Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 低レベルな民進党


デマノイ
民進党のデマノイこと、山井和則は記者会見で
「安倍首相はアベノミクスが失敗したことを認めるべきだ」
と、アベノミクス失敗、消費増税延期を批判した。

アベノミクスが失敗かどうかは意見の分かれるところだが、民進党の
立場からすれな「失敗」と批判するのもいいだろう。でも、お前が言って
はいけない。お前は自分の数々の失敗(間違い)を認め、謝罪したのか??

「ALS患者の国会参考人差し替え問題」「風刺画誤認問題」で大きな
恥を晒しておきながら、何とも感じてないのか?
 「デマノイ(山井和則)を見ると民進党が分かる
 「民進党・デマノイって風刺画も理解できないアホだった

いずれも自分の間違いを認めないばかりか、ALS患者の国会招致問題
では「自民党がぁ~っ!」だし、風刺画問題では「外務省が否定しなかった
からぁ~・・・」と、他人のせいにする。
こういう自分の間違いには頬かむりし、他人をあげつらう態度は、誰からも
信用されることはない。

さらには、
「国民のための政策議論を行うべき国会がないがしろにされた」
とは、呆れて物も言えない。

対案を出すでもなく、「反対のための反対」をするだけの民進党。
何とか揚げ足を取ろうとして、上記のような自爆をしている民進党。
そんな民進党が「国民のための政策議論を行う国会」とか言うか?

デマノイくん現在の君には何の発言権もない。
まずは、自分のいい加減な発言の数々、間違いをきちんと謝罪しろ。
何か言うのはそれからだ!

お前が何か言うたびに、民進党の支持率はどんどん下がって行く。
まあ、それはそれでいいけどね。

クズ民進党コラ (1)
クズ民進党コラ (2)
クズ民進党コラ (3)
デマノイくんには、このコラ写真を進呈しよう。
ネットで拾った写真だけど、デマノイくんや民進党の現状を実によく
表している。

デマノイを始め民進党のクズどもは、消えた方が日本のためだね。


民進党のサミット関連調査チームなる何をしたのか分からないチームが、
またまたやらかした。

デマノイがいる時点で、たいしたチームではないなと思ったが、案の定
他の連中も同類だった(爆笑)。
愉快な仲間たちは、デマノイこと山井和則、福島伸亨、玉木雄一郎、
柿沢未途。

デマノイ
玉木、柿沢
デマノイが言うには、
「ここにも描いてあるように、安倍さんの顔で日本の津波からG7首脳の
方々が『あの大馬鹿野郎から逃げようぜ、逃げたほうがいいよ』という、
これイギリスのTIMESという有力新聞ですよね。つまり、安倍総理が
国内で国民に言っていることは、捏造なんじゃないの?ということですよ」

デマノイの言いたいことは、安倍首相は「世界経済は落ち込んできている。
リーマンショック前の状況に似ている」と言っているが、他の首脳はそう
認識していないから、こんな風刺画を描かれる、ということらしい。
しかし「捏造」と言う言葉まで使っているのは穏やかではない。

風刺画
ところが風刺画をよく見ると、安倍首相らしき人物(右から2番目)が
ちゃんと描かれている。
船に乗っているのは、左から英・キャメロン首相、独・メルケル首相、
米・オバマ大統領、仏・オランド大統領、日本・安倍首相と思われる。

Timesキャプション
TIMESのキャプション付きを見れば一目瞭然。大波はボリス・ジョンソンと
書いてある。ジョンソンは前ロンドン市長で、次期保守党党首から首相を
狙っている人物。
現キャメロン首相はEU残留派、ジョンソンは離脱派なので、英国の国内
問題の風刺画である。(6月に国民投票がある)

さらには、G7ボートに乗っている人物として「Shinzo Abe」と、ちゃんと
書いてある。

風刺画作者のツイート
さらには、風刺画の作者もツイッターで
「ボリス・ジョンソンが首相になった際の『恐怖のシナリオ』が日本での
G7サミットで持ちあがった」
とつぶやいている。

ボリス・ジョンソン
前ロンドン市長のボリス・ジョンソン。
ジョンソンの髪型というか前髪を大波に模したもの。写真を見れば、なる
ほど似てる。つまりデマノイらは前ロンドン市長の顔を知らないという
こと(まあ、しょうがないとは思うけど)。

ところで、デマノイらのネタ元は2chらしい(苦笑)。
反安倍派が「安倍ぴょん、海外の風刺画でG7での醜態を思いっきり」
とスレ立てしたのを、デマノイ本人か秘書か知らないが、「これだっ!」
って飛びついたんだろうな。
ちゃんと確認くらいしろよと呆れてしまう・・・。

柿沢FB
玉木や柿沢はツイッターやFBでも同様のアホを晒している。
いや、もうアホを通り越してるな。
そんな柿沢は、現在FB書き込みを削除し逃亡中(笑)。

民進党には「批判のための批判」のためのネタを探す暇があったら、もっと
勉強して対案を出して政策議論しろ! と言いたい。

民進党の支持率が上がらないのは、旧社会党のように対案も出さず
「反対、反対! 何でも反対!!」という姿勢が、国民に受け入れられて
いないからだ。

そんなことにも気づかず、こうして自爆している姿は恥ずかしいの一言だ。
もちろん、デマノイがデマを垂れ流すたびに民進党の支持率は下がり
続けるだろう。

最後に、冒頭に書いたように意気軒昂に語っていたデマノイだが、外務
官僚から「波の顔は安倍さんじゃないみたいですね」「安倍さんはボートの
上に」「ロンドン市長という話もあるのでご確認を」と指摘されると、

「・・・・・。この波のことは置いときます」だってさ。
分かりやすいなぁ~、デマノイくんは(爆)。

デマノイ他、民進党のアホ議員ども。
「この波のことは置いといて」じゃないぞ!
まずは「間違えました。ごめんなさい」だろう。

自分の明らかな間違いを認めようとしない人間に、他人を批判する資格は
ない! 世間一般では、こういう人間のことを「クズ」と言う。


デマノイこと民進党・山井和則がまだデマを飛ばし、顰蹙を買っている。

厚生労働委員会でALS(筋萎縮性側索硬化症)患者さんが参考人と
して意見陳述を行う予定を与党が拒否したと発言(ツイッターでも)。
ツイッターでは「障害者差別が国会で起こった」とまで。

ところが、与党側から「デマ」だと反論が湧き、一気にトーンダウン。
釈明になっていない記者会見を行い、ツイートは削除して逃亡。
(ALS患者の参考人を差し替えたのは民進党自身)
こいつは以前から「デマ」「ウソ」を平気で垂れ流すことで有名だった。

デマノイを有名にしたのは、民主党への政権交代直前にTVに出まくり、
民主党政権になれば「夢のような素晴らしい世界が開ける」かのごとく
言いまくったから。

結果的に民主党政権は何もできなかったが、まだこの頃は政策を語って
いただけましだった。
この「何もできなかった」ことがトラウマになっているのか、今の民進党は
揚げ足取りや意味不明の批判ばかりだ。
社民党(旧社会党)と同様の「何でも反対!」野党になってしまった。

2009年、自民党が酷かったとはいえ、民主党に政権交代したのは
反対だけでなく、民主党ならこうすると語っていたからだと思う。
だから国民は政権を託した(結果的に大失敗だったが)。

ところが、今や対案を出すでもなく、デマノイのようにデマを飛ばして
まで与党を批判することに一生懸命。こんな民進党を誰が支持すると
言うのか。

民進党がまだ政権を狙っているなら、共産党や社民党と一緒になって
「反対、反対!」なんてやっている場合ではない。
きちんと対案を出し、政府・与党と政策論議をすることだ。

ある意味、デマノイは今の民進党を象徴している。
デマノイがデマを飛ばしているうちは、絶対に民進党は浮上しない!


名前を変えても中身が変わってないのだから当たり前のことだが、やっぱり
民進党になっても支離滅裂だ。

TPPを審議する衆議院の委員会で民進党メンバーが退席、審議拒否の
愚に出た。理由は、政府の情報開示が不足しているからだという。
岡田代表は、「冗談のような真っ黒な資料で審議しろというのは理解でき
ない」だって。

よく民進党のアホさ加減を表す言葉に「ブーメラン」が使われるが、今回は
それ以下である。
まず、TPPに参加意欲を示したのは旧民主党政権時の菅直人である。
その後、野田佳彦も「相手国が非公開で提供している文書は、当該国の
意向を尊重するのは当然」と言っていた。

それなのに野党になった今、「開示しろ!」「情報不足だ!」と騒ぐ愚かさ。
結局は「反対のための反対」「批判のための批判」をしているだけ。
目指せ!社民党ってところか(爆)。

なんてことはない、理由は簡単。
民主党政権時の総括をしていないからだ。誰も責任を取りたくないから、
衆議院を解散した野田にすべてを押し付け、本質的な反省もせず、野党に
なった現在も出たとこ勝負をしているからだ。

民進党は、今後も「ブーメラン」の直撃を喰らい続けるだろう。


民進党
3月27日に民進党が旗揚げした。

3月26、27日に実施した共同通信の世論調査では、
 期待する  26.1%
 期待しない 67.8%

政党支持率も8.0%にとどまり、2月の調査で民主党と維新の党が
得た支持率を合計した10.5%を下回った。
夏の参議院選に民進党に投票するとの回答は10.5%で、前回調査で
民主党と維新の党に投票するとした割合の合計(10.6%)から横ばい
だった。

明らかに国民は冷めた目で見ている。そりゃそうだ、中身は何にも変わ
らず、党名を変えただけだから。
その党名でさえ、岡田代表は「新進党」と言い間違えるし、議長を務めた
坂本祐之輔(維新の党)も「民主党」って間違えるし(笑)。

さらには両党がきちんと合意できなかった項目は曖昧な言い方に終始。
その典型が消費税再増税。
維新の党は消費税増税凍結法案の提出を主張しているが、民主党は
凍結法案には否定的。
そこで出された結論が、
「軽減税率を前提とした消費税引き上げは認められない」

???
軽減税率を適用しなければ消費税を上げるの賛成って言ってるのか、
引き上げじたいに反対しているのかよく分からない。

自民党が1年毎に首相を変え、政権のたらい回しをしていると批判した
民主党が、自ら政権をとると同じように1年毎に首相を変えていたこと
など気にも留めない。政権時代の反省もない民主党。
その民主党から逃げだし、まだ戻ってきた維新の党。

以前も書いたが、「民進党? 別にどうでもいい」。

関連
 「民進党? 別にどうでもいい


民主党と維新の党は、合流後の新党名を「民進党」と決めた。

どうでもいい。
党名も重要かもしれないが、もっと重要なのは中身。
だいたい、日教組や官公労などとくっ付いていて、しかも極左暴力集団と
繋がっているようなヤツが幹事長をやっているのが民主党。

それに、維新の党から戻る連中は、民主党から離党したのが多い。
こいつら民主党から離党した時なんと言ってた??
罵詈雑言を浴びせて泥船から逃げたしたヤツらじゃないの。

当時、民主党の名前じゃ選挙で勝てないからと、人気絶頂だった橋下の
ところに逃げただけじゃないか。それが橋下に見捨てられ行き場がなくなり、
選挙目当てで戻るだけ。民主党出身の維新の党の連中などクズ同然。

そんな連中と一緒になる民主党も、もともとクズの集まり。
クズとクズがくっついても、しょせんクズ。
数合わせだし、民主党・岡田も自ら認めているように野合だし。

それを表すのが世論調査。

民進党?
NHKの世論調査では、
 大いに期待する 4%
 ある程度期待する 21%
 あまり期待しない 40%
 まったく期待しない 29%

期待しないが約70%!!
オレから言わせると、ある程度も合せて25%が期待すると答えたことの
方が驚きだ。

この25%の人は、また裏切られると思うよ。
今のように「反対のための反対」「批判のための批判」をしているようじゃ、
民進党の未来なんてまったくない!

ところで、オレのブログの「低レベルな民主党」カテゴリーは、結党後
「低レベルな民進党」に変更予定。


民主党の菅直人がブログで安倍政権をいろいろ批判している。
まあ、批判すること自体はもちろん否定しないが、そのレベルの低さには
呆れてしまう。こんなヤツが総理大臣をやっていたかと思うと・・・。

「自民党政権に都合の悪い放送は『公平性』に欠くと判断され、放送を
停止させることができることになる。まさに独裁国家だ」
だそうだ(笑)。

菅が総理大臣をやっていた時のことなど思い出したくもないが、菅内閣の
総務副大臣・平岡秀夫は
「放送事業者が番組準則に違反した場合には、総務相は業務停止命令、
運用停止命令を行うことができる」
と答弁しているではないか。高市総務相の発言と何が違うのか?

また、菅自身が副総理だった際には、
「私は議会制民主主義とは期限を切ったあるレベルの独裁を認めること
だと思う」
と言っていたことは忘れたのか?

しょせん、菅直人なんてのはこのレベル。
市民運動上がりの連中は、批判のための批判をするようなヤツばかりで、
建設的な議論などできない。

そんな連中や評論家のような他人事ばかり言うのが、わんさかいるような
民主党が政権をとったこと自体が間違いだったのだ。
批判するだけで、日本をどうしていくのかという国家観のない民主党など
早く潰れろってこと。


民主党の岡田克也代表が、自民党が憲法改正の具体的項目として
挙げる「緊急事態条項」に噛みついている。
「法律がなくても首相が政令で国民の権利を制限できる。恐ろしいことだ。
ナチスが権力をとる過程とはそういうことだ」
「ヒトラーが政権をとった後、議会を無視して権力を、独裁政権を作った」

相変わらずのナチス例えで芸がないが、これは岡田が自らの無知を曝け
出しただけである。
1990年以降に制定された102ヶ国の憲法すべてに「緊急事態条項」が
盛り込まれている。もちろんドイツの憲法にも規定されている。

岡田の言を借りれば、世界中が独裁国家に成りうる危険な国ばかりと
いうことになる。

こんなくだらないことを言う前に、民主党ならこうすると対案を示した方が
より建設的だと思うけど・・・。まあ、民主党はもう政権をとる気はなく、
旧社会党のように「何でも反対!!」で、適当に自民党から顔を立てて
もらえればいい、というダメ政党になってるってこと。

ところで、岡田が日本の将来や取り巻く環境をまったく考えていないことが
明らかになったが、こいつはどこの国の人間なんだ?

岡田
2015年の民主党党首選で当選した後、海江田前代表と握手をする岡田。
何で朝鮮式の握手をしてるんだ? って当時けっこう話題になった。

韓国(朝鮮)では、格上・年上の人と握手をする時は、握手をしないほうの
手を、自分の胸にあてるか、または右ひじに軽く添えます。そして、あまり
強く握らず、ソフトな握手を交わします。
(韓国情報サイトから)

こんなことから、岡田家が朝鮮半島の出身だなんていうウワサがある。
でも、岡田家は江戸時代からの商人(現在はイオングループ)であり、
朝鮮との繋がりはないと思うが。
(ただし、婿養子が入っているので・・・ではある)

野党第一党の党首のくせに、日本の将来を真に考えているとは思えない
言動・行動をするばかりか、朝鮮式握手を公の場でするなど、訳の分から
ないことをしてるから、こんなウワサが流れるんだ。


1月12日の衆議院予算委員会で、民主党・緒方林太郎がバカな
質問をしていた。
「首相は拉致を使ってのしあがったのか?」

北朝鮮による日本人拉致は国際犯罪である。日本に対する「テロ」と
言っていいことだ。しかも北朝鮮は拉致被害者の安否確認の約束すら
いない。こんな国を後ろから援護しようと言うのか?

普通の日本人なら、拉致被害者の全員奪還を望んでいるはずだ。
拉致はでっち上げなどと嘯いていた社民党のバカどもを除いて。
こんな質問をしているようでは、民主党や緒方も同類のようだな。
こいつは拉致被害者を奪還しようという意識すらないらしい。
日本には不要な政党であり、不要な人間だ!

こんな質問から何が生み出されるのか?
安倍首相を批判したければ批判すればいいが、日本の国会議員が
拉致問題を政争の具にすることが、結果として北朝鮮を利することに
なることが分からないのか?

民主党政権時代、元北朝鮮のテロリストを国賓待遇で呼んで、遊覧
飛行を楽しませて帰したことがあったが、そんなことをやっている政党が
拉致問題に対して何を言ってるんだ!

もう呆れて呆れて。

首相の
「20年前、私たちが一生懸命拉致問題をやってきたとき、あなたは何を
していたのか」
に対して答えてみろよ民主党! そして緒方!!!


民主党が自ら消滅への道を突き進んでいる。
10月25日に行われた宮城県議選でも7議席から5議席へ減少。
共産党(8議席)にも抜かれてしまった。
自民党が4議席減らした分は、共産党に吸収されてしまった。

そりゃそうだ。
対案も出さず「何でも反対!」。
どこかで聞いたフレーズだ(笑)。そう、社民党と一緒。
(ちなみに宮城県議会選で社民党は1議席)
支持率も10%にも及ばない8.6%(NHKの10月調査)。

国民は景気回復を最重要視している。これは世論調査から明らか。
未だ長いデフレの影響が残り、「アベノミクス」好感も国民すべてに
行き届いている訳ではない。

こういう時に、民主党は自らの経済政策を打ち出し、自民党の対抗軸に
なる良いチャンスであるにも関わらず、相変わらず何もできないダメっ
ぶりを曝け出している。

法人減税で経済活動を活発化させることで、経済を成長させ、国民の
所得を増やし、最終的には税収も増やそうというのが「アベノミクス」。
民主党政権時代の「暗黒経済状況」に比べれば、すべてが上向いて
いる。

それにも係わらず、民主党は「アベノミクス」の成果を否定するばかり。
非正規雇用が増えて格差が広がったなどと、共産主義政党のような
ことを、お題目のように唱えているだけ。
じゃあ、民主党ならどうするんだ?? の答えはまったく出て来ない。

共産党は内部留保を溜め込む大企業への課税を強化して再配分すべき
だと主張しているが、主張があるだけ民主党よりましである。
これの行き着く先は「企業の国営化」という共産主義統制社会だが・・・。

誤解を恐れずに言うが、この程度の格差を「格差、格差」と言うことほど
アホなことはない。
確かに、昔に比べれば格差は広がっているだろうが、世界中を見てみろ
と言いたい。アメリカはもちろんだが、あの中国(一応、共産主義国)の
余りに凄い格差をどう考える?
日本は自由主義国では世界一格差がない国だと、オレは思っている。

民主党は共産党が言うような共産主義的国家を目指している訳では
ないだろうが、まともな経済政策の一つも出せない政党に未来はない。

共産党との選挙協力に色気を出しているようでは、まともな国民からの
支持は絶対に得られない!
民主党消滅へのカウントダウンはもう始まっている。


民主党ってのは本当に無責任政党だ。
岡田代表は党内の意見を集約できず、訳の分からない発言を連発して
いる。沖縄普天間基地の辺野古移設を巡って、「賛成」なんだけど政府
批判はしたいので、手法について「反対」と言ったり、政府に対案を出せ
と言ったり(苦笑)。
(「民主党・岡田代表は何を言いたいのか???」参照)

で、またまた10月22日の記者会見で???発言。

政府が臨時国会を召集しないことを、民主党などは批判している。
まあ、それはそれで構わないけど、岡田は「憲法違反」と言っている。

現行日本国憲法では、国会議員の4分の1以上の議員の要求があれば
政府は臨時国会を召集しなければならない。しかし、その期日は規定され
ていない。つまり、要求があっても引き伸ばしが可能なのだ。

だったら、民主党は憲法改正を提起すればよい。
なのに、「憲法違反」とは何を言っている?

どうやら背景には自民党の「憲法草案」があるらしい。
自民党の党是は自主憲法制定である。そのため、既に独自の憲法草案を
発表している。

その中で、臨時国会の召集を要求された場合、政府は20日以内に召集
しなければならない、とある。
これを元に、岡田は「憲法違反」と言っているらしい。

なんとアホな。
じゃあ、自民党の憲法草案を受け入れて、憲法改正をしてから言え。
自民党が草案に基づき憲法改正を提起したら、民主党は賛成するんだな?

とても野党第一党の党首とは思えない発言の連発である。
こんなヤツが党首をやっている政党が、政権を担えるはずもない。そんな
ことは小学生にも分かる。
岡田や民主党はその程度のレベルだと言うこと。


民主党の岡田の岡田代表は10月20日、党本部で沖縄県・翁長知事と
会談した。

会談後、記者団の取材に応じた岡田代表。
「沖縄県の皆さんが辺野古に反対することは分かる。しかし、我々として
対案がない状況で、無責任に辺野古反対とは言えないと知事には申し
上げた」

ということは、民主党は辺野古移設以外に手段がないので、「賛成」だと
言っているとしか理解できない。

続けて
「その上で、今のやり方では到底賛成することは出来ないと伝えた」

ふぅ~ん、やり方の問題であり、やり方次第では賛成と言ってるようだ。
じゃあ民主党としての「やり方」を出せばいいのに。

さらに続けて
「(対案は)政府でなければ出来ない。簡単でないことは分かっているが、
政府にはその努力をしてもらいたい」

はぁ~あ??
何で推辺野古移設を推進している政府が「対案」を出さなければいけ
ないのか。理解できない。言っていることがめちゃくちゃだ!

これが民主党の実態だ!
辺野古移設以外に手段がないことは分かっているが、賛成と言うと
左翼の支持が離れるし、党内の左翼から突き上げられる。
民主党の態度は曖昧にしておき、政府批判だけはしておく。

なんと無責任な発言なのか。
元はと言えば、民主党政権時代に、ルーピー鳩山が「最低でも県外」と
左翼迎合発言をし、あげくの果てには「腹案がある」などと思い付き
発言でゴチャゴチャにしたことが発端だ。

自分たちが政権を持っていた時の後始末もしようとしないで、逃げの
態度に終始し、「対案は政府が出せ」とか訳の分からないことを言う。

こんな政党が野党第一党で、再び政権を目指していること自体が信じ
られない!!! こんな政党に存在価値はまったくない!!!


安保法制審議で醜態をさらした民主党。
法案成立後も勇ましいことを言っている口先議員ばかりだ。

そんな民主党の中で「やっぱりこいつはぁ~」と思わせるのが細野豪志。
「民主党の対案が領域警備法1本だったのは『不本意』だった」だと。

細野の肩書は「政調会長」。民主党の政策を決定する責任者だ。
その責任者が今頃になって何を言ってるんだ。
法案審議中から、民主党は反対ばかりで対案も出さないと散々言われ
続けてきた。細野も知っているだろう。

それを無視して頑なに対案を出さず、「反対反対、絶対反対~ぃ」って
社民党とか思うような対応をしてきた。

政策の責任者がまるで第三者のような発言をしている。本人は自覚して
いるのか分からないが、「あなたが責任者でしょ!」 と言いたい。

やっぱ、いつまでたってもこいつは所詮「モナ夫」だ。
後から「オレはこう思ってたんだ」なんて、誰でも言える。
政治は結果責任である。こんなヤツが重用されているんだから、民主党の
レベルが分かる。

本当に日本にいらない政党だ。

過去記事
民主党・細野豪志は所詮モナ夫


参議院での安保法制審議も大詰めを迎えている。
衆議院も含めて、この安保法制審議では野党という日本のことを考え
ない勢力の無責任さがあぶりだされてきた。

そんな中、野党第一党の民主党のデタラメさが際立っている。

恥ずかしい野党

恥ずかしい野党
衆議院平和安全法制特別委員会では、プラカードを掲げて反対の意を
示したが、委員会終了後そのプラカードを委員会室に捨てていくという
幼稚園児にも劣る行為をしていた。

今回の参議院平和安全法制特別委員会でも同様。
委員会を開かせないようにと、姑息な手段に出ている。
理事会室前に女性議員を配置し、どかそうとすると
「触らないで! セクハラだ!!」ってさ。

これだけでも充分国会議員としての資質を疑う行動だが、参議院が
女性衛視を出動させると、
「女を利用するな!こんな時だけ女性を前に出して。女をこうやって使うん
だな。今の政権は!」(小宮山泰子)
ときた。

なんとレベルの低い物言い。
自分たちが女性議員を並べて、セクハラだ何とかだって「女」をっ使って
いるのを忘れたかのようなマヌケ発言。
これを聞いて、こんなヤツらに税金が大量に使われていることに怒らない
国民はいないだろう。

自分たちが審議拒否をしているにも関わらず、審議時間がたりないとか
ふざけたことを言っている政党が、国民からの支持を得られるはずもない。

不細工女性議員
並んでいる女性議員の顔ぶれを見たら、共産・社民もいた。
ということは、野党御一同様だった(笑)。
民主、共産、社民、生活などのアホ野党につける薬なはい。

安保法制の審議を通じて、民主党が2度と政権を担うことはないとの
確信を得た。共産・社民と一緒になって、反対のための反対をやって
いるようでは、絶対に国民の支持は得られない。

口先だけの頭でっかち政党が、第二の社会党になることが確定した。
まことに喜ばしいことだ。


台風の大雨で鬼怒川の堤防が決壊し、多大な被害が発生した。被害に
合われた方々に心からお悔やみとお見舞いを申し上げる。

さて、今回の堤防の決壊に関して、民主党政権時代のパフォーマンス
である「事業仕分け」で、鬼怒川のスーパー堤防が取りやめになったため
大きな災害になったと、一部ネットで賑わっている。
「事業仕分け」で名をはせた蓮舫にも批判の矛先が向いている。

現実は鬼怒川にはスーパー堤防の計画自体がなかったようなので、
誤解ということになるようだ。しかし、治水事業費を民主党政権が削った
のは事実だ。今後も民主党政権時代の「負の遺産」がいろいろ出てくる
のではないか?

それはさて置き、今日書くのは批判に対する蓮舫の対応である。
上記のように、一部で蓮舫批判が起こっている。それに対して蓮舫は
「事実無根の悪質なデマをネットに流す行為は慎むべきです」
「悪質なデマには法的措置を検討します」
だそうだ。

確かに、悪質なデマを流すことはいけない。しかし蓮舫は他人にそんな
ことを言えるのか?

安保法制(法案)に関して、「戦争法案だ!」とか「徴兵制になる!」とか
悪質なデマを流しているのは誰だ? 蓮舫を始めとする民主党ではないか。
さらには、現行の周辺事態法でも法文上は核兵器を運搬できるのに、
今回の安保法制で初めて運搬できるようになるとかデマを垂れ流して
いるのも民主党だ。

蓮舫は「民主党は戦争法案というレッテル貼りはしていない」とツイート
したが、蓮舫自身が「戦争法案」と演説中に連呼しているという事実。
他の民主党議員も「戦争法案」を連呼してるんですけど、蓮舫さんよ。

他人(時の政権)を批判するときは悪質デマを流しておきながら、自分が
批判されると「法的措置をとるぞ!」って何???
民主党って、こんなヤツばっかり。


7月27日に民主党の岡田代表が「JR東労組」で講演を行った。
JR東労組は、言わずと知れた革マル派が支配している、見かけ上の
労組である。

その証拠に、民主党の鳩山政権下でさえ
「革マル派活動家が相当浸透している」とする答弁書を閣議決定している
ほどである。つまり、政府も認める極左暴力集団である。

そんなことろで野党第一党の党首が講演を行うということが、どういうこと
なのかは、岡田自身がよく分かっていることと思う。

民主党は幹事長の枝野も、衆議院選時にJR東労組と政策協定を結んだ
り、献金を受けていたほどの「仲」である。

代表と幹事長という党のNo1とNo2が、極左暴力集団との密接な関係を
隠さなくなってきた。こんな政党が野党第一党であるという現実。

ちなみに、来年夏の参議院選には、JR東労組も加入するJR総連から
組織内候補として田城郁(かおる)(現職)というヤツが立候補する。
田城はJR東労組出身だ!!
(既に民主党から公認されている)

極左暴力集団と繋がる民主党。
極左暴力集団から推されて立候補する候補者。
こんな政党は徹底的に叩き潰すしかない!


霊感商法は言わずと知れた悪徳商法の一種である。
先祖の因縁や霊の祟りがあるなどと言って不安を煽り、法外な値段の
商品を売りつけるような商法。

現在の国会審議状況を見ていると、民主党のやっていることはまさに
これである。
「戦争になる」「徴兵制になる」などと不安を煽り、安全保障という国の
根本に係わることに対して、正面から向き合おうとしない。

寄り合い世帯の民主党は、安保法制賛成派から反対派、さらには自衛隊が
違憲だと考えているような最左派までいる。
党の考えがまとめられないからと言って、正面からの議論を避けている
ようでは、再び政権を担うことなどできるはずもない。

まあ、本気で政権と取る気がないと考えた方がいいだろう。
安全保障問題をまともに語れないような政党が、国民から信頼される
わけがないからだ。

この霊感商法まがいのことをやっているのは、朝日新聞を始めとした
反日左派系のマスコミも同様だ。
特に便所紙にもならないような東京新聞は「軍靴の音が近づいて来る」
などとバカなことを書いている。

国会の議論がかみ合わないと言われているが、そりゃそうだ。
民主党はまともに議論しようという気がないからだ。さらには左派系
マスコミと一緒になって国民に対して「霊感商法」を行っている。
嘆かわしい限りだ。


民主党のお粗末な国会審議を見ていると、日本は平和だなぁ~と思う。
在日議員の白眞勲が、盛んに自衛隊の武器・弾薬輸送に関して
「(法律上)核兵器も運べるのは問題だ!」といきり立っていた。
さらには、口だけ男の山井和則も、同様に「法文上は可能だ」と食いつく。

岡田克也も「論理的には可能だ。机上の空論と片づけるのは間違いだ」
と、党を挙げて「核」を前面に押し出してきた。
日本人にある「核アレルギー」を使い、少しでも民主党が有利になれば
という作戦だろうが、お門違いも甚だしい。

自分たちは政府を攻めたてていると思っているようだが、民主党お得意
の「大ブーメラン」である。

だいたい、現行の周辺事態法などにも、法文上は核兵器を輸送しては
いけないという規定はない。つまりは、民主党が政権を持っていた時から、
核兵器の輸送は可能だったわけである。

それなのに、民主党が周辺事態法などを改正し、核兵器の輸送禁止を
明文化しようとしたことはない。
今頃になって、何を言ってるのか??

簡単である。安保法制によって核兵器の輸送が「初めて」可能になった
かのような誤解を国民に与えようとしているだけなのだ。
本当に情けない政党である。

山井は言う。
「核兵器を自衛隊が輸送できるようにする危険な法律を成立させることは
できない!」

こいつが周辺事態法などを知らないで言ってるならバカ丸出しだし、知って
いて言ってるなら国民を欺く詐話師である。
どっちにしろ、国会議員としてふさわしくないのは明らかである。

山井は民主党への政権交代前TVに出まくって、民主党政権になれば
バラ色の世界が待っているかの如くデマを言いまくっていたヤツだ。
その反省・懺悔もなく、また国会でこんな戯言を言っている。

民主党の皆さん、なぜ周辺事態法を改正しなかったのか、国民にきちっと
説明してから、こういうことを言うようにしろよな。


7月21日の産経新聞に、「日本のリーダーとしてふさわしいのは?」
というアンケート結果が載っていた。

安倍首相が1位で26.1%、橋下大阪市長が2位(11.9%)、石破
地方創生相が3位(9.3%)だった。
橋下人気がまだあることを思い知らされたが、妥当な結果かと思う。

ところで、野党第1党である民主党の岡田代表は言いうと、順位では
4位とまずまずだが、その割合はたったの3.6%。
安倍首相から大きく引き離されているのは当然として、橋下の1/3
しかない。

なんとも情けない状況だ。
それもそうだろう、存在感はまるっきりないうえ、党の政策をまとめる
ことすらできていない。寄り合い所帯の民主党だからしょうがないか。
元自民党組や保守派もいれば、元社会党やバリバリの左翼までいる。
こんな政党が、安保法制などで同一行動を行えるはずがない。

No2の幹事長に据えたのが革マル枝野だし、安保法制の質問に送り
込んだのが左翼活動家・辻元だし。
左派系を優遇しているようでは、国民の幅広い支持は絶対に得られない。
さらには、共産党と一緒に街宣しているようでは・・・。

話はそれるが、辻元の安保法制採決時のパフォーマンスはみっとも
なかった。委員長席脇で、マイクに声が入るのを確認したうえで、
「委員長ぉ~、やめてぇ~」と泣きまね声。

ところがTVカメラが撤退すると、何事もなかったかのようにスタコラ
去っていった。この様子が官公庁用国会中継にバッチリ写っていた。
すべての行動が意図的なパフォーマンスだったってことが、白日の下に
晒されることになった。あぁ~、恥ずかしいヤツだ(爆笑)!!

産経のアンケート結果に戻ると、民主党支持者でも岡田と回答したのは
たったの17.3%。これじゃあねぇ。橋下の11.2%と大差ない(笑)。
ちなみに、ふさわしい人はいないがトップで44.9%。
民主党支持者からも見放されている岡田。

「反対・反対! 何でも反対!!」って言ってる共産党や社民党レベルに
なった民主党。もう再浮上することもないんだから、さっさと解党して
消えてもらった方がすっきるする。


国会のこどもクイズ王・小西洋之が、産経新聞の阿比留記者を名誉
毀損で提訴&告訴した。

阿比留記者のFBの記事により、名誉が毀損されたと訴えている。
訴状では、
「阿比留記者の投稿記事の内容が、小西洋之の国会議員としての
資質や人間性に重大な疑問があるとの印象を与えるものであり、小西
洋之の社会的評価を著しく低下させるものであることは明らかです」
と言っているが・・・。

阿比留記者の投稿記事を読むまでもなく、小西の国会での異常な
言動やツイッターへの投稿内容をみれば
「国会議員としての資質や人間性に重大な疑問がある」ことは明白で
あるけどね。

小西には、一般国民を訴訟をちらつかせ恫喝し、言論封鎖した「前科」
がある。
(「なんと幼稚な国会議員 民主党参議院議員・小西洋之」参照)

自分のこうした行動への反省や謝罪はまったくなく、自分のことを揶揄
されたからと言って、「訴えるぞ!」って何なの?
しかも、その揶揄されたという内容が、一般国民から見て小西を表す
適切な例えであるのにもかかわらずだ。

特に、
「憲法に関する比類なき我田引水的で枝葉末節的な知識を何より誇る」
って、小西にとって褒め言葉じゃないの?
「木を見て森を見ず」どころか「樹皮1枚を見て森を見ず」的な話ばっかり
してるじゃないか、小西よ。
「知識を誇る」って褒められてるんだぞ(爆笑)。

国会議員が新聞記者を訴えるという、見方によっては言論封殺(恫喝)
的な提訴である。スラップ訴訟といわれても文句は言えまい。


民主党の細野豪志政調会長は、自民党がNHKとテレ朝の幹部から
事情を聞いたことに関して、
「具体的な報道番組に立ち入った話だから心配事が出てくる。報道の
自由に対して萎縮効果をもたらす懸念もある」
と批判した。

細野は物事の本質が全く分かっていない。
萎縮もなにも、だいたい「捏造」「扇動」に報道の自由なんてないから。
NHK・クローズアップ現代のやらせ問題、テレ朝・報道ステーションの
官邸圧力批判(古賀)のいずれも、報道の自由を逸脱しているのは明ら
かである。事情を聴く程度で済んでよかったと両局は思わないといけない。

細野は民主党がNHK・籾井会長を複数回呼んだことに関しては
「NHK予算が適正か判断するため会長の話を聞かなければならな
かった」と正当化したが、何をやったかというと、籾井会長のタクシー代
疑惑で吊し上げただけ。

これのどこが「NHKの予算」の話なんだ??
階猛という気持ち悪い顔(オレの主観)をしたヤツが、執拗にくだらない
ことを言ってただけ。あぁ~気持ち悪い!!

階って、もともとは「小沢の金魚のフン議員」だろ。でも形勢不利と見るや
民主党に残った「風見鶏」。民主党内では細野一派に属す。
何回も書いて悪いが、コイツの顔は本当に気持ち悪い!!!

話が逸れたが、細野はやっぱり「モナ夫」。今までが優遇され過ぎて
いただけ。要職を努めるような実力はない!
と言っても、民主党自体が愚議員の集まりだから、誰がやっても国民
からそう思われるだけかな。


4月12日に投開票された統一地方選の前半戦では、道府県議選で
自民党が総定数の過半数に達して圧勝し、大阪維新の会も府議選と
市議選で最大勢力を維持した。

それと対照的なのが国政では野党第一党の民主党。
改選前議席を346議席から264議席に大幅に減らしたうえ、大阪では
府議1議席、市議ゼロと壊滅状態。

それにもかかわらず革マル枝野(幹事長)は
「党の再生に向けた一歩を踏み出せたのではないか」だってさ。
よく分からない言い分だが、どうやら党本部が推薦した首長候補者は
全員当選したということらしい。

TVニュースでは北海道知事選と大分知事選が自民・民主激突と言わ
れていたが、北海道、大分とも地元組織が応援しただけだ、ということ
みたいだ。

幹事長がこんなことを言ってるようでは、民主党の再生は夢物語である。
素直に敗北を認めて、それに対する原因分析を行い、対策を打ってこそ
先が見えてくるものだ。

現実を直視できない政党は消えていくだけだ。
社民党を見れば分かるだろう、革マル枝野よ。


民主党の細野豪志が、中学校教科書の検定結果に関して
「教科書が政府広報のようになるのであれば、非常に違和感を覚える」
「教科書の記述の幅がかなり狭まったとの印象を受ける」
と、どっかで聴いたセリフを吐いた。

なんてことはない、朝日新聞の社説(4月7日)の内容じゃないか。
読んできた朝日新聞の内容を、そのまま記者会見でしゃべったようだ。

具体的にはどの部分か? と問われると
「報道などを通じて接している情報に限定されるので、個別のことに
ついて申し上げる状況ではない」
だってさ。

細野の情報は朝日新聞だけみたいだ。
教科書の幅が狭まったとか言う前に、自分の情報が非常に狭いことを
よく自覚した方がいいね。

細野は「すべての教科書を読んだわけではない」という趣旨の発言も
しており、無責任さを曝け出した。
朝日新聞が政府批判をしているから、とりあえず批判しておこう程度の
底が浅い発言だということ。

これが野党第一党の政調会長のレベルである。
入手した情報の把握・分析ができておらず、その確認もせぬまま安易に
発言することの恐ろしさがまるで分かっていない。

こんなヤツらが3年もの間、政権に就いていたんだからゾッとするわ。


衆議院選は大方の予測通り自民党が291議席(追加公認1含む)を
獲得し、公明党の35議席と合わせ定数の2/3を確保した。
それに対して、民主党は11議席増えたものの73議席にとどまり、
目標の100議席には遠く及ばなかった。
代表の海江田万里も無残にも落選した。

解散時は自民党は30議席くらい減り、民主党は100議席を超える
だろうとの予測があったが、有権者は民主党に厳しかった。
そりゃそうだ、こんなダメ政党に自分の貴重な一票を投ずることほど
ムダなことはない。

民主党・革マル枝野の
「私が首相なら、この秋に解散をやる」
なんて挑発していたのに、いざ本当に解散されたら
「大義なき解散だ!」
とか言いだした発言が、すべてを物語っている。

下野後の2年間、何の選挙準備もしてこなかった表れである。
選挙準備が遅れていたせいで、他党との「棲み分け」と称する候補者
調整を行った。

しかし、これは有権者を非常になめた行為である。
有権者をバカにしていると言ってもいい。
公務員労組の官公労を含む連合くらいしか支持母体のない民主党と
労組批判(特に公務員労組)を繰り返す橋下率いる維新の党が、政策
協定なしに「調整」なんて、おかしいだろう。

まあ、朝日新聞も野党候補を一本化すれば足し算で自民党に勝てる
選挙区が多い、なんて机上の空論を記事にしていたくらいだ。
(前田直人が一生懸命、自分のコラムに書いていた(爆笑)。)

こんな「野合」に騙される有権者ではない!

さらに民主党は自民党の「アベノミクス」に代る経済政策をまったく
示せなかった。そればかりか
「反対!反対! 反対ぃ~~~!!」
お前らは社民党の福島瑞穂か! なんて突っこみを入れたくなって
しまうほどのレベルだ。

これでどうして民主党に投票できようか。

批判はするが有効な対案を示すことができなかった民主党。今回の
選挙戦が盛り上がらず、投票率も戦後最低であったことの原因を
解散した側(安倍首相)の問題のごとくマスコミは報道しているが、
候補者は立てられない、まともな政策は示せない「野党第一党」たる
民主党の責任の方が大きいと思うのはオレだけか?

こんなレベルの低い民主党に再起の道などない!
逆に再起などされたら日本の未来はない!
このまま静かに沈んで、2度と浮上しないよう強く願う。


衆議院選は自民党の圧勝予測が出ている中、民主党は一時は政権を
担っていたことなど信じられないほど落ちぶれている。10議席程度は
増える見込みのようだが、幹部連中がこぞって苦戦している。

そんな中、自民党が民主党の幹部連中の選挙区に、続々大物議員を
応援に送り込んでいる。

民主党代表・海江田万里の選挙区(東京1区)にも、安倍首相、菅官房
長官、谷垣幹事長などが自民党候補の応援に入っている。

海江田は前回小選挙区で敗れ比例で復活した身である。
今回も代表でありながら自民党候補に苦戦しているとの報道。

そんな海江田が「嫌がらせですよ」なんてぼやいている(12月9日)。
(いかりや長介風に)ダメだこりゃ!

衆議院選という、言わば「政権選択選挙」で過半数を超える候補者を
立てられないだけでも情けないのに、代表がこんなことを言ってるよう
じゃ話にならない。

ちなみに、政治評論家・浅川博忠氏の予測によると、
海江田万里以外にも、菅元首相も苦戦中。革マル・枝野も接戦。

枝野なんか
「私が首相なら、この秋に解散をやる」
なんて挑発していたのに、いざ本当に解散されたら
「大義なき解散だ!」
とか言ってる。恥ずかしいヤツだ。

民主党は安倍政権や自民党の批判ばかりで、まったく対案を示せない。
社民党と見間違うレベルに、一時期政権を担っていた面影はない。
まあ、政権の座についたのが間違いだったんだけどね。

所詮、民主党なんてこんなもん。早く消滅してくれ!!


最近TVで流れている民主党のCM。

女性が出てきて「夢は正社員になること」と笑顔でおっしゃる。
???
ちっちゃな夢だなぁ~。

正規雇用を望んでいるが、残念ながら非正規雇用の女性の声を代弁
しているつもりかな。
民主党や社民党が盛んに非正規雇用が過去最高と煽っているので、
その延長線上でこんなCMを作ったんだろうけど。

でも、非正規雇用の内訳をきちっと示してからものを言って欲しい。
自らの望んでパートや派遣をやっている人も相当数いるだろう。
定年後にパートや派遣をやっている人もいるだろう(男性が多いと
思うが)。

非正規雇用総数には、こういう人もみんな含まれる。
過去最高を記録したという非正規雇用が、すべて正規になれず
非正規に甘んじている人ばかりではない。

こういうことにはまったく触れないで、非正規が増えた増えたとだけ
煽るのは政党としてどうなんだろう。

批判を恐れずに言うが、非正規雇用でも無職よりはいいだろう。
(この部分は、批判は恐れずにと書いたが、批判は受け付けない。
オレの意見だし、オレのブログだ)

それに、雇用を縮小させたのは誰だ?
3年も政権の座にありながら、その政党は何をしたのか?
よく自ら考えて欲しいもんだな。

まあ、どんなCMを流そうと民主党の自由だし、好きにすればいい。
でも、これで民主党の支持率が上がるとは思えないな。
だって、1番重要なのは
「じゃあ、どうするの??」

民主党は、どんな答えを持っているんだ??


民主党参議院議員・小西洋之のツイッター炎上には、もう一つのネタがある。
それは、自転車の飲酒運転疑惑。

2010年と数年前の話だが、飲酒後「自転車を押して帰ります」というのと
「自転車を漕いで帰ります」という2種のツイがあり、後者は飲酒運転じゃ
ないのか? という疑問から始まっている。

小西は「私は違法行為である自転車の飲酒運転は絶対に致しません」
と一生懸命疑惑を払しょくしようとしているが、言えば言うほど火に油を
注ぐ状態となっている。

小西のツイを「普通」に読めば、前者は自転車に乗らないで押して帰った。
後者は自転車に「乗って」帰った、としか読めないけどね。
つまり、自転車の飲酒運転をした、と読める。
だって、わざわざ使い分けてるんだもの。

小西は、この使い分けに関しては何の説明もできず、国会周辺は数十m
おきに警官がいるとか、訳の分からない言い訳をする始末。
どうやら、警官がいっぱいいることが、飲酒運転をしていないという理由に
なると本気で思っているらしい。
(これはある意味凄い考えだね)

あげくに、誤解を与えたとか言って、後者(「漕いで」の方)のツイを削除する
という行為に出た。

これにより、「削除してなかったことにするつもりか!」
と、さらなる炎上状態に。

後になって「飲酒状態でない状況のもとで、飲酒状態でないことを確信し
て帰宅したものです」なんて言い出してる。

論点を「飲酒状態でない状況」なので飲酒運転ではない、とすり替えてきた。
「押して」と「漕いで」の違いが説明できないとなったら、今度はそもそも
「飲酒状態でない状況」なんだから、飲酒運転ではないと言い出した。

小西が言いたいことは、「飲酒後」に「自転車に乗って帰った」けど
「酔いは醒めているから飲酒運転じゃない!」
ってことらしい。

前回書いたけど、他人には「削除してもダメ。訴える」とか言ってるのに、
自分は削除してなかったことにしようとした。それでさらに批判を浴びると、
変な日本語を使って「飲酒状態じゃないもん」だって。

本当に幼稚な対応。これで批判が収まるとでも思ったのかね。

オレ個人は自転車の飲酒運転をしたかしないかよりも、国会議員が言い訳を
駆使し、なんとか「ごまかそう」「やり過ごそう」という態度に出ていることが
大問題だと思う。
(もちろん自転車の飲酒運転は絶対にダメ!)

「飲酒運転はしてないって言ってるのに、趣旨を歪曲するなどの悪質な書き
込みや拡散行為などについては、違法行為に該当するので訴えるぞ」
って、小西は相変わらず喚いているので、◯゙カにつける薬はないわ。

こんなことを書いているオレも訴えられるかも。
オレは小心者なので、小西から「訴えるぞ!」って言われたら、このブログ
閉鎖しちゃうかもね(笑)。

でも、コイツのような「世間知らずのガキ」が跋扈している民主党って??

関連
 なんと幼稚な国会議員 民主党参議院議員・小西洋之


いま、ツイッターで連日炎上している国会議員がいる。
民主党参議院議員・小西洋之。

おれはコイツのことをほとんど知らなかったんだけど、いろいろなツイを
見ると、典型的な「ガキ」。

国会で安倍首相に憲法に関してクイズのような質問を連発して、
「こどもクイズ王」と揶揄されていた議員がいたことは知っていたが、それが
コイツだと分かって、なぁ~るほどって感じ。

なんで連日ツイッターが炎上しているかというと・・・。

ツイッター上で、胆管癌を患っている小松内閣法制局長官に「そのまま
死んでしまえ」と発言したものがいる、という別人のツイを受け、
「これは小西議員の発言ですか?」的な「質問」をしただけで、
「名誉棄損だ!削除しろ!削除しない場合は法的措置をとる!」
って、いきなりの恫喝。しかも
「ネット上での名誉棄損はだいたい裁判で認められる」
と恫喝の追加。

質問者がツイを削除したにも関わらず、
「削除しても既に拡散されてるから、法的責任は免れないぞ!」
って、さらなる追い討ち恫喝。

質問者は、国会議員から「訴えるからな!」と恫喝された恐怖により
ツイッターのアカウントまで削除してしまった。

この事態に、小西への非難が殺到。
国会議員による国民への言論侵害・弾圧、恫喝だと炎上中。

発言内容は一言一句正確には書いてないが、主旨は曲げていない。
これを見た大多数の人は、小西が突然「訴えるからな」に違和感を覚えると
思う。

誹謗中傷を浴びせられたのならまだ分かるが、ただの質問を受けただけ。
なにをとち狂ってるのか? コイツは・・・。

小西の国会でのくだらない質問パフォーマンス、酷い野次はそれなりに
有名みたいで、安倍首相からも何度もたしなめられている。
(動画を観たら、確かに酷い)

質問者も小西ならこういう発言をしかねないヤツ、という認識があったから
質問したんだと思うが、「私ではありません。」の一言で終了だけどね、
普通は。

それを「訴えるぞ!」だもんね。ちょっと呆れるわ。

小西のツイッターは批判により炎上中だが、コイツはその元が自分の
対応だという認識がないようで、
「民主党の顧問弁護士と相談し、すぐに対処できる法的措置の実行の他、
名誉毀損事案専門の弁護士等からなる対処チームで対応することになった」
なんて言い出す始末。

ところが、民主党・海江田代表が定例会見で記者からこのことを質問されると
「小西さんから相談されたことはない。民主党として対応することはない」
と全否定。

おやおや、親分からも見放されちまってる。
というか、コイツは国民を脅かすために「ウソ」を言ったことになる。

海江田代表の発言を受け、小西のツイッターには「どういうことだ?」という
質問(?)が殺到してるが、小西は完黙状態。
これでまた、「嘘までついて国民を恫喝するのか!!!」
ってなってる。

まあ、民主党議員にありがちな、「優等生だけど世間知らずのガキ」って
ところかな(笑)。


安倍首相の
「最高責任者は私だ。政府答弁には責任を持って、その上で選挙で国民の
審判を受ける。審判を受けるのは内閣法制局長官ではない。私だ」
と言いう趣旨の発言に、もっともバカをさらけ出したのは民主党・枝野幸男。

「国辱的発言だ」
枝野幸男はこう言って、安倍首相を非難しているが、民主党政権時に自分が
何を担当していたかを忘れているらしい。

枝野幸男は行政刷新相の時、憲法を含む法令解釈担当を兼務していた。
民主党は内閣法制局長官に答弁をさせずに、枝野が答弁をしていたのだ。

自分が大臣の時は、憲法解釈は内閣の責任として、国会で答弁していた
のに、野党になったら首相が答弁するのは「国辱的」だと言う。

官僚支配からの脱却だなんて、きれいごとを言っていたのに、官僚である
内閣法制局長官の見解を拠り所にする。

まあ、こんないい加減な政党だから国民から愛想を尽かされ、消滅寸前に
なっているんだろうね。
でも、枝野を始めとした民主党の連中が、これに気づいていないことが
思いっきり「痛い!」んだけど(爆笑)。


鳩山元首相が中国を訪問し、1月16日に北京人民大会堂で賈慶林・人民
政治協商会議主席や楊外相らと会談し、「係争が起きていることは事実だ」
と述べ、「係争地」であることを双方が認めた上で、解決を探るべきだとの考
えを伝えたという。

はあぁ~ん??

また、寝言を言ってる。

日本固有の領土に中国がちょっかいを出してるんじゃないか!!

小野寺防衛相が、「国賊」と言う気持ちも分かるわ。

お前が出てくると、国益を損なうどころか日本が沈む!
頼むから、もう引っ込んでいてくれ。

↑このページのトップヘ