Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 偏向マスコミ


東京新聞って自称・新聞でしかないクズ紙
毎日新聞 「蓮舫氏、提案型から対決型へ」って何??
共同通信は妄想記事を配信するな!
東京新聞が露骨すぎる「報道しない権利」発動!
中日・東京新聞が「捏造」記事!
蓮舫の二重国籍問題を「差別」にすり替える愚かさ
東京新聞は相変わらず違法行為を擁護するクズ新聞
毎日新聞よ、国民をなめるな!
なぜ反日マスコミは国民を信用しない??
自惚れるな! 東京新聞
TBSとテレ朝の必死の蓮舫推しも虚しく・・・
裏も取らずにデマを垂れ流す左翼メディアは消えろ!
マスコミ連中の特権意識には呆れるばかり その2
マスコミ連中の特権意識には呆れるばかり
TV局は普通に報道してくれればいいだけ
TBS記者・白畑将一を万引きで逮捕! それを隠蔽するTBS
岸井の降板は視聴者に受け入れられなかっただけ
毎日新聞・牧太郎の妄想
自称・ジャーナリスト連中の戯言
毎日新聞も聞は自らの過去記事を忘れているようだ
不自由な12年?? 知識も素養もない古舘の戯言
毎日新聞は言行不一致
毎日新聞は言い訳も支離滅裂
毎日新聞の支離滅裂ぶりには笑うしかない
報道ステーションの醜態
「プロ市民」「活動家」を「普通の市民」って装う報道はやめろ!
報道の自由の裏側
報道しない自由を謳歌しているクズマスコミ
報道の自由? テレ朝よ 義務を果たしてから言え!!
民放連会長の責任逃れ発言
テレ朝の悪意をもった靖国神社放送!
テレ朝が不祥事を隠蔽していたあげく虚偽発表を行っていた
TBSが報道しない権利を行使しまくっている現実
報ステ・前チーフプロデュ―サー松原文枝の極左っぷり
東京新聞は違法行為を擁護するクズ新聞!
東京新聞・佐藤圭は左翼の鑑(かがみ)?
ありゃ? 東京新聞が普通のことを言ってるぞ
東京新聞・久原穏は浜矩子が大好きらしい
軍靴の音が近づいてくる? 東京新聞・久原穏よ 耳鼻科へ行け!
都合の悪い民意は民意じゃない! by 左翼新聞
報道ステーションはテロ支援をやめろ!
テレ朝が不祥事を隠蔽していた
慰安婦捏造・植村隆を擁護! TBSも共犯になったな
左翼メディアの理想の国は中国か??
報道ステーションの捏造報道
報道ステーションの慰安婦検証が余りに酷過ぎて・・・
NHK・大越健介がデマを公共放送で垂れ流す
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その2
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その1
報道ステーションは「報道」の名に値しない!
マスコミの「報道しない権利」ってなに?
おいっ! いい加減にしろよNYタイムズ女性記者!!


東京新聞が2月17日に「厚木の米軍機FA18 6割飛べず?」の見出しで
厚木基地に所属するFA18の約6割が米国防費の予算不足で稼働できず
「米軍の戦力に疑問符がつく」と報道した。

米軍見解
これに対して、在日米海軍司令部は
「完全に任務遂行可能で、常に日本を防衛する即応態勢にある」
と真っ向から否定している。しかも
「東京新聞はなぜ、米海軍に問い合わせることすらせず、憶測の記事を
掲載されたのか。読者は正確な情報を知る権利がある」
と、東京新聞の取材姿勢まで批判している。

東京新聞のソースは不明だが、これこそ一方の意見のみ報道し、肝心の
当事者に取材していない「憶測記事」だ。
東京新聞は、東京MXテレビの「ニュース女子」に対して、「取材もせず」
などと批判していたではないか?

自分たちは取材をしないで憶測記事を書いてもいいが、他社にはダメ!
って。こういうことをやっているから、左翼マスコミはまったく信用されない。
まあ、ご都合主義は左翼界隈の定番とは言え・・・。

ついでに言うと、安全保障に関して、その内容を書くことは抑止力の観点
からも適切とは言えない。相手に手の内を見せることになるからだ。
東京新聞は特定国に対して、「米軍の戦力なんてたいしたことないよ」と
教示したくてしょうがなかったんだろう。

こういうのを売国紙と言う。


蓮舫の参院本会議での代表質問を扱った毎日新聞が
「蓮舫氏、提案型から対決型へ」との見出しを付けた。

記事を読むと、
「昨秋の臨時国会では『提案路線』を打ち出した蓮舫氏だが、政府批判の
材料に事欠かない状況に『対決型』が鮮明となっている」
だそうだ。「対決型」と言っているのは、「批判型」のことのようだ。

昨秋の臨時国会で蓮舫(民進党)が「提案路線」であったとは、初耳だ。
何をどう解釈すると、臨時国会で蓮舫(民進党)が提案路線であったの
だろうか?

一方、読売新聞は、蓮舫の質問に対して
「蓮舫氏『提案型』で挑むも論戦不発・・・ かわす首相」という見出しだ。
今回の蓮舫の質問が「提案型」であったかは別にして、読売は臨時国会
で民進党が「提案型」ではなかったという認識だから「『提案型』で挑むも」
と書いている。

昨秋の臨時国会の蓮舫(民進党)の評価に関しては、どう見ても読売の
方が正しいだろう。
毎日新聞のように「反安倍」「親蓮舫」というフィルター越しに見ると、変な
見え方をするものだ。

岸井成格みたいなのが主筆をやっていた新聞社なので、さもありなん
だけどね。


稲田防衛相が12月29日に靖國神社を参拝したことを受け、共同通信が
下記の記事を配信した。

「オバマ米政権は公式な反応を示していないが、(中略)強い不快感を
抱いているとみられる」

なんだこれは? 記者のただの妄想じゃないか!
お気楽なもんだな、新聞記者って。自分の頭の中で勝手に妄想したことを
記事にすればいいだけの、唯の作文屋でいいんだから。

捏造記事やウソ記事を書いておいて、後になって「そういうつもりで書いた
のではない」とか「こういうつもりで書いたんだ」とかいうヤツがいるが
(朝日新聞元記者・植村隆、現役記者・西尾邦明)、共同の記者も同レベル
のクズ記者なんだろう。
(「『慰安婦捏造』植村隆と『特許法捏造』西尾邦明の言い訳が同じ」)

なぜ靖国神社を参拝することが「不戦の誓い」を破ることになるのだ?
A級戦犯が合祀されているという理由だけで、なぜ戦争屋のような悪質な
レッテルを貼るのか?

戦没者の慰霊に対して、中国・韓国に文句を言われるいわれはないし、
もちろん国内の左翼にガタガタ言われるいわれもない!
どのように慰霊するかは個々人の見識に従えばいいだけのこと。だから
靖國神社に良い印象を持っていない人がいてもおかしくはない。しかし
他者他人に対して、どうだこうだと言う権利もないのは言うまでもない。

「靖国問題」は元はと言えば、朝日新聞・加藤千洋の中国へのご注進
記事を、社会党(当時)の訪中団がサポートして政治問題化させたもの。
当初、中国は中曽根首相の靖国参拝に何の反応もしていなかった。
(「テレ朝の悪意をもった靖國神社放送!」)

今回の共同通信の記事は、明らかに異常だ。
事実確認もなく、ただ単に記者が妄想したことでしかない。こんな記事を
地方紙が何の疑いもなく載せる。非常に悪質である。

群馬県の地方紙・上毛新聞も共同通信の配信記事ばかりだ。
どこかの「捏造新聞」かと見間違うような記事があふれている。こんな
配信記事ばかり見ているからなのか、上毛新聞の記者も染まってきて
いる。上毛自らが書いている群馬県内の話題の取り上げ方も、最近
非常に偏ってきた。
典型的なのは「◯◯反対デモが行われた」というのが非常に多い。
「◯◯賛成デモが行われた」と言う記事をみたことはないが・・・。

共同通信の「妄想記事」に染まる地方紙。
共同通信の思うつぼなのか?


破壊された石造 (1)
破壊された石造 (2)
破壊された石造 (3)
福島県内の寺や神社などで仏像・石像が100体以上破壊された件で、
韓国人のチョン・スンホ容疑者が逮捕された。
わざわざ韓国からやってきて犯行に及んでいた。悪質極まりない。

さて、この事件に関して新聞各紙が及び腰の報道に終始している姿は
本当に哀れで情けない。何を恐れているのか?
こういうことをやっているから、一部の韓国人がつけ上がるんだ!

その中でも東京新聞が余りにも酷い!
東京新聞も12月7日(犯人未逮捕)の段階では、事件を報道していた。
共同通信の配信記事だが、寺社で仏像・石像が破壊されているという
事実は報道している。

ところが12月10日に犯人が逮捕されても東京新聞は知らん顔。事件
などなかったのように報道しない(12月19日、0:20現在)。
共同通信が配信してないからか? いや、共同は11日に配信している。
10日も経って報道しないということは、もう報道する気がないということ。

犯人が韓国人だったからだろう。
余りにも分かり易い「報道しない権利」の行使である。
あの朝日新聞、毎日新聞ですら報道しているのに。

こういうことは韓国の為にもならないし、もちろん日韓関係の改善に繋が
ることもない。韓国内でも
「こんな方法で国の恥をさらすなんて」
「韓国の品格を落とす行為。恥ずかしい」
「結局は韓国が損をするということになぜ気付かないのだろう?」
「これが愛国だと勘違いしているのか?」
「また日本に嫌韓ムードが拡散してしまう」
「村の人たちが韓国を嫌いになってしまったらどうしよう」
など否定的な意見が多い。

もちろん、「日本の文化財の多くは韓国のもの。取り返せないなら壊す
しかない」とか、反日教育の歪みのような意見もあるが。

東京新聞はもともと新聞とはよ呼べない、ただのクズ紙でしかなかったが、
それを自ら証明した訳だ。

チョン・スンホ(テレ朝)
最後に、本件に関してテレ朝が珍しくきちんと報道している。
さらに、女性を線路に突き落とした在日朝鮮人の容疑者に関しても、通名
ではなく実名で報道している。(朝日新聞、東京新聞は無職の男と報道)
どうしたんだテレ朝??


中日新聞は、中日新聞と東京新聞に掲載した「新貧乏物語」の連載記事に、
事実とは異なる記述などがあったとして、両紙の10月12日付朝刊に
「おわび」を掲載した。インターネットに掲載していた当該記事も削除した。

原因は取材班の一人が事実と異なる取材メモを作成し、それを基に原稿を
書いたことだという。
また、当該記者は「原稿を良くするために想像して書いてしまった」と話して
おり、ねつ造を認めている。

原稿を良くする??
どういう基準に対して「良くする」なんだ?
この記者の価値観にから見た「良くする」でしかない。

つまりは、最初に記事ありきなのだ。そのストーリーに従って書いている
だけ。ストーリーに合わなければ事実を「曲げる」。それでも足りなければ
「捏造」する。

どこかで見たようなことだと思ったら、朝日新聞の数々の捏造と同じ。
朝日新聞が新聞とは名ばかりの紙クズでしかないように、中日・東京新聞
もただの紙クズ。記者も佐藤圭や久原穏のような左翼活動家ばかり。

多分、もっとたくさんの「捏造記事」が隠されているだろう。
朝日新聞ともども廃刊してくれ。それが日本のためだ!


村田蓮舫の二重国籍問題は、政治家としての資質の無さを曝け出すことに
なった。

指摘に対してとってつけたようなその場しのぎ発言を繰り返し、あげくには
被害者気取りで「悲しい・・・」だって。
最終的にはすべてのウソがばれ、しぶしぶ二重国籍を認める恥ずかしさ。
危機管理能力の無さを曝け出し、公人としての自覚もないことが明らかに
なった。

現在もまだ批判はくすぶっており、戸籍などのエビデンスを提示しろとの
要求もあるが、公人である政治家なのに「個人的なこと」と拒否する始末。
まあ、蓮舫のこのような態度に対しては、国民がきちんと判断するだろう。

ところが、一部その筋の方面からは「差別だ」「排外主義だ」とか、すり替え
論が出てきている。

典型的なのが神奈川新聞のデスクノートとかいうコラムだ。報道部の
石川学という記者が書いている。
「法的問題がないのに猜疑のまなざしを向ける。それをレイシズムという」
だってさ。バッカじゃないの?

最近は自分やそのシンパにとって都合の悪いことを指摘されると、何でも
「ヘイトスピーチ」だとか「レイシズムだ」、「差別だ」という風潮が出ている。
なんと便利な言葉だろうか。

確かに、行き過ぎた発言や罵詈雑言は戒めなければならないが、真っ当な
批判に対してまで、「ヘイトスピーチだ」「レイシズムだ」「差別だ」と言葉狩りを
行い、批判を封じ込めようとするはどうなんだろうか?

それを言論で勝負しなければならない新聞が堂々と行っている。
恥ずかしいと思わないのかね。


経産省の敷地内に左翼団体が設置した「違法テント」の強制撤去が
行われた。当然のことである。遅すぎたくらいである。

なんと2011年から5年に渡り、国有地を不法に占拠していものだ。
当然のことながら最高裁でも撤去の決定をしている。
ちなみに、不法占拠の代償としての「土地の使用料」は、約3800万円が
未納となっている。早く払えや、クソ左翼。

ところで、こんな「違法行為」を擁護しているのが東京新聞だ!
「違法テント」のことを「許される民主主義的な権利の行使ではないのか」
とか言っていた。(「東京新聞は違法行為を擁護するクズ新聞!」参照)

クズ東京新聞
今回の強制撤去も不満タラタラで、なんとツイッターの政治部公式アカで
「不法占拠とした最高裁判決を受けた対応ですが、識者からは『政府に
都合の悪い主張の排除』との指摘もあります」
だってさ。本当にこんなことを言う「識者」がいるのなら、名前を出せと
言いたい。

まあ、識者の名を借りた東京新聞自らの主張であろう。

しかし、こうも堂々と「違法行為」を擁護するとは、何を考えているのか?
こういう新聞があるから、自分たちが正しいと思えば違法行為や暴力
行為も許されるみたいな左翼連中が暴れるんだ。

東京新聞も違法行為を繰り返す左翼連中も自覚がないようだが、こう
いうことをしているから、逆に一般国民からそっぽを向かれるのだ。
自分の首を絞めていることに気づかない愚かさ。

「違法行為」「暴力行為」を伴う反対運動が、幅広い支持を得ることは
絶対にない!!


参院選の結果を受け、朝日新聞、東京新聞が異常ともいえる社説を
載せたことは書いた。
(「朝日新聞悔しいのぉ~(爆)」「自惚れるな! 東京新聞」参照)

それに比べ、左派系でも毎日新聞は多少まともなことも言っている。
7月11日社説「改憲勢力3分の2 まず自民草案の破棄を」

改憲勢力が3分の2を占めたことから、改憲議論が出てくることを覚悟
したようだ。朝日・東京と違い、毎日は憲法審査会での議論まで認め
ないという姿勢ではない。素直に評価してあげる。

しかし、その議論のたたき台が自民党の憲法草案になることを極端に
恐れている。

毎日新聞は言う(ちょっと長くなるが)。
「自民党草案は、前文で日本の伝統を過度に賛美し、天皇の国家
元首化や、自衛隊の『国防軍』化、非常時の国家緊急権などを盛り
込んでいる。さらに国民の権利を『公益及び公の秩序』の名の下に
制限しようとする意図に貫かれている。明らかに近代民主主義の
流れに逆行する」

どの項目が「近代民主主義」に逆行しているのかよく分からない。
もしかしたらすべてを言ってるのかもしれないが。

天皇を国家元首と規定してはいけないの?
じゃあ、英国やオランダ、ベルギー、デンマークなどの欧州諸国、タイ、
ネパール、ブータンなどのアジア諸国、サウジアラビア、カタール、UAE
などの中東諸国は近代国家ではないのか?

自衛隊を国防軍にしてはいけないのか? 国を守る軍隊を曖昧な立場に
しておくことの方が、いざという時にどんな不都合な事態を招くかは
明らかだ。心配なら(何を心配しているか分からないが)、憲法で制限を
掛ければいいではないか?

国家緊急権はなぜいけないのか? 世界の主要国で国家緊急権が規定
されてない国があるか? ないだろう。

近代民主主義の流れに逆行するなどとは詭弁である。
議論は避けられないが、議論しては嫌だという、回りくどい言い方か?

なぜ左派系新聞・メディアは、国民を信用しないのか?
最終判断は国民投票である。
例えば、「徴兵制を敷く」なんて憲法草案が通る訳もない。国民はどんな
改正案であっても、まともな判断をする。

国民の方が世界情勢、特に東アジア情勢など、きちんと判断している。
左派系新聞の方が特定国の利益にばかり目が行き、逆に目が曇って
いるとしか思えない論調が目に付く。

お前らが思っているほど国民はバカじゃない! なめるのもいい加減に
しろ!! と言いたい。


参院選の開票速報番組を観て思ったこと。
一部番組の出演者は憲法改正の手続き(手順)を知らないの? という
こと。それと、あまりに国民を信用していないということ。

番組では、盛んに安倍首相が選挙期間中に憲法改正に触れなかった
ことを批判していた。まあ、朝日新聞も同様なんだけどね。

憲法改正を発議する前に信を問う気はないのか? (テレ朝・富川)
TBSの竹内という報道記者(ニュースキャスター?)も言っていた。
これが代表的な意見なんだけど、アホですか? と言いたい。

国会の3分の2で憲法改正が決まる訳ではないし、その後「国民投票」
という高いハードルがある。国民投票で問うのに、なんでその前に選挙で
問わないといけないの?

そんなに国民を信用していないのだろうか?
自分たちの意に沿わない発議があった場合、国民が支持しちゃうのでは?
なんて、今から心配してるの? だから発議自体をさせないようにしたい
ということ?

いづれにしても、国民をバカにした発言である。

テレ朝もTBSも、さらには朝日新聞も参院選の結果をどう考えている
のか? 悔しい気持ちは分からなくもないが、これが有権者の判断である。
民主主義における最高の意思決定である。
(朝日新聞は民主主義を否定しているので論外だが)

こういうメディアは、憲法改正が発議されたら、社を挙げて反対するんだ
ろうから、その時ガンバレと言いたい。
老婆心ながら言っておくが、自分たちが世論を作るみたいな傲慢なことを
言うなよ。自惚れもいいところだから。


参院選の結果に、相変わらず東京新聞が発◯している(笑)。
7月11日の社説は支離滅裂なうえ、傲慢とも言える内容だった。

「安倍政権は『信任』された形だが、有権者は『白紙委任』したわけでは
ない」
「有権者は安倍政権に白紙委任状を与えたわけではないことも確認して
おく必要がある」

東京新聞の「白紙委任ではない」との言葉は、ここ何回も同じことを書いて
いる定型語だ。今回は2度も使っている。
よほど危機感を募らせているんだろうな。

このあたりは東京新聞の論調としてはよくあることなので、まあいいだろう。
しかし、見逃せないのは次の一文だ。
「覚醒した民意こそが、政治をより良くする原動力になると信じて」

はぁ~~っ??
「覚醒した民意」だと??
覚醒とは、「目を覚ますこと」「迷いから覚め、過ちに気づくこと」など。
つまり、東京新聞は民意である参院選の結果は、国民・有権者が眠って
いたり迷っていたりして、正しい結果を示せなかったと言っているのだ。

これほど国民をバカにした言い分はない!!
自分たちの思い通りの結果が出なかったからと言って、それを国民が
寝ぼけていたからだとは、思い上がりも甚だしい。
さらには、それを新聞が覚醒させると言っている。
自惚れるのもいい加減にしろ! と言いたい。

東京新聞は過去からず~っと反日報道を繰り返してきた。ここ最近では
ない。長きに渡りそういう報道をしてきて、それでも参院選で結果が
出せなかったことをどう考えているのか?
東京新聞的には、国民はずっと眠りっ放しか?

東京新聞は自分たちの力不足を嘆くのが先ではないか? それを主権者
たる国民が寝ぼけているかの如く言うのは何のか?

自分たちの言うことを聞かない国民を「覚醒」させるとは、こんな傲慢な
考えはない! 自分たちをどういう存在だと考えているのか?
まさか、国民を洗脳し扇動する役割を担っているとでも考えているのか?

東京新聞は、「自分が一番正しい、自分を信じる者しか救われない」とか
言ってる新興宗教の教組様と同じだ。もはや新聞とは呼べない。


舛添東京都知事が醜態をさらしたあげく、やっと辞めた。メディアは
早速、後任の都知事について、あれこれ報じ始めている。

そんな中、TBSやテレ朝がある意図を明確にしたうえで、その意図を
隠して報じているからたちが悪い。

やらせ?
6月15日の夕方のニュース映像。
上がテレ朝の「スーパーJチャンネル」。
下がTBSの「Nスタ」。

どう見ても同じ女性。この女性は
「次の都知事は蓮舫さんがいい」
という趣旨の発言を両番組で行った。

普通に考えれば「仕込み」以外の何物でもない。「やらせ」と言ってもいい。
まあ、TBSもテレ朝も「『偶然』通りかかった女性」と言うだろうが・・・。
なかなか素晴らしい「偶然」だ。

実は、この手の「仕込み」「やらせ」疑惑は山ほどある。
TBSの安保法制報道では、「偶然」中核派の女性が通りかかる。
テレ朝の特定秘密保護法報道では、「偶然」反対派の弁護士が通りかかる。
そして一般人として、その言動が報道される。

オスプレイ反対報道でも、同一人物が複数のTVニュースに「出演」し、
TV局の意図通りの発言を行っている。

今回のケースでは、TBSやテレ朝が「蓮舫がいい」という強い意図を
一般人を装った「出演者」にしゃべらせるという構図ではないか?
今後もこういう「印象操作」を繰り返していくんだろうな。

ところが、肝心の蓮舫が当選の見込みなしと判断し逃亡。
表向きは「まだ国政でやることがある」とか言ってるけどね。

せっかくTBSとテレ朝が「仕込み」「やらせ」までして推したのに(笑)。
でも、こういう報道の仕方はやめてくれないかな。


前回書いたデマノイのデマを、裏も取らずに報道した左翼メディア連中は、
きちんと反省しているのか?
(「デマノイ(山井和則)を見ると民進党が分かる」参照)

デマノイの言い分を一方的に報じ、与党を批判していた朝日新聞、毎日
新聞、東京新聞、共同通信、テレビ朝日、TBS。

厚生労働委員会の委員長・与党側委員に一言でも聞けば、デマノイと
言ってることが違うぞ、もっと調べようとなるはずだ。
こんなのは、素人のオレより記者連中の方がよく分かっているはずだ。
何でこんなことすらしない??
(だいたいデマノイは厚労委の委員でも何でもない)

デマノイの言うことなんか、話半分以下に聞かないと、こういう目に遭う
典型だ。

特に東京新聞は一面で、しかも5段ぶち抜きで報じていたな(苦笑)。
なぜ訂正しない?
報ステも富川が「許せませんねぇ~!」などと偉そうに言っていた。
なぜ訂正しない?

結局、こいつらがやっていることは、朝日新聞の「慰安婦捏造」と一緒だ。
何の裏も取らず垂れ流し、ウソだとばれても知らんぷり。
特に、朝日新聞は何も学んでいないな。やっぱり、何の反省もしていない
ということがはっきりした訳だ。


熊本地震を取材するマスコミ連中の非常識な行為・行動には呆れている。
(「マスコミ連中の特権意識には呆れるばかり」参照)

その中で、関西テレビの中継車が、給油待ちの地元の方々を横目に
割り込み給油をしたこと書いた。
(関西テレビは、割り込みを認め謝罪している)

関西テレビの謝罪
その際、関西テレビを擁護する人物が現れ、しかも擁護内容がウソだと
いうおまけがついた。

この人物はウソがばれた段階で、ツイッターのアカウントを削除(退会)
していたのだが、プロフィール画像が解析されてしまった。
自分自身がマラソン大会で走っている写真をプロフ画像にしていたの
だが、そのゼッケンに本名がしっかり書かれていた。
(もちろん普通に見る限りでは、とても読めないレベル)

それは2014年の神戸マラソンの様子で、しかも神戸新聞に取材されて
いた人物だった。
そして、その人物が仙台放送(所属は関連会社らしいが)のカメラマン
であることが特定された(実名も)。

つまり、テレビ局の不始末を(別ではあるが)テレビ局の人間がウソを
ついてまで擁護していたということ。

仙台放送はフジテレビの系列局。そして関西テレビもフジテレビ系列。
この人物が、今回の中継車に乗っていたかは不明だが、同じフジ系列
であることを考えると、その可能性も・・・。

なんてことはない、身内の不始末をなんとか隠そうと必死だったという
こと。隠そうとすること自体が恥ずべき行為であることすら、理解できない
くらい「ムラ意識」が浸透している。

仙台放送の謝罪
さすがに、この騒動を無視できないと感じた仙台放送は、調査の結果
ウソ投稿をしたのが(関連会社の)社員だと認め謝罪している。

こんなモラルの欠けらもない連中が、被災地で何をやっているのか。
邪魔だから帰れ! と思うのはオレだけか?


熊本県を中心とした大地震では、未だに多くの方々が避難所生活を
余儀なくされるなど、大変なご苦労をされている。
そんな中、取材と称して現地に入っているマスコミ連中の非常識な行為・
行動に非難が声が多数上がっている。

まずは関西テレビ。
関西テレビ
ガソリンスタンドに給油待ちの長い車列できている中、堂々と割り込んで
中継車に給油。朝早くからたくさんの方が並んでいる中での蛮行。

当然のことながら大きな非難が。
関西テレビは公式サイトにお詫び文を掲載し、さらに番組内で謝罪した。

なお、これに関して関西テレビを擁護する人物が現れたのだが、擁護
内容がウソだとばれるおまけがついた。

毎日放送・山中真。
毎日放送・山中
「やっと今日の1食目。食料なかなか手に入りにくいです」と現地で調達
した弁当の写真をツイッターにアップした。
被災地にはまだ十分な食料は行き届いておらず、被災者の方々が大変な
思いをしている中で、取材班が現地で食料を調達するという非常識。
そんなことも理解できないノー天気な投稿。

1日に1個のおむすびで我慢している子供たちが大勢いる中で、何を勘違い
しているのか?

山中はツイートを「不快な思いをさせた」と削除し、なかったことにすると
いう愚挙。なんと浅はかな人間なのか・・・。

こいつはそれ以前にも、宿泊地に戻る道が遮断され戻るのに苦労して
いるとツイートしたのだが、それに顔文字を使うという非常識さ。呆れる。

クズっぷりをいかんなく発揮している山中はアナウンサーらしい。
自分の番組できちんと謝罪したら?

日本テレビ。
日テレ
避難している方々に撮影用の強力ライトを浴びせる日テレ。
暗いと映像が・・・ってのは日テレの都合で、被災者の迷惑には気も周ら
ない。

これら以外にも、マスコミの車が陣取っていて、救済物質を積んだ車が
入れないとか、炊き出し場所に行けなかったとか、いろいろ苦情が出て
いる。

さらには、マスコミ各社がそれぞれヘリコプターを飛ばすもんだから、その
騒音により生き埋めとなっている人の発する声が届かなくなる事態や
被災者の不安感を増幅させるという意見も多い。

結局、マスコミ連中は被災者のことは二の次なんだよな。
「ニュース映えする映像」が欲しいだけ。
それと、自分たちは「特別な人間」なんだという傲慢な勘違い。

マスコミによる二次被害ともいうべきことがこれだけ起きているのに、
当のマスコミは知らんぷり。自社・自局だけ報道しない訳にはいかない
という意識なんだろうけど、こんなことをやっているから「マスゴミ」なんて
揶揄されるんだ。

マスコミ各社が協定して、1社(もしくは数社)を決めて代表取材にすれば
いいと思うのはオレだけか? どうせどこも変わり映えしない報道ばっかり
なんだから。


いつからだろうか?
TVのニュース番組にコメンテイターやアンカーと称する連中が出始めた
のは。

ニュースを解説して、視聴者に分かりやすく伝えようという意図だと思うが、
いつの間にかそいつらが自分の主義・主張を披露する場になっている。
こいつらのコメントをありがたがっている視聴者などいるのだろうか?

ニュース番組を観ていつも思う。
普通に事実を報道してくれさえすればいい。あとはこっちで判断するよ
って。上から目線で何言ってるの?? ってことばっかり。

さらには、あまりにもご都合主義の連中が多すぎて・・・。
一貫していれば偏っていても、多少は芯があるなって思うかもしれない
が、それもない。

同じ発言であっても自民党だと発◯したように批判するくせに、民主党
だと沈黙のスルー。高市発言と平岡発言は何が違う?
輿石の同様発言を問題にしなかったのは?
松本防災担当相(当時)の発言はなぜ批判しなかった?

こういう連中は時代について行けてないんだよね。
今まではご都合主義発言をしても視聴者は気づかなかったかもしれない
が、ネットの普及によりすぐばれる時代になった。

TV局も少しは考えた方がいいと思う。
一部のシンパのために放送するなら、公共の電波を使う価値はない。
繰り返すが、事実を事実として放送してくれればいいだけ。
あとはこっちが自分で判断するよ。


3月13日にTBS報道局政治部記者・白畑将一が万引きで逮捕された。
赤坂のスーパーでウナギの蒲焼、キンメダイとタイの刺身、計5300円
相当を万引きした。

まあ、どこの社にも不埒な社員はいるものだ。いちいち取り上げるのも
大人げない。しかし、こいつは万引き直前、当日行われた自民党大会を
取材し、TVニュースで偉そうに御託を並べていたのだ。
「自民党がぁ~っ!」とか偉そうに抜かしていた数時間後に万引きだ。

ところが、TBSはこいつの万引きを実質的に隠蔽しようとしたのだ。
白畑が万引きで逮捕されたのが3月13日。TBSがこれを報道したのは
3月15日と2日後。しかも朝4時の番組でこっそり。その後のニュースや
ワイドショーでは完全スルー。
自社のニュースサイトにも一時掲載し、すぐにこっそりと削除。

さすが報道のTBS。一応報道したというアリバイは作りながらも、基本は
スルー。こういうのを報道しない権利を行使したという。

こんなことをやっている連中が「報道の自由がぁ~っ」とか言っている
のを聞くと、呆れる以外にはない。

当の白畑も勘違い野郎として、一部では名が知られているヤツだ。
ホリエモン(堀江貴文)が収監される前に催された内輪の壮行会にアポ
なしで勝手に参加し、しかも無断でカメラを回しホリエモンを激怒させて
いる。ホリエモンが抗議すると、「犯罪者が何を言ってる」的な態度を取り、
さらに激怒させている。

今や、お前も犯罪者だけどね。
こいつは弁護士を通じて「会社とは関係ない。過剰な処置を受けるなら
厳正に対処する」とか抜かしている。
自民党大会を取材し、局に戻る途中の万引きだ。勤務時間内の犯罪だ。
何が「会社は関係ない」だ!

そのくせ、週刊文春の取材を受けると「広報を通してください」だと。
さすがご都合主義な会社の社員だ。笑うしかない。


3月25日の放送を以て、岸井成格がTBSのニュース23を降板した。

「極端な見方に偏らないで世の中や人間としての良識、常識を信じて、
それを基本にする」
「何よりも真実を伝える、権力を監視する、そういうジャーナリズムの
姿勢を貫くということがますます重要になってきていると感じています」
だそうだ。

「極端な見方に偏らないで」「何よりも真実を伝える」「ジャーナリズム」
には笑うしかないけどね。

一部には、岸井の降板は政府などからの圧力がかかったと吹聴されて
いるが、そんなことはない。
ただ単に、その姿勢が視聴者に受け入れられなかっただけである。

ニュース番組のアンカーとして出演していたにも関わらず、もっぱら自分の
主義・主張を披露していただけ。それもかなりご都合主義の。
こういう連中は決まって、サイレントマジョリティの存在はすべて無視し、
ノイジー・マイノリティを徹底して取り上げるということだ。
それもかなり誇張して。

ノイジーマイノリティが、あたかも多数派のように意図的・恣意的に報道
するから一般人から見放されただけ。視聴者はちゃんと分かっている。
舐めてもらっては困る。

しかし笑ってしまうのは、TBSが岸井の後釜に元朝日新聞の星浩を
連れてきたことだ。星は定年間近だったとはいえ、わざわざ朝日新聞を
退社してまでやってきた。

岸井はスペシャルコメンテイタ―として出演することもあるそうで、岸井と
星が並んでいたら、すっごい絵面になるな。ちょっとワクワク(爆)。


毎日新聞の客員編集委員・牧太郎は妄想癖があるようだ(笑)。
コラムで堂々と妄想を書く牧も牧だが、それを堂々と載せてしまう毎日
新聞も相変わらずの「クズ新聞」だ。

牧の妄想は
「慰安婦は『性奴隷』だった!と僕は思う」
ということ。

まあ、コラムだから筆者の個人的な見解が書かれても多少はやむを
得ない。しかし事実を把握・確認し、それを積み上げたうえので見解
ならいいが、そんなものなくただただ妄想なので笑うしかない。
だって、こいつが拠り所にしているのが中央大の吉見義明。
吉見がこう言っているとか、こう書いているとか(笑)。

吉見の戯言を拠り所にしている時点で、牧の底の浅さが分かるという
ものだ。

事実をきちんと積み上げていって記事にするのが新聞記者だとオレは
思う。しかし単に自分の主張を書きたいだけの記者が左翼紙には
非常に多い。そういう連中にとって事実は二の次で、自分の結論に
都合の良いものだけを拾い上げる。拾い上げる物がなければネジ
曲げる。それでも足りなければ捏造する。

牧の場合は、事実がないものだから「妄想」する。
こんな連中が新聞記者を名乗っている左翼紙。

毎日新聞は朝日新聞と並び、便所紙にもならない「クズ新聞」だ。
最近は焦っているのか、とにかく酷い。あの香山リカにもコラムを書かせ、
それも妄想なんだから。

毎日新聞といえば、大御所・岸井成格も妄想・戯言を垂れ流している。
もう新聞と呼ぶに値しないな。


自称・ジャーナリストを騙る連中が高市総務相の発言に抗議する記者
会見を開いた。

自称・ジャーナリスト連中
左から青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田原総一郎、鳥越
俊太郎。(記者会見欠席の田勢康弘も)

会見で岸井は
「高市発言にはあきれ果てた。大臣失格だ。言論統制を進めたいと思わ
れても仕方がない」

田原
「非常に恥ずかしい発言。高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければ
ならない」

鳥越
「安倍政権からの恫喝、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言
となって現れた」

だそうだ。言いたい放題である。

公共の電波で発言することは、当然責任を伴う。しかも放送法に基づか
なければならない。普通に「公平」な放送をすればいいだけのことだ。

賛否が分かれている事案に対して、双方同等に取り上げればいいだけの
話で、自分たちの思想に合わせて片側しか取り上げないから批判されて
いるだけだ。当然のことじゃないか?

こいつらからすれば、自分の思想を主張したいだけで、公平な放送なんて
頭にないから問題なんだ。
しかも事実を歪めたり、恣意的に編集したり、やりたい放題だから批判
されるの!

こいつらに問いたい。
各局が安保法制賛成一色の放送を繰り返したら、お前らはどう考える。
「偏向だ、偏向だ! 翼賛会的な放送はやめろ!!」
と言うのではないか?
自分たち側の偏った放送は有りで、逆だと批判する??

それに、民主党政権時の平岡総務副大臣や輿石幹事長(いずれも当時)
の発言時に、こいつらは反応したか? してないだろう!
こういうご都合主義もこいつらの特徴だね。

しかし、こいつら「色」付き過ぎだな。こいつら(+古舘)が画面に現れた
瞬間、オレはチャンネルを変えるかTVを消す。


前回、自民党・丸山議員の「失言」を朝日新聞は批判する資格はないと
書いた。
(「朝日新聞は自らの過去記事を忘れているようだ」参照)

同様に「失言だ!!」と批判しているのが毎日新聞。
ところが、2009年1月の毎日新聞の記事によると、
「奴隷の子孫 ファーストレディーへ」
という見出しで、オバマ大統領夫人・ミッシェルさんに関して、
奴隷の血を引く黒人女性が大統領夫人としてホワイトハウス入りするのは
史上初めてのことと書いている。

朝日新聞同様、毎日新聞も「失言」などと批判する資格はない。

「奴隷の子と差別されてきた黒人がホワイトハウスに入る意義を書いた」
という毎日新聞の言い訳が聞こえて来そうだが、、丸山議員の発言も
前後を見れば
「米国の建国当初には、黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしない。
ダイナミックな変革をしていく国」
と言っており、差別主旨の発言ではないことは容易に分かる。

これを「失言だ!!」と批判するなら、毎日新聞の記事も「失言」という
ことになるぞ。こういうところに、朝日・毎日の思い上がりが垣間見える。
自分たちが言う(書く)分には「報道の自由」だが、自民党議員が同じこと
を言うと「問題だ!」ってこと。

恥ずかしいねぇ、左翼マスコミは。

*前回も書いたが、個人的に丸山議員の発言は軽率だと思っている。


3月で報道ステーションのキャスターを降板することが発表された古舘は
昨年12月の記者会見で
「不自由な12年だった」
と述べた。どうやら言いたいことも言えない、いろいろ制限があったという
ことを言っているようだ。

何をバカなことを言ってるんだ。
もともと教養も素養もないくせに一端のキャスター気取り。さらには確固
たる信念もないから、一番簡単な「反権力」におんぶに抱っこ状態。
何でも批判すればいいと考えていた低能野郎。

古舘のネタ元はTBSと毎日新聞(by 報ステスタッフ談)。
朝日新聞でないところが笑っちまうが。ついでに
「オンエア直前まで放送作家とコメントを練っています。そのため古舘
さんのコメントは台本を棒読みしているよう」
なんてことまでばらされる。

オレから言わせれば、古舘のコメントは何を言ってるのかまったく分から
ないことが多く、話の飛躍もとんでもないほどだった。辻褄も合っていない
ことが多かった。これが放送作家と練った内容と言われると、放送作家の
レベルも相当低い。

まあ、精一杯「知性」を演出しようとして、逆に「知性の無さ、無知」を曝け
出してしまった「おバカさん」といったところだ。

もう数年前から、古舘がコメント始めると報ステの視聴率が下がるという
現象が起こっている。古舘の薄っぺらい意味不明なコメントなんて聞く
価値がないということが、視聴者の間にも浸透していたということ。

静かに余生を過ごしてくれ。


毎日新聞のWebサイトに「安保法成立1ヵ月、全国で続く抗議」という
写真特集が載っている。
全国各地の反対派の行動の写真だ。でも、そのほとんどに「◯◯労組」
とか「◯◯の会」などの幟や横断幕が写っており、、特定組織の人たちが
集まっていることを窺わせる。数人規模の写真もある。

まっ、それはいいとして・・・。

毎日新聞の10月の世論調査によれば、安保法制賛成31%、反対57%
だと言う。賛成派が少数だ。
(疑問を感じる数字ではあるが、まあそうなんだろう)

毎日新聞は、日ごろよく言っている。「少数意見を大事にしろ」。
しかし、毎日新聞が安保法制に関して、「少数派」である賛成派の声を
載せることはほとんどない。

31%と言えば「少数派」とは言えないくらい大きな数字だ。
なぜ31%もの国民の声をまったく取り上げないのか???

反対派の行動なら、たとえそれが数人規模でも写真入りで報じる。
しかし、賛成派の行動は数百人規模であっても、まったく報じない。

さらに言えば、海外諸国の安保法案賛成の声もほとんど伝えない。
中国・韓国の反対意見は大見出しで報道するのとは大違いだ。

毎日新聞が安保法制反対なのは、いっこうに構わない。
しかし日ごろの論調(少数意見を大事にしろ)には責任を持たなくては
ならないのは、言うまでもない。

まあ、新聞社は放送法に縛られているTV業界と違うので、どう報道
しようが自由と言えば自由だが・・・。
(一部TV局は、明らかに放送法違反の番組つくりをしているが)
それにしても自社の言動を否定する愚かな行為だとは言っておく。

今後、毎日新聞が「少数意見を大事に」的なこと意を言っても、誰も
相手にしないことを、良く自覚しなければならない。

ここまで書いてきた毎日新聞への意見は、朝日新聞にも寸分たがわず
当てはまることだけどね。
毎日新聞を朝日新聞と読み替えても、まったく違和感はない!
(朝日は賛成36%、反対49%)


毎日新聞が産経新聞の世論調査結果に対して、支離滅裂な「意見」を
書いたことは既に書いた。
(「毎日新聞の支離滅裂ぶりには笑うしかない」参照)

もちろん、産経新聞にも反論されたわけだが、それについて毎日新聞が
また酷い言い訳を10月12日に書いた。
書いたのは世論調査室長・平田祟浩。

内閣支持率と安保法制の評価には相関があるという出だしだが、途中
から「変な」言い訳が始まる。

7月の毎日新聞の世論調査の結果、内閣支持率は42%、不支持率は
43%。これに「安倍内閣の不支持上回る」という見出しをつけた。

ところが、今になって「統計的に1ポイントの差に意味はない」だって。
本来は「支持と不支持が拮抗した」と書くべきだったが、4月以降の
トレンドを明示すべきと判断したからと言う。

毎日新聞の世論調査結果を知らないが、支持率が下落傾向になって
いるなら、「内閣支持率下落傾向。支持・不支持率が拮抗」が正しい
表現だということは素人にも分かる。
それを、自ら言う「統計的に意味はない」1%を前面に出して「不支持
上回る」と書いたことは、ある意図を持って書いたとしか言えない。
つまり世論調査の結果を報じたのではなく、平田の「主張」であり、
毎日新聞の「主張」を書いただけである。

つまりは、世論調査結果の名を騙った「毎日新聞の主張」だということ。

平田は言う。
 世論調査は万能ではない
 1000サンプルで探れる民意には限界がある
 数値を恣意的に扱い、それが民意であるかのごとくゆがめて報じる
 ことがあってはならない
などと、尤もらしいことを並べている。

でも、これは平田の建前でしかない。
9月の結果で内閣支持率が3%上昇したことは、見出しに取らない。
10月はさらに4%上昇した。ここでも直接的に言及せず安保法制との
相関がどうとか、訳の分からないまとめをしている。
(調査結果のみを報じた10月9日も「上昇傾向」とすら書いていない)

その上で、安倍内閣の支持率が上昇したのは安保法制が評価された
わけではなく、TPP大筋合意や日本人のノーベル賞受賞などだと言う。
そんなこと聞いてないじゃないか。これまた平田の勝手な「主張」じゃ
ないか。

世論調査室長が、
「うちの世論調査結果は、私の『主張』を載せる場です」
と言っているに等しい。

平田はさらに言う。
世論調査報道には、正確で公正な分析と謙虚な姿勢が常に求められる
ことを肝に銘じていきたい。

だそうだが、来月の世論調査結果には平田のどんな「主張」が載ること
やら(爆笑)。


安保法制の審議が大詰めを迎えていた9月15日の産経新聞に、世論
調査の結果が載った。

その内容(概略)は、
安保法制反対デモに参加したことがある 3.4%。
デモへの参加者の支持政党・共産党41.1%、社民党14.7%、
民主党11.7%、生活の党と(後略)5.8%。
つまり、「一般の市民」が参加しているのではなく「特定政党の支持者」
が参加しているというもの。

これは大多数の普通の日本人が感じていたことだが、数字として出さ
れることで、すごく納得したものだ。

ところで、これを受けて毎日新聞が発◯してしまった(笑)。
「安保法制反対」を紙面の軸とし、反対デモには「一般市民が多数参加」
としてきた毎日新聞。

毎日新聞は9月17日、世論調査室長・平田祟浩の
「安保法制反対デモの評価を歪めるな」というWEB版記事で反論した。
「デモに参加しているのはたった3.4%に過ぎないと言いたいのだろう」
「1000人の調査で3.4%なら、1億人なら340万人だ。これは大変な
数字だ」
「1000人程度の調査なら3~4%程度の誤差は出る」
「3.4%という小さな数字を根拠にデモの参加者はごく少数の人たちと
いうイメージを強引に導き出している」

最後には
「世論調査の社会的な役割とはほど遠い『扇動記事!』」ときた。

なんなんだ、この支離滅裂っぷりは。
「たった3.4%」「3.4%という小さな数字」と言ったかと思えば、
「3.4%は大変な数字」と言ったり。あげくには「3~4%は誤差だ」と
言う。何が言いたいのか???
こんな矛盾したことを1つの記事の中で堂々と主張する。
これを支離滅裂と言わずなにを言う。もう笑うしかない。

毎日新聞も毎月世論調査を行っている。
毎日新聞の理屈で言えば、1000人程度の世論調査では3~4%の
誤差が出るのだから、少なくとも5%以上の数字しか扱えないはずだ。
しかし、7月の調査では「安倍内閣の不支持上回る」という見出し。
見ると、支持率42%、不支持率43%。

1%差は「たった」なのか「大変な数字」なのか?それとも「誤差」なのか?
こういう反安倍内閣ネタでは、1%は「大変な数字」らしい。
だから見出しに取り、大きく報道する。

9月の調査では、安倍内閣の支持率が8月と比較して3%上昇している
が、これは記事を詳細に読まないと分からなくなっている。

この3%は「たった」なのか「大変な数字」なのか?それとも「誤差」なのか?
こういう安倍内閣の良いネタは「たった」であり「誤差」らしい。
だから見出しにも取らない。

こんなことをやっている毎日新聞が、他紙の世論調査記事に対して、
論評すること自体が間違っている。
しかも産経新聞の調査を「扇動記事!」とまで書いたのだから、もっと
ましな言い分があるかと思ったら、この程度である。
なんとレベルの低い新聞なのか・・・。


安保法制の審議・採決にからみ、醜態を晒した連中の数々。
まあ、代表は民主党の面々だろう。この姿を見て、オレは民主党が2度と
政権を担えないと確信した。それくらいひどかった。
(「祝・民主党が2度と政権を担うことはなくなった」参照)

違った意味で醜態を晒したのが反日偏向番組「報道ステーション」。
毎日、放送法違反を確信的に犯している低俗番組として知られる。

高須克弥
9月16日に、とあるツイッターユーザーの
「今日の報道ステーションは完全に安全保障関連法案反対に偏ってるな」
とのツイートを受け、報道ステーションのスポンサーである高須クリニックの
高須克弥氏が
「失望しました。来月からスポンサーやめます」とツイートした。

この高須氏のツイートは、報ステ制作関係者を相当途惑わせたようだ。
安保法制反対一色に染まっていた報ステだが、9月18日の放送では
突然賛成意見を流したのだ。

まあ、賛成意見といっても識者を呼んだわけではなく、ただ街頭インタビュー
を流しただけなんだけど。それもアリバイつくり的にちょっと。

アリバイ作りは他でも行われ、軍事評論家・小川和久氏に賛成コメントを
求めたが、都合よく使われることを懸念し、小川氏は断っている。
(小川氏は出演ならすると言ったが、報ステは拒否している)

放送法に違反しながらも、頑なに反対論しか流さなかった報ステが、
スポンサーから「降りる!」と言われた瞬間に、態度を変えて賛成論を
流したことに爆笑してしまった。

放送法違反との指摘が多々あるのを無視してまで偏向放送を繰り返して
いるくせに、こういうところで「ひよる」のね。見事なまでに醜態を晒した。

しかし、高須氏の意志が固いのを確認したのか、翌週の9月21日には
元通り放送法違反番組に戻っている。

TV業界におけるスポンサーの強力さをまざまざと見せつけられた。それと
同時に、スポンサーが一言言えば番組内容はコロッと変わることも明らかに
なった(常識かもしれないが)。

つまり、報ステのスポンサーはあの放送法違反を是認しているクソ企業と
いうことになる。

報ステのスポンサーは曜日毎にたくさんあるが、有名どころは
 セブン&アイホールディングス
 サントリー
 大塚製薬
 スカパー
 アース製薬
 SECOM
 CAINZ
 小林製薬
 イオン
 家庭教師のトライ
 日本ハム
 YAMADA電機
 オリックス
 NEC
 アサヒビール
 佐川急便
 OKI
 ビックカメラ
 東京海上日動
 SUBARU
 再春館製薬
 ヨドバシカメラ
 HONDA
などなど。

これらは放送法違反を是認しているクソ企業である。

ちなみに、高須クリニックは9月いっぱいで報ステのスポンサーを正式に
降りることが決まっている。


「安保関連法案に反対するママの会」という会が発足した。
「だれのこどもも、ころさせない」が合言葉で、7月26日に「ママの渋谷
ジャック」と銘打って、渋谷でデモをする予定だそうだ。

まあ、誰にも「表現の自由」はあるし、違法行為でなければ反対デモも
いいだろう。

問題なのは、これを一部マスコミが、主催者の女性を「普通の女性」
「普通のママ」とのニュアンスで報道していることだ。

とんでもない話だ!!
主催者の女性は、バリバリの中核派の活動家!
2006年の教育基本法改正時、反対の絶叫演説をしている動画もある。
当時の肩書は京都大学法学部自治会委員長。
(ちなみに、この女性はいまだに京大大学院在学中)

京大は、言わずと知れた中核派の拠点
昨年の11月には、潜入していた京都府警の公安警官とひと悶着起こした
のは記憶に新しい。

これで「普通の女性」? 「普通のママ」?

そういう言えば、昨年「憲法9条にノーベル平和賞を!」って活動を始めた
女性も「普通の主婦」と報道されていた。
いやいや、「普通の主婦」じゃないから。キリスト教系のバリバリの左翼
活動家。

さらには、SEALDs(自由と民主主義のための緊急学生行動)につい
ても、「普通の学生」が声をあげたと報道している。
政治に関わりがなかった大学生が中心となり~云々って、よく言うわ。
共産党系の「民青」が母体となっていることは、すでにバレてる。

もう、こういう報道はやめよう。
なぜ、こうも「捏造」まがいの印象操作をするのか?
左翼活動家ということを報道すると、世間一般から支持を得られないと
分かっているから隠すんだろうけど、しょうがないだろう。
事実、国民の多数の支持は得られないんだから。

こういう報道をすることが、自分たちの首をしめていることに、一部
マスコミは早く気付くべきだ。事実を事実として伝えることはマスコミの
義務だ。義務を果たさないで「報道の自由」なんて言うな!!

今後も一部マスコミが、「普通の◯◯」なんて連呼していたら、それは
「普通じゃない」明確な証拠である。


自民党議員の「一部マスコミを懲らしめる」発言がいまだに尾を引いて
いるようで、左翼マスコミが相変わらず騒いでいる。

国会議員という権力を持っている側の発言だけに、軽率との批判は
免れないが、一個人の意見として聞けば、だいたい正しいことを言って
いると思う。

当然のことながら、「報道の自由」は尊重されなければならないのは、
言うまでもない。しかし、だからと言って「何でもあり」の現状はどうなの?

例えば、政府批判のデモが行われた。参加者は100人で、主に「プロ
市民」と「左翼活動家」ばかり。参加者は手に特定団体作成のきれいに
印刷されたプラカードを持っている。

これをマスコミはどう報道するのか?
上記の通り報道してくれれば、何の問題もない。
そこに各社毎の「色」をつけた解説のを付けるのも問題ない。

ところが、一部マスコミは
政府批判のデモが開催された。主催者発表で1万人が参加。主婦や
サラリーマンなど「普通の市民」が多数参加しました。参加者は自製の
プラカードを手に、◯◯反対を訴えました。
と報じる。

こうなると、もう「報道の自由」を逸脱しているのではないか?
事実を事実として報道せず、自社の言いたいように勝手にアレンジ
してしまっている。これは事実を報道しないばかりか、「捏造報道」とも
言える。

主催者が1万人と言っているんだから、それをそのまま報道することが
問題? という意見もあるかもしれないが、現場で見れば明らかに分かる
こと。分かっているのに違うことを報道するのは「報道」ではない。

◯◯反対を言っていると印象操作をしたいだけ。事実と違うことを言って
印象操作をするなら、それは「捏造」と言う。

現実は、こういう報道がかなり横行している。
これを得意とするのは、TV局ではテレ朝、TBS、NHK。新聞では朝日、
毎日、東京。

こういう「報道」を日常的にしているヤツらが、今回の自民党議員の発言に
1番騒いでいるという茶番。


前回、テレ朝を引き合いに「捏造報道」をしているくせに、「報道の自由の
侵害だ!」などと騒いでいる左翼クズマスコミを批判した。
(「報道の自由? テレ朝よ 義務を果たしてから言え!!」参照)

こういうマスコミに限って「報道しない権利」を行使しまくっている。
いい例が、沖縄の基地反対派の行動だ。

暴力左翼ばばあ
プロ市民
米軍関係者の車のボンネットに上がるわ、道のど真ん中で座り込みを
するわ、やりたい放題。

YouTubeにも基地反対派の異常で違法な「反対行動」が多数投稿
されている。まともに見られないほど酷い。
だいたいが途中で胸くそが悪くなり、最後まで観られないようなもの
ばかりである。なので、動画は載せない。

こういう異常で違法な「反対行動」を左翼マスコミが報道したとは聞いた
ことがない。なぜ報道しない?
報道したうえで、秩序をもって合法的に行動を行うべきだと言うのが
言論機関の役目ではないのか?

自分たちの言い分を通すには違法行為も許されるという、活動家・プロ
市民の行動を擁護しちゃうようなヤツらだから、言うだけムダか・・・。
 「東京新聞は違法行為を擁護するクズ新聞
 「朝日新聞は違法行為を擁護するのか!

「報道の自由!」などと叫ぶ割には、相変わらず「捏造報道」を繰り返し、
さらには自分たちに都合の悪いことは報道しない左翼マスコミ。
だから「マスゴミ」なんて揶揄されるのだ。


自民党議員の「マスコミを懲らしめる」発言から、「報道の自由の侵害だ!」
「言論統制だ!」とか、なにかと騒がしい。

一般論として、報道の自由も言論の自由も尊重されなくてはならない。
政府や権力者が「自由」を侵害するかのような、誤解を与える発言は
慎まなければならない。

ところで、マスコミ連中は被害者ぶって批判報道を繰り返しているが、
一部マスコミは本当にそんことを言う資格があるのか??

7月1日に俳優の隆大介が帰国したとの報道があった。
隆は3月に台湾・桃園国際空港で職員に暴行し、公務執行妨害で逮捕・
罰金刑を受けていた。

テレ朝の偏向
写真は隆の初公判の模様を伝えるテレ朝のニュース番組・スーパー
Jチャンネル(5月20日)。
「日本人俳優が初公判で謝罪 空港で大暴れ『大変申し訳ない』」
「初公判 空港で大暴れ日本人俳優 大けがさせ『申し訳ない』」
いいうテロップが付いている。

日本人俳優?? 隆大介って日本人だっけ???
日本人ではない! 張明男という在日韓国人だ!!

なんてことはない、在日韓国人の犯罪を通名のみで報道し、あたかも
日本人の犯罪のようにみせかけている。
さらには「日本人俳優」などとは、明らかな「捏造報道」である。
テレ朝は逮捕時も本名を報道せず、在日だと言うことを隠している。
もちろん、親玉の朝日新聞も同様の報道をしている。

テレ朝の偏向報道2
こちらの写真は台湾のTV局の映像。
「韓藝人」ってしっかり載せている。

朝日新聞で信用できるのは日付のみ(笑)」でも書いたが、暴力団と
いう反社会組織が犯した犯罪でも、それが在日の場合は通名でしか
報道していない。暴力団組長の犯罪をだ!

自分たちは「事実を事実として報道する」という報道機関としての「義務」
すら守っていないのに、「報道の自由の侵害だ!」などと騒いでいるのが
現状である。

「権利!権利!」と叫ぶ前に、それに伴う「義務」に対して、どう考えて
いるんだ? 国民はバカじゃないぞ! しっかり見ていることを忘れるな!

↑このページのトップヘ