Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 朝日新聞の妄言・虚言・戯言


朝日新聞のご都合主義には慣れているけど
朝日新聞は目の付け所がずれてる
朝日新聞よ 前川喜平と吉田清治の違いは何だ?
朝日新聞・中野晃の言う「断片のイメージ」って朝日新聞そのもの
「悪魔の証明」を求める朝日新聞の愚かさ
森友も加計も朝日新聞の底の浅さが分かっただけ
朝日新聞・前田直人のつまみ食いは見苦しいの一言
朝日新聞的魔法の言葉「社会の右傾化」
元朝日新聞・山口一臣のクズツイート
朝日新聞は民進党の国会対応をどう考えているのか?
朝日新聞は「報道の自由」をはき違えるな!
朝日新聞・高橋純子の反論になっていない反論
朝日新聞編集員・大野博人の教育勅語論
朝日新聞が「危機を煽るな」とおっしゃっているぞ(笑)
元朝日新聞・早野透の駄文コラム
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞が銃剣道批判をこっそり言い訳
朝日新聞が社説ではしゃいでいるけど・・・(哀)
朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)
朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)
朝日新聞はなぜ宮古島市議・石嶺香織を批判しないのか?
朝日新聞がまたまた国民から否定される
もういちゃもんでしかない朝日新聞の社説
朝日新聞の必死さがよく表れている前田直人のコラム
朝日新聞は自社の国有地払下げの件を説明したら?
朝日新聞が特定の学校法人を批判する愚かさ
朝日新聞よ、選挙結果より明確な民意って何があるのだ?
朝日新聞は国民を「煽る」ことしか能がないのか?
朝日新聞がまた「複眼的」とか言ってる(爆)
朝日新聞政治部次長・高橋純子がまた火病ってる(笑)
朝日新聞は自分のファクトチェックをやったら?
ファクトチェック? 朝日新聞のギャグか?
朝日新聞・伊勢剛よ 自分で取材してから言え!!
朝日新聞のご都合PKO論
朝日新聞編集委員・松下秀雄の何でも沖縄差別論
朝日新聞の天にツバ吐く社説
朝日新聞が自社の世論調査を完全無視!
朝日新聞・上丸洋一が剥き出しの極左ツイート
朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート
朝日新聞よ 「改善」ではなく「撤去」だろ!
朝日新聞苦しいのぉ~(爆)
朝日新聞の慰安婦合意に関する苦しい社説
朝日新聞は事実確認をしたうえで社説を書いているのか?
朝日新聞が高江を歩くと「活動家」も「地元民」に化ける
朝日新聞が超ド級の「おま言う」!
朝日新聞とテレ朝は自社報道を取り消し謝罪せよ!
朝日新聞が鳥インフルエンザ記事で誤誘導見出し!
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!! その2
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!!
朝日新聞は自分の社説に責任を持て!
朝日新聞 蓮舫のウソを「説明が揺れた」(笑)
お前が言うな! 朝日新聞!!
朝日新聞は沖縄で暴れている左翼の違法・暴力行為を報道せよ!
朝日新聞政治部次長・高橋純子こそ気味が悪い!
朝日新聞のご都合主義・ダブスタ発動!
朝日新聞が上から目線で何か言ってるぞ(爆)
冨永格を見ると朝日新聞が分かる
朝日新聞の社説は面白い! もちろん皮肉だけどね
必死で民進党を応援する朝日新聞の滑稽さ
朝日新聞の社説には笑っちまう!
朝日新聞よ 甘利を批判するなら山尾はどうした?
朝日新聞は自分の責任を棚に上げるな!
朝日新聞・今村優莉の恥ずかしい言い訳
中国の身勝手な行動を擁護する朝日新聞
朝日新聞記者の性根の悪さ!
朝日新聞・林望の媚中嫌日記事
朝日新聞よ、なぜ鳥越俊太郎を批判しなかった?
朝日新聞・渡辺志帆の身勝手な言い分
朝日新聞悔しいのぉ~(爆)
朝日新聞論説委員連中はアホとしか言えない
朝日新聞は自身の「閉塞感」に自覚なし!
朝日新聞が珍説を開陳(笑)
朝日新聞の言う「民意」って何??
朝日新聞・豊秀一って本当にどうしようもないな
朝日新聞は分かりやすいなぁ~(笑)
朝日新聞の記者ってどうしてご都合主義なのか?
またまた朝日新聞は事実を報道せず!
朝日新聞は自らの過去記事を忘れているようだ
恥知らずな朝日新聞の開き直り
朝日新聞が「現実逃避」のうえ「逃亡」(笑)
朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう その2
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう
朝日新聞よ、なぜ事実を事実として報道しない?
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何?? その2
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何??
朝日新聞がAERAも使って悪質な難民報道!
産経前ソウル支局長無罪に対する朝日新聞の本音
朝日新聞・豊秀一よ、黙れ!!
靖国神社爆発犯は韓国人? を朝日新聞だけ報道せず
悪質な朝日新聞の難民報道
日韓首脳会談にみる朝日新聞の韓国目線
朝日新聞・大岩ゆりの悪質な扇動デマ記事
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
朝日新聞・豊秀一の恥知らずな講演
ネット民に対する朝日新聞の苛立ち
朝日新聞は自分の社説に責任をとれ!
朝日新聞の安倍談話評がクズすぎて笑った
相変わらず植村隆は事実と向き合わない
朝日新聞特別編集委員・冨永格がまたやらかした
朝日新聞「天声人語」のご都合主義
朝日新聞「天声人語」が大学入試に有利?
朝日新聞に「反省」の文字はない!
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない その2
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない
朝日新聞・鯨岡記者の常識ツイート
朝日新聞記者 みんなに責められる(笑)
朝日新聞で信用できるのは日付のみ(笑)
朝日新聞グループはとことん腐っている!!
捏造アサヒ
朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!
植村隆がロスでも妄言
植村隆がニューヨークで好き勝手言ってる
朝日新聞・テレ朝のアシアナ航空機事故の報道が酷い!
朝日新聞が「中国人慰安婦」とか言い出した(苦笑)
左傾戦艦 アサヒ
傲岸不遜なクズ記者! 朝日新聞カイロ支局長・翁長忠雄
朝日新聞がアホコラム「天声人語」で商売をしてる(笑)
朝日新聞・西村陽一がメルケルに玉砕!
朝日新聞は違法行為を擁護するのか!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識 その2
クズ朝日が特攻隊をテロリストと同等に扱いやがった(怒)
朝日新聞にはうんざりだ
朝日新聞のNHK会長批判
朝日新聞の身勝手な言い分
朝日新聞の支離滅裂、ここに極まり!!
新年から朝日新聞は「全開」だ!(爆笑)
「慰安婦捏造」植村隆と「特許法捏造」西尾邦明の言い訳が同じ
朝日新聞・第三者委 植村隆の捏造を認定せず
左端の朝日新聞から見れば、すべてが右だ
朝日新聞の支離滅裂
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!! その2
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!!
やっぱり朝日新聞はクズだ!!
韓流の「おもてなし」を見習って by 朝日新聞
朝日新聞の「自浄作用」とは?
品性下劣なヤジに対する朝日新聞の対応
植村隆追及の手を緩めるな!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識
朝日新聞の姑息さは変わらず!
朝日新聞の隠蔽体質
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている その2
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事
あまりに酷い朝日新聞の記者会見
朝日新聞が言論機関?????
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート その2
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その3
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その2
恥の上塗り 哀れな朝日新聞
朝日新聞の慰安婦報道検証 識者の意見
朝日新聞よ、カジノに反対する前に言うことはないの?
朝日新聞に日韓関係を語る資格はない!
朝日新聞・前田直人の有名人大好き病
朝日新聞社長・木村伊量は反日売国奴
朝日新聞の開き直りとその後
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ! その2
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ!
朝日新聞は百田尚樹氏がとことん嫌いらしい
朝日新聞の社民党化 その2
朝日新聞の社民党化 その1
朝日新聞よ、なぜ「民主主義の破壊だ!」と騒がない?
日本の民主主義の崩壊だ! と朝日新聞は言うけど・・・
極左政治団体・朝日新聞!
朝日新聞にコメントを出す大学教授のレベル
朝日新聞よ、週刊現代が宗旨替えを始めたぞ(笑)
朝日新聞が煽れども滋賀県民は踊らず
朝日新聞が大はしゃぎ(笑)
朝日新聞の「嫌中憎韓」本批判 その2
朝日新聞・植村隆の義母が無罪だとぉ~っ!
朝日新聞が「慰安婦問題」についてよく言うわ
朝日新聞の印象操作は酷過ぎだろう!
朝日新聞の典型的な記事
健全なジャーナリズム精神? お前が言うな朝日新聞!
朝日新聞の姑息な広告
朝日新聞が週刊誌からフルボッコ状態
朝日新聞編集委員・前田直人の低レベルコラム
朝日新聞は本当にクズ新聞だ! その2
朝日新聞は本当にクズ新聞だ!
朝日新聞は「嫌中憎韓」本が売れるのがご不満らしい(笑)
佐村河内守問題での朝日新聞の開き直り
朝日新聞が佐村河内問題で反省記事を載せたけど・・・
朝日新聞編集委員がみのもんたを持ち上げる
朝日新聞の不見識
朝日新聞紙面審議会って何だ?
朝日新聞よ、東京五輪反対なら反対って言え!
おいっ! いい加減にしろよ朝日新聞!!
朝日新聞の「妄言」
領土問題は冷静に話し合おう?? その3
領土問題は冷静に話し合おう?? その2
領土問題は冷静に話し合おう??
相変わらずな朝日新聞


朝日新聞のご都合主義、ダブルスタンダードは今に始まったことでは
ないが、「新聞」を名乗るからにはいい加減にしろ! ってこと。

6月16日の社説「権力の病弊 『加計』解明これからだ」でも、好き
勝って言っているが、過去の言動は都合良くお忘れのようだ。

社説内で
「政権は文書の存在を語る者の口を封じるような行いさえした。義家
文科副大臣は国会で、内部告発者を処分する可能性をちらつかせる
答弁をした」
「考え違いもはなはだしい。調査の手を抜き、都合の悪いことを隠そうと
してきた自分たちこそ、処分に値する」
と嘯いている。

あぁ~、またかって感じ。
朝日新聞は自ら情報公開に異議を唱えていたことをお忘れか?
そう、旧民主党・菅直人政権時の尖閣ビデオの流出事件。

中国漁船が海保船に体当たりしたビデオを菅直政権が隠蔽した事件。
海保職員によりビデオが流出した際、朝日新聞は
「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだ
としたら、政府や国会の意思に反することであり、許されない」
と書いていた。

「政府の意思に反することであり、許されない」
は、当時の朝日新聞の見解である。
なぜ現在は違うことを言うのか? きちっと説明しなければならないのは
言うまでもない。それなくして、何を偉そうなことを言っているのか。

これは朝日新聞に限らない。思い当たる節のある新聞や政党、議員が
多数いるはずだ。

高市総務相の「停波可能性答弁」の時もそうだ。まったく同じ趣旨の
答弁をした菅内閣の平岡総務副大臣には批判の言葉すらなかった
朝日新聞とお仲間たち。
同じく、旧民主党・輿石元幹事長も同様の恫喝を記者たちにしていた
件もそう。

朝日新聞が見解を変えたって構わないが、そこには「説明」が必要
だろう。そういうのを抜きにして、ご都合主義丸出しの対応をするから
朝日新聞やお仲間は信用されない。

関連
 「民主主義の危機?? 笑っちまうアホども
 「自称・ジャーナリスト連中の戯言
 「朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?

 *「朝日新聞 ご都合主義」で検索してもらうと、たくさんの記事が
  出てくるので、時間のある方はどうぞ。


朝日新聞って、つくづくどうしようもない新聞だ。6月10日の記事
「森友問題をめぐり国会で空費された審議時間」
には、呆れ果てるとともに、うんざりしてしまった。

朝日新聞の調査で、2月9日から5月31日までに
「少なくとも12時間10分が空費された」
と言う。内容は、政府の確認拒否、事実と異なる説明などだそうだ。

まあ、朝日新聞が言うような側面がないとは言わないが、空費のほと
んどは民進党の「本質とかけ離れた質問」「揚げ足取り質問」などでは
ないのか?

問題は国有地の払い下げに関して、「違法」な働きかけがあったのか?
のはずなのに、教育勅語がどうの愛国教育がどうの。さらには、稲田
防衛相の森友学園との付き合いがどうの、首相夫人の100万円が
どうの・・・。

国会審議をさぼって大阪まで出かけた民進党議員もいたな(苦笑)。
前理事長夫人のメールに辻元が出てきたら急にトーンダウンし、報道に
圧力をかけ始める惨めさ。
こういう民進党の対応は問題ではないのか?

国会での審議を空費したと言うなら、政府側の問題よりも、民進党側の
問題の方が明らかに大きいと思うけど。

だいたい朝日新聞自体が、本当に問題だと思っているなら、なぜ追求を
続けない? 前理事長夫人メールに辻元の名前が出た瞬間、朝日新聞も
静かになってしまったのはなぜ? 民進党と同レベルではないか!

森友学園問題の発端は、大阪豊中市の共産党市議が
「教育勅語を唱和させるような極右幼稚園は潰してしまえ!」
という不純な動機ではないか。

それに朝日新聞が便乗して、無理筋な疑惑を作っただけ。
大山鳴動して出てきたのは、前理事長が首相との近さを自分の利益に
使っていたという事実のみ。

森友学園が民事再生法の適用を申請、実質倒産したことを考えれば、
共産党・豊中市議の一人勝ちといったところか。

オレは朝日新聞にも、こんな問題の発端を作ったひとりとして、ムダな
国会審議を延々と続けることになった責任があると思うけどな。

今の加計学園問題も根は一緒。
朝日新聞はよく考えた方がいい。


朝日新聞が前川喜平前文科次官の告発を唯一の拠り所として安倍首相・
政府批判を強めている。

6月6日の社説でも「首相らの答弁 不信が募るばかりだ」と元気だ(笑)。
それはそれでいいのだが、この社説を読む限り朝日新聞が批判のネタを
自身では何も持っていないということがはっきりしたということ。

社説内で「前川喜平・前事務次官が本物だと証言しているのに、だ」
と息巻いているが、前川の言ってることの「真実性」を確認しなくていい
のか?

森友学園の時も、首相との近さを自分の利益に利用していた前理事長の
言い分のみで攻め立てていたが、現在森友の「も」の字も朝日新聞に書か
れることはない。

さらに遡れば、慰安婦捏造時も吉田清治のウソ話を取材もせず垂れ流し、
痛い目に遭ったのを忘れてはいないだろう。

今回、前川のみを拠り所にしている姿を見ると、籠池前理事長や吉田
清治と何が違うのかよく分からない。

「前川喜平・前事務次官が本物だと証言しているのに、だ」とかしか
書くことないのか? 「朝日新聞の取材では」というのはないの?

日本批判・政府批判ができれば何でも飛びつく姿は哀れにも見える。
民進党がその場その場のネタに飛びつき、そのすべてでブーメランが
自らに突き刺さり、自爆して果てた姿とダブるだけ。

あと、最後に言っておきたいことがある。
文科省が調査しないことを指して、
「国民の知る権利への重大な背信行為でもある」
とか書いているが、朝日新聞が偉そうに言ってはいけない。
朝日新聞は自らが国民の知る権利に応えていると考えているのか?

自社に都合の悪いこと、特定の勢力に都合の悪いことを一切報じない
朝日新聞が、こういうことを言ってもまったく説得力がない。
説得力がないどころか、大ブーメラン直撃ではないか(苦笑)。

関連
 「『悪魔の証明』を求める朝日新聞の愚かさ
 「森友も加計も朝日新聞の底の浅さが分かっただけ


朝日新聞6月2日の社説余滴「『民際』の縁を心に刻んで」と読んで、
この新聞のご都合主義のひどさにあきれ果てた。

書いたのは論説委員・中野晃。
一生懸命韓国を擁護・持ち上げるだけの中身のない空論の類い。
春先の北朝鮮からみの朝鮮半島有事危機に関して、
「(ソウルは)普段と同じ日常が続いているのに・・・」

だから何なんだ?
危険な前兆に対して、その準備をするのは当然のことだ。当たり前の
危機管理。見て見ぬ振りをすることなどあり得ない。

米国、米軍でさえ、韓国(人)の当事者意識の薄さを嘆いているという
のに・・・。

例えば、近所で空き巣被害が発生したら、自分の家でも戸締まりを始め
対策を強化するのは当然だろう。それは危機管理だ。
朝日新聞の記者が鍵もかけない、うちはいつもオープンだと言うなら
それでもいい。でも、そんなことを有言している記者をオレは知らない。

また、「韓国書店には村上春樹や東野圭吾の書籍が並ぶが、日本では
話題の狭量さと過激な文言に失望する」
日本は嫌韓本ばかりだと言う。

何を言ってるんだ! 韓国書店に日本批判本が大量に並んでいる事実は
無視か!

「メディアが伝える断片のイメージが誤解を広めている」とか言ってるが、
韓国は大人の対応をしているが、日本は「断片のイメージ」に振り回され
ているとでも言いたいのか?

この中野の文章こそ「断片のイメージ」だ。しかも朝日新聞のご都合に
合わせた、たちの悪い「断片のイメージ」だ。

こういう文章を書いて恥ずかしくないのか?
まあ、恥という言葉を知らないのが朝日新聞だけどね。

日本の一部団体の嫌韓デモを日本全体の問題のように報じるくせに、
韓国の反日デモは一切報道しない。韓国側も一部団体かもしれないが、
それにしても「断片のイメージ」の典型ではないか?

朝日新聞は慰安婦問題捏造で日本を貶めた。日本を貶めるのに韓国を
使った。本来なら韓国に謝罪しなければいけない立場だ。
まあ、韓国も本質を理解せず、朝日新聞に乗っかちまった程度の国
だけど。

中野は社説を書く立場にいる人物だ。この程度の人間が書く社説の
「断片のイメージ」に騙される日本人は、朝日新聞の読者とシンパだけ
だろう。


朝日新聞5月31日の社説「加計学園問題 論点をすり替えるな」は、
朝日新聞が追い詰められてどうしようもなくなっている様を良く示して
いた。

相変わらず前文科事務次官がこう言っているの一点張り。
朝日新聞がよく言う「複眼的」といか「多様性」とかいう言葉の虚しさ。

一方の言うことのみを盲信し、記事を書くことの危うさ。朝日新聞は嫌と
いうほど味わってきたではないか?
慰安婦問題しかし、森友学園問題しかり。
まったく懲りていない。

さらには
「(安倍首相が)野党に立証責任を転嫁するような発言をした」
とか言っているが、やっていない証明を本人求めてどうする。
「悪魔の証明」をしろ! と声だかに叫ぶアホらしさ。

朝日新聞の論説委員は、突然「犯罪を犯しただろう、逮捕する」
ってなったときに、「やってないなら証明しろ!」と言われたらどう答える?
「それはあなた(警察)の仕事でしょ」ってなるだろう。

こんな当たり前のことを、言っている恥ずかしさに気づかない。
まあ、朝日新聞らしいと言えばそうだけど・・・。

朝日新聞は、マスコミの役割は「政権監視」だとか嘯くが、誰もそんな
ことは求めていない。「事実を事実として報道する」以外にないとオレは
思う。事実を報道するためには、自らきちんと取材することなしにできる
わけがない。

朝日新聞には、理にかなった追求をするためのネタを自分で集めろ!
と言いたい。捏造と印象操作しか能がなく、取材力はまったくないと自ら
証明しているようなものだ。

追い詰めらたあげく前文科次官を盲信し、一緒に沈んでいくならそれは
それでまったくかまわないけど。



加計学園問題で朝日新聞が前文科事務次官の証言で、鬼の首を取った
かのごとく騒いでいるが、森友学園問題と同じ轍を踏みそうだ。

朝日新聞が最近好んで使う言葉に「複眼的」と「多様性」がある。
しかし、その朝日新聞に一番不足しているのが上記の2語だ(笑)。

森友問題では、ちょっと怪しい籠池前理事長(家族)に依存しすぎた
ことは明らかである。首相との近さを自らの利益に利用していた人物だ。
もっと「複眼的」に「多様性」を以て取材していれば、朝日新聞も赤恥を
かくこともなかったろうに(苦笑)。

今、話題の加計問題でも同様のことを犯している。
いろんな思惑を持っていていそうな前事務次官に依存しているからだ。
前事務次官の責任逃れ、保身(保険)なのか分からないが
「部下から受け取った説明用の資料。本当の総理のご意向なのかどう
かは確認しようがない」(週刊文春インタビュー)
「あくまで内閣府の審議官が語ったという言葉なので、真実は分からない」
(朝日新聞インタビュー)
と、肝心なところは曖昧に答えている。と言うか、明らかに逃げをうって
いる。

当の本人がこう語っているのだから、朝日新聞は「真実」をなぜ追求
しようとしないのか? 自ら「複眼的」に「多様性」を以って「真実」を
明らかにするのがメディアの役割ではないのか?

朝日新聞にとって重要なのは、「真実」の追求ではなく、自らのストーリー
だということを、自ら証明しているようなものだ。

懲りないねぇ。
森友といい加計といい、朝日新聞のストーリーに沿うなら陰謀論の類い
にまで乗っかる。底が浅すぎるぞ、朝日新聞(爆)。

最後に、前事務次官に関して性癖をとやかく言われているが、法を犯し
ていることが明らかになるまでは、個人の趣味として許容してあげたら
と思う。ただ、「少女の貧困の実態調査」などと明かなウソをついてまで
誤魔化そうとしているところをみると、かなり怪しいけどね(笑)。


朝日新聞5月15日のコラム(政治断簡)「おごる首相がつかんだ
『コツ』」は、都合のいいところだけ「つまみ食い」した、ある意味
朝日新聞らしいコラムだ。

書いたのは「あの」前田直人。駄文しか書けないのみならず、分析力も
まったくない御仁。分析力はないけど、現職は「世論調査部長」。

安倍首相の憲法改正発言に「驚いた!」ってさ。
前田に言わせると、安倍首相は「慢心、ここにきわまれり」だそうだが、
前田の見解なので、それはそれでいい。

しかし、その論拠となっているのが、いやはや・・・。
世論調査部長らしく、世論調査の結果をもってくるのだが、それが
いやらしいほど酷い。

前田は言う。
「森友学園問題の真相解明や原発政策の見直しを求める多くの世論
からは目をそむけ、好都合な数字のみにおごり、弱る野党をあざ笑う。
まるで独裁者のようだ」

森友問題や原発問題を引き合いに出しているが、前田はなんと言って
いた? 安倍首相の改憲発言を「驚いた!」って書いていたはず。
コラムの内容も改憲に関してだ。じゃあ、改憲に関しての世論調査結果を
なぜ持ってこない?

理由は簡単。持って来たくても持って来れなかっただけ。
朝日新聞の調査で、9条改憲賛成41% 反対44%と拮抗しているから。
数%は誤差の範囲。つまり朝日新聞の世論調査でも、圧倒的反対では
ないから。

当然、世論調査部長なら他紙の結果も把握しているだろう。
共同通信は賛成60%、産経新聞は賛成52.9%。読売新聞は賛否が
49%で拮抗という結果。

これらを見ても明らかなように、国民は前田のように驚いてはいない。
世論調査部長が自分に都合の良いことのみを「つまみ食い」したあげく、
「好都合な数字のみにおごり、まるで独裁者のようだ」とは、どの口が
言っているのだ?

普通の人間なら、こんな文章は恥ずかしくて書けない。
こんなヤツの文章を読まされる朝日新聞読者は、「そうだ、そうだ」って
嬉々として読んでいるのかな。

大きなお世話だけど、かわいそうだな・・・。


朝日新聞5月12日の社説余滴「市民に向けられた銃口」は、朝日新聞が
現状認識ができていないことを、見事なまでに露呈している。
執筆者は論説副主幹の前田史郎。

「市民に向けられた銃口」なんてタイトルなので、何について書いている
のかと見れば、「赤報隊」事件のことだった。
前田のいう「市民」とは朝日新聞の記者のことだった。

まあ、それはそれとして。
このコラムは、前田や朝日新聞自身が現状認識ができていなことを良く
表している。

確かに赤報隊事件のように、気に入らない言論を暴力を以て制限しよう
とすることは許されない。しかし、この事件を朝日新聞が都合良く使って
いることも、また事実である。

前田は言う。
「記者が真実に迫るのは、国民の知る権利に応えるためだ」
でも、朝日新聞が国民の知る権利を逆に侵害している事実を前田は
意図的に隠している。朝日新聞が事実を事実して報道していないことは
既にばれてしまった。

前田は続けて言う。
「多様な価値を認め合う民主主義社会の土台を守る必要性を今ほど
感じることはない」
この言葉は、そのまま朝日新聞にお返ししよう。

朝日新聞は最近「多様性」という言葉を連発する。しかし、朝日新聞が
「多様性」を持つ記事を書くことはない。化石のような左翼思想をちりば
めた、一方的なプロパガンダのようなものばかり。

で、最後には
「いま、社会は右傾化がすすむ」
これさえ言っておけば、すべてが解決するかのような、朝日新聞的魔法の
言葉だ(苦笑)。これって、裏を返せば朝日新聞の主張が受け入れられ
なくなっていることを、誤魔化しているだけだ。

なぜ朝日新聞が国民の信用を失い、受け入れられなくなってきたかは
明らかである。

ネットなどの普及により、国民は事実を事実して知ることができるように
なった。そのため、朝日新聞の記事が特定のバイアスが掛かっていることが
周知となった。ただ、それだけである。
それを「社会の右傾化」などと逃げている。

このコラムから見てくるのは
・朝日新聞自身が国民の知る権利に応えていないという事実は無視
・一方的な記事しか書かないくせに、自らは多様性が大事と言う
・朝日新聞への数々の批判を社会の右傾化としか見られない
という朝日新聞の実態。

朝日新聞は赤報隊事件を「言論の自由への挑戦である」と言う。
これに関してはまったく否定しないが、「報道の自由」には責任と義務が
伴うことは言うまでもない。

朝日新聞は、最近「複眼的」という言葉も多用しているが、是非「複眼的」
なものの見方をした上で、記事を書いて欲しいものだ。

「社会の右傾化」なんて連発しているうちは、朝日新聞が国民の信用を
回復することは、絶対にできない!!


元朝日新聞で週刊朝日の編集長などを務めた山口一臣の安倍首相批判が、
行き着くところまで行き着いてしまった(苦笑)。

山口一臣のツイート。
「お祖父さんもお父さんも東大で、お兄さんも東大大学院なのに、この人は
成蹊大卒でアメリカ語学留学(途中で帰国)。それが日本の内閣総理大臣
です。自民党の人はそれでいいのか?」

安倍首相が安倍家の落ちこぼれと言いたいのか、成蹊大を貶めたいのか、
東大信奉者なのか、よく分からないツイートだ。
確かなのは、いろんな関係者を誹謗し、学歴差別意識丸出しってこと。
政策などで批判できなく、誹謗中傷に走るあたりが元朝日らしい(苦笑)。

しかし、それにしても失礼なツイートだ。
安倍首相に対しても、成蹊大関係者に対しても。
安倍憎しで凝り固まっているんだろうけど、余りにも短慮な物言いだ。

そういえば、週刊朝日は橋下徹の出自に関しての記事で、各方面から
大批判されてたな。当時、山口は前編集長(販売部長)という立場だった
が、嬉々として同記事を発信していた。

朝日新聞がことの重大性を理解し、山口や当時の編集長、編集デスクなどは
「粛正」されたが、山口は今も何が問題だったのか理解もしていないようだ。
そうでなければ、こんな非常識なツイートをすることもないだろう。

未だに東大でなければ首相にあらず、とでも考えているのか?
それとも、自身が早稲田大なので、東大コンプレックスか?

いずれにしても、まっとうは批判ではない。
こんなのがジャーナリストを気取っている。左派系の人こそ、山口を批判
しないとおかしい。「差別をなくせ」を実践するときだと思うが。

それにしても、元朝日ってクズばっかりだな。
あっ、朝日がクズの集まりなんだから、OBがクズなのは当たり前か。


朝日新聞5月12日の社説「『共謀罪』審議 採決ありきは許されぬ」
を読んで、「この新聞はもうダメだな」とつくづく実感。

朝日新聞は言う。
「大切なのは議論した時間ではなく中身だ。言うまでもない。打ち切りの
話がいま出ること自体、人々を愚弄するものだ」
だそうだ。

オレから言わせれば、民進党の国会質疑こそ「人々を愚弄するものだ」。
朝日新聞の言う「中身」って何? 例えば民進党の質問が「中身」の良い
ものだとでも言うのか?

的外れの極論を繰り返す、ただの煽り・扇動でしかない数々の質問。
端っから議論する気などない揚げ足取りや失言目当ての質問。
こんな民進党の姿勢こそ批判されてしかるべきであろう。

「法案に対する理解は一向に深まっていない」と政府を批判するが、
深まらない理由のひとつは、民進党のくだらない質問が原因である
ことは明らかだ。

しかし朝日新聞は民進党のムダな時間稼ぎを批判することもなく、採決
ありきは許されぬとか言う。
民進党のくだらない質問に言うことはないのか?

未だに自身のイデオロギーを全面に出し、「日本にとって」という視点の
ない朝日新聞。だいだい、公器である新聞が「共謀罪」などとレッテルを
貼った見出しをつけること自体が間違っている。

朝日新聞は数々の「捏造」で国民の信用を失っている。数少ないお仲間と
一緒に消えていく運命だ。
朝日新聞の押し紙の実態も暴かれつつある。虚勢を張って粋がっていら
れるのも今のうちだな。


赤報隊を名乗る組織が朝日新聞阪神支局を襲撃してから30年。
亡くなられた記者ご本人、及びご家族は、さぞ無念であったと推察する。
改めてお悔やみを申し上げる。

朝日新聞も5月2日の社説「阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、
明日も」で、言論への意気込みを語っている。

「社会に開かれた支局を襲う卑劣な犯行は言論の自由への挑戦」
「気に食わぬ言論を暴力で封じる。そんな手法に、理などない」
まったくもってその通りで、この件に関しては朝日新聞に同調する。

しかし、他に言っていることはいちゃもんに近いうえ、論理のすり替え
ばかりである。朝日新聞は言う。
「特定秘密保護法の成立や、審議が進む「共謀罪」法案、防衛省の
情報隠蔽疑惑など、政権がすすめる政策やふるまいには、国民の
『知る権利』を脅かしかねないものが目につく」

まず特定秘密保護法の成立で朝日新聞は何か実害があったのか?
報じたいのに報じられないことがあったのか?
「国民の知る権利」とか言ってるけど、朝日新聞自身が「報道しない
権利」を行使しまくっている事実をどう考えているのか?

「異論を排除する、すさんだ言葉の横行は、安倍政権の姿勢と無縁
ではなかろう」
結局、安倍政権と言うか安倍首相を攻撃したいだけである。

「報道機関が政権の意向を忖度すれば情報は偏り、国民は正しい
判断ができなくなる」とも言ってるが、
朝日新聞が政権の意向を忖度することはないだろうが、別の忖度が
行われていることを国民はよく知っている。

それに、朝日新聞が「国民が正しい判断」をするための情報を提供した
ことがあるのか?

煽り、扇動、印象操作。朝日新聞の記事は最初から朝日新聞の言い
分に誘導するよう、意図的と言うか悪意をもって作られている。
国論を二分するような案件でも、自社の言い分を垂れ流すだけ。
他の意見を取り上げず、何をもって「国民の判断」などと言っているのか?

結論ありきの記事作り。そのためには事実を歪曲し、それでも不足なら
捏造・ウソも当たり前。何度も批判されているにもかかわらず、未だに
そんな記事作りをする。

この社説掲載と同日には、宮城の「いじめ自殺」事件のコメント捏造が
明らかになっている。こんなことを繰り返す朝日新聞が
「自由にものを言い、聞くこと。その普遍的な価値を社会と共有していき
たい」
とか戯言を言う。

自由にものを言うのはけっこうなことだ。だが、自由の裏には責任と
義務が発生する。自由に捏造する、自由にウソをつく、自由に自社に
不都合な記事は掲載しない。そんな自由などないことに朝日新聞は
気づかなければならい。


朝日新聞政治部次長・高橋純子が、また頭の構造を疑われる文章を書い
ていた。

4月24日の政治断簡「スットコドッコイと愛の行方」。
本人は「うまいこと書けた」と思っているのかもしれないが、読むに堪えない
駄文だ。もし金を払ってこんなものを読まされたら、即刻購読をやめるだろう。
朝日新聞の読者って、やさしいね。

この中で、高橋は作家の百田尚樹氏が指摘した
「(朝日新聞は)北朝鮮からミサイルが日本に落ちても、一発だけなら誤射
かもしれないと書いた」
との件に対して反論というか見解を書いている。

ちなみに、朝日新聞の記事は
Q ミサイルが飛んできたら?
A 武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かも
  しれない。
という武力攻撃をQ&Aで解説したもの。

高橋が言うには
「北朝鮮を含め具体的な国や地域名は出てこない。一般論として、武力
攻撃事態の線引きは難しいということをQ&Aで解説する記事だった」
とのことだが、次のQ&Aでは
Q 不審船は?
との質問に答えているので、北朝鮮を想定していることは明らかだ。

まあ、北朝鮮を想定したものでも一般論でもいいけど、これが朝日新聞の
本音である。ミサイルが飛んできても1発なら許容せよ、と言うこと。
国家主権が脅かされても我慢しろ。被害が出ても我慢しろ。うかつに反撃
するな、話し合いをしろ、と言うこと。

普通の国民には受け入れらない論理である。
高橋は疑問も持たずに「一般論」などと言えば事足りると考えているようだ。
おぉ~、こわ!

突然1発顔面を殴られて、歯が折れ鼻血が吹き出しても
「1発では誤打かもしれない」
と考える一般人がどれくらいいるだろうか? 普通の人なら
「なんだ! この野郎!!」となるだろう。
大げんかまで持って行くかは別にして、「誤打」と考え「何ですか??」
と聞く人は、まずいない。

こういう非常識な論調を平気でする朝日新聞。その中で訳の分からない
駄文を毎回載せる高橋。新聞記者って、お気楽なもんだ。


朝日新聞はつくづく教育勅語が嫌いらしい。
まあ、別に嫌いでもまったく構わないのだが、道徳観まで否定しちゃう
のは、その人間性のなせる技なのか?

朝日新聞論説委員・大野博人が「4拍子のワルツで踊る教育勅語」と
いうコラムで、独特の道徳観を示している。

大野は言う。
「親を大切に、兄弟姉妹も夫婦も仲良く、友情は大事に・・・。うんざり
するほどありふれた徳目」
「これ(教育勅語)を聞かされて『伴侶やきょうだい、友人とは仲良くしな
きゃいけないんだ』とあらためて目覚める人がいるのだろうか」

改めて目覚めるとかいうものではなく、日本人としてというか人として、
その心の奥底に常に備えていなければならないものだと思う。
オレが思うに、「無意識の自覚」というようなもの。

大野はさらに言う。
「こんな徳目を掲げたからといって外国の人たちが感心するとは考えにくい」
「(これらの)徳目で外国から尊敬を集めようなんて、虫がよすぎる」

道徳観は各国様々だろうが、大元にあることは変わらないと思う。
当たり前のことを当たり前に考える、ということでしかない。

教育勅語をなんとか否定しようとして、人間として持ち合わせてないといけ
ない素養の部分まで否定している。
大野の低俗な人間性を表していると言えばその通りか。

その割には、朝日新聞は「近隣諸国(=ご近所さん)と仲良く」的な論調を
盛んに行っていることに対して、大野はどう考えているんだろうか?

教育勅語は天皇制と絡めて、結局は天皇のために死ねと言っていると
批判されるが、その部分のみ強調して全体を否定するはいかがなものか。
徳目の部分だけなら否定する日本人は少ないだろう。
全肯定するのも全否定するのも良くないのでは? と思う。

ところで、大野の言う4拍子というのは「挑発」「釈明」「犠牲者の振り」
「勝利」だそうだ。
教育勅語は素晴らしいと「挑発」。批判を浴びると「釈明」。メディアが
戦前回帰などと印象操作していると「被害者振る」。教育勅語を授業で
使っても構わないと閣議決定し「勝利」だって(笑)。

どこかで見たロジックだと思ったら、朝日新聞自身のいつものロジック。
慰安婦を強制連行したと「挑発」。強制連行の証拠はないと言われると
広義の強制性はあったとか、女性の人権問題だと「釈明」。捏造批判
されると、不当な攻撃を受けているなどと「被害者振り」。開き直って
これからも報道し続けると「勝利」。
本多勝一もそう、植村隆もそう。朝日新聞関係者はみんなそう。

知らず知らずに自分たちが日頃使っているロジックになっている(笑)。
ということで、コラムの本題は「4拍子で踊る朝日新聞」だな。

大野は最後に無意識に自分たちの未来を予言している。
「4拍子の変なワルツに誘われて踊りだすのはやめよう。必ずずっこける
から」(爆)


朝鮮半島情勢がきな臭いが、朝日新聞は「冷静に」いつもの論調だ(笑)。
お得意の「危機を煽るな」と忙しい。

4月21日の社説余滴「『緊張高まる韓国』なのか」は朝日新聞の相変わ
らずの「お花畑」っぷりを表している。
書いたのは国際社説担当の箱田哲也という論説委員。

箱田が言うには
「一部の日本メディアが伝える『緊張が最高潮に達する韓国』というのは
どうか」
「緊張『させる』ためにかなり取材に苦労しているのではないかと推察する」
「日本側の興奮ぶりが異様に映る」
だそうだ。

つまり、一部日本のメディアが「緊張を煽っているだけ」と言っている。
確かに、明日にでも朝鮮半島で戦火が開かれ、日本にも大きな影響が出る
などと大騒ぎするのはよくない。
しかし最悪の事態に備えるのが危機管理の第一歩だ。

最悪を想定した対処を行い、何もなければ良かったで構わないのだ。
何かあってからでは遅いのだ。

箱田が「韓国は危機など感じていない」例として自分の「お友達」を挙げて
いるが、こいつの近くには似たような甘ちゃんしかいないだろう。
言い換えれば「親北朝鮮派」。

さらには、こういう記事中にも安倍批判を盛り込むのも朝日新聞らしい。
「ミサイル発射で大騒ぎするのは、安倍政権が『森友問題から国民の目を
そらさせたいからだろう』」
ここまでくると、何が目的の論評なのか分からなくなってくる(苦笑)。

つくづく呑気でいいなぁ。
繰り返すが、何かあってからでは遅いのだ。いろいろな事態を想定し
対処するのが危機管理だ。

「報道する側が冷静さを欠いたり、根拠の薄い予見で報ずるな」という
が、大甘な予見で「楽観論」を口にするのも慎むべきだろう。


朝日新聞・新ポリティカにっぽんとか言うコラムに、OBの早野透が
書いていたので読んでみた。
タイトルは「国有地は、国民みんなもの」。

森友問題を扱ったものだ(と思う)が、なぜか「教育勅語」の批判から
始まる。しかもコラム半ばを過ぎても、まだまだ批判が続く。
さらには教育勅語批判に、森友学園が運営する塚本幼稚園が混ざり
始めた。

国有地払下げがテーマではないの?
で、やっと払下げに言及したかと思えば、籠池氏の発言に基づき自らの
ストーリーを披露。しかも、これがありきたりの「忖度論」。

つまんねえコラムだなと思いつつ読み続けると、締めはまた「教育勅語」
批判。これに稲田防衛相批判を絡めてお終い。

なんだこれ??
長いわりに内容がなく、結局「教育勅語批判」「忖度」しか出て来ない。
しかも、その前提は籠池発言のみ、自ら何かを取材した風でもない。

まあ、朝日新聞が何を書こうがどうでもいいが、朝日新聞が国有地の
払下げを語るなら、まずは自らの「社屋」について語ってからにしろと
言いたい。

自らは約4分の1の値段で払い下げを受けているにもかかわらず、それ
には無視を決め込み、「国有地は、国民みんなもの」などというタイトル
で訳の分からないコラムを平気で書く。

朝日新聞お得意の「自分のことは棚に上げて」だが、説明を求める声が
大きくなったら言うんだろうな。
「読売新聞もそうだ。うちだけが批判される覚えはない!」

大笑いしそうだ。


KY事件
平成元年(1989年)4月20日の朝日新聞夕刊一面に
「サンゴ汚したKYってだれだ」
との捏造記事が載った。

そう4月20日は「朝日新聞KYの日」なのだ。
朝日新聞の数々の捏造記事のうちのひとつだが、朝日新聞の体質を
よく表している。

記事中で
「80年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきた
ものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の・・・」
と日本人を蔑む。

カメラマンの愚行もさることながら、ろくな調査もせず全否定。
否定しきれなくなると、元々あったKYをなぞっただけと言い訳。
そして最後は無傷のサンゴに傷をつけたと謝罪。
ここまで1ヶ月も要している。
(慰安婦捏造の30余年を考えると早いともいえるが・・・)

2000年代に入っても、朝日新聞の
「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」
を見ているオレたちからすれば、朝日新聞はこの事件からまったく何も
学んでいないことを、よく知っている。
こういうバカなことをしておきながら、何の教訓にもしていない。

だから、日本人は朝日新聞の「サンゴ事件」を忘れてはならない。
朝日新聞が廃刊になるまで、決して忘れてはならない。


朝日新聞が4月7日、「(Re:お答えします)銃剣道、中学指導要領に」と
題する「言い訳」を載せた。

朝日新聞は3月31日に
「中学校の『武道』に新たに盛り込まれた『銃剣道』。旧日本軍の戦闘
訓練に使われていた『銃剣術』の流れをくむだけに、波紋が広がっている」
という記事を載せていた。

その中で「中学校の『武道』に新たに銃剣道が盛り込まれた」と、ウソを
交えて悪質な「印象操作」を行っていた。
(「朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)」参照)

朝日新聞は、新しい指導要領決定までの経緯を書いた上で
「今後ともわかりやすい記事を心がけます」
と、社会部次長・西山公隆が署名している。

はぁ~? わかりやすい記事??
意図的にウソを交えて記事を書いておいながら、記事が分かりづらかった
と言い訳している。

社会部の記者が、新指導要領決定までの経緯を知らないわけがない!
知っていながら悪質な「印象操作」記事を書きながら、何を言ってるのか。
呆れる・・・。(もし、知らないで書いていたなら新聞記者失格である)

朝日新聞は「誤解を与える記事だ」という指摘に対する回答の体をとって
いるが、本来は「ウソ記事」(捏造といってもよい)の謝罪をしなければ
ならないのは明らかだ。

何が「お答えします」だ!
「ウソ記事を書いて、印象操作をしました。どうも申し訳ありません」だろ!


4月3日に駐韓大使と釜山総領事が韓国に帰任することを政府が発表
したことを受け、朝日新聞が翌4日の社説で大はしゃぎだ(苦笑)。

「異常事態がやっと解消される」
「遅きに失したとはいえ、当然の措置」
「大使らの一時帰国は短慮だったと言わざるをえない」
とか、いろいろ言っている。

まあ。朝日新聞が喜ぼうがどうでもいいけど、やっぱり目線が一般国民と
大きく違う。それは
「帰任する大使らには、2年前の日韓の慰安婦合意の意義を粘り強く
韓国に説き、少女像問題の進展につなげてほしい」
とバカなことを言っていることだ。

政府間で正式に締結したことだ。それを何で日本側が「意義」を「粘り強く」
韓国に説かないといけないのだ。すべて韓国側の問題ではないか?

しかも、日韓合意を履行していないのは韓国である。
日本には何の落ち度もない。

この前提を無視して朝日新聞は何をはしゃいでいるのか?
バカバカしいほどの韓国目線だ。

朝日新聞のこういう態度(論調)が韓国をつけ上がらせている。
さらには、真の日韓関係の構築を阻害している。
しかも、それに気づきながら煽っているとしか思えない。
どうしようもないクズ紙だ。


朝日新聞の「印象操作」は相変わらずだな(苦笑)。
3月31日に告示された中学校の新学習指導要領で、保健体育の武道に
「銃剣道」が盛り込まれたことがご不満のようだ。

朝日新聞の記事では
「中学校の『武道』に新たに盛り込まれた『銃剣道』。旧日本軍の戦闘
訓練に使われていた『銃剣術』の流れをくむだけに、波紋が広がっている」
とある。

現行指導要領は
「武道」として、柔道・剣道・相撲のうちいずれか一つを選択して(後略)」
となっている。しかし、上記に続けて
「地域や学校の実態に応じて、なぎなたなどのその他の武道についても
履修させることができる」
ともある。「その他の武道」には、もともと武道協議会加盟団体9種目の
ひとつである「銃剣道」も入っている(文科省見解)。
今回の改定で、一定の取組があった武道を本文に入れることになっただけ。

確かに、当初「銃剣道」は本文から外されており、後に追加になっている。
つまり、当初の改正案から最終的に「追加」されたというのなら正しいが、
「新たに」追加されたは間違いである。

朝日新聞の記事にこんなことは書いてない。つまり、朝日新聞の記事は
詳細を省いて、明らかに「新たに追加された」との誤解を招く書き方である。
いうなれば、強く「印象操作」を行っている。
何を狙っているかと言えば、「戦中回帰だ!」「軍国主義の復活だ!」
なのは一目瞭然。

また、朝日新聞は「波紋が広がっている」と書くが、これは朝日新聞の
「戦中回帰だよ。反対の声を上げよう」との声明に近い。
記事中で、ネットでは戸惑いの声が上がるとか書くが、賛成論は一切
書かない。

朝日新聞は気づいてないが、全日本銃剣道連盟、及びその加盟団体、
さらには実際の競技者に対して非常に失礼な記事である。
武道スポーツとして日本選手権も実施しているし、国体競技でもある
「銃剣道」に対する、あからさまな蔑視である。

もうこういうのはやめろ! と言いたい。
戦前・戦中に旧日本軍と何かしらの関係があったものは何でも反対。
何でも軍国主義だぁ! 的な発想は一方的過ぎるし貧困過ぎる。

では、朝日新聞はランドセルに対して、なぜ批判しない???
ランドセルは旧日本軍が将兵の携行物を収納するための装備品として、
オランダから導入したものだ。
小学生が軍隊発の装備品を背負って通学していることはいいの?

じゃあ、セーラー服は??
ご存知のように旧日本軍(海軍)の軍服がベースではないか。

さらには詰襟は??
これも旧日本軍の海軍士官の制服をモデルにしてるじゃないか。

結局は、朝日新聞のご都合主義を基にした言いがかりでしかない。
関係者を侮辱するような記事を書いてまで「印象操作」をする朝日新聞。
本当にどうしようもないクズ新聞だな。


朝日新聞3月31日の社説「敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する」は、
左翼陣営のお花畑に綺麗に花が咲いていることをよく示している。

自民党が、敵のミサイル基地をたたく敵基地攻撃能力の保有について、
検討を開始するよう政府に求める提言を提出した。
安倍首相は「しっかり受け止めていきたい」と応じたという。

これに朝日新聞は「とうてい賛成できない!」だそうだ。

敵基地攻撃は既に昭和31年(1956年)に鳩山一郎内閣が、
「わが国に対し攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが
憲法の趣旨とは考えられない」
とし、「法理的には自衛の範囲」との見解を示している。

朝日新聞もきちんと書いているが、これはあくまで「法理」を説明したもの
であり、現実は違うと言う。

朝日新聞は言う。
「日米安保があるじゃないか」
米軍が「鉾」で、自衛隊は「盾」なんだから、米軍にやらせればいいという
ことらしい。

じゃあ、なぜ朝日新聞は普天間基地の辺野古移設に反対するんだ?
なぜ国外移設を! なんて言ってるんだ?
「鉾」をなくす(小さくする)方向に向かわせようとしているのは誰だ?

さらに、朝日新聞は
「移動式発射台や潜水艦からミサイルが撃たれれば、位置の特定も発射の
兆候をつかむのも困難だ」

その通りなんだよ、朝日新聞。
日本の防衛の不備(不足)をよく分かってるじゃないか。
その不足分をどうするか、防衛上考える必要がある訳だろう?

「日本が攻撃したら、戦争を拡大させる」
とか言っているが、ミサイルを撃ち込まれることがはっきりしている状態で、
何を呑気なことを言うのか? 現実に被害が出てからでは遅いだろう。
朝日新聞は「座して自滅を待つ」でもいいだろうが、オレは嫌だ。

朝日新聞は「何でも反対!」と言っていれば自己満に浸れるだろうが、
被害を受けるのは一般国民だ。
朝日新聞関係者は、いざとなったら中国が匿ってくれるからいいねぇ~。

以前、PAC3(地対空誘導弾)の配備に対して、社民党・福島瑞穂は
「ミサイルを撃ち落としたら、その破片で付近に被害が出るから反対だ」と
変な持論を展開して失笑を買った(しかも国会の質疑で)。
着弾してしまったら、どんな被害が出ると思っているのか?

今回の社説は、これと同レベルことを言っている。

中国の核ミサイルは何発も日本を射程に入れている。
北朝鮮はこれだけミサイル発射を繰り返し、あげくの果てにいつ暴発する
か分からない状態だ。

そんな状況にもかかわらず、朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)。


石嶺市議のFB
沖縄県宮古島市議・石嶺香織が自身のFBで
「海兵隊から訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なく
ても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの」
と投稿、大炎上している。

石嶺は後日言い訳になっていない釈明を投稿したが炎上は収まらず。
石嶺は問題の投稿のみならず釈明投稿も削除し、現在逃亡中。

宮古島市議会は、この「バカすぎる」投稿に対して辞職勧告決議を可決
した。当然のことである。石嶺は辞職を拒否しているが。

ところで、朝日新聞はこの石嶺の件を一切報道していない。
FBの投稿も市議会の辞職勧告決議可決も無視を決め込んでいる。
なぜ?????

高江のヘリパッド建設現場での機動隊員の「土人」発言は、気が狂った
かの如く社説まで使って批判しまくったのに。
まあ、これも反対派の常軌を逸した違法で暴力的な活動を隠しての報道
だったけど。
反対派の挑発は置くとしても、「沖縄差別」だとか無意味に拡大解釈を
していたうえでの批判だ。

朝日新聞は市議という公人が非常識な発言(暴言)を堂々と行ったことに
対して、なぜ一切報道しないのか?
あの琉球新報、沖縄タイムスですら、報道しているというのに。
相変わらず「報道しない権利」を行使しまくりだな。

こういうことをやっている新聞が「報道の自由がぁ~!」とか言ってるの
みると、アホらしくなる。

報道しないこと(批判しないこと)が「お仲間」のためになると思っている
なら大間違いだ。自らの首を絞めていることに気づいていない朝日新聞。
もはや(というか昔からだが)新聞とは言えない朝日新聞。
潰れろ!!!

福島瑞穂と石嶺香織
同じシンポに出るくらい仲の良い福島瑞穂も、この件に関してコメント出せ
と言いたい。数少ない「お仲間」だろう。


朝日新聞が3月11、12日に世論調査を行った。その中で
「日本政府は、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する
像がたてられたことに抗議し、大使らを今年初めから日本に一時帰国
させています。日本政府が大使らの一時帰国を続けていることは、妥当
だと思いますか。妥当ではないと思いますか」

結果は、
 妥当だ     63%
 妥当ではない 20%

はははっ、また自社の論調を否定されてる。
朝日新聞は3月12日の社説で
「日本政府は(中略)2カ月以上も駐韓大使らを一時帰国させている。
大使らを早く任地に戻し、新政権ができるまでの情報収集や対話の
パイプづくりに万全を期すべきである」

朝日新聞は自社の社説が否定されているにもかかわらず、世論調査
結果を報じる紙面で、このことにはまったく触れていない。
また逃げやがった!

もうお約束になっている。過去にも社説の論調を否定される世論調査
結果から逃げてきた朝日新聞。
国民の大多数から支持されていない朝日新聞。いい加減自覚しろと
言いたい。

まあ、朝日新聞の論説委員連中は「国民は何も分かってない」とでも
考えているんだろうが、お前らこそ「何も分かってない!!」と強く言って
おく。

関連
 朝日新聞が自社の世論調査を完全無視!
 朝日新聞は自分の社説に責任をとれ!


朝日新聞が「普通の国民」から見放されて久しいが、こんな社説を書いて
いるようでは、今後益々ジリ貧だろう。

3月6日の社説「自民党大会 異論なき1強の危うさ」は、もう批判のため
の批判、いちゃもんでしかない(苦笑)。

安倍1強の現実を嘆いているのだが・・・。
「党や内閣の方針を、多様な視点から吟味する。そんな政党として当たり
前の機能が、今の自民党は劣化していないか」
「異論や批判に耳を傾け、常に自省する。そんな姿勢がなければ権力は
腐敗する」
と書くが、下記のように書きかえた方がすっきりすると思うぞ。

「自社の記事を、多様な視点から吟味する。そんな新聞社として当たり
前の機能が、今の朝日新聞は劣化していないか」
「異論や批判に耳を傾け、常に自省する。そんな姿勢がなければメディア
(新聞社)は腐敗する」

ところで、社説中のいいがかりは酷過ぎる。
「1強」ゆえのおごりや緩みの例として、
「昨年の臨時国会では、首相の所信表明演説中に若手議員らがスタン
ディングオベーションで応えた」
って言うけど、これっておごり? 緩み?
旧民主党・鳩山政権時にも同じことがあったじゃないか? いつまで知らん
ぷり? 蓮舫が言うところの忘れる力?

また、「1強」の背景として
「1990年代の衆院への小選挙区制や政党交付金の導入と、首相への
権力集中の積み重ねがある」
って言うけど、別に自民党がごり押しで進めた制度ではないだろう。
朝日が推していた反自民連立政権が強く進めた制度ではないか?

さらには、小選挙区制は得票率に比べて勝者の側の議席の占有率が高く
なりやすい制度でもあると嘆くが、何を今頃泣き言を言っているのか?
朝日一推しの旧民主党が政権を取れたのも、小選挙区制だからでは
ないか?

もう支離滅裂、いちゃもん。

まあ、この社説での朝日新聞の本音は「総裁任期延長」で、安倍首相が
あと4年首相を務める可能性が出てきたことへの恐れだろう。
朝日新聞的にはこのまま高支持率をキープされ続け、朝日新聞が受け
入れがたい政策を進められるのが怖いのだ。

でも言っておく。朝日新聞が反対する政策ほど、日本のためには有意義な
政策であるということを。


朝日新聞3月6日の政治断簡「森友学園、問われる政権の体質」(前田
直人)は、前田の必死さ、いや朝日新聞の必死さがよく表れていた(笑)。

森友学園の件を述べているのだが、
「国会が風雲急を告げている」
「テレビの情報番組が、せきを切ったように報じ始めた」
「一大スキャンダルの様相である」
「大炎上」
「(教育勅語を)幼稚園で丸覚えとは、背筋が寒くなる」
「不可解な事実を前に『記録がない』という逃げの一手では、『共鳴』の
闇は晴れようもない」
「政権の体質が問われている」

これもかっ!ってくらいに政権批判、森友学園批判を展開している。
まあ、前田ごときが何を書いても何の影響力もないが、このコラムには
前田&朝日新聞必死さがよく表れている。

何を書いても国民の共感を得られない朝日新聞。こんなはずでは? と
焦りまくっている朝日新聞。批判すれども世論調査で自社の思惑通りの
結果が出ない。
前田は現在、世論調査部長らしいので、尚更それを強く感じるのだろう。

朝日新聞の調査でも、安倍内閣の支持率は高値キープだし、テロ等
準備罪も朝日新聞は「共謀罪」などとレッテルを貼りまくっているが、
賛成派が反対派を上回る事実。

朝日新聞が強く批判しても、その後の調査で国民は逆の意思を示す。
戦後70年の安倍談話や、駐韓国大使の帰国長期化などがいい例。

前田は編集委員のころからロクな文章を書けなかったが、相変わらず
文章力がない(苦笑)
興味のある人は「前田直人」でブログ内検索をしてください。
いくつか前田直人関係の記事が出てきます。

ところで、この前田のコラムには、朝日新聞が日ごろよく使う「多様性」
とか「複眼的」といった要素はまったくない。自社の言い分をこれでもかっ!
ってくらい書きなぐっている。言行不一致は朝日新聞の十八番とは言え、
あまりにも恥ずかしいコラムだ。


朝日新聞が学校法人・森友学園への国有地払下げに関して一生懸命だ。
それはそれで構わない。「違法」な取引があったのなら、明らかにする
ことはいいだろう。

ところで、朝日新聞3月3日の社説「森友学園 政治家の関与、解明を」は
何か抜けているんじゃないか? と思わざるを得なかった。

朝日新聞は言う。
「問われているのは、国民の共有財産である国有地が格安で売却された
のではないかという重大な疑惑だ」
そりゃそうだ。別に朝日新聞の社説に文句を言うつもりはない。

しかし、朝日新聞が国有地を格安で購入した「事実」にも答えた方が良い
のでは?

維新の党・丸山穂高議員が指摘しているが、1坪200万円のところを
56万円で購入していた件はどうなんだ?
朝日新聞が安く購入しているのだから、森友学園が免責されるなどと言う
つもりはまったくないが。

森友学園の件は、一応ゴミの撤去費用が控除されているという理由が
あるが、朝日新聞の件はそんなものはないし。
朝日新聞は、まず自らの国有地購入に関し説明してから「疑惑」を追求
しないと、説得力がないな。朝日新聞の件は「疑惑」ではなく「事実」
なんだから。

朝日新聞はこの件に関してきちんと説明しないと、「オレたちは特権階級
なんだからいいの」と言っているのに等しいぞ。

ところで、この件で民進党の宮崎岳がツイッターで
「森友学園への国有地格安払い下げ疑惑が浮上したら突然、新聞社の
本社用地も格安だったとか何とか、半世紀ほど前の話を鬼の首でも取った
かの様に騒ぎ出す人たちが登場したので、苦笑してしまった」
とツイートした。

なんで民進党議員って、こんなアホばかりなの。苦笑したのはこっちだ!
昔の新聞社はいいが、現在の森友学園はダメだみたいな言い草には、
呆れる以外にはない。違いがあるなら具体的に書けよ。
こいつは群馬1区で落選、比例復活。前橋市を中心とした1区の皆さん、
次回は必ず鉄槌を!

繰り返すが、朝日新聞も格安で国有地の払い下げを受けているから、
森友学園も問題ない、なんて言っているのではないので誤解なきよう。


朝日新聞3月1日社説「森友学園 公教育を逸脱している」は、朝日新聞の
現状を表しているかのようなものだ。
それに加え、論説委員連中の連中のレベルの低さも曝け出している。

森友学園が運営する塚本幼稚園の運動会で、園児が
「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史でウソを教えない
ようお願いいたします」
「安倍首相がんばれ」
「安保法制国会通過、よかったです」
と選手宣誓をさせていたことを、子供の教育法として望ましい姿とはとても
思えないと書く。

朝日新聞は森友学園への国有地払下げに関して追及している。
それはそれでいいけど、その矛先を教育方針にまで向けるのは、さすがに
やりすぎだろう。朝日新聞的に気に入らない内容だとしてもだ。

その教育方針の良し悪しを判断するのは児童・園児の保護者であって、
決して朝日新聞ではない!
保護者が不適切だと判断すれば、自然とその学校は淘汰されていく。
現在通園中の園児の保護者からしてみれば、朝日新聞に何を言われる
筋合いはなく、大きなお世話である。

朝日新聞は日本中の私立学校の教育方針を全部調べてみればいい。
いろんな特色ある教育方針が出て来るだろう。

共産党系保育所
朝日新聞好みの方針の学校もあるだろう。写真は共産党系の保育所。
(共産党目黒区議が園長)
それを産経新聞に批判されたら朝日新聞も言うだろう。個別の学校の
教育方針に口を出すなと。

この社説は、朝日新聞の現状をよく表していると思う。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の典型だ。
さらには、疑惑に関与する人物の人格攻撃を始めたにも等しい。

朝日新聞が言う「疑惑」の追及がうまくいかないからと言って、他のことを
攻撃するのは恥ずかしいことだ。
一生懸命、「疑惑」本丸を追及し続けるのが本筋だろう。

朝日新聞は気づいていないと思うが、塚本幼稚園の保護者の方々に対して
非常に失礼なことを言っているのである。
塚本幼稚園の教育方針を承知で入園させているということは、その保護者の
教育方針でもあるからだ。

朝日新聞論説委員連中も、自分の子供への教育方針にいちゃもんをつけ
られたら怒るのではないか? 自分が言われたら怒るようなことを他人には
平気で言う。

これが朝日新聞論説委員連中のレベルだ!


朝日新聞2月26日社説「大阪都構想 実現ありきはだめだ」は、相変わ
らず朝日新聞が民主主義を否定してることを示す内容だ。

松井・大阪府知事と吉村・大阪市長が、再度大阪都を目指していることを
批判しているものだ。
朝日新聞は2015年5月の住民投票で否決されたことは、きわめて重い
結論と言っている。このことは否定しない。

しかし、松井知事、吉村市長は2015年11月に「都構想への再挑戦」を
公約に掲げ当選している。より直近の民意を尊重するのが民主主義では
ないのか?

それなのに朝日新聞は「より明確な民意が不可欠だ」とか言っている。
選挙結果より、「より明確な民意」っていったい何???
社説を読んでも「より明確な民意」のことは書かれていない。

選挙という直近の「民意」を否定することは民主主義の否定である。
朝日新聞は自説に反する「民意」は認めないということだ。
相変わらず傲慢で不遜なクズ新聞だ。

朝日新聞が大阪都構想に反対でも構わない。しかし民主主義を否定する
ことは断じて許さない!


「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に対し、朝日新聞が
ヒステリーを起こしている。まあ、いつものことだけど・・・。

朝日新聞が悪質なのは「一般人」が対象になるとの印象操作をしている
ことだ。

特に、「正当に活動する団体が犯罪を行う団体に一変したと認められる
場合は、処罰の対象になる」との法務省見解に対し、「一般人対象の
余地」と扇動報道を行っている(2月17日)。

「『組織的犯罪集団』とは、懲役・禁錮4年以上の『重大な犯罪』などを
目的に集まったテロ組織や暴力団、振り込め詐欺グループなどを想定。
役割を決めて具体的に犯罪を計画し、実行に向けた準備行為をすると
処罰される」

正当な組織・団体が、上記要件に該当する組織・団体に一変したら、
そこに所属する人員が「一般人」である訳がない。

朝日新聞は、どういう場合を想定して「一般人」が対象になると考えて
いるのか? 具体的に示す必要がある。
それなくして、「一般人が一般人が」との報道は、唯の「煽り記事」でしか
ない。

抽象的な内容で不安を煽るのは朝日新聞の得意技だ。特定秘密保護法、
安保法制しかり。古くは警察官の職質を認める「警察官職務執行法」
改正時(昭和33年)もだ。

こんな朝日新聞とほぼ同じことを言っているのが民進党だ。
民進党は「国民の生命と財産を護る」という国(政府)の最低限の責務を
どう考えているのか? 「目指せ社会党」なら全然構わないが、万が一
にも再度政権を取ろうとしているなら、よく考えた方がいい。

朝日新聞≠(ノットイコール)国民世論でないことすら理解できていないのか?
朝日新聞と同じことを言っている(やっている)うちは、絶対に政権に戻る
ことはできないぞ!


朝日新聞2月16日の社説「領土教育 複眼的な思考こそ」は、朝日新聞の
バカさ加減が如実に表れている。

小中学校の学習指導要領に「北方領土、竹島、尖閣諸島は我が国の固有の
領土」という記述が盛り込まれたことに対して、朝日新聞は言う。

「政府の見解を教えるだけではなく、相手国の言い分も伝え、世界を知り、
自分の頭で考えることをうながしたい」
「自国の主張が正しいと言いつのるだけでは共感は得られない。育てたい
のは、相手の立場を理解し、冷静に考え、議論し、共生の道を探ろうとする
人材だ」

そして、極め付きが
「隣国はどう考えているか。いかなる歴史的経緯があるか。こうした事実を
知って初めて、問題を深く、複眼的に見ることができる」

朝日新聞は、中国・韓国の言い分に良く耳を傾けよ、と言っている。
つまり中韓の言うことを聞くのが「複眼的」だと言う。

朝日新聞は、竹島や尖閣諸島に対して中韓の言っていることが、聞く
価値がある言い分だとでも言うのか?
非論理的でこじ付け以外の何物でもなく、国際法上もまったく通用しない
言い分を。

朝日新聞は「複眼的」に見た結果、領土問題はどう考えているのか?
竹島はどこの国の領土? 尖閣諸島は? 北方領土は?
朝日新聞の答えは「韓国」「中国」「ロシア」??

朝日新聞の本社敷地内に突然小屋を建て、昔からここはオレの土地だ
という人物が現れたらどうする? 理由は非論理的で話にならない。
法的な裏付けもない。でも「複眼的」に物を見ると、この違法者の言い分も
十分拝聴する価値があると考えるのか?

朝日新聞でも公権力を使って強制的に排除するだろう。
違法者の話を十分に聞き、相手の立場にたって物を考える、なんて行動は
とらないだろう。

朝日新聞が以前に「複眼的」という言葉を使った社説は、長崎市の端島
(軍艦島)を含む「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録しようと
している時に、「世界遺産―複眼で歴史見る機会に」がある。

これは韓国の言い分を「ウソ」まで交え書いており、酷いものだった。
(「朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!」参照)

「複眼的」に物を見られない朝日新聞が、「複眼的」に物を見よ、などと
言うこと自体が天にツバする行為だ。
賛否が分かれる施策に対して、自社と反対の意見を取り上げたことが
あるのか? 特定秘密保護法、安保法制報道を見れば、朝日新聞がいかに
「単眼的」であることは明らかだ。

↑このページのトップヘ