テレ朝・報道ステーションのWeb用CMが、「女性蔑視があふれている」「どこまで女性をバカにすれば気が済むのか」などと、ネットで大炎上。テレ朝は「意図をきちんと伝えられなかった。お詫びするとともにCMは取り下げる」と謝罪した。

批判している人の多くは、元来は報ステのお仲間と見受けられる。蓮舫や福島瑞穂もツイッターなどで批判している。また批判が上がっていることは朝日新聞も報じている。

そこで思い起こされるのが、東京五輪組織委の森前会長の発言が批判を浴びた件。森前会長は謝罪し発言を取り消したが、なんだかんだと批判を続けた連中は今回どうするのだろう。

NHKの和久田麻由子は「森会長の辞任で終わりというわけではないですよね」と、公共の電波を使ってまで批判した。朝日新聞の堀内京子も「終了かどうかは私たちが決めます」と、決定権者のような何様発言をしていた(ツイッター)。

両者ともたが、だかが自称報道機関の一社員でしかないヤツが、いかにも「自分が正義だ」とばかりに拳を振り上げている様は、思い上がり以外の何物でもない。そこまでして森前会長発言を批判した2人が、これだけ騒動になっているにもかかわらず、今回の報ステWebCMの件にはダンマリを決め込んでいるのはどういうことか?

テレ朝は謝罪してCMを取り下げたが、当然それで終わりではないと彼女らは批判を続けるんだろうな。いや、続けないといけないだろう。自分と立場を異にする勢力には「謝罪しても許さない!」「これで終わりではない!」で、お仲間にはダンマリなんてダブスタでいいのか? 自らの信条にかけても許せないのではないか?

相手の立場(思想・信条など)によって、同じ内容でも批判する・しないと対応が変わるのは、森前会長への批判は「批判のための批判」でしかなかったことを自分で証明することになってしまう。

結局、このレベルの人間でしかないのだ。思い上がりの勘違い女だと言うこと。特に悪質なのは公共の電波を使った和久田麻由子。電波は国民のものであってNHKのものではない。もちろんお前の私物でもないぞ!