Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 朝日新聞の妄言・虚言・戯言


朝日新聞が「犯罪者」摘発番組を「差別」「偏見」を助長すると言い始めた。不法滞在者を弱者と捉えて、お得意の「弱者に寄り添う」姿勢を見せている。こんなのものは、タダの欺瞞である。

朝日新聞デジタルの10月13日「外国人摘発番組、フジ以外も次々 『排斥運動に加担』」によると、フジTVが放送した「タイキョの瞬間!密着24時」が問題番組だという。これ以外にも、複数のTV局で入管に密着した同様の番組が作られており、差別を助長していると朝日新聞は言う。

記事では弁護士や大学教授などにコメントさせ、「摘発場面を取り上げる番組は外国人を不審視し、排除する空気を作りかねない」「一部にある外国人排斥運動に、メディアが間接的に加担しているのを感じる」「最初から犯罪者の印象を与えている」だそうだ。

そして記事の結論は「入管の現場で何が起きているのかを本当に伝えたいなら、外国人の受け入れ制度や法律の問題点に触れるなど多角的な視点が必要で、法を盾に誰かを罰して留飲を下げるような作りにはならないはずだ」。

どうやら、不法滞在にも理由があるのだから、その理由を多角的な視点で見るべきで、摘発場面を映すのは良くない、ということらしい。

不法滞在者を摘発する場面が、なぜ「外国人への差別・偏見を助長し、排斥運動」を助長するのか、さっぱり分からない。それに、不法滞在者の「理由」によっては、許すべきだとも言いたいのか?

それに「推定無罪を無視している」なとど識者に語らせているんだから、これから朝日新聞は不法滞在問題に限らず、犯罪行為や逮捕事案などを記事してはいけない。裁判で有罪が確定するまでは「推定無罪」ではないか? 判決が確定するまでは報道するな。

もしかして、朝日新聞が社員やシンパの犯罪行為を報道しないのは、「推定無罪」と判断しているからか? (苦笑)

相変わらず、欺瞞に満ちたクズ新聞だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞デジタルのオピニオンページには社説や天声人語、各種コラムが掲載されている。社説以外はタダでは読ませてくれないところが朝日新聞だが(登録すれば記事1日1本のみ全文読めるが)。

各種コラムは一覧が記載されているが、その中に「政治断簡」はない。検索すれば出てくるのだが、なぜか一覧にはない。なるほどねと思う。その理由は、現在の執筆者が高橋純子、国分高史、佐藤武嗣の3編集委員だからだ。こいつら共通点は、他人(主に安倍政権、自民党)を批判するのだが、実は書いている内容が朝日新聞自身のこととしか思えない内容だからだ。

特に酷いのは高橋純子の駄文。おそらく自分は「気の利いた」文章になっていると自画自賛しているのだろうが、とてもまともに読める代物ではない。

10月8日も「逃走中なのか、挑戦中なのか」とのタイトルで安倍政権を批判しているが、内容はまったくない。安倍政権を批判する高橋の文章は、まるで朝日新聞の自己紹介かと思う内容だ。

「説明責任を果たすことから逃げ」なんて、朝日新聞のやってることそのもの。慰安婦問題など30年以上すっとぼけ、あげくに第三者委員会という身内の大甘見解で終わり。最近では検索逃れのメタタグ挿入など、とことん「説明責任」から逃げまくっている朝日新聞。

コラム中の「◯◯を棚に上げて被害者モードで反論する姿」なんて、まさに朝日新聞! としか言えない言葉。よく自分たちの姿を見てからものを言えと思ってしまう(苦笑)。

それにしても朝日新聞の身勝手さは、怒りを通り超して笑ってしまうレベルだ。10月10日の社説(「加計氏の会見 説明になっていない」)も、「世の中の疑問や批判にしっかり向き合おうという気持ちは、どうやら一切ないようだ」なんて書いているけど、これも朝日新聞の自己紹介ではないか。

恥ずかしげもなく、こういう文章をよく書けるよな。朝日新聞にいると、人間として鈍感になるようだ。これだけ自分に甘い人間の集まりも珍しい。勘違いしている人間は、これだけ傲慢になれるという見本でもある。

傲慢で奢っている人間が、自分の思い通りならないことに対して、紙面を使って憂さを晴らしているだけだ。駄々を捏ねていると言った方がいいのかもしれない。自分たちの非を認めない人間が、どうあがいたところで誰からも信用されない。

朝日新聞が自らの捏造・ウソ記事、印象操作記事の数々を自省しない限り、廃刊を免れることはできないだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の論説委員連中の頭の中は、膿が溜まって腐っているのだろう。そうとしか思えない10月8日の社説「日韓共同宣言20年 後世に恥じぬ関係構築を」。

朝日新聞が日韓関係を語るときに必ず書く「過去の直視」と「未来志向」。明らかに使い方を間違っている。また、それは朝日新聞が自らのこととして考えなければいけないことだ。

朝日新聞は社説の中で、日韓関係の「負の流れ」の例として慰安婦問題を挙げる。2015年末の日韓合意を韓国が「形骸化を図り責任を果たそうとしない」と書きながら、「(日本は)解決済みの一点張り」「過去の直視を日本が怠り」と矛先を日本にも向ける。

唖然。「不可逆的な解決」を謳い、日本は合意内容を完全に履行している。なぜ「解決済みの一点張り」「過去を直視していない」となる?「不可逆的な解決」を合意し、約束を履行している日本に対して、これ以上何をしろと言うのだ。バカなことを書くな!

それよりも、朝日新聞こそ自身の責任を何だと思っているのか? 30年以上にわたり吉田清治の詐話を元にしたウソ八百記事を書きまくったのは誰だ? 植村隆の捏造記事を頬被りしているのは誰だ?

朝日新聞は「過去を直視」しなければならない。その上で、きちんとした謝罪をしなければならない。身内を集めた第三者委員会の結論に身を隠して、とぼけ通せると思ったら大間違いだ。

韓国国内に慰安婦問題の火を付けたのは朝日新聞だ。朝日新聞は韓国にも謝罪しなければならい。「ずぅ~っとウソを書き続けて、みなさんを煽って煽って、煽りまくりました」と。

朝日新聞は日韓関係が悪化していると言っているが、その原因は朝日新聞である。自ら火を付け煽りに煽っておいて、火が消えないのは「日本が悪い」とは、ただの放火魔でしかない。盗っ人猛々しいにもほどがある。

朝日新聞の謝罪なくして、真の未来志向の日韓関係など生まれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞は「旭日旗批判」がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する
朝日新聞のダブスタは相変わらず過ぎて笑うしかない
朝日新聞は「パチンコの換金禁止」に賛成だよな?
韓国の「ウリジナル」と朝日新聞のダブスタ
朝日新聞の自民党総裁選記事は駄々をこねる子供と同じ
朝日新聞・高橋純子は相変わらず揚げ足取りに忙しい
元朝日新聞・小田川興「安重根を尊敬している」
元朝日新聞・佐藤章の「批判が足りない」を笑う
朝日こども新聞など百害あって一利なし
朝日新聞は「北朝鮮への帰還事情」の加害者だぞ!
朝日新聞が「地上の楽園」と対話しろだってさ
朝日新聞は「不都合な事実」に向き合っているのか?
朝日新聞の石破推しの浅はかさ
朝日新聞には廃刊してもらおう!
朝日新聞は中国に「言論の自由」がないことをどう考えるのか
朝日新聞論説委員連中の頭の中はどうなってる?
朝日新聞・鮫島浩は自身が「老害」だと気付けよ
朝日新聞は何が言いたいの?
朝日新聞の高校野球に関する「報道しない自由」
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるが・・・
朝日新聞って本当に北朝鮮が好きだなぁ~
朝日新聞論説委員連中のグチ社説
朝日新聞は徹底的に本質から目を背ける
朝日新聞にかかると高校野球はすべて美談になる
朝日新聞の「賭博大国」ってパチンコはいいのか?
朝日新聞・箱田哲也の甘ぁ~い北朝鮮分析
朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し
朝日新聞・忠鉢信一がまだゴニョゴニョ言ってる
朝日新聞・中野晃の朝鮮戦争における日本の責任って?
朝日新聞・忠鉢信一 「どうだぁ! 俺様の意見は」も批判多く逃げ出す
朝日新聞こそハラスメント防止の先頭に立ったら?
朝日新聞・伊丹和弘は自分の間違いを認めないクズ
朝日新聞・大野博人は自ら「おもてなし」を実践したら?
朝日新聞・三浦英之 震災で政権批判するクズ
朝日新聞編集委員・福島申二の「世間ずれ」
朝日新聞・箱田哲也の朝鮮半島目線を笑う
朝日新聞・峰久和哲の底の浅い新潟知事選分析
朝日新聞もとことんネタがないようだ(苦笑)
朝日新聞論説委員・高木智子のツラの皮の厚さ
朝日新聞の笑えないお笑い社説
朝日新聞・国分高史よ、恥ずかしくないのか?
朝日新聞は「納得できない!」で沈んでいく
朝日新聞は自社のセクハラ疑惑にダンマリ
朝日新聞夕刊の素粒子が余りにひどい
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるけれど
朝日新聞・科学担当論説委員の感情論
朝日新聞は自社支局長の犯罪を報道しろ!
朝日新聞の印象操作の典型
朝日新聞・高橋純子のバカ丸出しコラム
朝日新聞は「異論」に耳を傾けたことがあるのか?
朝日新聞は未だに「共謀罪」などとデマを流している
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞・高橋純子が相変わらず言ってる(苦笑)
朝日新聞・鮫島浩よ、自らの「忖度」はいいのか?
朝日新聞のせいで慰安婦問題は永久に終わらない!
朝日新聞は憲法が改正されたら困るの?
朝日新聞は印象操作に一生懸命!
朝日新聞が「モリカケ捏造」を反省することはない
朝日新聞は慰安婦問題の当事者だぞ!
朝日新聞はなぜ「書き換え文書」を公表しない?
朝日新聞が中国御用達メディアに認定される
朝日新聞が未だに稲嶺を持ち上げているぞ(笑)
朝日新聞・上丸洋一の妄想が末期的症状
朝日新聞が米国に日本の政治情勢を解説?
朝日新聞がまた「表現の自由がぁ~!」と言ってるぞ
朝日新聞の本音は北朝鮮に核ミサイルを完成させたいとしか思えない
朝日新聞の本性 その2「天皇・皇室廃止」
朝日新聞の本性「尖閣諸島は中国領」
朝日新聞が産経新聞の「誤報」を伝えているけど・・・
朝日新聞 安倍首相に反論できず!
朝日新聞の都合の良い物忘れ?
朝日新聞が「日頃の備え」が必要だって言ってるぞ(苦笑)
朝日新聞の名護市長選に関する社説が相変わらず
珍しく朝日新聞の言ってることに賛同するがタブスタはやめろ!
朝日新聞・鮫島浩の自己紹介ツイート?
朝日新聞の悪質さと立憲民主党・長妻昭の無能さ
朝日新聞は「国民」を都合良く引き合いに使うな!
朝日新聞・坪井ゆづるがまだ「モリカケ」言ってる(呆)
朝日新聞「安倍首相が関与したとは報じていない」って?
朝日新聞は党首討論に賛成・反対どっちなの?
朝日新聞に大阪大を批判する資格はない!
元朝日新聞・星浩の言う大人の対応って?
朝日新聞はもっと自分の責任を感じろ!
朝日新聞はカジノ反対・パチンコ推奨のダブスタ
朝日新聞・高橋純子って政策に関する持論ってあるの?
朝日新聞は元日から安倍批判(苦笑)
朝日新聞は慰安婦問題の主犯だぞ!
朝日新聞はスラップ訴訟を起こすほど追い詰められている
朝日新聞・高橋純子が自爆!
朝日新聞・高木真也はクビになってないの?
朝日新聞の究極の「おま言う」社説
朝日新聞 ブレブレだなぁ~(苦笑)
朝日新聞がさりげなく過去の捏造を正当化している
朝日新聞・高橋純子の「何でも安倍のせい」論を笑う
朝日新聞お得意の「誤報」ですから謝罪したら?
朝日新聞は暗黒社会を目指しているのか?
「日本死ね」は許すが「朝日死ね」は許さない朝日新聞
「普段着の日韓関係」? 朝日新聞よ現実を見ろ!
朝日新聞も終戦後1ヶ月はまともだった
朝日新聞・原真人よ、もっと素直になれよ(笑)
朝日新聞はアベノミクスを肯定してるの?
朝日新聞・大野博人よ、屁理屈をこねても結果は変わらないぞ
朝日新聞の負け惜しみが止まらない
朝日新聞は現実を見つめたらいかが
朝日新聞論説委員・坪井ゆづるの恥の上塗り
朝日新聞が「国民の知る権利」とは恐れ入った
朝日新聞がまた他社の不正を批判している
朝日新聞・原真人の恥ずかしい安倍首相批判
朝日新聞がもう負けの言い訳を始めたぞ
朝日新聞・大野博人「民主主義が壊される」(笑)
朝日新聞・鮫島浩は自分で取材してないな
朝日新聞は「立憲民主」押しで行きます
さあ朝日新聞はどこを応援するの? 楽しみだ
朝日新聞のお気楽な対話論で北朝鮮問題は解決するのか?
朝日新聞の言う「解散の大義」って何?
朝日新聞には「資格」があるのか?
朝日新聞が絶対に報じない沖縄の姿
朝日新聞・前田直人の「妄想」に感服!
国民の知る権利とマスコミの報道しない権利
朝日新聞は獣医師会擁護を続けるしかないようだ
朝日新聞が慰安婦問題日韓合意で韓国を擁護する愚かさ
朝日新聞は知っているくせにウソを書く
朝日新聞が言う「子どもの望ましい教育法」って??
朝日新聞・鮫島浩の思考回路は分からん(苦笑)
朝日新聞・赤田康和の「多様な意見の共存」って?
朝日新聞は民進党・玉木の行動を論調してみろ
朝日新聞を始めとしたメディアの「報道しない権利」は酷すぎ
朝日新聞が「海上衝突予防法」を持ち出す基準は?
朝日新聞は山城博治が弾圧されているとでも?
朝日新聞は韓国・慰安婦謝罪碑書き換えを報じろ!
朝日新聞のご都合主義には慣れているけど
朝日新聞は目の付け所がずれてる
朝日新聞よ 前川喜平と吉田清治の違いは何だ?
朝日新聞・中野晃の言う「断片のイメージ」って朝日新聞そのもの
「悪魔の証明」を求める朝日新聞の愚かさ
森友も加計も朝日新聞の底の浅さが分かっただけ
朝日新聞・前田直人のつまみ食いは見苦しいの一言
朝日新聞的魔法の言葉「社会の右傾化」
元朝日新聞・山口一臣のクズツイート
朝日新聞は民進党の国会対応をどう考えているのか?
朝日新聞は「報道の自由」をはき違えるな!
朝日新聞・高橋純子の反論になっていない反論
朝日新聞編集員・大野博人の教育勅語論
朝日新聞が「危機を煽るな」とおっしゃっているぞ(笑)
元朝日新聞・早野透の駄文コラム
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞が銃剣道批判をこっそり言い訳
朝日新聞が社説ではしゃいでいるけど・・・(哀)
朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)
朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)
朝日新聞はなぜ宮古島市議・石嶺香織を批判しないのか?
朝日新聞がまたまた国民から否定される
もういちゃもんでしかない朝日新聞の社説
朝日新聞の必死さがよく表れている前田直人のコラム
朝日新聞は自社の国有地払下げの件を説明したら?
朝日新聞が特定の学校法人を批判する愚かさ
朝日新聞よ、選挙結果より明確な民意って何があるのだ?
朝日新聞は国民を「煽る」ことしか能がないのか?
朝日新聞がまた「複眼的」とか言ってる(爆)
朝日新聞政治部次長・高橋純子がまた火病ってる(笑)
朝日新聞は自分のファクトチェックをやったら?
ファクトチェック? 朝日新聞のギャグか?
朝日新聞・伊勢剛よ 自分で取材してから言え!!
朝日新聞のご都合PKO論
朝日新聞編集委員・松下秀雄の何でも沖縄差別論
朝日新聞の天にツバ吐く社説
朝日新聞が自社の世論調査を完全無視!
朝日新聞・上丸洋一が剥き出しの極左ツイート
朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート
朝日新聞よ 「改善」ではなく「撤去」だろ!
朝日新聞苦しいのぉ~(爆)
朝日新聞の慰安婦合意に関する苦しい社説
朝日新聞は事実確認をしたうえで社説を書いているのか?
朝日新聞が高江を歩くと「活動家」も「地元民」に化ける
朝日新聞が超ド級の「おま言う」!
朝日新聞とテレ朝は自社報道を取り消し謝罪せよ!
朝日新聞が鳥インフルエンザ記事で誤誘導見出し!
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!! その2
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!!
朝日新聞は自分の社説に責任を持て!
朝日新聞 蓮舫のウソを「説明が揺れた」(笑)
お前が言うな! 朝日新聞!!
朝日新聞は沖縄で暴れている左翼の違法・暴力行為を報道せよ!
朝日新聞政治部次長・高橋純子こそ気味が悪い!
朝日新聞のご都合主義・ダブスタ発動!
朝日新聞が上から目線で何か言ってるぞ(爆)
冨永格を見ると朝日新聞が分かる
朝日新聞の社説は面白い! もちろん皮肉だけどね
必死で民進党を応援する朝日新聞の滑稽さ
朝日新聞の社説には笑っちまう!
朝日新聞よ 甘利を批判するなら山尾はどうした?
朝日新聞は自分の責任を棚に上げるな!
朝日新聞・今村優莉の恥ずかしい言い訳
中国の身勝手な行動を擁護する朝日新聞
朝日新聞記者の性根の悪さ!
朝日新聞・林望の媚中嫌日記事
朝日新聞よ、なぜ鳥越俊太郎を批判しなかった?
朝日新聞・渡辺志帆の身勝手な言い分
朝日新聞悔しいのぉ~(爆)
朝日新聞論説委員連中はアホとしか言えない
朝日新聞は自身の「閉塞感」に自覚なし!
朝日新聞が珍説を開陳(笑)
朝日新聞の言う「民意」って何??
朝日新聞・豊秀一って本当にどうしようもないな
朝日新聞は分かりやすいなぁ~(笑)
朝日新聞の記者ってどうしてご都合主義なのか?
またまた朝日新聞は事実を報道せず!
朝日新聞は自らの過去記事を忘れているようだ
恥知らずな朝日新聞の開き直り
朝日新聞が「現実逃避」のうえ「逃亡」(笑)
朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう その2
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう
朝日新聞よ、なぜ事実を事実として報道しない?
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何?? その2
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何??
朝日新聞がAERAも使って悪質な難民報道!
産経前ソウル支局長無罪に対する朝日新聞の本音
朝日新聞・豊秀一よ、黙れ!!
靖国神社爆発犯は韓国人? を朝日新聞だけ報道せず
悪質な朝日新聞の難民報道
日韓首脳会談にみる朝日新聞の韓国目線
朝日新聞・大岩ゆりの悪質な扇動デマ記事
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
朝日新聞・豊秀一の恥知らずな講演
ネット民に対する朝日新聞の苛立ち
朝日新聞は自分の社説に責任をとれ!
朝日新聞の安倍談話評がクズすぎて笑った
相変わらず植村隆は事実と向き合わない
朝日新聞特別編集委員・冨永格がまたやらかした
朝日新聞「天声人語」のご都合主義
朝日新聞「天声人語」が大学入試に有利?
朝日新聞に「反省」の文字はない!
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない その2
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない
朝日新聞・鯨岡記者の常識ツイート
朝日新聞記者 みんなに責められる(笑)
朝日新聞で信用できるのは日付のみ(笑)
朝日新聞グループはとことん腐っている!!
捏造アサヒ
朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!
植村隆がロスでも妄言
植村隆がニューヨークで好き勝手言ってる
朝日新聞・テレ朝のアシアナ航空機事故の報道が酷い!
朝日新聞が「中国人慰安婦」とか言い出した(苦笑)
左傾戦艦 アサヒ
傲岸不遜なクズ記者! 朝日新聞カイロ支局長・翁長忠雄
朝日新聞がアホコラム「天声人語」で商売をしてる(笑)
朝日新聞・西村陽一がメルケルに玉砕!
朝日新聞は違法行為を擁護するのか!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識 その2
クズ朝日が特攻隊をテロリストと同等に扱いやがった(怒)
朝日新聞にはうんざりだ
朝日新聞のNHK会長批判
朝日新聞の身勝手な言い分
朝日新聞の支離滅裂、ここに極まり!!
新年から朝日新聞は「全開」だ!(爆笑)
「慰安婦捏造」植村隆と「特許法捏造」西尾邦明の言い訳が同じ
朝日新聞・第三者委 植村隆の捏造を認定せず
左端の朝日新聞から見れば、すべてが右だ
朝日新聞の支離滅裂
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!! その2
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!!
やっぱり朝日新聞はクズだ!!
韓流の「おもてなし」を見習って by 朝日新聞
朝日新聞の「自浄作用」とは?
品性下劣なヤジに対する朝日新聞の対応
植村隆追及の手を緩めるな!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識
朝日新聞の姑息さは変わらず!
朝日新聞の隠蔽体質
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている その2
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事
あまりに酷い朝日新聞の記者会見
朝日新聞が言論機関?????
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート その2
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その3
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その2
恥の上塗り 哀れな朝日新聞
朝日新聞の慰安婦報道検証 識者の意見
朝日新聞よ、カジノに反対する前に言うことはないの?
朝日新聞に日韓関係を語る資格はない!
朝日新聞・前田直人の有名人大好き病
朝日新聞社長・木村伊量は反日売国奴
朝日新聞の開き直りとその後
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ! その2
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ!
朝日新聞は百田尚樹氏がとことん嫌いらしい
朝日新聞の社民党化 その2
朝日新聞の社民党化 その1
朝日新聞よ、なぜ「民主主義の破壊だ!」と騒がない?
日本の民主主義の崩壊だ! と朝日新聞は言うけど・・・
極左政治団体・朝日新聞!
朝日新聞にコメントを出す大学教授のレベル
朝日新聞よ、週刊現代が宗旨替えを始めたぞ(笑)
朝日新聞が煽れども滋賀県民は踊らず
朝日新聞が大はしゃぎ(笑)
朝日新聞の「嫌中憎韓」本批判 その2
朝日新聞・植村隆の義母が無罪だとぉ~っ!
朝日新聞が「慰安婦問題」についてよく言うわ
朝日新聞の印象操作は酷過ぎだろう!
朝日新聞の典型的な記事
健全なジャーナリズム精神? お前が言うな朝日新聞!
朝日新聞の姑息な広告
朝日新聞が週刊誌からフルボッコ状態
朝日新聞編集委員・前田直人の低レベルコラム
朝日新聞は本当にクズ新聞だ! その2
朝日新聞は本当にクズ新聞だ!
朝日新聞は「嫌中憎韓」本が売れるのがご不満らしい(笑)
佐村河内守問題での朝日新聞の開き直り
朝日新聞が佐村河内問題で反省記事を載せたけど・・・
朝日新聞編集委員がみのもんたを持ち上げる
朝日新聞の不見識
朝日新聞紙面審議会って何だ?
朝日新聞よ、東京五輪反対なら反対って言え!
おいっ! いい加減にしろよ朝日新聞!!
朝日新聞の「妄言」
領土問題は冷静に話し合おう?? その3
領土問題は冷静に話し合おう?? その2
領土問題は冷静に話し合おう??
相変わらずな朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加


10月10日から韓国済州島で開催されている「国際観艦式」に、海上自衛隊は参加を見合わせた。理由は韓国がしつこく「旭日旗」の掲揚自粛を求めたことによる。

旭日旗
朝日新聞は、韓国・李洛淵首相が「植民地支配の痛みを記憶する韓国人の心に旭日旗がどんな影響を与えるか、日本ももう少し繊細に考えなければならない」と述べたと嬉々として報じている。筆者はソウル支局・武田肇。

武田のたちが悪いところは、「両国が対立を越え、協力する重要性を訴えた」などと、言外に「日本側が妥協すべきだ」と臭わせていること。

奇誠庸
「旭日旗問題」と称する荒唐無稽の話は、サッカー選手の奇誠庸が2011年のアジアカップ日本戦で、ゴール後に「猿まね」ジェスチャーで日本人を侮辱し批判されたときに、「日本側応援スタンドで旭日旗が振られていたからやった」と言い訳したことに始まる。

当日のスタジアムに「旭日旗」がなかったことはVTRや観戦者の証言から、ほぼ証明されている。明らかな奇誠庸の「ウソ」である。この「ウソ」は、韓国(人)の何でも反日に合致・利用され、旭日旗は「戦犯旗」「東洋のハーケンクロイツ」などと貶められている。

話が逸れるが、この騒動のとき別の試合(日本vsオランダ戦)で旭日旗が掲げられているVTRを流し、奇を大擁護したのがテレ朝だ! ついでに2013年に結婚した奇は、新婚旅行で日本に来ている。何を考えているんだか・・・。

話を戻すと、奇のウソ以前に韓国で「旭日旗」が問題にされることなどなかった。現に1998年と2008年の韓国観艦式に、自衛艦は旭日旗を掲揚し参加している。

サッカー選手の言い逃れウソが、国を挙げての反日に結びつく韓国の異常さ。武田だってこの程度のことは知っているはずだ。知っていて韓国の日本への侮辱をたしなめるどころか、韓国に迎合するようなことを書く。ウソから日本を批判する李首相を「知日派」などと持上げる。「知日派」の定義って何だ!

今回の韓国の対応は、文政権が国民からの批判から逃げただけのこと。こんなことは素人でも分かる。対立の元を作っているのは韓国であり、「対立を越え云々」など笑止千万である。

朝日新聞の「社旗」は旭日旗に似ているが、韓国では批判の対象にならない。なぜなら、朝日新聞は「日本の良心的新聞」と捉えられているからだ。韓国になびき自分たちに批判が来ないよう韓国に迎合しているわりには、朝日新聞ソウル支局では「社旗」を掲揚していないと、夕刊フジにばらされてしまった。

韓国の日本への悪感情の多くは、朝日新聞などの左派系メディアがウソ・捏造、印象操作を繰り返したことによる。慰安婦問題はその典型だ。

朝日新聞が「ウソを書いていました。韓国の皆さん申し訳ございませんでした」と韓国に謝罪することが、日韓関係を改善・向上させる最も適当な方法だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沖縄県知事選で玉城デニーが当選した。これは沖縄県民の判断なので、県外者が口を出すことではない。これから玉城新知事がどういう行政を行っていくかを見るだけのこと。まあ、基地問題ですったもんだするんだろうなということは想像できるが・・・。

この結果を受け、朝日新聞を始めとした左派系メディアは大騒ぎだ。特に朝日新聞の鼻息は荒い。10月1日の社説「沖縄知事選 辺野古ノーの民意聞け」はその代表。

朝日新聞がはしゃぐのは自由だが、上記社説の中で政府・与党が都合の悪い話から逃げているとし、その態度を「民主主義の土台である選挙を何だと思っているのか」と口汚く批判している。

おやっ?
「民主主義の土台である選挙」結果をないがしろにしてきたのは、朝日新聞自身ではないか? 投票率が低いからとか、朝日新聞の世論調査結果と違うとか、バカな理由で「こんなの民意とは認められない!」って言っていたのは、他ならぬ朝日新聞だ。

中でも滑稽だったのは2014年の衆議院選。自民党の大勝を受け、「投票率が低いから民意じゃない!」と書く同じ紙面で、全国平均より投票率の低かった沖縄で4選挙区すべて自民候補が負けたことを「沖縄の民意!」と書き失笑をかった。

それ以外にも「民意は数の多寡だけではかられるべきものではない」(社説)と書いたのも朝日新聞だ。

極めつけは、2013年の参議院選で高松選管が開票不正を行った際、全面的に擁護したことだ。悪意ある開票不正(当事者は有罪判決を受けている)なのに、「勘違い」「誤認」などと無理筋の擁護を行った朝日新聞。シンパの「自治労」を守ろうとしたためだ。開票不正こそ民主主義を破壊する行為だ! これを擁護した瞬間に、朝日新聞は民主主義や選挙結果について書く資格を失っているのだ。

そんな朝日新聞が「民主主義の土台である選挙を何だと思っているのか」と恥ずかしげもなく書く。滑稽でトンチンカンであり、惨めで哀れである。いずれにせよ、論説委員連中バカさ加減をよく示すものだと言わざるを得ない。

朝日新聞がどんな論調をしようが自由だし、勝手に書けば言い。こっちは嘲け笑っているから。しかし、その時その時で都合の良い言い分を書くことの恥ずかしさくらいは感じた方がいいぞ。

関連(多数あり、検索してもらえればもっと出てきます)
 「朝日新聞の言う『民意』って何??
 「朝日新聞の支離滅裂
 「朝日新聞よ、なぜ『民主主義の破壊だ!』と騒がない?
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


菅官房長官が「ギャンブル依存症対策」として、パチンコの景品交換所(実質は換金所)の改廃に取り組む意向だという。「改廃=換金禁止」のことだと考えるのが妥当と思う。

パチンコは実質ギャンブルだが、現在は「遊戯」扱いになっている。これは直接換金ではなく、間に「景品交換所」を挟む「三点方式」になっているから。この「景品交換所」での換金を禁止したらパチンコの魅力は大きく損なわれ、パチンコ人口も大きく減少するだろう。

もちろん、パチンコを「遊戯」として楽しんでいる人には実害ない。最近は家電品やゲーム機など、けっこう良い景品も多いからね。

「換金禁止」はパチンコにおけるギャンブル依存症対策として、これほど有効な対策はないと言える。

カジノ解禁を含むIR法に、ギャンブル依存症が増えると大反対していた一部野党やオールドメディアは、景品交換所での「換金禁止」による大賛成のはずだ。そうでなくてはおかしい。

朝日新聞(だけではないが)も、IR法に批判的な記事を書きまくっていた。その主眼は「ギャンブル依存症」だ。社説まで使って批判していたのだから、当然賛成だよな? 反対する理由はないよな?

パチンコ大好き朝日新聞 (1)
韓国のパチンコ廃止は依存症からくる犯罪多発が理由なのに、汚職が原因だとウソまで書いて擁護した朝日新聞。パチンコ業界は30万人もの雇用があるから廃止できないと擁護した朝日新聞。地方のパチンコ店は地域住民の社交場となっていると擁護した朝日新聞。地方には他に娯楽がないからとパチンコを擁護した朝日新聞。

でもそんなのは過去の話であり、何たってIR法に「ギャンブル依存症がぁ~!」って反対したのだから、「換金禁止」での「ギャンブル依存症対策」に大賛成だよな。当たり前だよな。それでパチンコが廃れてもね。

疑ってゴメンね、朝日新聞。

同様に一部野党や他のオールドメディアのみなさんも賛成だよな。国会でプラカード持って暴れることなんかしないよな。過去にパチンコ店経営者(外国籍)から献金もらって責められた菅直人も賛成だよな。

なぁ~んたって、「ギャンブル依存症対策」なんだから。

*景品交換所における換金の害悪を言ってるのであって、決して「パチンコ=悪」だと言っているわけではないので誤解なきよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


剣道の世界選手権で、日本が韓国を破って優勝した。素晴らしいことだ。ところが開催国が韓国で、しかも決勝の相手も韓国。当然のことながら、勝っても非常に嫌な思いをする。いつものことではあるが・・・。

決勝では大ブーイング。韓国が負けると判定にいちゃもん。日本びいきの判定だと大騒ぎ。さらには、剣道は韓国のコムドが起源だと、また大騒ぎ。韓国らしいと言えば韓国らしいが、いい加減にしてほしいものだ。

自国に誇る文化や芸術、武道がないからといって、何でもかんでも韓国起源をいう「ウリジナル」はみっともないの一言。空手のパクリであるテコンドーの起源説はいい加減すぎて怒りを通り越して笑うレベルだが、それでも五輪種目にまでなった。なら、コムドを世界に広める運動をしたら? いい加減な起源説を触れ回っちゃダメだけど。
(「テコンドーの縁起を聞くと怒りがわいてくる!」参照)

ついでに、朝日新聞にも言いたいことがある。朝日は剣道世界選手権の結果を共同通信配信記事で、結果のみを淡々と伝えるだけ。韓国がいろいろ騒いでいることは絶対に報じない。

朝日新聞は過去に偉そうにこう言っていた(2017年10月の天声人語)。
「文化や人種の違いをあげつらい、何が日本固有でどれが韓国由来かまくしたてることにどんな意味があるのか」。

当然、朝日が言うのは日本(人)に対しての批判だ。同じことが韓国にも言えるだろう。「ウリジナル」は剣道だけでなく合気道・空手などの武道、歌舞伎・和歌・華道・茶道といった文化・芸能・海苔・納豆・寿司・味噌といった食品、ソメイヨシノ・秋田犬といった動植物など、非常に多岐にわたる。

しかし朝日新聞が韓国に対して、「何が韓国固有でどれが日本由来かまくしたてることにどんな意味があるのか」とは絶対に言わない。こういうところが朝日新聞の安定したダブスタであり、信用されない理由だ。

最後に「唐辛子」のことを韓国は「倭辛子」と言う。「唐辛子」は唐(中国)から来たといわれる(諸説あり)が、「倭辛子」と言うのは日本から伝来したからである。サッカーも韓国発祥、キリストも韓国人などと嘯く韓国にしては、倭辛子を良く認めていると驚いてしまうが。

このエントリーをはてなブックマークに追加


自民党総裁選は事前の予想通り、安倍総裁が圧勝し3選を決めた。朝日新聞は必死で石破を推していたが、選挙後も悔しさをにじませヒステリックとも思えるほどの「負惜しみ」記事を乱発している。

朝日新聞も石破が勝つとは思っていなかったと思うが、それにしても異常なレベルだ。そんな中、相変わらず悪意に満ちた印象操作を繰り返している。9月21日の「『安倍1強』地方に迷い 党員が抱いた不満と危機感」はその典型。

朝日の印象操作
日本地図上の47都道府県に色分けがしてある。党員投票の動向を示しているが、何か変だ。青色は石破が安倍を上回った県。とすると灰色とオレンジは何?

石破が上回ったと対になるのは安倍が上回った県。でも灰色もある。よく見ると、オレンジは安倍が55.4%以上取った県で灰色は50~55.4%未満の県。

何だ、この区分けは。
ビジュアル的に大差ないとの印象操作をしたいのが見え見え。安倍vs石破の図にしたら安倍の色で染まってしまう。朝日的にはこれは避けたい。で、ひねくりだしたのが、安倍が取った55.3%を基準とする区分け。違う定義で色を付け、真の結果とは違う印象を与える。朝日新聞がよく使う手ではある。

朝日新聞がどう屁理屈を捏ねようが、結果は安倍:553票、石破:254票。これ以上でも以下でもない。

当然、総裁選に関して色んな論調があっていいと思うが、こういうよく分からない図を示すことに何があるのか? 党員投票は「安倍辛勝」と印象付けて、憂さを晴らそうとしているようにしか見えない。こんな小手先の操作をしないで、堂々と論調すればいいではないか。

自分の思い通りの結果じゃないと駄々をこねる朝日新聞。まるで子供だ。他の記事もだいたい似たり寄ったり。相変わらず恥ずかしい新聞だ。

朝日新聞の思い通りになったら、日本は滅ぶわ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「エビデンス、ねーよそんなもん」「レッテル貼りにいきましょう」でおなじみの朝日新聞・高橋純子。政治断簡というコラムに駄文を書いて、ひとり自己満に浸っている。

9月17日にも「キリない怠慢、華麗なる欺瞞」とのタイトルで、安倍首相・自民党を批判している。その中で、石破茂だけは間接的に持上げているのはご愛敬として。

高橋の文章は独りよがりでしかなく、自分では気の利いた言い回しになっているとご満悦と思われるが、その中身は他人の発言の揚げ足をとっているだけ。

今回も揚げ足取りに終始し、その本質にはまったく迫れていない。まあ、迫る気もないのかもしれないが。こんな文章を読んでも精神衛生上よろしくないだけだが、高橋は気づいていないことがある。それは、高橋の書いている内容の、そのほとんどが朝日新聞自身の問題でもあるからだ。

首相や自民党(石破と支持者は除くのかな)を「怠慢、傲慢、欺瞞」と批判するが、自身に不都合な内容は報道しない朝日新聞、事実を事実として報道しない朝日新聞、ウソ・捏造、印象操作を繰り返し、フェイクを垂れ流す朝日新聞。現実を見ずに絵空事の妄言をドヤ顔で書く朝日新聞はどうなのか?

高橋はそんな朝日新聞の実情をまったく見えていない。意図的に見ていないのだろう。編集委員という立場にありながら、どっぷり浸かっている高橋こそ「怠慢、傲慢、欺瞞」と呼ぶにふさわしい。

「権力監視」などと嘯く朝日新聞は、自身が「権力」であるにも関わらず、他人は批判しても自身を批判することは許さない。言論で勝負せずスラップ訴訟で言論を封じようとする。こんな恥ずかしい組織に属している人間が、相変わらず他人を攻撃する。しかも、本質論ではなく言葉端を捉えた揚げ足取りで。

みっともないことこの上ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝鮮日報のWEBサイトに「『安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい』 銀座で追悼会」という記事が載った。何でも、安重根を「讃える」人々が日韓両国から集まったものだという。

その中で、元朝日新聞の小田川興といヤツが「安重根義士は100年前に国連の思想を提示しており、21世紀の今でも尊敬している。北東アジアの情勢が変化する中、安重根義士のことを学ばなければならない」と発言している。

ご存じの通り、安重根は初代韓国統監・伊藤博文を暗殺したテロリストだ。当時の時代背景、安の個人思想など様々な要因があるだろうが、テロリストはテロリストでしかない。

そのテロリストを「尊敬している」と言い、「義士」と呼ぶ小田川。朝日新聞過ぎて引いてしまうわ。朝日時代の経歴はソウル支局長、編集委員だというから、朝日新聞がどういう組織かよく分かるというもの。

どのような目的があろうと、「暗殺」などという手段を用いていいはずがない。これを肯定しているのを見ると、やはり目的のためには手段を選ばず、ウソ・捏造記事、印象操作記事を乱発している現在の朝日新聞と結びついてしまう。

自分たちは正しい。正しい人間が、その目的達のためには何をやっても許されるといった、最近の傲慢な左派系の態度を見事に体現している。

朝鮮日報の記事には他の日本人も出てくる。
行徳哲男 日本EB研究所所長/安重根の遺骨収集活動をしている
牧野英二 法政大学教授/安重根の「平和思想」を研究
豊住伸治 高校教師/生徒に「安重根の思想」を教える
鈴木仁 中学教師/生徒に「安重根の思想」を教える
木谷道宣 日本人に向けて安重根の思想をの講演

教師が出席していることに、驚きを禁じ得ない。しかも「生徒に安重根の思想」を教えているだって。どんな内容なのか?

ところで、現在韓国は安重根を反日の闘志・義士として持上げているけど、安の身内は「親日派」(日本支配の協力者)としてアメリカ移住を余儀なくされている。結局は、安重根は反日に使われているだけ。

よく言われていることだが、伊藤博文は日韓併合に反対しており、伊藤暗殺は逆に日韓併合を招いたとの見解もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


自民党総裁が行われている。実質、首相を決める選挙なので、メディアがいろいろ報道している。そんな中、日本記者クラブ主催の討論会が開催され、また朝日・坪井と毎日・倉重がアホな質問を繰り返す姿を観て失笑。

特に倉重の北朝鮮拉致問題の質問はクズだった。しかし、ここで取り上げるのはこいつらのクズっぷりではなく、この討論会への「苦言」をツイートした元朝日新聞・佐藤章のこと。もちろん、元朝日なので「苦言」と言うのは前向きな意味ではない。

佐藤のツイート(ちょっと長いが、そのまま)。
「討論会・会見が終わった。相変わらずおとなしい会見。日本記者クラブは幹事からの質問形式をやめた方がいい。幹事は批判的な質問をしようと努力しているが想定内の質問。時間を倍にして会場からの挙手方式にすべきだ。意外性と批判性からしてこちらの方が有効。今のやり方では会場に行く意味がない」

なんてことはない、批判が足りないと言っている。つまり批判ありきでしかない。

実質日本の首相を決める選挙であり、今後の日本をどうするという大きな局面から、国民の生活面の向上など身近なことなど、幅広く聞いて欲しいと思うのが「普通の国民」の多くが持つ感想だろう。

ところが、朝日新聞からすると「批判的質問で追い込め」的な発想になる。つまりは、最初から何も聞く気はなく、批判できれば何でもいいということ。とにかく批判できる討論会にしろと言っている。

政策(質問の回答)に対して批判するならまだいいが、「批判的質問」をしろだなんて、会見・討論会の主旨が違うのは明らかだ。

アホか! 朝日新聞のために会見・討論をしているのではない!有権者は自民党員だが、その後ろに党員ではない国民がいるのだ。

佐藤は「今のやり方では会場に行く意味がない」と言っているが、そもそもどんな方式・内容であろうが、批判ありきなんだから行く意味はないな。

こういうヤツが記事を書いていたかと思うと、本当にぞっとする。事実に基づき記事を書くという「常識」などは何もない。自分の考え・思想が最優先される朝日新聞。当然、そこには思い込みや妄想が入り込む。事実が自分の考えに合わなければウソも入れるし捏造もする。印象操作なんて当たり前。

佐藤が特別なのではなく、これが朝日新聞記者の普通の姿。「エビデンス?ねーよそんなもん」「堂々とレッテル貼りにいきましょう」はしっかり後輩に引き継がれている。

こんな佐藤は、慶応義塾大でジャーナリズム専攻の非常勤講師をしているという。学生に何を講義しているんだろうか? こんなヤツに感化された学生が左派メディアに流れていくんだろうな。世も末だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞は「朝日小学生新聞」と称する洗脳紙を発行している。月の購読料は1769円(8ページ)。けっこうな値段を取る。

その中で、小学生新聞の「天声こども語」(天声人語のこども版)を週一で執筆しているという高橋真理子が自らの「天声こども語」をツイートしていた(9月12日)。

「大坂なおみ選手やケンブリッジ飛鳥選手の活躍が、日本の岩盤部分の思考にヒビを入れつつあると感じます」という見解とともに天声こども語が載っていた。

内容は、先のテニス全米OPで優勝した大坂なおみ選手や陸上短距離で有望なケンブリッジ飛鳥選手が「ハーフ」であることを紹介した上で、米紙の「日本は江戸時代に鎖国していたので、今でも外国人を分け隔てる風潮が強い」との変な意見に「確かに思い当たります」だって。

さらには、「(ハーフ選手の活躍が)古くさい風潮に打ち壊しつつあることを肌で感じます」だそうだ。

日本の古くさい風潮とは「外国人を分け隔てる」ことを指しているのだろうが、個人的な意見をあたかも日本人の偏見のように書く欺瞞。自分らで偏見があるとし(ある意味作りだし煽り)、それを自分らは許さないとする典型的なマッチポンプ。まさに朝日新聞!

朝日新聞は「弱者」を仕立て、それに寄り添う(味方する)というスタイルはいつものことだ。弱者が差別される住みにくい日本、生活しにくい日本と、お決まりの論調。まさに、高橋の「天声こども語」はこの流れで書かれている。

朝日新聞に「弱者」定義された人たちこそ、いい迷惑ではないのか。「弱者」定義されて、それにどっぷり浸かって我が世を謳歌している、とある国出身の方々以外はね。

小学生向けの新聞で、自らの思想を前面に出しある方向に誘導しようとしている。こんな内容が書かれている「朝日こども新聞」を読むことが、小学生にとって百害あって一利なしなのは言うまでもない。

高橋のツイッターを見ると、自民党の改憲案をを批判するツイートをリツイートしたり、「あの」冨永格のツイートまでリツイートしている。さらに驚いたのが沖縄県知事選に立候補している玉城デニーのツイートまでリツイートしている。選挙期間中ですら中立・公正が保てないようなヤツが記事を書くこども新聞。

朝日こども新聞など、本体どもども早く廃刊しろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞9月9日の「天声人語」を読んで、相変わらずのクズっぷりに呆れて呆れて。

北朝鮮への「帰国事業」により帰国した在日の女性を取り上げていた。後に脱北して現在は日本在住のようだ。日本名で紹介されているが、帰化したのか通名なのかは不明。

「祖国建設の夢を抱き、帰還事業に参加して1人で北朝鮮に『帰国』。しかし、『地上の楽園』と宣伝されていた祖国はひどく貧しく、自由にものが言えない恐怖政治の国だった」

朝日新聞は淡々と書くが、何を言ってるんだか。「地上の楽園」と帰還事業を煽りに煽ったのは誰だ? 朝日新聞ではないか。もちろん、社会党(当時)や共産党も煽っていたが、大々的に連日にわたり北朝鮮賛美、金日成賛美の記事を書くまくったのは朝日新聞だろうが。

朝日新聞は「帰還事業」に関連して、ウソを書きまくったことを未だに正式に謝罪も訂正もしていない。2004年に「情報が少なかった」「十分な取材ができなかった」と言い訳を書いただけ。

主犯は岩垂弘。共産党のあっせん・尽力で北朝鮮を訪問(1968年)したこともある。その後も含め計5回訪朝している。その岩垂が2006年、自身の某コラムで訪朝時の心情として「朝鮮半島に関する報道では、慎重を期さねばならない、双方(韓国・北朝鮮)から利用されるような不用意なことは避けねば、と私は自分に言い聞かせた」だって。結果的に岩垂は北朝鮮賛美の記事を書くまくったけど(苦笑)。

朝日新聞は岩垂の記事を正式に訂正・謝罪しなければならない。それなしに、無関係な第三者ズラをしてはいけない。北朝鮮を「地上の楽園」と煽りまくって、多くの人々を不幸にした朝日新聞は「加害者」である。

そんな自覚もなく、朝日新聞は相変わらずウソ・捏造、印象操作に忙しい毎日を送っている(苦笑)。

関連
 「朝日新聞が『地上の楽園』と対話しろだってさ
 「朝日新聞に『反省』の文字はない!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が「北朝鮮と対話しろ!」と、いつものフレーズを繰り返している。それはそれでいいのだが、その中で自分の責任を棚に上げるという相変わらずのクズっぷりも。8月28日の社説「日本と北朝鮮 人道問題進展へ対話を」。その中で、しれっと「在日朝鮮人の帰還事業で渡った日本人配偶者もいる」なんて言っている。

「配偶者のうち日本への帰国を望む人びとの一時帰国は、かねて政府が求めてきた。2000年までに3回にわたり43人が里帰りし、それっきりだ」と言い、だから「対話しろ!」だってさ。何なの、この理論。

言うまでもないが、この「帰還事業」を「北朝鮮は地上の楽園」と煽りに煽りまくったのは、他ならぬ朝日新聞。その謝罪も反省もなく、何を言ってるんだか。呆れるしかない。

もちろん、「帰還事業」により在日朝鮮人と一緒に北朝鮮に渡った日本人配偶者の帰国は大きな問題だ。配偶者の高齢化も進んでおり、早期の解決が望まれるのは言うまでもない。だからと言って、朝日新聞がお得意の論点のすり替えで、他人事のように言ってはいけない。

金日成を賛美し、北朝鮮を「地上の楽園」と書きなぐった岩垂弘。このウソ記事が誤りだったと「示唆」したのは、約30年も経った2004年。朝日新聞は「慰安婦問題捏造」(朝日は誤報と言っているが)も認めるまで30年かかった。

「示唆」と書いたのは、明確に訂正も謝罪もしてないから。その代わり「情報が少なかった」「十分な取材ができなかった」と言い訳言い訳、また言い訳。しかも中程の紙面でこっそりと。

普通の新聞記者なら「情報が少なかった」「十分な取材ができなかった」なら、記事にしないだろうけどね。それでも書くのは「捏造」と言う。まあ、朝日新聞的には「エビデンス? ねーよそんなもん」だろうけど。

そんな岩垂を尊敬しているのか、中野晃や箱田哲也が現在も次から次へと北朝鮮擁護の社説や記事を書く。本当に何の反省もしていないんだな。朝日新聞は明確に北朝鮮報道を訂正し、謝罪しなければならない。それなしに北朝鮮に対して、他人事のような甘っちょろい与太記事を書いてはいけない。

何食わぬ顔で朝日新聞の被害者である日本人配偶者を、日本政府の対話不足の被害者のように書く。このクズっぷりはどうにかならないものか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の自分に甘い体質は以前からだが、そんな自覚もない論説委員連中のバカ丸出し社説。8月29日の社説「防衛白書 国民の理解求めるなら」。

2018年版の「防衛白書」の内容に関し、あれの記述がない、分析が甘い、不十分だ、とか言いたい放題だ。まあ、朝日新聞が何を言おうがどうでもいいのだが、最後に「不都合な事実にも正面から向き合う。そんな覚悟が必要だ」には恐れ入った。

よく言うわ・・・。
自分たちは「不都合な事実」に向き合ったことがあるのか? ウソ・捏造がバレても謝罪も訂正もしない。それどころか隠蔽する。報道しない自由も行使しまくる。

先日も、慰安婦訂正記事(英語版)に検索回避のメタタグを潜り込ませていたことがバレた。こんな不都合な事実に対して、言い訳三昧。まともに向き合う姿勢はまったくない。
(「朝日新聞には廃刊してもらおう!」参照)

自衛隊が嫌いで、廃止を望んでいる論説委員連中が防衛白書を批判したっていいけど、偉そうにものを言う前に自分たちの行動を省みることをお勧めする。

「不都合な事実」を報道しない自由でなかったことにする朝日新聞。「正面から向き合う」覚悟もない連中が、恥ずかしげもなく社説(記事)を書く。なかなかお目にかかれないようなクズ連中だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


自民党総裁選に安倍首相(総裁)が立候補を表明し、安倍・石破の一騎討ちの様相となった。そんな中、朝日新聞が必死に石破を持上げている様は滑稽である。

石破の幹事長時代に番記者をやっていたという三輪さち子という記者が、石破応援のちょうちん記事を書いている(WEBRONZA)。
「論理的に議論を進めようという姿勢が、石破氏にはある」
「安倍権とは根本的に違う道を、彼なら示せるはずだ」
「理詰めの石破氏が適任だ」

さらにはツイッターでも「あまりに理念のない今の政治にこそ必要だ」。気持ち悪りぃ~。

三輪も賛同できないと書いているが、石破の持論は「国防軍の創設」「緊急事態条項の創設」「集団的自衛権の全面的な行使容認」だ。これ以外にも「憲法9条2項の廃止」もある。朝日新聞からすれば安倍も石破も支持できないにしかならないはず。自民党政治自体を否定している朝日新聞が、それでも石破を持上げるのは「敵の敵は味方」ということのようだ。

「安倍憎し」もここまできたかという感じだ。安倍でなければ誰でもいいって、目の前が何も見えなくなっているとしか思えない。なんと浅はかなことか。石破が万が一当選すれば、上記のような持論を政策として実現を目指すだろう。朝日新聞は、その時どうするつもりなのか? 総裁選では支持したが、首相になったら否定するのか?

三輪は石破なら安倍と違う道を示せると「日本には軍隊が必要だ。安倍さんもずっとそう主張してきたのではなかったか。なぜ、戦力不保持をうたう2項を残すべきと考えるのか」と安倍に迫って欲しいだって。迫った結果、「じゃあ、2項を廃止しよう」で2人が合意してもいいのね。

石破の持論は朝日新聞が絶対に受け入れられない内容のはずだ。それでも石破を推す朝日新聞の浅はかさ。狭視眼にもほどがある。目先のことしか考えられない連中が、紙面ではやたらと将来のことを書きなぐる。バカな新聞だ。

これとまったく同じことが一部野党、自称ジャーナリストなどにも言える。朝日新聞ともども、バカな連中だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の慰安婦問題にからむ英語版記事が、インターネットで検索できないように細工されていたことがバレた。朝日新聞がしていたのだ。

姑息な朝日新聞
吉田清治の詐話に基づく「慰安婦狩り」の訂正記事などに、検索回避の「メタタグ」を潜り込ませていた。なんと姑息なことか。国内では社長(当時)会見まで行って頭を下げたが、海外には自社のウソがバレないように細工をしていたと言うこと。

朝日新聞は「公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。 その際、タグ設定解除の作業が漏れてしまいました」だってさ。

誰がそんな言い訳を信用するか。

検索回避のメタタグの存在が明らかになると、朝日新聞は何のコメントもなくメタタグを削除。上記コメントは、その後の産経新聞の取材に対してひねり出した言い訳。産経が取材しなかったら、何のコメントも出さなかっただろう。

それにしても姑息で卑劣で下劣な新聞だ。

自社に都合の悪いことは「報道しない自由」を行使しまくっているが、この件は「訂正」だから載せざるを得なかったので、何とか目に付かないようにと考えたんだろうな。こういう悪知恵はよく働く(苦笑)。

だいたい、この慰安婦問題の訂正記事は、朝日新聞デジタルの日本語版にしか載っていない。英語版には元々載っていないのだ。つまり朝日新聞の「英語でも訂正してる」というアリバイ作りでしかない。そのアリバイ記事ですら検索回避の小細工をしている。救いようのないクズ紙だ。

こんな新聞が他社他人に対しは、偉そうに上から目線で物を言う。なんと恥ずかしいことか。こんな新聞に存在価値がないことは言うまでもない。朝日新聞には廃刊してもらうしかあるまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


中国上海で習近平のポスターに墨汁をかけ「習近平の独裁専制の暴政に反対する」と抗議した女性が拘束されたのは7月のこと。
(「中国『墨汁抗議事件』を見るにつけ日本は良い国だ」参照)

今度(8月16日)には、中国版ツイッター「微博」で日本を称賛した男性が、当局に拘束された。何でも、民族感情を損ねる言論だということらしい。

その男性曰く「安倍首相は俺のおやじだ」「私が好きなのは法治が整備された現在の日本だ」「日本の警察が好きなだけ。日本警察の質と勤務態度は世界一」だそうだ。

安倍首相云々は別にして、日本の体制を支持している発言だ。逆に言えば、中共の体制を批判していることになる。中共から見れば容認できないということなのだろうが。まったくもって「言論の自由」のない国だ。

物言えぬ中国。中国に「言論の自由」がないことは昔からだが、なぜか朝日新聞は中国を批判しないばかりか報道すらしない。未だに、広岡知男の「中国の悪いことは報道するな」の教えを守っているのか(苦笑)。

もしくは内政干渉とでも思っているのだろうか? そんなことはない、アメリカ・トランプ大統領などは社説を使ってまで批判しているところを見ると、意図的に中国批判を避けているとしか思えない。(まあ、改めて書くことではないけど)

こういうことをやっている新聞が、「自由な報道 民主主義の存立基盤だ」などと社説に書く。(「朝日新聞論説委員連中の頭の中はどうなってる?」参照)

実にバカバカしいことだ。「報道の自由」もあり「言論の自由」もある日本で、「報道しない自由」まで特権として勝手につけた朝日新聞が戯言を言う。ウソ・捏造に印象操作、日本国民にこれほど無礼なことを行いながら、中国には尻尾を振る。だから「どこの国の新聞だ?」と言われる。

こんな新聞は日本に要らない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の社説がダブスタ全開なのはいつものことではあるが、余りに好き勝手なことを言っていることには、やはり腹が立つ。8月18日の社説「自由な報道 民主主義の存立基盤だ」は噴飯物だ。

「近年、各地で政治による敵視が目立つのはメディアである。とりわけ民主主義の旗手を自任してきた米国の大統領が、『国民の敵』と公言した」とトランプ大統領を批判し、「メディアは民主社会を支える必須の存在だ」とご高説を垂れる。

でもトランプは「I call the fake news the enemy of the people」と言っている。「フェイクニュースは国民の敵だ」。「メディアが国民の敵」なんて言ってないんだけど。まあ、メディアを批判していることは確かだが、意図的な誤訳(?)してまで批判する滑稽さ。(意図的誤訳の件はちょっと置いておく)

で、朝日新聞は「(日本も)報道の独立性が重大な脅威に直面している」と、自身の報道スタイルには頬被りし勝手なことを言っている。さらには「国民の知る権利」などと抜かす。

何を言ってるんだか。ウソ・捏造は日常茶飯事、印象操作もお手の物。こんな朝日新聞が「報道の独立性の危機」とか言うのはギャグでしかない。論説委員連中の頭の中はどうなっているのか? 勝手な想像をするに、「根っからのペテン師」か「真性のアホ」のどちらかだ。

自らの思想を前面に出し、主観は事実に優先する。高橋純子の「エビデンス? ねーよそんなもん」「レッテルを貼ろう」発言が象徴的だ。つまり、すべて分かっているにもかかわらず、悪意を持って記事を書く「根っからのペテン師」。

または、過去の自身の記事・論調をすっかり忘れ、「報道しない自由」を行使しまくっている自覚もなく、その場その場で思いつきで社説を書く「真性のアホ」。

普通に考えれば、前者の「根っからのペテン師」だろう。なんと言っても朝日新聞記者のエリート意識はものすごい。国民を導くとの上から目線は当たり前。そのためには、何を書いても許されると考える。だから、ウソ・捏造がバレても訂正しない。当然、反省もしない。そしてまたウソ・捏造記事を書く。これの無限ループ。

こんな朝日新聞が「報道の独立性の危機」などと言うのは呆れるしかない。

「新聞は情報を独占、勝手に取捨し、醜く加工し、民に下してきた」
「真実もあの毒された器(である新聞)に入れると怪しくなる」
「新聞を読まない人のほうが、読んでいる人より正しく物事を認識できる」
などは、第3代アメリカ大統領・トーマス・ジェファーソンの言葉だ。

時代も違うし、発言の背景もいろいろあるのは把握しているが、それにしても象徴的な言葉であはあるまいか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞・鮫島浩と言えば、福島第一原発の従業員を「逃げた」と誹謗中傷し、手抜き除染の「やらせ」を主導した極悪記者。このためWEBRONZAへ左遷されていて暇を持て余しているようで、ツイッターで憂さを晴らしている御仁。

ツイッターでは自己の本性剥き出しで、とても新聞記者とは思えないツイートの数々。物事を客観的に見ることができず、自分の思い込みや妄想ありき。自分の思い通りにならないので、駄々をこねている幼稚園児のようだ。おっと、幼稚園児に失礼だったかな。

これじゃあ、まともな記事は書けないなと、こっちが心配になるくらいのレベル。それなのに、ツイッターのプロフィールに恥ずかしげもなく「ジャーナリスト」と書く。「ジャーナリスト」の定義知ってるのか? と言いたい。

そんな鮫島が、頭の悪さ全開のツイートをしていた。ちょっと長いが。
「戦後73年。今や老害と言われる麻生副総理も敗戦時は4歳。二階幹事長は6歳。安倍総理と菅官房長官はこの世に生まれていない。政権中枢はすっかり『戦争を知らない世代』なのだ。戦争を知らぬ政治指導者が戦争を知らぬ大衆を戦前復古に駆り立てている構図を再認識したい」

突っ込みどころ満載過ぎて(苦笑)。
そりゃ、戦後73年も経てば政治指導者は、戦後生まれになるだろう。閣僚全員が戦前、戦中生まれだったら、それこそ「なんだそりゃ」だろう。現代において、戦争知っている・知らないで論じること自体が、いかに何の意味もないことかとすら気づかない、戦後生まれで「戦争を知らない」自称・ジャーナリスト。

実体験として経験してなければいけないのなら、お前も何の記事も書けないだろう。今後、朝日新聞は他人から聞いた話で記事を書いちゃダメだぞ。経験してから書くように。

それに、何を以て「戦前復古」と言っているのかまったく分からない。鮫島が「ジャーナリスト」と名乗ることと同じくらい分からない。鮫島は大衆(国民)をなめ過ぎだな。大衆は鮫島が考えるほどバカではない。仮に「戦前復古」などというものがあったとしても、そんなものには駆り立てられない。きちんと自分で考え判断する。

その好例が朝日新聞への対応だ。朝日新聞は「普通の国民」からまったく信用されてないだろう。朝日新聞がウソ・捏造、印象操作記事を駆使して、国民を駆り立てようといくら苦心しても、「普通の国民」は決してなびくことはない。

いい加減に気づけよ。朝日新聞凋落の一因は、鮫島のような偏狭な思想を持った左翼活動家もどきの「老害」連中だということを。他人のことを「老害」なんて言う前に、自分がその「老害」なんだということを自覚した方がいいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞がオウム真理教・松本智津夫元死刑囚らの死刑執行に関する文書である「死刑執行速報」を法務省に請求し、その文書を載せていた。記事のタイトルは「松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示」。

文書の内容は
①氏名
②執行年月日、時間
③執行立会人
④執行状況
⑤本人の刑に対する心情
⑥遺体の処置、引取人の住所、氏名
⑦参考事項

朝日新聞は、②の日付けと③の執行人の肩書き以外は黒塗りだったと書く(⑦は特になしのみ記載)。でも、これって当たり前だろう。

朝日新聞はどういう意図で請求し、どういう意図でこんな記事を書く? 新聞記者でなくとも、ほぼ非開示になることは想像できる。ましてや記者ならば、当然予想できること。それをあえて「ほぼ黒塗りで開示」なんて書くのは印象操作しか思いつかない。

記事のタイトルからは「何か隠しているのでは?」とのイメージを想起させる。まさしく、それを狙ったのだろう。記事の見出し(タイトル)しか読まない人は多い。記事を読めば「当たり前だろ!」で終わるが、タイトルだけしか見ない人には「隠している?」という悪イメージを植え付ける。

これを国民の知る権利への対応とでも考えているなら、もっと他のことで事実を書けと言いたい。印象操作に忙しい朝日新聞は、事実を事実として報道せず、「報道しない権利」を行使しまくる。やっぱりろくでもない新聞だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


夏の高校野球(甲子園)が暑い中熱戦を展開中だ。今年は特に暑いので、選手も応援する側も大変だ。TVなどで盛んに「熱中症」に関する注意事項が流れる。「外に出るな」「屋内でも冷房を積極的に使え」など、警告に近い物言いだ。

夏の甲子園は高校球児にとって最高の舞台である。最後の夏になる3年生は必死だ。もちろん3年生だけではなく、全国の高校球児に共通する思いだろう。暑いだの言わないで頑張ってしまう。

主催者の朝日新聞は猛暑の中での開催に対し、いろいろ対策をやっているとアリバイ作りの記事を乱発している。このキラーコンテンツは、絶対に死守するという意思表明だ。本業が傾いている現在、不動産業と並ぶ金儲けの手段だ。言論機関とは名ばかりだな(苦笑)。そのため、暑さ・熱中症などに関しては、お得意の「報道しない権利」を行使しまくり中だ。

西東京大会の決勝後、投手が救急搬送
開会式の予行練習で女子生徒6人が熱中症
開会式でも女子生徒と観客計17人が熱中症
連日20~60人もの観客が熱中症
主審が熱中症で交代
などを朝日新聞は報じていない。この調子だと、最悪の事態が起こっても報道しないだろうな。

「猛暑にどう備えるかで、大会の成否が決まる」などと嘯く朝日新聞。高校野球に関しては、何でも「美談」にしてしまう朝日新聞。選手の甲子園かける想いも重要だが、安全・健康面は最大限の配慮が必要なのは言うまでもない。

言行不一致なうえ「報道しない権利」を行使しまくる朝日新聞に、責任感のカケラもみられない。朝日新聞お得意の「第三者委員会」で検討してもらってはいかが。

関連
 「朝日新聞は徹底的に本質から目を背ける
 「朝日新聞にかかると高校野球はすべて美談になる
 「朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が自民党、及び杉田水脈議員を批判する社説を載せたのが7月25日。「LGBT 自民の認識が問われる」。まあ、それは朝日新聞の見解なので構わないのだが・・・。

以前も批判したのだが、ではなぜ菅直人を批判しない? 菅もLGBTではないが、出生率の低いことを「生産性が低い」と発言しているではないか。
(「政府批判ができれば何でも利用する連中」参照)

朝日新聞は社説の中で「異性のカップルであっても、子どもを産むか産まないかは、個人の選択である」と書いている。菅の発言はいいのか?

では、次の発言はどう考える?
「第3子が生まれたら1千万円をプレゼントする」

お金で子どもを産ませようとするかのような発言ではないか。発言者は国民民主党共同代表・玉木雄一郎。

朝日新聞は玉木の発言を許容するのか? まったく問題視していない。自民党議員が「子どもをたくさん産んで欲しい」的な発言をすると、すぐに噛みつく朝日新聞とそのシンパ連中が、野党の発言には完全スルー。

朝日新聞は8月4日にも「LGBT 自民の本気度を疑う」との社説を載せ批判を続けているが、菅や玉木の発言に反応すらせずに、自民党批判に明け暮れる姿は浅ましいの一言だ。

こういうダブスタがみっともないとも思わない。というか、朝日新聞自身がダブスタの認識がないのだろう。つまり、朝日新聞自体が、自らの存在意義を政府・自民党批判ありきと考えているからだろう。

社会的弱者を設定し、それを擁護することで尤もらしく強者を批判するいつもの手法(実は朝日新聞自身が強大な強者なんだが)。時には辻褄が合わなくなる。でも、そんなことは気にしない。目的は政府・与党批判でしかないから。

こんなものは言論機関でも何でもない。ただの反日機関紙だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞7月30日の社説「朝鮮休戦65年 『普通の国』めざすなら」を読んで、本当に朝日新聞って北朝鮮が好き何だなぁ~と、つくづく感じた。まあ、箱田哲也あたりを中心に書いているんだろうが。

さすがの朝日新聞も、金正恩を金日成のように「偉大なる指導者」とまで持ち上げることには躊躇があるようだが、それでも金正恩を「若き有能な指導者」という前提で論説している。まあ、朝日新聞の見立てだからどうでもいいけど、北朝鮮や金正恩のことになると途端に目が曇る。好きな子のことは、何でも好意的に捉えるモテないくん(笑)。

北朝鮮が中国・韓国・米国の首脳と相次いで対面したことを、「普通の国」を目指している兆しだと言う。何をどう解釈するとそうなるのか分からないが、会談は金正恩がアメリカの「斬首作戦」に怯えに怯えた結果であることは言うまでもない。

「外遊でも夫人や妹を伴い、自身の肉声や表情を見せる場面も増えた」とも書いているが、誰も信じられなくなった金正恩が、周りを身内で固めざるを得なくなっただけのこと。

最後には、「朝鮮半島の和平をもたらす覚悟は、日本をはじめ周辺各国に求められている」とか言っているが、朝鮮半島の平和を脅かしてきたのは誰ですか? と言いたい。すべて北朝鮮の問題ではないのか。朝鮮戦争の発端しかり、核開発・ミサイル開発しかりだ。

それに朝日新聞は絶対に書かないが、日朝間には「拉致問題」という大きな問題がある。これの解決(もしくは解決のめど)抜きに、何を日本が協力する必要があるのか? これは国家による犯罪だ。朝日新聞が日ごろから熱心な重大な人権問題でもある。

なぜ、この問題のことを一言も書かない。まさか朝日新聞は「拉致問題」も日本の責任だと思っている訳ではあるまい。朝日新聞が言うとおり北朝鮮が「普通の国」を目指しているのなら、なおさら「拉致問題」の解決なしに「普通の国」は目指せないと書かないといけないだろう。

「犯罪国家」が自分の罪に頬被りし、どうして「普通の国」になれるのか? 朝日新聞が「普通の新聞」になれない理由がそこにある。

関連
 「朝日新聞・箱田哲也の甘ぁ~い北朝鮮分析


このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の論説委員連中は、相当な危機感を持っているようだ。いくら捏造・ウソ記事を書いても、事実を無視した印象操作をしても、「普通の国民」は朝日新聞を相手にしない。それどころか、ますます朝日新聞のいかがわしさが世に広まっていく。そんな現状を理解できない連中が、社説で嘆いている。7月29日の社説「わたしたちの現在地 深まる危機に目を凝らす」がそれ。

「私たちの日本社会はいま、危うく、きわどい地点にさしかかっているのではないか」だってさ。オレから言わせれば、「危うく、きわどく」しているとしたら、それは朝日新聞の仕業である。

これだけ捏造・ウソ記事をまき散らし、事実の一部分を切り取り印象操作に終始する朝日新聞。そんな朝日新聞が言論機関を名乗っている。こんなに「危うく、きわどい」ことがあるだろうか?

朝日新聞やお仲間達は、何か言うとすぐにナチスを持ち出す。この社説にもアイヒマンを持ち出し屁理屈を捏ねているが、「はぁ~?」としか声が出ない。

さらには、相変わらず「民主主義の土台がいま、むしばまれつつある」とも書くが、バカを言ってるんじゃない!

朝日新聞が民主主義を語ってはいけない。何回も書いてきたが、民主主義の土台である選挙において、その開票不正を行った自治労を擁護した時点で、朝日新聞に民主主義を語る資格はない!

何が「民主主義の土台がいま、むしばまれつつある」だ。ふざけるんじゃない! 開票不正を容認した連中が、何が「多様な価値観」だ! クズ過ぎて嘲笑も出ない。

こういう現状に疑問の声を上げる若手記者はいないのか? 年寄り連中は左翼活動家としての老後が待っているからいいけど、若手は倒産・失業だぞ。まあ、普通の記事を書くとボツにされるだけなのかもしれないが。

関連
 「朝日新聞よ、なぜ『民主主義の破壊だ!』と騒がない?

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の本質隠しはいつものことだが、何を守ろうとしているのか? 7月27日の社説「夏のスポーツ 細心の注意と工夫で」を読んで、あぁ~日教組(左翼)教員と夏の高校野球かと納得。

各地で行われている種々の大会などで行われている対策や工夫を示し、「きめ細かな準備と適切な判断で、不測の事故を防ぎたい」などとしたり顔で書く。しかし朝日の社説は、あくまで表面的な対応の羅列であって、まったく本質に触れていない。それは何か? 指導する側の対策だ。

先に「運動部のみんな、熱中症『無理』『もうダメだ』の勇気を」の見出しの記事を書いた中小路徹は、「罰走で校舎周り80周」などとバカな指示をした教員の「知識不足」「甘い認識」「未だに残る根性論」などに目をつむって、批判すらしていない。

今回の社説も同様だ。大会運営などの対応も、もちろん必要なことだが、本質は指導教員の「無知」「非常識」である。この「無知」「非常識」は大会運営を工夫したくらいではどうにもならい。

なぜ朝日は教員の「無知」「非常識」に言及しないのか? 言及した上で教員の「正しい知識と判断力」を向上させろと言わないのか? お仲間の左翼教師を守ろうとしている以外に、理由はないだろう。

それに「猛暑にどう備えるかで、大会の成否が決まる」と書くが、この一言に凝縮されているのが、夏の高校野球は「どんなに暑くても絶対にやり通す」という意思表明以外の何物でもない。おざなり(表面上)の対応をするからいいだろう、と言うこと。

そこには中小路が書いた「運動部のみんな、熱中症『無理』『もうダメだ』の勇気を」は「そんなもん、聞かないぞ」と言っているに等しい。

中小路も社説も、一見尤もらしいことをいっているのだが、それは表面上のことでしかなく、自分たちの利権とお仲間を守ろうとしているに過ぎない。どんなに対策や工夫をしても、真夏に行うスポーツの危険が100%除かれることは絶対にない!

朝日新聞は天文学的に小さいことでも、危険性が除かれない以上原発は再稼働してはいけないと書く。まったく同じ論法でいけば、どのような結論に至るかは明らかだろう。

非常識な教員を批判し、夏のスポーツ大会(高校野球含む)の時期移行を検討する必要がある、くらいのことを書いてみろと言いたい。現実に7月30日の行われた西東京大会の決勝で、試合後に投手が体調不良を訴えて救急搬送され、脱水症状を伴う熱中症と診断された。点滴で回復に向かっていることが、唯一の幸いだ。

どうする朝日新聞。

関連
 「朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し
 「朝日新聞にかかると高校野球はすべて美談になる

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年の7月、新潟県の高校野球部の女子マネージャが亡くなった。練習後、事情でマイクロバスに乗れず、走って学校まで帰るよう監督に指示され、3.5kmを走り学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。

さらに監督は救急車がくるまで間、AEDを使用せず待っているだけだった。女子マネの死因は低酸素脳症で、AEDを使用していれば助かった可能性がある。

痛ましいことだ。「AEDを使ってほしかった。助かったかもしれないと思うと、つらくて悔しい」とお父様も述べている。監督は業務上過失致死の疑いで事情聴取されたが、立件はされていない。

それから1年、今年の夏の県予選で同校が敗れたことを朝日新聞は「練習直後に倒れ・・・亡き女子マネジャーへ、捧げる2本塁打」の見出しで記事にしている。

部員の「いまは、ただただありがとうと言いたい」と気持ちにウソはないが、朝日新聞が美談に仕立て上げていることには、非常に違和感を感じる。

女子マネの死亡は不可抗力や不慮の「事故」ではなく、明らかに監督の落ち度である。刑事事件として立件されるかとは関係なく。女子マネを男子部員と一緒に3.5kmを走らせたこと、意識不明になった後の対応など、明らかである。監督の対応が適切なら「事故」自体が起きていない。亡くなることのない命だったのだ。

そういうことを抜きにして、同じ監督が率いる同校を記事にする必要があったのか? 記事にするにしても、もう少し書き方はないのか? 高校野球に関してはすべてを美化する朝日新聞。

朝日新聞からすればキラーコンテンツである夏の高校野球(甲子園)。「運動部のみんな、熱中症『無理』『もうダメだ』の勇気を」などと記事には書くが、教師批判や夏の高校野球に影響が出るようなことには触れない。
(「朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し」参照)

最近、「地方大会の熱中症対策を呼びかけ」みたいな記事を盛んに書く朝日新聞。やることはやってるんだというアリバイ作り。真夏のどんな気候条件でも夏の大会はカネになるから止めないという朝日新聞の意思表示。

高校野球に青春をかける球児にとって、夏の大会は最高の舞台である。変更するに変更できない環境になっていることは認める。しかし、何かと言うと些細なことでも「改めろ!」と要求する朝日新聞。自社の論調と辻褄が合っているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が成立した。それを受け、朝日新聞が社説で大反対論を載せている。7月21日「カジノ法成立 賭博大国への危うい道」。

別に朝日新聞がカジノ解禁に反対でも何でもいいんだけど、パチンコを推奨しておいて何を言ってるんだ! しかない。地域のパチンコ店を「常連客の社交の場」などと言ってる朝日新聞が「賭博大国」とか言っている。それに、相変わらず「カジノ法」などとレッテルを貼り、印象操作をする姑息さ。

「ギャンブル依存症がぁ~!」とかほざく前に、パチンコをどう考えているんだ。反対の「は」の字も、規制の「き」の字も書いたことがないではないか。

街のパチンコ店は減ってきてるとは言え、まだ全国に約1万店もある。その市場規模は約23兆円以上(レジャー白書2016)。アメリカ全体のカジノ規模が約7.7兆円(2015年)なのに対し、パチンコだけでその3倍もの規模だ。

さらには、幼い子どもを車中に残しパチンコに興じている間に子どもが熱中症で亡くなる悲劇は、何度も繰り返されてきた。また、借金・暴力・強盗等の凶暴犯の原因がパチンコ依存症の場合も多いのは周知の事実。

「週3回、28日間で10回の入場制限だけ。それだけ賭場にいれば依存症に陥る恐れが十分あると、多くの専門家が指摘する」とか書くが、入場料が6000円だとは書かない。入場無料で至る所にあるパチンコ店はどうなの?

カジノに反対するのならパチンコ規制に言及しないとおかしい。それなのにパチンコを「常連客の社交の場」などと書く。実にバカで分かりやすい新聞だ。

もちろん、カジノ解禁で依存症に陥る人が出ないとは言わない。でも、依存症を減らそうとしたら、パチンコ規制が最優先なのは論を待たないだろう。

朝日新聞はパチンコを推奨
記事にこんな写真をつけてパチンコ熱を煽っておいて、カジノ解禁で「依存症が増える」「賭博大国」もないものだ。

関連
 「朝日新聞はカジノ反対・パチンコ推奨のダブスタ
 「朝日新聞よ、カジノに反対する前に言うことはないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が北朝鮮目線になるのはしょうがないにしても、これだけトンチンカンな金正恩擁護と日本卑下(安倍首相卑下とも言える)には笑うしかない。

7月13日の「奇跡は奇跡的には起きない」(社説余滴)がそれ。筆者は国際社説担当の論説委員・箱田哲也。国際社説担当なんて肩書きが付いているのがこれだもの。朝日新聞など読んでも何の意味もないことをよく表してしる。

「北朝鮮に激しい罵倒を浴びせつつも、明確に反応するトランプ氏の姿勢は、金正恩・朝鮮労働党委員長にとって『脈あり』と映っただろう」「多くの戦略と幸運によって、おあつらえ向きの役者と舞台がそろった。去年から、振り上げたこぶしのおろしどころを探っていた北朝鮮は、ここぞとばかり腰を上げた」だってさ。

これが、いかに表面ヅラしか見ていないかは明らかだ。

金正恩は心底「斬首作戦」を実行されることに怯えていた。決定的だったのは、アメリカのB1B戦略爆撃機が北朝鮮の元山沖まで飛行したことだ。北朝鮮軍はこれに対し、何の反応も示せなかった。空軍のスクランブル発進もできなかった。北朝鮮軍はB1Bの飛行を、レーダーで捉えることができないからだ。
 
昨年1年間で22回も北朝鮮沖まで飛行しているが、元山沖まで飛行した昨年9月以降、北朝鮮はミサイル発射威嚇をやめた(1度だけロフテッド打ち上げをしたのみ)。今後は経済優先で行くなどと北朝鮮が言い出したのは、金正恩が「斬首作戦」の現実性を理解したからに他ならない。

さらに、金正恩は自身の所在情報をアメリカに握られていることも、同時に理解した。だから側近を次々に左遷し妹の与正を身辺警護の責任者にした。身内しか信じられない状況になったからだ。

このような状況で、やむにやまれず動いた金正恩に対して、「トランプの姿勢が『脈あり』に映った」「ここぞとばかり腰を上げた」などと、「国際社説担当」が言う朝日新聞。

確かに金正恩にとってラッキー(奇跡的)だったのは、南に親北の文政権が誕生し、しかも平昌五輪があったことは確かだ。しかし箱田が言うような「多くの戦略」などない!

また、日本に関して箱田は「北朝鮮の非を鳴らすばかりで、局面が変わった時の備えは手薄だった。敵視することが自己目的化し、真に懸案の解決を目指す戦略を欠いたツケが回ってきた」と言う。

「真の懸案」とは拉致問題のことだと思うが(朝日新聞のことだから日朝国交正常化を指していたら笑える)、「戦略を欠いたツケが回ってきた」と言うが、そうだろうか? トランプは金正恩に「日本に経済協力をしてもらいたいなら、拉致問題にしっかり取り組め」と言っている。金正恩も「拉致問題は解決済み」とはトランプに言わなかった。

今回のアメリカ-北朝鮮の取引きの中に拉致問題が組み込まれたのだから、大きな進展ではないのか? これは米朝会談前にトランプとの意思疎通を密にしていた安倍首相に努力の賜物と思うけど。

朝日新聞のように北朝鮮目線で見れば、金正恩が大きな成果を上げたことになるのだろうが、「偉大な指導者」などと祖父さんみたいに持ち上げると、そこら中から笑いものになるぞ。もしかして、箱田の尊敬する記者は岩垂弘か?

*岩垂弘は北朝鮮を「地上の楽園」と書きなぐったあげく、謝罪・訂正もせず言い訳だけして逃げたクズ記者

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ