Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


2月7日は「北方領土の日」だ。択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島をソ連・ロシアが不法占拠して以来、すでに70年以上が過ぎた。4島一括返還・2島先行返還など、いろいろな考えがあるかと思うが、日本固有の領土であることを忘れてはならない。

北方領土
衛星写真を見ると改めて思うが、国後島や歯舞群島がいかに北海道と近いことか。このまま「近くて遠い島」であってはいけない。

日魯通好条約
ちなみに「北方領土の日」が2月7日なのは、安政元年(1855年)に江戸幕府と帝政ロシアとの間で日魯通好条約(日露和親条約)が結ばれた日だから。この条約で択捉島とその北にある得撫島(ウルップ島)の間に国境が定められた。

このような経緯を踏まえ、昭和56年(1981年)1月に閣議了解にて毎年2月7日を「北方領土の日」とすることが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


チアリーディングのJAPAN CUPが昨年の11月に開催されていたことを知った。てっきり中止になったんだろうと勝手に思っていた。ただ、競技自体は大きく変更され、新型コロナ禍に配慮した内容になっている。やむを得ないことだろう。

競技はパートナースタンツやピラミッドをなくし、タンブリング・ジャンプ・モーション・ダンスを行う「チアリーディングスピリッツ」、およびダンスを主体とした「チアフルダンス」の2種目となった。従来のように日本一を争うのは「チアリーディングスピリッツ」のDiv1となるようだ。

【チアリーディングスピリッツ演技競技】
選手構成 1チームの選手の人数は、3名以上8名以内とし、男女比は問わない
演技時間 1分25秒から1分30秒以内
採点方法 審判員1名につき80点を持ち点とし3名の合計点を決定点とする
 1.基本テクニック  10点
 2.アームモーション 10点
 3.ダンス      10点
 4.ジャンプ     10点
 5.タンブリング    5点
 6.同調性・同時性  10点
 7.表現テクニック  10点
 8.完成度      15点
いかなるパートナースタンツ/グループスタンツ、ピラミッド、発声、選手同士の身体的接触動作は禁止。

スタンツ、ピラミッドなど、素人目にも分かりやすい構成要素が禁止となる中、動画を観る限り選手たちは最高の笑顔で演技を行っていた。


いつも注目している高校生部門は、箕面自由学園が予選・決勝とも最高点をマークし2年ぶりに優勝した(20回目!)。動画の決勝演技は222.0点。満点が240点なので、92.5%の得点率だ。

オープニングの8名全員での「連続バク転からのトータッチ、さらに捻りを加えたバク転」は凄いの一言。素人には細かいところまでは分からないが、圧巻の演技だったと思う。



2位は千葉明徳高。決勝210.0点。



3位は目白研心高。決勝199.0点。

選手構成が最大8名(従来16名)となったことや、スタンツがなくなったことで、一部選手には不運だったかもしれない。ミドル・トップをしっかり支えるベース、ベースの肩の上でトップ受け止めるミドル。これらの名選手が1stチームに入れなかったりしたのではないかと気になってしまった。

内容変更にいろいろ葛藤もあったのだろうが、それでも大会が開催されたことの喜びの方が上回っていたのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


節分
節分と言えば2月3日と思っていた。しかし、今年の節分は2月2日だと言う。えっ! そうなの?

節分は2月3日固定ではなく、「立春の前日」なんだと言う。今年の立春が2月3日なので、節分はその前日の2日となる。恥ずかしながら、まったく知らなかった。けっこう生きているんだけど・・・。

国立天文台が発表する「暦書」によって、春分・秋分の日や二十四節気などが決まる。もちろん勝手に決めているわけではなく、天体(地球や月など)の運行を推算することで算出している。

地球の公転は1年・365日ぴったりではないので、端数が出てくる。これにより様々な調整が必要になってくる。閏年(366日)が良い例。春分・秋分の日も3月・9月21日固定ではない(これは知っていた)。

ちなみに、節分が2月2日になるのは明治30年(1897年)以来124年ぶりのことだと言う。ついでに、2月4日になったのは昭和59年(1984年)にあったらしい。まったく記憶にない。いかに今まで興味が無かったかと言うこと。

豆まきをするわけでもないし、最近流行りの恵方巻にも興味なし。TVで流れる著名人の豆まき風景を、気にもせず観るだけ(今年はほとんど中止だろうが)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


1月29日に藤岡ゴルフクラブに行ってきた。2021年の初打ちだ。

藤岡GC
この時期にしては朝の冷え込みは緩かったが、北風が強かったため寒く感じた。まあ冬のゴルフなので「寒い」「風が強い」は、ある程度しょうがない。

Aさん
Tさん
Aさん、Tさんと3人で楽しくラウンド。

年末・年始から続くダラダラ生活で身体もなまり、自分のゴルフにはあまり期待していなかったが、3番のショートでバーディーが取れた。ティーショットが2mくらいに付き、見事1パット。今年初ラウンドでのバーディ-にちょっと興奮。

ゴルフ自体はあまり良くなかった。とにかくパットが入らない。高麗グリーンだったこともあるけど、昨年からずっとパットがダメだね。ショットもウッド・アイアンのいずれもミート率はかなり悪かった。あまり高望みをしても、実力以上のショットは出ないけど。

今年初ラウンドでバーディーが取れたことだけでも、十分満足できるゴルフだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の1月16日の記事「企業の農地取得、23年夏まで延長へ 国家戦略特区の特例措置」は、捏造に近い悪質印象操作記事だと批判した。
(「朝日新聞が農業特区記事で悪質印象操作」参照)

その記事には、もうひとつ重要なことがある。この記事に署名している2人のうち、ひとりが高木真也だと言うこと(もうひとりは菅原普)。実は高木は捏造記者なのだ。

高木は2012年に「任天堂社長のインタビュー記事捏造」をしている。しかも、この時朝日は任天堂からの抗議を受け任天堂には謝罪したが、世間にはしらばっくれていた。結局2年後(2014年)に週刊文春に嗅ぎつけられ、文春発売日より前に公表という、実に朝日らしい姑息さを発揮。

この時、朝日は高木を処分すると言いながら、その処分内容は一切紙面に載らなかった。そればかりか、高木はその後も普通に署名記事を書くなど、記者活動を行っていた。つまりはろくな処分を課されなかった(もしかしたら無処分かも)ようだ。

こんな捏造記者が、今回悪質印象操作記事を書き、抗議に対しても訂正になっていない訂正記事を載せるという暴挙。悪質過ぎる。

朝日は「慰安婦捏造」の植村隆、「NHK番組改変捏造」の本田雅和などの「大物捏造記者」もクビにせず、地方支局に隠遁させている。さすがに「サンゴKY」の本田嘉郎(カメラマン)はクビになったが、本田嘉郎の写真に「(日本人の)恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の」との記事を付けた降幡賢一は、何も謝罪することなく逃亡。優雅に記者生活を終えたのは、本当に腹立たしいことだ。

ちなみに植村と本田雅和は、現在「週刊金曜日」の社長(発行人)と編集者の間柄になっている。ついでに「南京大虐殺捏造」の本多勝一もかつて編集長をやっていたし、現在も編集委員だ。

話が少し逸れてしまったが、高木真也はいまも東京経済部に在籍している。捏造記事を書いてから8年、捏造発覚からも6年。過去の捏造記者のように地方に飛ばされることもなく、普通に記者生活をおくっている。つまりインタビュー捏造などは、朝日的にはまったく問題ないということ。

はっきり言う、高木真也は捏造記者だ! そんな高木が悪質印象操作記事を書く。「恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の」朝日の真骨頂だな。

関連
 「まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2
 「朝日新聞は『捏造記者』に記事を書かせている
 「朝日新聞・高木真也はクビになってないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の1月16日の記事「企業の農地取得、23年夏まで延長へ 国家戦略特区の特例措置」は、兵庫県養父市が進める国家戦力特区の特例措置を利用した「企業の農地取得」による地域農業の活性化措置を報じたもの。しかし、これは捏造に近い悪質印象操作記事だ。

朝日は農水省からとしたうえで「特例に基づいて取得した農地のうち、実際に農業を営んでいる面積は全体の7%弱となっている」「特例で地域の農業が活性化したとは言えない」と、農業特区は失敗だったと言わんばかりの書きよう。

これに国家戦略特区WG座長・八田達夫氏が、朝日に抗議文を出す騒ぎになった(1月20日)。八田氏は「実際に農業を営んでいる面積は99.1%(残る0.9%も農業再開見込)」「地域の農業が活性化したことは、これまでの国家戦略特区の評価で確定している」と、農業特区は成果を上げていると強調。

すると朝日は、21日にこそっと訂正文を載せている。その内容は「特区特例を活用した農地のうち、実際に農業を営んでいる面積は7%弱は間違いで、正しくは特区特例を活用した農地が7%弱でした」。

これは元々の記事の趣旨や八田氏の抗議の本質から大外れのもの。営農面積が7%を訂正するなら、営農面積は99.1%としなければおかしい。それなのに、朝日は7%の意味合いが違ったと訂正した。

朝日が元記事で「7%」という数字を持ち出したのは「わずか7%しか」との印象を与え、つまり「農業特区は失敗だった」と印象操作するため。だから「7%でなく99.1%」と訂正してしまうと、「特区失敗」との印象操作ができなくなるからだ。

「実際に特区を活用した農地は7%じゃないか」と朝日は言うかもしれないが、企業が取得したのが7%であっても他はリース(レンタル)で使われている。取得でなくリースだから失敗とは言えないのは当然のこと。

安倍前首相が提唱し始まった国家戦略特区。朝日が天敵の安倍前首相を批判するために、特区を利用した加計学園の獣医学部新設を、あたかも「疑惑」として捏造したのは記憶に新しい。そんな朝日は今現在も、国家戦略特区を政府批判のネタに使っている。

「企業の農地所有の禁止」は最難題の岩盤規制のひとつだ。今回の農業特区では養父市・広瀬栄市長が「企業や地域外の人たちにも協力してもらわなければ、もはや地域の農業が立ち行かない」との危機感から果敢にチャレンジしている。

それにもかかわらず朝日は地域の様々な取り組みの腰を折ろうが、政府批判のためなら関係ないということ。朝日らしい悪質な印象操作記事だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


韓国・文在寅大統領が年頭会見で、徴用工問題に関し「(資産の現金化は)望ましくない」、慰安婦訴訟に関しては「困惑している」としたうえで、慰安婦合意は「両国間の公式合意と認める」と発言した。

朝日新聞は1月20日の社説「文大統領会見 解決へ実効的な行動を」で、「従来より踏み込んだ考えを示した」「自分の言葉で関係改善に向けた見解を表明した」と高評価。「解決への取り組みに本腰を入れるべきだろう」「事態を沈静化させてもらいたい」と韓国側の行動を促してはいるが、いつからの懸案事項だと思っているのだ。しかも、すべて文が引き起こした問題ではないか。

真に解決したいと考えているのなら、こんな言葉を今ころ発しても何の意味もない。具体的な内容を伴ったものでなければ、まったく意味をなさないのは言うまでもない。

今後の行動を担保したわけでもないこんな言葉を「評価したい」とは、さすが朝日だ。そして朝日はお決まりの「日本も協力しろ」と言う。呆れるしかない。

日韓請求権・経済協力協定で日本は無償で3億ドル、有償で2億ドルの供与を行った。請求権問題は「完全かつ最終的に解決された」と明記された。韓国政府も「日本側が拠出した無償3億ドルに個人補償問題の解決金が含まれている」との見解を明らかにしている(2005年)。

慰安婦合意(2015年)も「最終的かつ不可逆的な解決を確認した」ものである。これらの事実を朝日はどう解釈したうえで「日本も協力しろ」と言っているのか?

ちゃぶ台をひっくり返してきたのは、すべて韓国側だ。文在寅と言ってもいい。徴用工、慰安婦とも日韓で話し合う問題ではない! すでに韓国の内政問題になっているのだ。現時点で、日本が協力する内容は何もない。

最後にひとつ。朝日はこの社説内でも慰安婦問題に関し「被害者たちの 云々」と書く。では加害者って誰なのか? 主語を明確に書けと言いたい。主語を書けば、慰安婦問題と称するものの実態はすぐ分かる。だから朝日は書かない。本当にクズ紙だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


文在寅大統領は金与正の意向に逆らえず(笑)
韓国は実質北朝鮮の属国に成り下がっている
泡菜? キムチ? どうでもいいわ!
韓国には妥協せず無視してればいい
「募集条件(資格要件)」のある「強制動員」って何?
韓国ラーメンブーム? 聞いたことがないぞ!
韓国・兪明希「韓国の利益を最優先する」だってさ
韓国の相変わらずの対応に爆笑
こんな国とまともに付き合えるはずがない!
韓国は旭日旗問題で奇誠庸(サッカー選手)を表彰してやれ
韓国は相変わらず国家間協定の重みが分かっていない
韓国・文在寅は初志貫徹で「北との赤化統一」を目指す
韓国人は「日本に勝った負けた」がすべてなのか
相変わらずの韓国人に「恥」という言葉はない
後戻りできなくなった韓国の未来は・・・
「外交の天才」はその片鱗をいつ見せるのか(笑)
韓国が大騒ぎした後に待っている現実
北朝鮮が韓国からの横流しを事実上認める(?)
相変わらず幼稚な韓国
韓国の「謝ってるじゃないか!」に大笑い
徐敬徳がまたいちゃもんつけてる(呆)
韓国のクズっぷりには呆れるわ
韓国人・自称元徴用工の正体
韓国の厚かましさには呆れるしかない
韓国の「ウリジナル」と朝日新聞のダブスタ
テコンV? マジンガーZのパクリね
韓国はオリンピックを政治利用するな!
北朝鮮に振り回される韓国の情けなさ
もう世界中が韓国を相手にしないだろう
幼稚な韓国に呆れる・・・
さすが中国人! 民度の低さがすごすぎる・・・
韓国の反日パフォーマンスにうんざり
韓国は国家間の合意を守らないクズ国家
韓国新政権と民進党の共通点は・・・
韓国はやっぱり韓国だ! その2
韓国はやっぱり韓国だ!
韓国人よ 「人の振り見て我が振り直せ」だ
韓国の赤化はもう間近
北朝鮮主導で朝鮮半島が統一されたら?
アパホテルを攻撃する中国が恐れるもの
韓国の司法に期待してもムダだ
韓国は世界の笑われ者!
韓国・東亜日報の日本すり寄りコラムの裏は見え見え(笑)
韓国人がまたやってる・・・
韓国人に常識を求めてもムリだな(苦笑)
ナイキにいちゃもんをつける韓国人の反日と劣等感
朴槿恵逃亡!!
苦境の朴槿恵、お決まりの反日攻勢!
韓国は平昌五輪を返上したら?
サイパンの慰霊施設にいたずらをする恥知らずな中国人
朝鮮日報のクズっぷりは朝日新聞並みだ!!
周近平の憂鬱
哀れな周近平
ランドセルが日本軍国主義の象徴??
韓国から反日をとったら国が亡びる
やっぱり中国人は理解できない・・・
日本大使館が報復?? 韓国のバカな言い分
韓国の言うことは誰も信じない
韓国の次の手は「強制労働」か?
韓国の反日に協力する日本の「市民団体」
中国の「未来志向」ってただのご都合主義
テコンドーの縁起を聞くと怒りがわいてくる!
元「慰安婦」さん いつまでもウザいなぁ~
ネパール大地震で韓国は静かにしてろ!
韓国駐日大使・柳興洙のアホ発言
「桜の起源は韓国だ!」 まだ言ってるのかよ・・・
慰安婦問題は英国元首相・チェンバレンを反面教師にせよ
あからさまな中国の歴史修正主義!
やっぱり韓国人は民度が低い! その2
やっぱり韓国人は民度が低い!
海洋汚染大国・韓国
韓国人って・・・
韓国の沈没旅客船は「鉄くず」として購入されていた!
沈没事故で忙しいのに日本のことは気になるのね(笑)
人命よりも面子と反日
旅客船沈没事故にみる韓国の後進国っぷり
自分のことは棚に上げて・・・ 韓国は違法捕鯨大国
あまりに低い韓国人の民度に唖然!
対馬を自国領だと言い張る韓国の自己矛盾
無法国家・韓国なんて相手にする必要なし!!
尖閣を舞台にした中国のゲームが酷過ぎ!!
相変わらずな韓国メディア -韓国人登山客遭難事故で日本批判-
盗人猛々しい 韓国の暴論
毒食国家・中国
低レベル中国人の低マナー
「慰安婦」さんの証言
なんというバカな国 地球上から消えてくれ!
WBC1次ラウンド敗退 韓国の言い訳
新年早々やっぱり韓国は・・・だった その2
新年早々やっぱり韓国は・・・だった
なぁ~んだ、やらせだったのかよ!
おバカな中国人親子
自分たちのことを言ってる??
李冰冰(リー・ビンビン)? 知らない!
人の死をなんだと思ってるんだ!!
打倒日本? ただの略奪・強盗じゃないか! その2
打倒日本? ただの略奪・強盗じゃないか!
親日派は極悪人??
無知とは恐ろしい・・・
李明博など相手にする価値もない
韓国って国は相変わらず・・・
中国製偽物部品のせいで、ロシア火星探査機が落下!
潜在的劣等感
相変わらずの慰安婦発言
中国に言われたくない!!
「ウリジナル」には笑っちまう!!
底の浅い大国

このエントリーをはてなブックマークに追加


韓国の総合ニュースは「韓国新外相に前国家安保室長の鄭義溶氏内定」との見出しで、文在寅大統領が康京和外相の交代を決めたと報道した。

あらら、予想通りで笑ってしまう。

康京和は北朝鮮の新型コロナ感染に関して「(感染者ゼロは)信じがたい」と発言し、金与正(金正恩の妹)から「われわれの非常防疫措置を差し出がましく批評した」と猛烈に反発されていた。(「韓国は実質北朝鮮の属国に成り下がっている」参照)

過去から北朝鮮の反発を受けた人物を交代させてきた文在寅が、康京和をどうするか注目されていたが、案の定交代となった。文からすれば金正恩・与正は「偉大なる指導者」であり、その意向に従うのは当然なんだろう。

総合ニュースが「康氏は文政権の初代外交部長官を務め、3年半以上外交部を率いてきた。2022年の文大統領の任期終了まで外交部長官を務めるとの見方があったが、交代が決まった」と書いているように、韓国内では外相を交代させる理由はないとの見方だった。

それでも交代させるのは、金与正から批判された以外に理由はないだろう。まあ、文は北主導での統一を目指しているのだから、金兄妹に忠誠を尽くすのは、ある意味当然のことなんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前回の「朝日新聞がここまで韓国をつけ上がらせた」の中で、「朝日の記者連中は、2014年の『誤報』をどう捉えているのだろうか?」と書いたが、どうやらその答え(の一部)を見つけた。編集委員・北野隆一著「朝日新聞の慰安婦報道と裁判」(2020年)だ。

その中で書かれている「吉田(清治)証言が否定されても、慰安婦問題全体が『うそ』や『捏造』だったとは言えないということだ」。これに尽きるようだ。そして、その補強として「軍令などによる強制連行の有無は関係なく、本人の意思に反して就業した人間がいるのだから強制だ」と言うことらしい。

未だに何を言っているのか、いやはや・・・。

だから朝日は吉田清治からみの記事を「誤報」として取り消した後も、恥ずかしいまでの厚顔記事を書けるようだ。しかし、まやかし・開き直りもいいところだ。

慰安婦問題の本質は旧日本軍(関係者)による「強制連行」だ。これが否定された段階で、慰安婦問題は「戦時売春」の問題に変わっているのだ。その中で、そういう方々の中に「本人の意思に沿わない」人がいたことも否定するものではない。ただし、その意思に沿わない場合の主体は誰なのか? だ。例えば植村隆の記事に出てくる金学順の場合は母親や養父になる。決して旧日本軍や軍関係者ではない(スマラン事件の1件以外はない)。

だから金学順が日本政府を訴えたの裁判は、軍票を金銭に換えることを求めていた。その中に「強制連行」を突っ込んだのは福島瑞穂だけど(だから福島は慰安婦捏造のひとりとして今も批判されている)。

しかし北野は植村の記事を「女子挺身隊と慰安婦は、当時は両者の違いが明確でなく、本来は慰安婦と書くべきところを女子挺身隊と紹介してしまった。従って、植村氏は語句を間違えただけなのです」と、植村擁護をしている。こんな認識を本に書く恥ずかしさ。

金学順の「母親にキーセンに売られた」「養父に連れて行かれた」との話を無視し、主語を曖昧にした上で「挺身隊として戦場に連行された」と書いたことへの説明には、まったくなっていない。

植村本人は「連れて行かれた」と言う意味で「連行された」と書いたと言い訳しているが、だったら「連れて行かれた」となぜ書かない? 「連行された」と書くことで、誰がどう見ても「日本軍による強制連行」と思わせる表現になっている。だから「捏造」と批判されているのだ。

また北野は、慰安婦問題「誤報」に関連し、朝日新聞が保守系団体から訴えられていた裁判(3件)で、すべて朝日側が勝訴したことを以て免罪符を得たかのように書いている。朝日が勝訴した理由は簡単で、原告(保守派)が被害を受けていないと裁判所が判断したから。実際は日本(人)全体が大きな被害を受けているのだが、それを民事訴訟で問うのは難しいということ。決して裁判所が朝日の慰安婦関連記事の信憑性を認めた訳でも何でもない。

それに、そう言うなら植村は自身の起こした名誉毀損裁判で連敗しているぞ。朝日勝訴は正当な判決で、植村敗訴は「不当判決」とでも言うのか。

北野が朝日(や植村)に都合よく本を書き、それが朝日記者の共通認識となっているのであれば、朝日の「慰安婦問題」からみの記事に反省の欠片もないのも頷けるというものだ。

朝日の慰安婦報道は日本(人)を傷つけたと同時に、韓国(人)までも大きく傷つけたということを、北野や朝日記者(箱田哲也や中野晃など)はよく考えた方がいいだろう。そこに思い至らず、未だに反省もせず自己弁護に終始する姿は滑稽すぎる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


韓国・ソウル地裁は、元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償を求めていた訴えに対し、総額12億ウォン(約1億1400万円)の賠償を命じる判決を言い渡した(1月8日)。

「国家は他国の裁判権に属さない」という国際法上の主権免除の原則を無視すると同時に、「日本による計画的、組織的、広範囲に行われた反人道的な犯罪行為」などとバカなことを言っている。

さらには、日本の朝鮮半島統治(併合)を「不法占拠」と嘯き、原告(元慰安婦)は「現在まで被告(日本政府)からきちんとした謝罪や賠償も受けていない」と言う。

自称・元徴用工判決の時もそうだったが、「日韓請求権・経済協力協定」(1965年)で、補償責任(があるとすれば)は韓国政府に移っていることを意図的に無視する。そして、「慰安婦合意」(2105年)により最終的かつ不可逆的な解決された問題を自分たちで反故にし、逆に責任を押しつけてくる。

今回の判決は国際法の原則に反し、国家間の協定や合意にも反する、国際秩序を踏みにじるクソ判決ということになる。

返す返すも、朝日新聞が吉田清治の詐話に乗っかり慰安婦強制連行を捏造した罪は重い。朝日は「強制連行」が否定された後も「広義の強制性」「女性の人権問題」と論点のすり替えを行い、日本批判を行ってきた。

朝日は2014年に吉田清治からみの記事を「誤報」として取り消したが、自らの責任には頬被りをしたままだ。第三者委と称するお仲間、特に林香里に「朝日の報道は国際社会においてあまり影響がなかった」と強硬に主張させることで、自身の免罪をはかった。

そんなクズ紙・朝日は、社説でこの判決を取り上げた際(1月9日「慰安婦判決 合意を礎に解決模索を」)、韓国を批判しながらも「歴史の加害側である日本」「当時の安倍首相が謙虚な態度を見せないこと」などと、訳の分からない日本批判・安倍批判を紛れ込ます。

アホか! 韓国をここまで増長させた責任は朝日にある。韓国がどんな非常識なことをやっても言っても、必ず「日本も悪い」と韓国擁護をしてきた。朝日がやらなければならないことは、韓国に対し「慰安婦問題」は自らの捏造であることを謝罪することだろう。

朝日の記者連中は、2014年の「誤報」をどう捉えているのだろうか? 吉田清治にすべてなすり付け、自らは欺された被害者のつもりにでもなっているのだろうか? そうでなければ箱田哲也や中野晃のような事実を無視した社説や記事は書けまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


1月11日のWIN5で、過去最高の4億8,178万3,190円の高額配当が出た。

WIN5はJRA(日本中央競馬会)が指定する5つのレースすべてで1着を当てる馬券。2014年6月から最高配当額が6億円になっており(それまでは2億円)、以降4回目の4億円台。

だいたい16頭だてレースなので、当たる確率は16の5乗で約105万分の1。年末ジャンボ(1等)の20000万分の1、ロト6の約609万分の1よりも、かなり高確率で当たる計算にはなる。まあ、机上の計算にあまり意味はないけど・・・。

当日は、4番人気→5番人気→14番人気→3番人気→5番人気の馬が勝ち、特に14番人気馬が勝った3レース終了時点で、残票は187票にまで減っていた(発売総数は約700万票)。最終的に的中は1票。1人で4億8,178万円余りひとり占めだ。

過去の億を超える高額配当を見ても、1番人気馬が勝たない(勝っても1レース)で、かつ10番人気以上の馬が勝つレースが含まれている。10番人気以上の馬を買うのは勇気が必要なんだろうな。

逆にWIN5の過去最低配当は、たったの6,050円。この時の勝ち馬は、1番人気→1番人気→2番人気→2番人気→1番人気。的中が5万票以上もあった。また、5レースすべて1番人気馬が勝った時も、配当は約1万円と少なかった。

とは言え、やはりWIN5は当てるのが難しいので、なんだかんだ言っても配当は数百万円から千万円クラスは当たり前のように出る。2021年も4,996万円、146万円ときて4億8,178万円だ。

今回4億8,178万円当てた人は、羨ましい限りだ。老婆心ながら、人生が(悪い方に)変わっちゃわないことを祈ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞は報道機関ではない。ただの左翼イデオロギーかぶれ集団だ。たちが悪いのは、そんな朝日がしきりと「正義」を気取ることだ。朝日はその手段として弱者・被害者に寄り添う振りをする。時には弱者・被害者を作り上げる(偽装する)。朝日の得意技だ。

少し古いが「パン給食が消える? 業者は悲鳴『せめて週2回出して』」という記事が2018年11月に載った。

かつては週5回のパン給食が、2016年には平均1.3回にまで減ったという。そのため、とある地域の給食パン屋6軒の内5軒が廃業したと書く。そして全日本パン協同組合連合会(全パン連)の副会長に「毎年100社消えている。せめて週2回のパン給食が維持されないと業者はなくなる」と語らせる。

で、朝日が一番言いたいことが出てくる。「農政の失敗で大量に余った政府米を給食に押しつけた」。そして「米飯給食は愛国心や伝統を重んじる危険なナショナリズムが潜んでいる」だって。

慶応大医学部教授の「(米食は頭が悪くなるから)子供の主食だけはパンにした方がよい」とのトンデモ説を持上げ、天声人語でも「歳を取ると米食に傾くものだが、親たちが自分の好みのままに子供たちにまで、米食のつき合いをさせるのはよくない」と書いていた。これが昭和33年(1958年)の話。今も頭の構造が変わってないことを示している。

バカらしい言い分だ。そもそも戦後すぐに給食がパン食になったのは、アメリカに余剰小麦を押しつけられたからではないか! 確かに食糧難時代にはありがたかったが、「小麦粉食を基本とする」的な学校給食法まで作る羽目になった。

給食法ができた途端、アメリカは小麦の支援を打ち切った。以降、小麦の大半をアメリカから輸入することになった。まあ、アメリカの策略だ。

これに群がったのがパン給食業者だ。昭和40年(1965年)代に6000社もあった。もちろん必要とされていた時代なので構わない。しかし世の流れ、市場形態の変化について行けない中小企業が淘汰されているだけのこと。中小企業が潰れてもいいとは言わないが、給食動向を見誤ったのは誰なのかということ。

朝日はパン給食業者を政府施策の被害者(弱者)に見立てているだけのこと。

つい先日発表された「ガソリン車ゼロ目標」。朝日は「大歓迎」的論調だ。これが実施されれば、内燃機関を構成する部品を供給する多くの中小企業は職を失う可能性がある。しかし、朝日がこれらの中小企業の行き先を不安視する記述は見られない。

ガソリン車ゼロに関してはまだ不透明な面も多いが、パン給食業者とガソリンエンジン関係の中小企業の違いは何か。それは朝日思想に基づいた政府批判をするための被害者(弱者)と認定できるかどうかだけ。つまりは朝日のご都合主義でしかない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年12月から、うちの地域で東電の検針票が廃止された。スマートメータ化が完了した時点で想定されたこと。廃止の数ヶ月前からチラシなどでの案内も投函されていた。

自分で使用電気量・料金を把握するには、東電(東電エナジーパートナー)のWebページにアクセスする必要がある。実際にやってみると、それほど面倒でもない。一度必要事項を登録しておけば、以降その情報を呼び出せるし。

東電からすればペーパレス化と言うかもしれないが、検針要員を削減できるメリットが大きいのは明らか。東電のコスト低減に付き合わされるとの見方もあるが、まあ時代の流れでしょうがないのかなと思う。

しかし、早速これに噛みついているのがいた。朝日新聞の論座に「検針票のペーパーレス化を無理強いする身勝手な東電に喝」(12月30日)を投稿した高知大准教授の肩書きがある塩原俊彦。経歴を見たら元朝日新聞モスクワ特派員とあったので、そう言うヤツ。

塩原の論考を読むと「パソコンでアクセスしたければ、自分で調べろというのだから、開いた口が塞がらない」「顧客の意志を無視した問答無用の『命令』」「電力会社の身勝手な姿勢を示している」と手厳しい物言い。

こういう考えの人がいても構わない。「紙の検針票を持ってこい!」「オレは客だぞ!」を前面に出すのもいいだろう。

ただ、塩原の根本の考えをよく示す言葉が出てくる。「東電は福島で核発電所の大事故を起こした企業である。この事故は決して天災ではなく、驕った経営者が引き起こした人災であると考えられる。こんな会社だから、いつまでも偉そうな態度をとりつづけられるのだろうか。大事故を起こしたにもかかわらず、経営体質はまったく変わっていないのではないか」。核発電所だってよ。

なるほど。東電の施策を批判しているのは、原発問題とからんでいるのか。塩原の考えの根底にあるのは反原発。なるほどね。

ウソ・捏造、印象操作。何でも使って、東電批判・原発批判を繰り返してきた朝日。その朝日OBが、やっぱり原発と絡めて東電批判をする。多分、ネタなど何でもよくて、ちょうと全国的に切り替え時期になっている検針票レス化にかみついたと言ったところか(塩原の居住地域では21年2月からと書いてあった)。

塩原が真に検針票レス化と東電の対応に憤っているなら、昨今の他業種の同様の施策はどう考えているのか? 銀行の紙の通帳の有料化(条件によって)。それ以前に、時間外のATMの手数料徴収。顧客サービスに手数料を取ってる。自分たちのコストを顧客に負担させてるんだぞ。

証券・株券、クレジットカードの利用明細など、ペーパレス化(電子化)とペーパー(希望)の有料化は、当たり前のようになっている。

塩原はこうしたすべての業界・業種の各社に対し、「○○会社・○○業界の身勝手な姿勢を示している」と、同じ批判をしているのか? 他の業種だって東電同様に通知のみでペーパーレス化(電子化)を行い、コスト削減を行っている。

塩原が言うような「東電は原発事故を起こしたくせに」は、いかに説得力のない物言いか分かるというもの。

塩原が東電を嫌いなのは別に構わない。現在は電力自由化が進み、地方でも新電力系業者から電気を購入できる。電力会社も使用者(ユーザー)が選べる時代に既になっているのだ。東電の施策やサービスに不満があるなら、さっさと切り替えればいいだけのこと。どうぞ、ご自由に。

それに、高知大准教授とか言いながら東電管内に住んでるんかい! 自分のプライドを満足させるために、高知大に腰掛けるな! 高知大もこんなヤツを使うな!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナの感染拡大が喧伝されて久しい。一部では「非常事態宣言」に言及する政治家やコメンテーターまで出てきた。個人的には扇動家としか思えないが、いろいろな意見があるのはしょうがない。

ワクチン開発も急速に進んでおり、アメリカやイギリスでは接種が始まっている。新規ワクチンということもあり、その安全性を懸念する声もある。もちろん大きな副作用などがあってはならないが、100%の安全性を求めていたらワクチン接種など絶対に進まない。被接種者の体質やその時の体調などの影響もあるだろう。現行のインフルエンザのワクチン接種時も、問診票で体調やアレルギーの有無を聞かれる。

新型コロナのワクチンでも、必ず体調不良(程度の軽重は別にして)を起こす人が出るだろう。そうすると大きく騒ぐ輩が出てくる。朝日新聞だ。

朝日には前科がある。インフルエンザの特効薬とされる「タミフル」に関し「薬害だぁ~っ!」と大騒ぎし、扇動したのが朝日だ。当時ニュースでも報道されたが、中高生などの未成年者が高熱に浮かされ、事故が発生した件だ(死亡事故含む)。

朝日は「タミフルのような抗ヒスタミン系薬剤は幻覚を引き起こす。それを知りながら製薬会社も厚労省も何もしなかった」との記事を乱発した。朝日と自称「人権派弁護士」に焚きつけられた被害者は製薬会社を訴えた。

子どもを失った親御さんたちの心情は察して余りあるが、当然のことながら裁判所はまっとうな判断をした。高熱による「熱譫妄」だと。朝日は不当判決と騒いだが、最高裁でもひっくり返らなかった。

朝日が騒いだことで未成年者への「タミフル」の処方はストップした。その間、インフルエンザに罹患しても特効薬が処方できない状態が続いた。これで逆に様々な被害が拡大したのは言うまでもない。厚労省が「タミフルは子どもにも使えます」と声明を出したのは裁判から2年後のことだ。

朝日はこの厚労省声明を報道しなかった。何と無責任なことか。恥ずかしかったのだろうが、報道機関としての責任など何も感じていないのだろう。

朝日の薬害扇動(捏造と言っても良い)は他にもある。肺がん治療薬「イレッサ」、子宮頸がんワクチンでも同様の扇動報道を行っている。被害に遭われた方々(ご家族含む)は、朝日の薬害報道を真に受け製薬会社などを訴る。そして敗訴という同じ流れ(子宮頸がんワクチンは係争中)。

そして朝日が報道することで、被害者に寄り添う振りをした「特定の意図」を持った連中が集まってくるというおまけが付く。そして、いつの間にか活動の趣旨が様変わりすることもある。

ちょっと話が逸れたが、新型コロナのワクチンの有用性が確認されても、先に書いたように体質やその時の体調で不調を来たす人は出るだろう。そして朝日が大騒ぎする。「副作用だぁ~!」「認可が早すぎる、問題だぁ~!」。

それにより有効性が確認されたワクチン接種がストップするデメリットが生じる恐れも出てくる。でも朝日には関係ない。何でも批判することが朝日の目的だから。逆に感染が沈静化してしまったら、朝日は国(政府)を批判する材料を失う。だから朝日が騒ぐことは間違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ