を挙げての反日材料になっている。世界中で放射状に描かれているものを見つけると、条件反射的に「戦犯旗」などと言うようなった。それは絵画・ポスターはもちろん、靴底や著名人の衣服に至るまで、ありとあらゆるものに拡がっている。

過去に韓国人がいちゃもんをつけたもの(ほんの一部)。
カニエビバーガー
バーガーキングの「カニエビバーガー」の包装紙。

ケイティ・ペリー
ケイティ・ペリーがインスタに投稿した「靴」の写真。

ナイキのバッシュ
ナイキのバッシュの「靴底」。

きゃりーぱみゅぱみゅ (1)
きゃりーぱみゅぱみゅの新年ツイート。

ロバート・ケネディスクールの壁画
米ロバート・ケネディースクールの壁画。

ペンシルベニア大のステンドグラス
米ペンシルベニア大のステンドグラス。

「ご苦労さんです」としか言い様がない。こんなに嫌なら、下の旗にもいちゃもんをつけたらどうですかね。
朝日新聞社旗


関連
ナイキにいちゃもんをつける韓国人の反日と劣等感
朝日新聞は『旭日旗批判』がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する
新年早々やっぱり韓国は・・・だった

↑このページのトップヘ