Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 女子プロレス好き


救世忍者乱丸と聞いて、その素性の分かる人はそんなにいないと思う。彼女(女性なのだ)はプロレスラー!

9860511e.jpg
5424e2a1.jpg
オレも知らなかった。オレの場合、1990年代は女子プロレスを頻繁に観戦していたのだが、2000年代以降まったく機会がなくなってしまった。

それが今年の5月連休に久しぶりに観戦し、また女子プロレスの面白さを思い出し、動画サイトやDVDで観るようになった。なかなか生観戦に行けないのは残念だ。だって群馬に来ないんだもん。

そんな中で、救世忍者乱丸のことを知り、またひょんなことから彼女のこれまでの生涯やプロレスラー生活、病気のことなどを知り、いたく感動してしまった。ちょっと(というかかなり)涙が出てしまった。

3歳の時小児ガンのため片目の眼球を摘出。以後、義眼
大学時代、空手で世界大会に出場
プロレスラーを志すが、義眼を理由に断られる
アニマル浜口ジムで猛特訓
晴れて、某団体に入門するが、いじめにあう
失意のうちに1年半で退団
ジャガー横田の誘いで再度プロレスラーへ
プロレスラーとして脂がのって来たときに急速進行性糸球体腎炎
という腎臓病を患う
再起は不可能と医師から言われる
2年後涙ぐましい努力の結果、奇跡の復帰

文章で羅列しても伝わらないかもしれないけど・・・。

関西ローカルなどでは、けっこうドキュメント番組に取り上げられているらしい。そんななか、TV東京で放送された「生きるを伝える」という番組を見つけた。是非観て。たった3分ちょっとだけど、上の文章よりかは伝わるかも。

ハンデを乗り越え叶えた夢 義眼のプロレスラー「乱丸さん」

*追記
 確認したところ、スマホでは観られないことが分かりました。申し訳ありません。PCで観てください。

乱丸のブログに書かれていた言葉。
数ある人生のターニングポイントで、ギリギリのところで手を伸ばしたら、この手をギュッと掴んでくれる・・・。そんな想いを、いつか返せたらなぁってずっと思っていました。

これを実践するため、乱丸は中・高校などを中心に講演活動を行っている。

救世忍者乱丸はコミカルレスラーである。これはプロレスラーになった後の患った大病の影響かもしれない。でも、楽しいプロレスを実践している。本当に楽しいし、面白い。オレは大ファンになった!

YouTubeにアップされている動画を観て楽しんで欲しい。(有料放送の動画みたいなので、いつ削除されるか微妙だけど)




頑張れ、救世忍者乱丸! これからも楽しませてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


OZアカデミー前橋大会観戦記の3回目。

第4試合 ダイナマイト関西 vs 紫雷美央
52d648de.jpg
ヒール軍団乱入も女子プロレスの定番。

a5815950.jpg
16950168.jpg
体力差あり過ぎ。ダイナマイト関西93kgに対して紫雷は52kg。尾崎、桜花、西尾美香、ポリス(男性マネージャ)が乱入していろいろちょっかいを出しても、関西が体力で圧倒!

さあ、メンイベント。
アジャ・コング & 倉垣翼 & 大畠美咲 vs AKINO & 松本浩代 & 花月
e41c3b38.jpg
各試合を通して、ドロップキックはいっぱい出たけど、唯一それっぽく写ったのが、これ1枚だけ。しかもピンボケだけど。なかなかジャストミートできないんだよね。

9d2722ab.jpg
0382aa73.jpg
倉垣翼のパワー殺法。2人をアルゼンティンバックブリーカーで担ぐのは凄いね。

87fec5de.jpg
大畠美咲。残念ながら、あんまり目立てなかった。でもスタイル抜群!!

ed291076.jpg
e02a13ed.jpg
601053ef.jpg
松本浩代はいい選手だ。アジャともパワーでやりあっていた。

642e789a.jpg
a121caa0.jpg
1d18b4cf.jpg
ご存知のアジャ・コング。「デカく」なりすぎだろ。昔見ていた頃より明らかにデカくなってる。パワーは健在だが、最後すっげー疲れてた(笑)。

ea267f9d.jpg
「お約束」の一斗缶による攻撃。喰らう方(花月)も大変だよね。しかし良い音がした(笑)。

5試合とちょっと少なめだったけど、充分楽しめた。1回目に書いたように「おもしろかった!!」

女子プロレスの興行構成ってのは、昔とそんなに変わってないのね。ベビーフェースとヒールが明確に区分けされていて、ヒールが反則や乱入などを繰り返す。

普通ならここからベビーフェースが盛り返して、十八番技で逆転勝ちってなるんだけど、最近はヒールに人気があったりするので、そんな単純にはいかないけど。それにプロレスの勝敗ってのは、あんまり意味がないので・・・。

「大ベテラン」の豊田真奈美、尾崎魔弓、ダイナマイト関西、アジャ・コングがまだまだ元気なのは驚いた。けっこうな歳、おっとこれ以上言わない(笑)。

でも「大ベテラン」と生きの良い若手が、いい意味で融合してる感じがして楽しい興業だった。

OZアカデミーに限らず、女子プロレスがもっと群馬で興業をやってくれると非常にうれしい。

(「久しぶりの女子プロレス観戦 OZアカデミー前橋大会」)
(「久しぶりの女子プロレス観戦 OZアカデミー前橋大会 その2」)

このエントリーをはてなブックマークに追加


前回に引き続き、OZアカデミー前橋大会観戦記。

fd1019f6.jpg
大会チラシ。知ってる選手と知らない選手の比率が3:1といったところ。知ってる選手の方がちょっと多い。

d7d32fc2.jpg
会場内の選手の応援横断幕。女子プロレスっぽい。ただ、この横断幕の選手はだれも知らない・・・。

第1試合にいきなり豊田真奈美が登場。
豊田真奈美 vs カルロス天野
b06b4d33.jpg
9c1de022.jpg
177e7305.jpg
鼻の穴に指を入れるのは、女子プロレスの定番。豊田真奈美は、昔よりちょっと「デカく」なってた(笑)。でも相変わらず、ローリング・クレイドルやムーンサルトプレスを出していた。

5eea5c2c.jpg
なぜか、試合後にカルロス天野とトークショー。さらになぜか、「谷川岳」を飲みだした。

第2試合 旧姓・広田さくら vs 中川ともか
a4dab2b4.jpg
59ee90ea.jpg
なんで「旧姓・広田さくら」かというと、結婚したから。自称「世界最強の人妻」。実は広田さくらは「お笑い系」の選手なので、非常に楽しい試合だった。写真のポーズは意味不明(笑)。

5c6b1bdb.jpg
旧姓・広田さくらのロープ歩き。でも、この後「お約束」で落下・股間打ちをやっていた。旧姓・広田さくらを「お笑い系」と書いたが、もちろん技術の裏打ちがあってのこと。

第3試合 尾崎魔弓 & 桜花由美 vs 加藤園子 & 志田光
76256da3.jpg
d80412b4.jpg
865afdef.jpg
78c86dd0.jpg
志田光が凛々しくて、見とれた。尾崎&桜花相手によく頑張っていた。

a4338abe.jpg
加藤園子のかかと落とし!

2f8ecd0a.jpg
6135a1a5.jpg
試合は場外乱闘、鎖の首つりなど、女子プロレスっぽさ全開!

44883989.jpg
4def138b.jpg
尾崎魔弓はサンダーファイヤーパワーボムやラウンディングボディープレスを出すなど、まだまだ元気だった。

ここで休憩。

09e1235f.jpg
試合が終わっても、休憩時間にはサイン会やグッズ販売のため売店へ。志田光はけっこう人気があるのか、人だかりができグッズも良く売れていた。

観戦記も休憩。

(「久しぶりの女子プロレス観戦 OZアカデミー前橋大会」)

このエントリーをはてなブックマークに追加


fd1019f6.jpg
5月3日にグリーンドーム前橋で行われたOZ(オズ)アカデミーの興行に行って来た。女子プロレスを生観戦するのは、およそ20年ぶりくらい。当時は全女(全日本女子プロレス)全盛で、ブル中野や北斗晶、アジャ・コング、豊田真奈美、井上京子などが活躍していた。

ちなみに、クラッシュギャルズやダンプ松本は生で見たことがない。全女の興行に行き始めた頃には、既に引退していたんだと思う。(みんな後に復活してるけど)

その後、1997年に全女が経営危機、分裂し女子プロレスも下火になり、地方興行を定期的に行える体力のある団体が少なくなり、なかなか群馬まで来てくれなくなって、足が遠のいてしまっていた。

OZアカデミーってのは、1996年にJWPに所属してた尾崎魔弓が団体の枠を超えた「ヒール養成学校」みたいなのを設立したもの(この頃は団体ではない)。団体化したのは2006年。

今回の興行を知ったのは、アジャ・コングが上毛新聞に興業のPRに来た、という記事が載ったから。

OZアカデミーには、尾崎魔弓の他、アジャ・コング、ダイナマイト関西といったオレがよく知っている「大ベテラン」が所属しており、また同じく豊田真奈美もフリー参戦するということで、「これは行くしかない」と。

以前女子プロレスを観戦してた頃は、前売りで特別リングサイド(最前列)を確保してたんだけど、今回は当日の自由席。グリーンドーム前橋といっても地下1Fにあるサブイベントホールなので(あんまり広くない)、自由席でもいいかなと。

自由席でも前から4列目と5列目なので充分だった(4列目に座った)。自由席は前売り4000円、当日4500円。これが高いか安いかは、試合の内容次第。

前置きが長くなったが、今回の生観戦の感想は「おもしろかった!!」の一言。

懐かしくて文章ばっかりになってしまった。写真もいっぱい撮ってきたので次回紹介するよ。但し、選手の動きが早くピンボケが多いけど・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ