日本政府が福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を決定したことを受け、中韓ネットで悪質で低レベルな「批判」「いやがらせ」が行われていることを書いた。
(「悪質で下品な中韓ネット民」参照)

形は違えど国内左派系メディアのやっていることも、ほぼほぼ同様の「批判のための批判」「こじつけ」でしかない。

政府が海洋放出を決めた際の朝日新聞の報道(4月14日)。1面トップで「唐突な政治判断 地元反対押し切り」、社説では「処理水の放出 納得と信頼欠けたまま」と、科学的見地を一切無視した論説で「批判のための批判」を展開。

朝日は数年来、一貫して処理水のことを「処理済み汚染水」と書いている(見出しなどには「処理水」と書くこともあるが)。簡単に言えば「悪質印象操作」だ。

また4月14日の社説内では「事故を起こした原発からの、溶け落ちた炉心の冷却に使った水であり」と不安を煽っている。どのような経緯であれ、処理することにより何ら問題ないレベルになっているにもかかわらずだ。

この言い回しは中国さまの報道官が使っていた。中国さまに右に倣えか、クズ新聞よ。

朝日は海洋放出を批判するなら。科学的データに基づかなければならい。その上で批判するなら批判すればいい。しかし科学的にまったく批判できないから「印象操作」で「不安を煽る」ことをする。

そして「風評被害が拡大する」と騒ぐ。しかし、その「風評被害」を拡大させている張本人が、朝日を始めとした左派メディアだという事実。マッチポンプもいい加減にしろ! と言いたい。

福島第一原発の事故直後から、福島の復興の足を引っ張ってきたのは朝日新聞だ。数々のウソ記事を含む印象操作で世論を煽ってきた。政府批判(日本批判と言ってもいい)ネタを失いたくないだけの朝日。それによってどれだけの福島を苦しめるのか。

「科学的には何ら問題ないけど、悪質風評の流布はやめません」by 朝日新聞。

関連
 「朝日新聞が福島復興の足をまた引っ張ってる その2
 「朝日新聞が福島復興の足をまた引っ張ってる
 「朝日新聞が事実を書けば福島への風評被害は減るだろう
 「朝日新聞は福島への風評被害を煽るのをやめろ!
 「朝日新聞は科学よりもイデオロギーと感情優先
など、多数。