Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 朝日新聞の妄言・虚言・戯言


朝日新聞3月23日の社説「福島の事故から9年 原発と決別し、新たな道を」は、朝日の社論である「原発ゼロ」「再生可能エネルギーで代替え」を言っている。まあ朝日の言い分なので、好きに書けばいいけど。ただ、中身がなく実現性の欠片もない「お花畑論」でしかないのは相変わらずだ(苦笑)。

朝日は東電が表立って反論できないことをいいことに、「原発は危険だ」との世論形成のために東電を「安全認識が甘い」と批判した。

東電を過度に擁護する気はないが、朝日のデマを含めた印象操作の結果、福島への風評被害を煽ったことは決して忘れてはならない。特に、竹内敬二(退職、当時編集委員)がウソ八百を書いていたことは批難に値する。

現在も村山知博(論説委員)が科学技術社説担当のくせに、科学的・技術的な論考抜きの感情論記事を連発。他の記者連中もひどいものだ。

こんな朝日に原発やエネルギー政策を語る資格はないのだが・・・。

話を社説に戻すと「原発も火力発電もだめだ」「これからは再エネだ!」の単純な流れ。でも、朝日は安定した電力供給や再エネ拡大に伴う自然破壊については絶対に触れない。触れられないからだろう。

現状、原発1基分を再エネ(太陽光)で賄おうとしたら、どれくらいの面積に太陽光パネルを敷き詰めないといけないか?

100万kWの原発1基分を太陽光で賄うためには、山手線内すべてにパネルを敷き詰めないといけなくなる。前提条件は太陽光発電能力0.2kW/平方m、実質的な発電効率(夜間などを除く発電時間的なもの)12%。

3・11前の原発の総発電量は約2800億kW。いったい日本の国土のどれくらいにパネルを敷かないといけないのか?

単純に当時の原発総発電量を太陽光で置き換えようとすれば、関東甲信越全域がパネルで埋まることになる。

朝日の社説にはこういう視点がない。多分、知っていて書かない。

「原発嫌だ」「火力もダメ」「再エネだ」と無責任に書くのはいいけど、関東甲信越をパネルで埋めてもいいとは思うまい。理想論だけでは世の中生きていけないという、当たり前にして当然のこと。

この先技術革新が進んだとしても、パネルの発電効率が飛躍的に上がるとは思えないし、日本の日照時間が大幅に増えるわけでもない。太陽光のみならず風力や地熱なども同様だ。

「今日は雨(曇り)なので電気を供給できません」「夜は電気を供給できません」「今日は無風なので電力を供給できません」とはいかない。しかも万が一の発電量低下に際し、島国の日本はヨーロッパのように他国から購入(輸入)することもできない。安定供給と適価は避けられない課題だ。

どう考えても再エネはサポート電源として活用するしかなく、絶対にメイン電源にはなり得ない。じゃあ、その際のメイン電源をどうするか? 電力ミックスはどうする?

メディアはこういう視点で電力問題を書かないといけないのではないか?

朝日のように「再エネだ」でもいいけど、じゃあ総発電量の何%位を想定しているのか? 残りはどうするのか? 「原発に決別し、新たな道を」なんてタイトルをつけるなら、これくらいのことは書かないといけない。

だから「無責任に煽るな!」と言われるんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナの影響で、台湾も3月19日から実質的な入国制限を始めた。日本人へのビザ免除(90日間)も当面停止された。

このように台湾も感染蔓延への危機感を強めているにもかかわらず、朝日新聞・吉岡桂子(タイ駐在)は、わざわざ18日に入国し「隔離日記」と称してお気軽な感想文を書いていた(朝日新聞アジア太平洋のフィスブック。また、自身のツイッターでも紹介)。

その前日にあわてて航空券を買い「トランクにふりかけや塩昆布を詰め込んで」とあるので、突然思いついたのだろう。「隔離されて、その生活を日記風に書いたら受けるだろう」。その証拠に「隔離の日々のついて書きたいと思います」。隔離目的なのが見え見え。

それは吉岡の文章や写真からも分かる。「(隔離されるホテルは)どこがいいかな」とウキウキ気分で「懐かしい台湾映画の舞台にもなった基隆の再訪も考えましたがこちらも満室」「せっかくなので台湾海峡の金門島は?」などと書く始末(後に「空港で担当官から紹介されたホテル」と変更)。

ホテルに台湾桃園市からの支援物資が届けば「大きな桃色の袋がプレゼントとして届き」と中身を写真入で載せる。プレゼント? さらにはツイッターで提供され食事を写真入りで載せ「あつあつの麺、美味しそうですね!」「お弁当も台湾らしいメニューです」。

こういうのを見ても、隔離目的なのが見て取れる。ピクニック気分との批判も当然。

朝日新聞(アジア太平洋)も呑気に「日本で必ず参考になる面も多々あると考えたからです。(中略)2回目以降もよろしく」だってさ。日本で参考? こんな目的で来られたら迷惑以外の何物でもないわ。

朝日も吉岡も新型コロナに関して危機感が一切感じられない。まあ、感じてないから、こんな非常識なことがやれるんだろうけど。それにしても・・・だな。

当然、在台湾邦人などから多くの批判が寄せられると、それを意識したのか2回目は「4月に大変貴重な取材の『可能性』があり」「記事を見てください」などと、言い訳を始める(4月の件は最初にも書いていたが)。それにしても「可能性」って、確定してないではないか。

さすがに朝日新聞もまずいと思ったのか「不自由な生活を強いられている台湾の方々や在留邦人の方々への配慮に欠けた表現がありました」とのお詫び文と、「隔離日記」は2回で終了させる旨の文章をフェイスブックに載せた。批判されているのは「不適切な表現」ではなく「不適切な行動」なんだけどね。

不要不急の入国は明らか。4月に取材予定があったなどとは言い訳に過ぎない。なぜなら朝日は台湾にも支局を持っているからだ。緊急の案件なら、台湾支局員が行けばいいこと。吉岡がどんなに有能かは知らないが、吉岡でなければならない理由は見当たらない。

強いて言えば、ひとつだけ台湾支局員では役に立たないことがある。それは台湾支局員は感染者以外隔離してもらえないということだ。

そんな吉岡が「プレゼント」と称した支援品には「マスク14枚」も含まれている。台湾の人々でも入手が困難になっているのに、こんなくだらない理由で入国されて、それでも支給しなければならない当局。

吉岡が不要な入国をしなければ必要なかったものだ。それも台湾の人々の税金からだ。それに台湾当局は吉岡の健康確認も毎日行わなければならない。こんなヤツのために、台湾は「人・時間・カネ(税金)」を浪費しなければならない。

そんな吉岡はツイッターにお詫び分を載せたが、これが何と! アジア太平洋がフェイスブックに載せたお詫び文の抜粋。一切自分の口で語らず。

こういう自分の行為に対して責任を取れない朝日新聞記者。しかも吉岡は編集委員。1日前の入国も隔離中に「隔離日記」を書くのも、もちろん法的な問題はない。しかし、その結果引き起こした他者への迷惑などの責任。この「責任」に対して吉岡はどう考えているのか?

吉岡を始め朝日の記者がクズばかりなのは分かっているが、相変わらず何をするのも「権利」は主張するが、その後ろにある「義務や責任」に気付かないアホ連中。

吉岡の「隔離生活をやってみたぁ~い!」に付き合わされる台湾当局へのお詫びが朝日、吉岡とも一切ない。非常識に呆れかえる。

吉岡は今も隔離生活を満喫中だ。

吉岡関連
 「朝日新聞編集委員・吉岡桂子が無知をさらけ出す

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞3月21日の社説「新型コロナ対策 不安に応える発信を」は、前提が崩れている酷いものだ。まあ、崩しているのは朝日自身なんだけど。

「(新型コロナの不安を抑えるためには)丁寧で迅速な情報発信の大切さは言うまでもない」「政府全体で顔をしっかり見せて、最新の知見や対策をきめ細かく提示し続けることが、人々の理解を得るうえで不可欠だ」

この見解を否定するつもりはまったくないが、それには「前提条件」がある。メディアが首相や政府(厚労省など)の発言を正しく伝えると言うこと。これなくして、いくら情報を発信しても、逆に不安になるだけのこと。

そして、情報を正しく伝えない代表が朝日なのは言うまでもない。

どんな施策であっても、やればやったで批判し、やらなければやらないで批判する。発言内容を意図的に曲解し伝える。しかも批判や曲解の記事は煽りや印象操作にあふれる内容になる。

つい最近まで、クルーズ船の感染者を日本国内の感染者の合算し報道し続けた。これなど不安を煽る最たるものだ。たまたまクルーズ船に乗船していた左翼活動家の発言を、その代表のごとく取り上げる。学校の一斉休校もそうだ。批判だけはしていたが、結果的に多くの国民が支持していた。

印象操作記事も多い。特にタイトル。「イベント続行 まるで反逆罪」との見出しから、一帯どんな記事内容を想像するだろう? (「朝日新聞の印象操作もここまで来たか」参照)

逆に朝日が意図的に書かないものものも多い。朝日が政府寄りと見なす専門家の発言はも絶対に書かない。安倍首相や政府の対応を評価する声も書かない。クルーズ船の対応も世界各国から大きく評価されている。

安倍首相のコロナ関連の会見で「検事正の定年延長がぁ~!」とやっていたのも朝日だ。何しに会見に行ったんだ。邪魔でしかない。

こんな朝日が「情報発信が大切だ」とかよく言うわ。

朝日は社説の最後を「専門家が学識に基づいて検討し、その成果を踏まえて政治が判断し、説明する。どれか一つが欠けても事は成就しない」とまとめているが、もうひとつ重要なものがある。

先にも書いたが、メディアが「正しく伝える」ことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞は「メディア不信」の元凶は自社だと気付けよ
朝日新聞の自己満のための首相会見ではないぞ
朝日新聞よ 日ごろの「説明責任を果たせ!」はどうした?
朝日新聞・小滝ちひろ「新型コロナ痛快」発言で逃亡
朝日新聞の論座が「今は石破内閣しかない」だってさ
朝日新聞の「批判のための批判を続けるぞ!」社説
朝日新聞の押し紙を無くしたら環境破壊も止められるぞ
朝日新聞の印象操作もここまで来たか
朝日新聞に見る新型肺炎に関する報道
元朝日新聞・植村隆の敗訴の弁は戯言
朝日新聞が事実を書けば福島への風評被害は減るだろう
朝日新聞こそ福島の声を聴け!
朝日新聞・鮫島浩の筋違いな政府批判
朝日新聞・高橋純子の論理の飛躍はすごいなぁ
朝日新聞・坪井ゆづるが未だに「モリカケがぁ~!」(苦笑)
朝日新聞は訪日客データから韓国のことしか書くことないのか?
朝日新聞・定塚遼がTBS・サンモニを持上げる
朝日新聞の社旗は「国賊朝日」の象徴のくせに
朝日新聞・箱田哲也がまた「日韓どっちもどっち」論 呆れる・・・
朝日新聞は福島への風評被害を煽るのをやめろ!
朝日新聞・定塚遼は根っからの共産主義者のようだ
朝日新聞・前田直人の典型的な「おま言う」
朝日新聞・福島申二のローマ教皇を利用した日本批判
朝日新聞は「一票の格差」を批判するが成案は?
朝日新聞・箱田哲也は相変わらず「日本も悪い」論
朝日新聞の「韓国通」牧野愛博のすっからかんコラム
朝日新聞・国分高史の安倍首相在任最長に惨めな言い分
朝日新聞の薄っぺらで底の浅い論調を再認識
朝日新聞は喉から手が出るほど広告料が欲しい!
朝日新聞が「脅迫による言論の自由侵害」をどう報じるか興味がある
朝日新聞・駒野剛の「権力監視がぁ~!」には笑える その2
朝日新聞・駒野剛の「権力監視がぁ~!」には笑える
朝日新聞と赤旗の論調が同じには笑うしかない
朝日新聞の呆れた「表現の自由」論
朝日新聞の「表現の自由がぁ!」には笑うしかない その2
朝日新聞の「表現の自由がぁ!」には笑うしかない
朝日新聞は科学よりもイデオロギーと感情優先
朝日新聞の悲しいくらいレベルの低い改憲批判
朝日新聞のいつものダブスタ社説
朝日新聞よ 反原発でもいいがウソは書くな!
朝日新聞が「勝手な仮定のみ」で批判している
朝日新聞の旧民主党政権擁護は願望を通り超して妄想だ
朝日新聞の悪意ある見出し
朝日新聞が「スラップ訴訟」を批判している(苦笑)
朝日新聞編集委員・吉岡桂子が無知をさらけ出す
朝日新聞・高橋純子の侮日なら「表現の自由は無制限」
朝日新聞はトコトン韓国目線
朝日新聞の「表現の自由」に関する安定のダブスタ
朝日新聞が「表現の自由がぁ~!」と言う愚かさ
朝日新聞の「話し合え、話し合え、話し合え」(嘲笑)
朝日新聞がとぼけたウソ記事
朝日新聞の参院選低投票率分析は間違いだ!
朝日新聞的「野合」の薦め
朝日新聞よ、メディアは「聖域」ではないぞ!
朝日新聞よ、立民を「過保護過」にしても育たないぞ
朝日新聞がまた負惜しみを言ってる
朝日新聞の「ヤジ」容認は「反民主主義」行為だ!
朝日新聞・箱田哲也の韓国目線にうんざり
朝日新聞の消費税社説は支離滅裂だ
朝日新聞の「夢よもう一度」は不発だ
朝日新聞の撒き餌に喰いついたバカな政治家
朝日新聞大誤報! そして相変わらず恥ずかしい言い訳
朝日新聞・坪井ゆづるが「また」恥をさらした
朝日新聞は韓国とともに沈んでいく
植村隆が相変わらず戯言を言ってる
朝日新聞はG20の記念撮影をどう見た?
朝日新聞がハシゴ外してるんだから野党議員連中もかわいそうだな
朝日新聞労組委員の本音「売れない商品を作る記者たち」
朝日新聞が慰安婦問題を他人事のように書いている
朝日新聞が恐れているから「衆院解散、W選」が正解
朝日新聞が韓国救済に必死すぎで痛い
朝日新聞のご注進記事とそれに乗る韓国
朝日新聞にかかると、ひとりが言うと総意に化ける
韓国を煽り・けしかける朝日新聞が「対話だ」という愚かさ
朝日新聞を読んでも真実は得られない
朝日新聞の古くさい遺物思想
朝日新聞・箱田哲也は相変わらずだな
「理念」で飯が喰える朝日記者って楽でいいなぁ
朝日新聞が福島復興を語ってはいけない
朝日新聞が「ヤミ金」に出資しろって言ってるぞ(苦笑)
朝日新聞・大野博人の反省なき朝日を象徴するコラム
朝日新聞は詐欺会社! と言っても過言ではない
4月20日は「朝日新聞KYの日」
風評被害を拡大させた朝日新聞が言うな!
朝日新聞・鮫島浩がまたいちゃもんつけてる(苦笑)
朝日新聞が法の趣旨を説く愚かさ
朝日新聞は「情」で判決を出せと言うのか!
朝日新聞よ「おことわり」ではなく「間違いでした」だろ!
朝日新聞・鮫島浩が早速新元号を腐していて笑った
朝日新聞・箱田哲也は相変わらずの北朝鮮目線、しかも曇っている
朝日新聞の元号論
朝日新聞的日本の景気感
朝日新聞の厚労省統計不正追求に欠けている視点
朝日新聞は今も北朝鮮が大好きだ(苦笑)
朝日新聞・堀篭俊材は恥知らず!
朝日新聞・高橋純子の思い上がりと勘違いを笑う
朝日新聞の体質をよく表わす鮫島浩のツイート
朝日新聞は沖縄県民投票の投票率52.48%をどう考える?
朝日新聞の自惚れは滑稽だ
マスコミの「お詫びして訂正します」は魔法の言葉
朝日新聞が「国民の知る権利」とは笑ってしまう
朝日新聞・鮫島浩が東京新聞・望月衣塑子を高評価
朝日新聞・高橋純子こそ「やむを得ない」の実践者!
朝日新聞は厚労省の勤労統計不正に関しどの道を選ぶ?
朝日新聞・坪井ゆづるの「負け犬の遠吠え」
朝日新聞の「韓国レーダー照射」社説はお笑いレベルだ
朝日新聞・鮫島浩の歪んだ感情は理解できない
朝日新聞は鮫島浩の感情論ツイートを放置するな!
朝日新聞こそ日韓関係悪化の最大の原因だ!
朝日新聞・福島申二は事実を報道してからものを言え!
朝日新聞は元日からバカ丸出し
朝日新聞・鮫島浩は行く着くところまで行った感じだな
朝日新聞の「中国さまには刃向かうな!」社説のアホらしさ
また朝日新聞・中野晃が戯言を書いている・・・
朝日新聞は立憲民主党にも見捨てられた?
朝日新聞・鮫島浩の「安倍がぁ~!」には笑うしかない
おい朝日新聞、前提がおかしいぞ!
朝日新聞の数々の捏造は新聞への信頼を傷つけた
朝日新聞・箱田哲也の韓国擁護も「だから何?」
朝日新聞が言う「国民」「普通の人々」とは?
朝日新聞の自惚れと勘違い
朝日新聞・石川智也の勘違いは朝日新聞の体質を表す
朝日新聞と尾辻かな子 最強の曲解コンビ
朝日新聞は韓国批判よりも日本批判
朝日新聞は意図的に「ネットの影響」を過小評価している
朝日新聞が不法滞在者摘発を差別助長と言い始めた
朝日新聞は社説やコラムで自己紹介?(苦笑)
朝日新聞の謝罪なくして未来志向の日韓関係などない
朝日新聞は「旭日旗批判」がでっち上げなのを知っているくせに韓国に迎合する
朝日新聞のダブスタは相変わらず過ぎて笑うしかない
朝日新聞は「パチンコの換金禁止」に賛成だよな?
韓国の「ウリジナル」と朝日新聞のダブスタ
朝日新聞の自民党総裁選記事は駄々をこねる子供と同じ
朝日新聞・高橋純子は相変わらず揚げ足取りに忙しい
元朝日新聞・小田川興「安重根を尊敬している」
元朝日新聞・佐藤章の「批判が足りない」を笑う
朝日こども新聞など百害あって一利なし
朝日新聞は「北朝鮮への帰還事情」の加害者だぞ!
朝日新聞が「地上の楽園」と対話しろだってさ
朝日新聞は「不都合な事実」に向き合っているのか?
朝日新聞の石破推しの浅はかさ
朝日新聞には廃刊してもらおう!
朝日新聞は中国に「言論の自由」がないことをどう考えるのか
朝日新聞論説委員連中の頭の中はどうなってる?
朝日新聞・鮫島浩は自身が「老害」だと気付けよ
朝日新聞は何が言いたいの?
朝日新聞の高校野球に関する「報道しない自由」
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるが・・・
朝日新聞って本当に北朝鮮が好きだなぁ~
朝日新聞論説委員連中のグチ社説
朝日新聞は徹底的に本質から目を背ける
朝日新聞にかかると高校野球はすべて美談になる
朝日新聞の「賭博大国」ってパチンコはいいのか?
朝日新聞・箱田哲也の甘ぁ~い北朝鮮分析
朝日新聞・中小路徹の欺瞞に満ちた本質隠し
朝日新聞・忠鉢信一がまだゴニョゴニョ言ってる
朝日新聞・中野晃の朝鮮戦争における日本の責任って?
朝日新聞・忠鉢信一 「どうだぁ! 俺様の意見は」も批判多く逃げ出す
朝日新聞こそハラスメント防止の先頭に立ったら?
朝日新聞・伊丹和弘は自分の間違いを認めないクズ
朝日新聞・大野博人は自ら「おもてなし」を実践したら?
朝日新聞・三浦英之 震災で政権批判するクズ
朝日新聞編集委員・福島申二の「世間ずれ」
朝日新聞・箱田哲也の朝鮮半島目線を笑う
朝日新聞・峰久和哲の底の浅い新潟知事選分析
朝日新聞もとことんネタがないようだ(苦笑)
朝日新聞論説委員・高木智子のツラの皮の厚さ
朝日新聞の笑えないお笑い社説
朝日新聞・国分高史よ、恥ずかしくないのか?
朝日新聞は「納得できない!」で沈んでいく
朝日新聞は自社のセクハラ疑惑にダンマリ
朝日新聞夕刊の素粒子が余りにひどい
朝日新聞のダブスタはいつものことではあるけれど
朝日新聞・科学担当論説委員の感情論
朝日新聞は自社支局長の犯罪を報道しろ!
朝日新聞の印象操作の典型
朝日新聞・高橋純子のバカ丸出しコラム
朝日新聞は「異論」に耳を傾けたことがあるのか?
朝日新聞は未だに「共謀罪」などとデマを流している
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞・高橋純子が相変わらず言ってる(苦笑)
朝日新聞・鮫島浩よ、自らの「忖度」はいいのか?
朝日新聞のせいで慰安婦問題は永久に終わらない!
朝日新聞は憲法が改正されたら困るの?
朝日新聞は印象操作に一生懸命!
朝日新聞が「モリカケ捏造」を反省することはない
朝日新聞は慰安婦問題の当事者だぞ!
朝日新聞はなぜ「書き換え文書」を公表しない?
朝日新聞が中国御用達メディアに認定される
朝日新聞が未だに稲嶺を持ち上げているぞ(笑)
朝日新聞・上丸洋一の妄想が末期的症状
朝日新聞が米国に日本の政治情勢を解説?
朝日新聞がまた「表現の自由がぁ~!」と言ってるぞ
朝日新聞の本音は北朝鮮に核ミサイルを完成させたいとしか思えない
朝日新聞の本性 その2「天皇・皇室廃止」
朝日新聞の本性「尖閣諸島は中国領」
朝日新聞が産経新聞の「誤報」を伝えているけど・・・
朝日新聞 安倍首相に反論できず!
朝日新聞の都合の良い物忘れ?
朝日新聞が「日頃の備え」が必要だって言ってるぞ(苦笑)
朝日新聞の名護市長選に関する社説が相変わらず
珍しく朝日新聞の言ってることに賛同するがタブスタはやめろ!
朝日新聞・鮫島浩の自己紹介ツイート?
朝日新聞の悪質さと立憲民主党・長妻昭の無能さ
朝日新聞は「国民」を都合良く引き合いに使うな!
朝日新聞・坪井ゆづるがまだ「モリカケ」言ってる(呆)
朝日新聞「安倍首相が関与したとは報じていない」って?
朝日新聞は党首討論に賛成・反対どっちなの?
朝日新聞に大阪大を批判する資格はない!
元朝日新聞・星浩の言う大人の対応って?
朝日新聞はもっと自分の責任を感じろ!
朝日新聞はカジノ反対・パチンコ推奨のダブスタ
朝日新聞・高橋純子って政策に関する持論ってあるの?
朝日新聞は元日から安倍批判(苦笑)
朝日新聞は慰安婦問題の主犯だぞ!
朝日新聞はスラップ訴訟を起こすほど追い詰められている
朝日新聞・高橋純子が自爆!
朝日新聞・高木真也はクビになってないの?
朝日新聞の究極の「おま言う」社説
朝日新聞 ブレブレだなぁ~(苦笑)
朝日新聞がさりげなく過去の捏造を正当化している
朝日新聞・高橋純子の「何でも安倍のせい」論を笑う
朝日新聞お得意の「誤報」ですから謝罪したら?
朝日新聞は暗黒社会を目指しているのか?
「日本死ね」は許すが「朝日死ね」は許さない朝日新聞
「普段着の日韓関係」? 朝日新聞よ現実を見ろ!
朝日新聞も終戦後1ヶ月はまともだった
朝日新聞・原真人よ、もっと素直になれよ(笑)
朝日新聞はアベノミクスを肯定してるの?
朝日新聞・大野博人よ、屁理屈をこねても結果は変わらないぞ
朝日新聞の負け惜しみが止まらない
朝日新聞は現実を見つめたらいかが
朝日新聞論説委員・坪井ゆづるの恥の上塗り
朝日新聞が「国民の知る権利」とは恐れ入った
朝日新聞がまた他社の不正を批判している
朝日新聞・原真人の恥ずかしい安倍首相批判
朝日新聞がもう負けの言い訳を始めたぞ
朝日新聞・大野博人「民主主義が壊される」(笑)
朝日新聞・鮫島浩は自分で取材してないな
朝日新聞は「立憲民主」押しで行きます
さあ朝日新聞はどこを応援するの? 楽しみだ
朝日新聞のお気楽な対話論で北朝鮮問題は解決するのか?
朝日新聞の言う「解散の大義」って何?
朝日新聞には「資格」があるのか?
朝日新聞が絶対に報じない沖縄の姿
朝日新聞・前田直人の「妄想」に感服!
国民の知る権利とマスコミの報道しない権利
朝日新聞は獣医師会擁護を続けるしかないようだ
朝日新聞が慰安婦問題日韓合意で韓国を擁護する愚かさ
朝日新聞は知っているくせにウソを書く
朝日新聞が言う「子どもの望ましい教育法」って??
朝日新聞・鮫島浩の思考回路は分からん(苦笑)
朝日新聞・赤田康和の「多様な意見の共存」って?
朝日新聞は民進党・玉木の行動を論調してみろ
朝日新聞を始めとしたメディアの「報道しない権利」は酷すぎ
朝日新聞が「海上衝突予防法」を持ち出す基準は?
朝日新聞は山城博治が弾圧されているとでも?
朝日新聞は韓国・慰安婦謝罪碑書き換えを報じろ!
朝日新聞のご都合主義には慣れているけど
朝日新聞は目の付け所がずれてる
朝日新聞よ 前川喜平と吉田清治の違いは何だ?
朝日新聞・中野晃の言う「断片のイメージ」って朝日新聞そのもの
「悪魔の証明」を求める朝日新聞の愚かさ
森友も加計も朝日新聞の底の浅さが分かっただけ
朝日新聞・前田直人のつまみ食いは見苦しいの一言
朝日新聞的魔法の言葉「社会の右傾化」
元朝日新聞・山口一臣のクズツイート
朝日新聞は民進党の国会対応をどう考えているのか?
朝日新聞は「報道の自由」をはき違えるな!
朝日新聞・高橋純子の反論になっていない反論
朝日新聞編集員・大野博人の教育勅語論
朝日新聞が「危機を煽るな」とおっしゃっているぞ(笑)
元朝日新聞・早野透の駄文コラム
4月20日は「朝日新聞KYの日」
朝日新聞が銃剣道批判をこっそり言い訳
朝日新聞が社説ではしゃいでいるけど・・・(哀)
朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)
朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)
朝日新聞はなぜ宮古島市議・石嶺香織を批判しないのか?
朝日新聞がまたまた国民から否定される
もういちゃもんでしかない朝日新聞の社説
朝日新聞の必死さがよく表れている前田直人のコラム
朝日新聞は自社の国有地払下げの件を説明したら?
朝日新聞が特定の学校法人を批判する愚かさ
朝日新聞よ、選挙結果より明確な民意って何があるのだ?
朝日新聞は国民を「煽る」ことしか能がないのか?
朝日新聞がまた「複眼的」とか言ってる(爆)
朝日新聞政治部次長・高橋純子がまた火病ってる(笑)
朝日新聞は自分のファクトチェックをやったら?
ファクトチェック? 朝日新聞のギャグか?
朝日新聞・伊勢剛よ 自分で取材してから言え!!
朝日新聞のご都合PKO論
朝日新聞編集委員・松下秀雄の何でも沖縄差別論
朝日新聞の天にツバ吐く社説
朝日新聞が自社の世論調査を完全無視!
朝日新聞・上丸洋一が剥き出しの極左ツイート
朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート
朝日新聞よ 「改善」ではなく「撤去」だろ!
朝日新聞苦しいのぉ~(爆)
朝日新聞の慰安婦合意に関する苦しい社説
朝日新聞は事実確認をしたうえで社説を書いているのか?
朝日新聞が高江を歩くと「活動家」も「地元民」に化ける
朝日新聞が超ド級の「おま言う」!
朝日新聞とテレ朝は自社報道を取り消し謝罪せよ!
朝日新聞が鳥インフルエンザ記事で誤誘導見出し!
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!! その2
朝日新聞 見出しがおかしいぞ!!
朝日新聞は自分の社説に責任を持て!
朝日新聞 蓮舫のウソを「説明が揺れた」(笑)
お前が言うな! 朝日新聞!!
朝日新聞は沖縄で暴れている左翼の違法・暴力行為を報道せよ!
朝日新聞政治部次長・高橋純子こそ気味が悪い!
朝日新聞のご都合主義・ダブスタ発動!
朝日新聞が上から目線で何か言ってるぞ(爆)
冨永格を見ると朝日新聞が分かる
朝日新聞の社説は面白い! もちろん皮肉だけどね
必死で民進党を応援する朝日新聞の滑稽さ
朝日新聞の社説には笑っちまう!
朝日新聞よ 甘利を批判するなら山尾はどうした?
朝日新聞は自分の責任を棚に上げるな!
朝日新聞・今村優莉の恥ずかしい言い訳
中国の身勝手な行動を擁護する朝日新聞
朝日新聞記者の性根の悪さ!
朝日新聞・林望の媚中嫌日記事
朝日新聞よ、なぜ鳥越俊太郎を批判しなかった?
朝日新聞・渡辺志帆の身勝手な言い分
朝日新聞悔しいのぉ~(爆)
朝日新聞論説委員連中はアホとしか言えない
朝日新聞は自身の「閉塞感」に自覚なし!
朝日新聞が珍説を開陳(笑)
朝日新聞の言う「民意」って何??
朝日新聞・豊秀一って本当にどうしようもないな
朝日新聞は分かりやすいなぁ~(笑)
朝日新聞の記者ってどうしてご都合主義なのか?
またまた朝日新聞は事実を報道せず!
朝日新聞は自らの過去記事を忘れているようだ
恥知らずな朝日新聞の開き直り
朝日新聞が「現実逃避」のうえ「逃亡」(笑)
朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう その2
元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう
朝日新聞よ、なぜ事実を事実として報道しない?
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何?? その2
朝日新聞は大はしゃぎだがヘイトスピーチって何??
朝日新聞がAERAも使って悪質な難民報道!
産経前ソウル支局長無罪に対する朝日新聞の本音
朝日新聞・豊秀一よ、黙れ!!
靖国神社爆発犯は韓国人? を朝日新聞だけ報道せず
悪質な朝日新聞の難民報道
日韓首脳会談にみる朝日新聞の韓国目線
朝日新聞・大岩ゆりの悪質な扇動デマ記事
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
朝日新聞・豊秀一の恥知らずな講演
ネット民に対する朝日新聞の苛立ち
朝日新聞は自分の社説に責任をとれ!
朝日新聞の安倍談話評がクズすぎて笑った
相変わらず植村隆は事実と向き合わない
朝日新聞特別編集委員・冨永格がまたやらかした
朝日新聞「天声人語」のご都合主義
朝日新聞「天声人語」が大学入試に有利?
朝日新聞に「反省」の文字はない!
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない その2
朝日新聞の「隆」ってのにろくなヤツはいない
朝日新聞・鯨岡記者の常識ツイート
朝日新聞記者 みんなに責められる(笑)
朝日新聞で信用できるのは日付のみ(笑)
朝日新聞グループはとことん腐っている!!
捏造アサヒ
朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!
植村隆がロスでも妄言
植村隆がニューヨークで好き勝手言ってる
朝日新聞・テレ朝のアシアナ航空機事故の報道が酷い!
朝日新聞が「中国人慰安婦」とか言い出した(苦笑)
左傾戦艦 アサヒ
傲岸不遜なクズ記者! 朝日新聞カイロ支局長・翁長忠雄
朝日新聞がアホコラム「天声人語」で商売をしてる(笑)
朝日新聞・西村陽一がメルケルに玉砕!
朝日新聞は違法行為を擁護するのか!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識 その2
クズ朝日が特攻隊をテロリストと同等に扱いやがった(怒)
朝日新聞にはうんざりだ
朝日新聞のNHK会長批判
朝日新聞の身勝手な言い分
朝日新聞の支離滅裂、ここに極まり!!
新年から朝日新聞は「全開」だ!(爆笑)
「慰安婦捏造」植村隆と「特許法捏造」西尾邦明の言い訳が同じ
朝日新聞・第三者委 植村隆の捏造を認定せず
左端の朝日新聞から見れば、すべてが右だ
朝日新聞の支離滅裂
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!! その2
植村隆よ 被害者ぶるのもいい加減にしろ!!
やっぱり朝日新聞はクズだ!!
韓流の「おもてなし」を見習って by 朝日新聞
朝日新聞の「自浄作用」とは?
品性下劣なヤジに対する朝日新聞の対応
植村隆追及の手を緩めるな!
朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識
朝日新聞の姑息さは変わらず!
朝日新聞の隠蔽体質
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている その2
朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2
まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事
あまりに酷い朝日新聞の記者会見
朝日新聞が言論機関?????
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート その2
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙の低レベルツイート
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その3
恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その2
恥の上塗り 哀れな朝日新聞
朝日新聞の慰安婦報道検証 識者の意見
朝日新聞よ、カジノに反対する前に言うことはないの?
朝日新聞に日韓関係を語る資格はない!
朝日新聞・前田直人の有名人大好き病
朝日新聞社長・木村伊量は反日売国奴
朝日新聞の開き直りとその後
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ! その2
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ!
朝日新聞は百田尚樹氏がとことん嫌いらしい
朝日新聞の社民党化 その2
朝日新聞の社民党化 その1
朝日新聞よ、なぜ「民主主義の破壊だ!」と騒がない?
日本の民主主義の崩壊だ! と朝日新聞は言うけど・・・
極左政治団体・朝日新聞!
朝日新聞にコメントを出す大学教授のレベル
朝日新聞よ、週刊現代が宗旨替えを始めたぞ(笑)
朝日新聞が煽れども滋賀県民は踊らず
朝日新聞が大はしゃぎ(笑)
朝日新聞の「嫌中憎韓」本批判 その2
朝日新聞・植村隆の義母が無罪だとぉ~っ!
朝日新聞が「慰安婦問題」についてよく言うわ
朝日新聞の印象操作は酷過ぎだろう!
朝日新聞の典型的な記事
健全なジャーナリズム精神? お前が言うな朝日新聞!
朝日新聞の姑息な広告
朝日新聞が週刊誌からフルボッコ状態
朝日新聞編集委員・前田直人の低レベルコラム
朝日新聞は本当にクズ新聞だ! その2
朝日新聞は本当にクズ新聞だ!
朝日新聞は「嫌中憎韓」本が売れるのがご不満らしい(笑)
佐村河内守問題での朝日新聞の開き直り
朝日新聞が佐村河内問題で反省記事を載せたけど・・・
朝日新聞編集委員がみのもんたを持ち上げる
朝日新聞の不見識
朝日新聞紙面審議会って何だ?
朝日新聞よ、東京五輪反対なら反対って言え!
おいっ! いい加減にしろよ朝日新聞!!
朝日新聞の「妄言」
領土問題は冷静に話し合おう?? その3
領土問題は冷静に話し合おう?? その2
領土問題は冷静に話し合おう??
相変わらずな朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月17日の朝日新聞に「メディア不信と向き合う 朝日新聞あすへの報道審議会」という記事があった。出だしに「新聞など既存のメディアが出す情報は『自分たちが伝えたいこと』に偏っており、事実を伝えていない――そんなメディア不信が今、広がっています」とあり、少しは自分たちのことが分かってるのか? と思い読んでみた。

オレ的には、特に朝日は「真実を伝えていない」ではなく「デマ・ウソ、捏造記事ばかり」だけど。読後の結論を先に言えば、「朝日はやっぱり分かってない」「お前が言うな」。さらには「お前らがメディア不信の元凶だ!」。

あすへの報道審議会委託の社外識者(パブリックエディターとか言うらしい)と編集部門記者の対談形式の記事。小島慶子がPEを務めているような審議会。

「(記者が)取材をどのように進めたのか読者が追体験できるように紹介」(佐古東京本社編集局長)
「人手と経費と時間のかかる取材は新聞の強み」(田玉文化くらし報道部次長)

記者はこんなに苦労してるんですよ、を表に出せば信頼の得られる記事になるとでも思っているのか? 出てくる記事がすべてだろう。刑事が「3日間徹夜で張り込みをした」と自慢しても、犯人を逃がせば「このバカ野郎!」でお終い。同じ事だ。

「記者のプロフィルや問題意識を記事に加えるなど、読者に自らを見せようと努めている」(佐古)

じゃあ「新型コロナは痛快だ」で名を馳せた小滝ちひろのプロフに、これを追加しろよ。鮫島浩、上丸洋一は「妄想左翼記者」、本田雅和、高木真也は「捏造記者」、高橋純子は「駄文エビデンス無し記者」、大岩ゆりは「扇動デマ記者」、今村優莉、渡辺志帆は「言い訳記者」とか。おっと前田直人の「空想記者」もよろしく。

「信頼性が重視される今、記者とは結局どういう存在なのだろう」とのPEの問いかけに、
「信頼を得るために異論は大切だ」(立松朗オピニオン編集長)
「異なる立場の人たちの話を聞き」(田玉)

お前が言うな! でしかないな。朝日が社論と違う異論を載せているか? あっ、安倍首相(政府与党)に対する異論はたっぷり載せるから、この異論のことを言ってるのか。

「リベラルデモクラシー、自由で民主的で穏健な社会をつくるための新聞でありたい」(根本清樹論説主幹)

朝日は「リベラル」を都合良く使っている。朝日的には左派思想を隠す言葉が「リベラル」。極左活動家もどきの社説の数々、勝手な仮定(~だとしたら、~ならば)に基づいた批判のための批判社説。こんな社説しか書けない論説委員の元締めが何を言ってるのか。権利をはき違え、何でも権利屋のごとく垂れ流す論説委員に、権利の後ろにある義務や責任というものを聞きたいわ。

「私たちマスメディアに関わる者にとって、メディア不信の広がりは深刻な問題である。メディア側が取り組める対策の一つが『自己開示』だ」(中村史郎社執行役員・編集担当)

自己開示? じゃあ、なんで不始末を犯した記者に説明責任を果たさせないのか? 逃げ得を許しておいて自己開示もない。それに、未だに捏造記事を垂れ流し、印象操作記事は当たり前。さらには記者の犯罪は一切報道しない。自己隠蔽の間違いだろう。

この「あすへの報道審議会」は、慰安婦捏造への謝罪なしや吉田調書の意図的曲解による捏造などの反省から設けられた(もちろん朝日は捏造とは言わないが)とあるが、揃いも揃ってこんな戯言を言ってるのを見ると、とても反省などとは縁遠いな。

登場記者(そこそこ偉い)連中が、みな「メディア不信」の元凶が朝日にあることに気付いていない。SNSなどの浸透による社会環境の変化のせいにしようとしている。しかも「(SNSは)デマが多い」「フィルターバブルだ」(ネットなどで自分が好む情報ばかりに触れること)とかも。呆れるしかない。

始末に負えない連中だ。

こんなのを見ると、朝日が消えていくのも早そうだな。それは普通の国民にとって良いことなので、できる限り速やかにお願いしたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月14日に行われた新型コロナに関する安倍首相の会見に対して、朝日新聞が盛んにイチャモンをつけている。内容は記者の挙手が続く中、会見を打ち切ったことを批判するもの。

朝日は何回も批判記事を書いているが、大前提として記者連中の都合で開かれているわけではないということ。忙しい時間の中で首相は会見を行っている。それは国民のため。まあ、某記者によると「記者は国民の代表」らしいけど

結局、会見後の質疑は延長されたが、それでも朝日はブツブツ言う。

しかし追加質問を許された朝日の東岡徹が何を聞いたか? 「黒川検事正の定年延長の閣議決定を取り消す気はないか?」

新型コロナの会見だぞ。一応「特措法改正が主権を制限に繋がる可能性があるから云々」と枕詞を入れていたが、本質とかけ離れた質問だ。

これで朝日はよく「会見打ち切りがぁ~!」とか書けるな。記者の質問内容には触れないのか? 延長してもらった挙げ句が、何も関係ない質問。しかも既にこの内容は、官房長官の定例会見で何回も聞いている内容ではないか。

こんなことで安倍首相・内閣広報室を批判するなら、小滝ちひろに会見させないのは何故だ? 文章1枚で終わりか? 得意のダブスタもいい加減にしろよ。

朝日や左派系野党に共通することが、自分の満足が第一だということ。だから質問という名の「自己主張」も平気でする。自己主張をしている間は満足だから。記者の自己満のための会見(質疑)ではないのだけど。

そして自己満のために「批判の為の批判」記事を書く。これを書いている時は、やはり自己満に浸れるから。だから言葉尻の批判や、揚げ足取り批判に終始することになる。

今回の件も典型的。会見の打ち切りを批判することで自己満に浸り、延長させて関係ない質問をすることも自己満。

勘違いも甚だしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞・小滝ちひろが新型コロナに関して、ツイッターに「新型コロナは痛快だ」と投稿し、非難轟々・大炎上した。小滝はなんと謝罪もなしに、アカウントを削除し逃亡。
(「朝日新聞・小滝ちひろ「新型コロナ痛快」発言で逃亡」参照)

朝日新聞は広報部名で3月14日にWeb版、翌15日には紙面におわび文を載せた。

「朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、新型コロナウイルスに関してツイッターに不適切な内容の投稿をしました。本社の報道姿勢と相いれない行為(中略)。説明やおわびをしないまま、本人が独断でアカウントを削除したことも不適切でした。深くおわび申し上げます」

朝日はこれだけで済ませるつもりか? こんな表面ズラだけの文章を出すことに、何の意味もない。なぜ本人に説明させない? 子どものいたずらでも、本人に謝罪させるだろうが。

小滝が「心からおわびします。深く反省しています」と言ってるとか書いているけど、口の中で舌が出ている光景が目に浮かぶぞ。小滝からすれば「本音」だから。

日ごろ、他社他人には「説明責任を果たせ!」と執拗に迫るくせに、いざ自分らの不始末には、こんな文章でお終いか? ダブスタにもほどがある。「他人に厳しく自分に甘い」という、どこかの左派政党と瓜二つだな。

最低でも本人に直接、自分の口から説明させろ。こんな甘々で済ませるから、次から次に個人思想・妄想丸出しのバカなツイートをするヤツが出てくるんだ。冨永格の時に、同じような甘々で済ませたからだ。(「朝日新聞特別編集委員・冨永格がまたやらかした」参照)

小滝は過去にも、米イージス艦とコンテナ船が衝突した事故について「戦場でもないところでなにやってんの、と」とツイートし、批判を浴びている(2017年)。

そんな小滝のようなクズが「ソーシャルメディア記者」だったことを朝日はどう反省しているのか? 他にも酷いツイートをしている連中は山ほどいる。朝日は原因と対策をどう考えているのか? 何もなしか?

まあ、朝日記者のツイッターは、「バカッター」「バカ発見器」になっているので、いかに朝日記者がとんでもないかを知らしめているのも事実だが(苦笑)。

もう朝日が他社他人に対して、偉そうに「説明責任を果たせ!」なんて言ってはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の記者にはろくなヤツはいないが、編集委員・小滝ちひろもそれに名を連ねるクズ記者のようだ。

小滝の3月13日のツイート。
「あっという間に世界を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新型コロナウイルスは、ある意味痛快な存在かもしれない」

トランプ米国大統領が欧州から米国への30日間の入国停止措置を発表し(その後、国家非常事態宣言)、世界的に経済や企業活動への影響は避けられない状況を喜んでいるようなツイートだ。

まあ嫌いなトランプ大統領が右往左往していることが、うれしくてたまらなく、本音を書いてしまったということだろう(当然、日本や安倍首相の苦悩ぶりも内心喜んでいると思われる)。それにしても、世界中に蔓延し死者も多数出ていることを考えれば、非常に不謹慎な投稿だ。

皆が感染に怯え、その中で懸命に日常生活でいろいろな対策・対応をしている。そんな人々のことなどお構いなく「トランプや安倍もざまあねえな」という感情が優先しちゃうところが朝日記者の朝日記者たる由縁だ。

当然のことながら批判轟々・大炎上となったが、なんと小滝はツイッターのアカウントを削除し逃亡してしまった。なんと恥ずかしいヤツなんだ。新聞記者が自分の発言に責任をとらず、批判から逃げるとは。こんなヤツら偉そうに記事を書いているのが朝日新聞。

朝日は記者のSNSでの発信を推奨しているようだが、あまりに酷い連中ばかりだ。みな「個人の意見です」ってやってるけど、暴言吐きまくりの鮫島浩みたいのから、妄想ツイートの上丸洋一、捏造ツイートの冨永格、そのたびに言うことが違う伊丹和弘、自社の印象操作記事に引っかかる吉岡桂子(吉岡はバカを晒しただけだけど)。他にも酷いのは山ほどいる。

朝日記者のツイートを見れば、こんな連中がまともな記事が書けるわけがないことを、逆に証明してくれている。朝日記者のツイッターは、よく言われる「バカッター」「バカ発見器」の象徴的な存在だと言える。

小滝は記者以前に、人間としてのクズ。それにしても朝日だけでなく新聞記者の中には「人として失格」みたいなのが多い。ただの活動家も多いし。

最後に改めて言うが、自分の発言に責任を取れないようなヤツが記者を名乗るな! 記事を書くな!

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の「論座」(旧WEBRONZA)に「安倍内閣ではコロナ危機を収束できない 今は『石破内閣しかない』」との論考が載っていたので読んでみた。筆者は中島岳志。

中島は以前に小林よしのりに、「ゴー宣」の中で大批判されていたのを覚えているくらいで、素性はよく把握していない。

中島は安倍内閣の新型コロナ対策を批判し、関係ない桜を見る会やモリカケなどの話を持ち出す。巷にあふれている反安倍の言い分の垂れ流し(苦笑)。で、「現政権のままでは、どんどんと弱いところに歪みが拡大する。早急に手を打たなければならない。そのとき、思い浮かんだ顔がある。石破茂である」だそうだ。

石破ならなぜ新型コロナ危機を克服できるのか? 興味津々で読み進めると、石破の消費税(増税)への考え、対韓国政策、安倍批判・自民党批判をしている、二階幹事長へ接近しているなどを延々と言う。

はぁ~? これらが、なぜ石破なら新型コロナ危機を克服出来るのか、さっぱり分からない。頑張って理解しようとすれば「リベラル」だからということか? リベラルならなぜ危機を克服出来る? どういうロジックだ・・・。

反安倍界隈から人気の高い石破だが、親安倍や自民党支持者からの評価は低い。そりゃそうだ、やってることが野党の連中とまったく同じだからだ。一言で言えば「批判のための批判」。これに尽きる。何ら政策を提言するでもなく、揚げ足取りのようなことをブチブチ言ってるだけ。蓮舫や辻元清美と何が違うのか?

安倍内閣の新型コロナ対応が満点ではもちろんないし、内閣支持率も下がっている。だからといって立憲民主党など、野党の支持率が大きく上がっているわけでもない。それは後出しジャンケン丸出しで、揚げ足取りの「批判のための批判」に終始しているからだろう。

こんな石破を持上げる中島。これを載せる朝日新聞。朝日の言い分と合致しているからだろうが、論考もなにもあったもではない。強いて言えば「敵の敵は味方」論でしかない。

中島や朝日、さらに石破が新型コロナ対策として、どういう対案を持っているのかさっぱり分からない。具体論はこの論考の中には一切出てこない。それでも「石破だ!」というのは、単に反安倍に石破を推しているという理由しかないからだろう。

ウソでもいいから「石破ならこれができる!」って施策を書けばいいのに。あまりに中身はないわ、無理筋の石破推しだし。呆れる内容。

朝日の「論座」は、「各分野の第一線で活躍する学者や専門家、ジャーナリスト、アルファブロガー、朝日新聞の論説委員、編集委員らが日々、独自の視点からニュースに迫って解説を加え、論を交わしていきます」というサイト。

姜尚中、金平茂紀、中野晃一、浜矩子、山口二郎や、OBの佐藤章、冨永格が筆者に名を連ねるようなサイトだ。もちろん韓国大好き箱田哲也や市川速水の現役記者(論説委員・編集員)も。

朝日のサイトに石破推しの論考が載るのは然もありなんだけど、もう少し中身のあるものを載せないと読者は怒るのではないか? でもこんなものでも、朝日信者は溜飲を下げているのかな(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞3月7日の社説「中韓入国制限 説明なき転換、またも」には、「批判のための批判を続けるぞぉ~!」との呆れた意思を感じた。政府が中国・韓国からの入国を制限する策を表明したことに対し、無理筋な批判を展開している。

朝日は「中国は武漢以外は感染が弱まり」「韓国は全土の感染が拡がっていない」とか書くが、認識が甘いとしか言うことはない。中国は何度も統計を修正している。しかも感染の定義すら変更している。データが連続していないのは明らかだろう。韓国についても普通に考えれば、これからまだ感染は拡がると考えるべきだろ。

逆に韓国の感染が拡がらないのだとしたら、韓国の施策を紹介すればと言いたい。韓国びいきの朝日が何も書かないのだから、韓国が拡がりを抑えられているはずがない。

このように中韓の感染ピークが過ぎたみたいな印象操作をしてまで日本(安倍首相)を批判したいのか。

「水際対策から国内の感染拡大防止策に重点を移すって言ったろ」と批判するが、国内での対応に重点を置くからこそ、外から新規に入ってくるのを抑える必要があるのは当たり前。それなくして、国内での感染防止に注力できないだろうが。

さらには得意の「~があるのかもしれない」「~だとしたら、不見識だ」と、勝手な仮定(妄想とも言う)で批判する。朝日のいつもの手とは言え、いい加減にしろと言いたい。勝手な仮定の元での批判なら何でもできてしまう。だったらその仮定が正しいか取材してから書け! と言いたい。

また、「人権がぁ~!」的なことを書くが、この新型コロナが蔓延する状況において、過度に権利を主張することが正しいのか? もちろん、人権(権利)は重要であり、最大限尊重されなければならない。

ただ、権利には義務や責任が伴うのは当然のことだ。発熱などの症状がありながら自由に行動し、濃厚接触の可能性のある人が1400人以上の悲惨な状況を作った男性がいる。

この男性がスナックに行こうがジムに行こうが自由だ。しかし、これによって発生する責任を果たしたかは大きな疑問だ。朝日はこういう事例を見ても、まだ「人権がぁ~!」と言うのか? 濃厚接触可能性者から感染者が出ないことを祈るばかりだ。

この事例以外にも、症状があるのに自由に行動し、濃厚接触可能性者を増大させた例が散発している。だからこそ「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の改正(新型コロナを追加する)が必要だと思う。

最後にするが、「合理的な根拠と透明性に著しく欠ける意思決定を重ねる」と首相を批判するが、朝日にはその資格がないのは明らかだ。捏造記事を垂れ流し、批判本にスラップ訴訟を仕掛け、しかもその裁判で遅延策を行っているような朝日が「合理的」だ「透明性」だとか言うことの愚かさ。

まったくもって恥ずかしい新聞だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞2月26日の社説「気候危機対策 国際機運に水を差すな」を読んで、思わず鼻白んでしまった。

「深刻な気候危機を避けるために、温室効果ガスをもっと削減しろ」「日本の目標は『13年度比で26%削減』で、90年比に換算すると18%削減にとどまる」「ところが、政府は見直しの議論を進めていない」と勢いよく政府を批判する。

朝日は批判するしか能がないとは言え、よくもまあ自分たちのことは都合良く忘れるものだと思ってしまう。

朝日を筆頭に新聞業界は何百万枚部の紙をムダに廃棄している。 「押し紙」となって消える新聞紙の原材料は主にパルプだ。パルプ内に古紙が配合されているとは言え、その元は二酸化炭素を吸収し酸素を作りだす木材だ。多くは東南アジアからの輸入で、当地でははげ山になっている山も多い。当然、治水効果も落ち、水害の発生源にもなる。

日本ABC協会データによると、朝日新聞の販売部数は約528万部(19年12月)とされる。以前から実売数は500万部を切っていると言われてきた。

朝日販売局の「有志」が取締役会を告発した内部文書では、驚異の「32%」が残紙(押し紙含む)と書かれている(2017年)。この割合を現在の販売部数に当てはめると、何と約160万部が残紙となる。

当然のことだが、朝日は押し紙の存在を認めていないが、実際には100万部を超える膨大な「紙」が廃棄されていることになる。もちろん一部は再利用されることになるが、それでも印刷工程以降多くのムダだ。

こういう表向き明らかになっていない(していない)環境破壊をしておきながら、何でもかんでも政府批判に持っていく朝日の心根の悪さ。いい加減こういうダブスタは止めろと言いたい。

自分たちの行為には頬被りするいつもの姿だ。醜いなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞のWeb版に「『イベント続行 まるで反逆罪』」との見出しがあった。どこの国の話かと思ったら日本のことだった。

記事の内容は、政府のイベントなどの主催者への自粛要請に対する関係者の対応を紹介するものだ。この見出しはどういう意味だと思って読む進めると、ある音楽イベントのスタッフが発した言葉のようだ。

こういう気持ちを持つ人がいても別に構わないが、これを記事の見出しにする神経がまったく分からない。記事に署名はないが、社会部のデスクあたりが付けているのだろう。

朝日新聞が新型コロナ問題を、どう認識しているかの根本的な考えた方がよく分かるというものだ。相変わらず「中国人を排除するな、ともに手を洗おう」程度の認識のようだ。

全国で蔓延している現状に加え特効薬もない。今後の感染拡大を防止するための措置として当然のことと思う。もちろん、経済活動(企業や一般消費活動など)への影響は大きいだろう。

そのイベントを心待ちにしていた人からすれば「何で?」だろうし、主催者も「数億円すっ飛んだ!」かもしれない。しかし新型コロナの蔓延(人命にかかわる)による損失と、経済的な損失を天秤にかけることに、どれほどの意味があるのか。

現時点での大型イベントは、感染を蔓延させるリスクが大きい。韓国のとある宗教団体の集会で、大人数が感染したことからも分かる。

朝日のこの見出しには悪意しか感じられない。しかも記事からは朝日が政府要請に対してどう考えているのかが一切分からない。朝日が見出し通りの考えを持っているなら、なぜ自社の会社・工場見学を中止しているのか? 堂々とやればいいではないか。反政府(反安倍)が社是だろうが。「反逆罪」に問われるかやってみればいいではないか。と言っても日本には反逆罪はないけど(内乱罪はある)。

まあ、政府がこういう要請をしなければしないで、感染が拡大したら「なんであの時、大型イベントの開催中止を要請しなかったのか!」とか言うのは目に見えているけど。結局は、新型コロナ問題すらも政府批判に使うというゲスな連中だということだけは確かである。

朝日は「新型コロナ心配無用論」を垂れ流してきたこと、今になって「指針を出せ」とか騒いでいることを恥ずかしと思わないのか。まあ、恥という概念がないのが朝日だけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


1月24日の朝日新聞夕刊コラム・素粒子に新型肺炎に関する「ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう」が載った。

新型ウイルスなんて心配しなくていいんだから(手洗いで充分)、中国人を差別するな」という強い意思の表れだ。

これが載った背景には、21日に箱根湯本の温泉街の駄菓子屋さんが中国人の入店を禁止する貼り紙(中国語)を掲示したことがあるのは間違いない。記事には朝日得意の「批判『も』寄せられている」「箱根箱根観光に影響が出る『可能性もある』」。

今になってみると、駄菓子屋さんの先見の明に頭が下がる思いだ。

朝日は日本国内最初の感染者が「中国人」であることを、意図的にぼかしていた。「武漢から帰国した30代男性」。普通に読めば、武漢に旅行もしくは出張していた日本人だと思ってしまう。

確かに厚労省の発表が「神奈川県の30代男性で武漢市への渡航歴がある」的なものだったとは言え、他紙はきちんと「中国人」や「日本への入国時には解熱剤を使って検疫を通過」を書いている。

特に検疫に申告もせず、解熱剤を使って一時的に熱を下げて入国したことは批難に値する。でも、朝日は絶対に書かないし責めない。それは中国人だから。

注)現在のWeb版では「神奈川県の30代の中国人男性」となっている。「中国人」だと言うことは世間に知れ渡っているため、しょうがなく追加したんだろうな。

この辺から盛んに「習近平が押さえ込み指示」と近平を持上げ始める。隠蔽したことなどには一切触れず。さらには、専門家談として「人から人は身近な場合限定」とか「SARSより感染力・毒性で弱そう」とか、楽観論記事の大洪水。

そして、国内2例目が確認。2例目は厚労省が「武漢市に住む旅行者」と言ってしまったことから、しょうがなくそのまま書いている。でも「中国人」とは書かない。この男性も発熱したまま入国している。

この2例目発表と同日に、朝日・鮫島浩は「政府がウソを言っている。信じられるか」(要旨)というツイートしている。朝日が事実を事実として書いていない中、何を言ってるんだか。

その後も朝日は、社説で「WHOのもとで」(1月25日)とか「行動の自由を制限する措置は最小限とし、人権を不当に抑え込まないことだ」(同30日)など、呑気なことを書いていた。武漢からチャーター便で帰国し、検査で陰性だった人にも施設での滞在を求めることにも「法律の規定にはない措置」と批判した(2月5日)。さすが人権屋の面目躍如と言ったところだ。

そして、政府が過去2週間以内に湖北省に滞在した外国人と、同省発行の中国旅券をもつ外国人の入国を認めないことにしたことに「行きすぎのないよう慎重に判断しなければならない」と、遠回しにだが「やめろ」と言っている。

切りがないのでこの辺で終わるが、初期段階では情報が少ない(中国の隠蔽、その後小出し)とは言え、ある「特定の意図」を以て書かれたと思われてもしょうがない内容のオンパレード。

朝日が日本の新聞ではないことだけは確かなようだ(今さらだけど)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


元朝日新聞記者・植村隆が元慰安婦報道を「捏造」とされ名誉を傷つけられたとして、櫻井よしこ氏や出版社を訴えていた訴訟の控訴審(札幌高裁)でも、1審の札幌地裁判決に続き敗訴した。

まあ当然だろう。

植村は「これは非常に恐ろしい判決です。このような認定では、取材もせずにウソの報道ができるようになります。司法がフェイクニュース、しかも捏造というフェイクニュースを野放しにすることができる」だってさ。

よく言うわ、とんだ戯言だ。そのまま植村にお返ししよう。

金学順を「挺身隊として戦場に連行された」ってウソだもの。裁判では挺身隊と慰安婦が当時は混同されていたみたいに、「挺身隊」が論争になっているようだが、実際は「連行された」の方が重要だと思う。だって金学順は「連行」されてないから。

植村は「連行」は「連れて行かれた」という意味で使ったと後に言っているが、新聞記者の頭の中のまで「忖度」して記事を読めみたいなバカなことを言う。後に、この言い訳を真似して同じことを言ったバカな捏造記者も出てきた。もちろん朝日。

「連行」を辞書で引けば、だいたい「本人の意思にかかわらず、連れて行くこと。特に警察官が犯人・容疑者などを警察署に連れて行くこと」と出てくる。母親が子供を幼稚園に連れて行くことを「連行する」とは言わない。当たり前だ。

あの大甘提言を出した朝日の第三者委ですら「だまされた事例であることをテープ聴取で明確に理解していたにもかかわらず、この前文の表現は『女子挺身隊』と『連行』という言葉の持つ一般的なイメージから、強制的に連行されたという印象を与える」と指摘しているくらいだ。

朝日新聞も「この女性(金学順)が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません」と認めている。でも植村の記事は「捏造」ではなく「誤解を与える」だと、第三者委も朝日も言う(苦笑)。

それは植村が記事で金学順を「連行」した主語をぼかしているからだ。しかし普通に読めば、それは「旧日本軍(関係者)」と読み取れる。だから札幌高裁も「金学順氏が日本軍人により強制的に慰安婦にされたと読み取るのが自然である」と認定した。

ごくごく当たり前の判決だと思う。

それに、植村の第一報直後に金学順が「母親にキーセンに売られ、後に養父に慰安所に連れて行かれた」と会見で言っている。この時点で植村の記事は破綻していたのだ。すぐに訂正を入れれば、こんな大ごとにはならなかっただろうに。当時の他の朝日記者ですら「あぁ、訂正が出るんだろうなと思った」と語っているほどだ。

でもそうすると、朝日の吉田清治を使った侮日記事(慰安婦報道)の一角が崩れると、当時の大阪社会部が無視したんだろうな。それは朝日全社の意思でもあったろう。

そんな朝日も現在は植村に対して冷ややかなのかと思ったら、編集委員の北野隆一あたりは未だに必死に応援(擁護)しているようだ。北野は沖縄タイムスの阿部岳と連んでいるようなヤツだし。30年以上とぼけていた朝日が反省してないのは良く分かるけどね。

植村は他にも、西岡力・麗沢大客員教授や出版社を名誉毀損で訴えているが、東京地裁の1審で敗訴している(控訴中)。最後まで足掻くのもいいけど、この一連の流れの中で左翼誌の社長の座を手に入れ、韓国ではヒーロー扱いなんだから、それで充分じゃないの。「捏造」で得たものは望外だろう。

ただ韓国を増長させた罪は、過去の日本政府同様に重い。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞2月1日の記事「風評対策、踏み込まぬまま 汚染水処分『海へ放出』にじませ幕引き 議論3年、技術面の『消去法』」(署名:小坪遊、今直也、飯沼優仁)は、同日の社説同様「おま言う!」でしかない。(「朝日新聞こそ福島の声を聴け!」参照)

出だしから「処理済み汚染水」と書くところに朝日の悪意が見える。また「『海へ放出を』とにじませた内容での幕引きに」と、朝日の社論である反原発のためには絶対に認めないという意思が窺える。そこには科学論も何もない。在るのは感情論のみ。

署名の小坪らがどんなレベルの記者なのか知らないが、ちゃんと自分で調べて・考えて書いているのか。

朝日は風評被害が拡がるから反対だと言う。

科学的反論ができないから、先のようにいかにも人体や海洋環境に悪影響を与えると誤解するよう印象操作をする。さらには記者個人もSNSなどでデマも含めて煽る。読者や見聞きした人が不安になり風評被害が拡がる。さらに朝日が煽る。風評被害が拡大する。この無限ループが現在も継続している。

朝日はこの無限ループを断ち切りたくない。なぜなら、いつまでも福島第1原発事故を現在進行形にしておきたいからだ。「処理水」の海洋放出を容認した瞬間に、原発攻撃材料のひとつを失う。福島のことなど微塵も考えていない。そこにあるのは朝日思想のみ。それが絶対だから。

もちろん、廃炉に向けたハードルは高いし、その処置には莫大な費用と長い年月がかかるだろう。それを無視する気もないし、安易に考えている訳でもない。

しかし福島の復興は最優先されるべきだ。そのためには課題はひとつひとつクリアしていく必要がある。それを朝日がまき散らす風評被害で無にすることは、決して許されないことだ。朝日の社論(反原発)などどうでもいい。

風評被害対策の大きなひとつは、朝日が事実を事実として書くことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞2月1日社説「トリチウム水 福島の声を聴かねば」は、経産省の小委員会がトリチウムを含んだ「処理水」の処置について、薄めて海洋放出する策を重視した提言をまとめたことに対するもの。反原発のためには福島を利用するだけ利用しようという魂胆丸見えの卑しいものだ。

朝日は「環境中に放出すれば、風評被害が生じる恐れがある。拙速な判断は厳に慎まねばならない」と言う。風評被害を拡大させているのは誰だ? と言いたくなる。

朝日が反対する理由は、風評被害が拡大する一点のみ。科学的な反論ができないことは朝日自身が一番良く分かっているからだ。自分で風評被害を拡大させておきながら、風評被害が心配だと言う。こんなバカな論法を堂々と書く朝日論説委員連中には怒気を覚える。

朝日は「処理水」の海洋放出反対時、必ず福島県関係者をダシに使う。こんな失礼なことはない。朝日のまき散らした風評のせいで、福島県関係者、特に漁連関係者は被害を被っているのだ。

それなのに「福島の声を聴け」とは呆れるばかりだ。朝日が事実を事実として書いていれば、福島県関係者がこんな風評を心配する必要はないのだ。

朝日は社説内で「処理水」のことを「汚染水を浄化処理した後、放射性物質トリチウムが残留する水」と書く。昨年末の社説でも「処理済み汚染水」と書いていた。こういうことの積み重ねが風評被害を呼ぶ。

国際放射線防護委員会はトリチウムは線量係数が極めて低く、人体に対する影響も極めて少ないと判断している。そのため世界各国の原発から海洋放出されている。朝日の大好きな韓国の原発も同様だ。

だが朝日はこういう事実を決して報じない。そして「放射性物質トリチウム」と書き、いかにも人体や海洋環境に悪影響を与えると誤解するよう印象操作をする。悪質この上ない。

福島県関係者は朝日がまき散らす風評被害と懸命に戦ってきた。福島の真の復興のために力を尽くしている。それは漁連関係者も同じだ。それなのに朝日は、自身の反原発のために風評被害を利用する。

朝日は「処理水」の海洋放出に反対するなら、科学的に反論しなくてはいけない。反論できないなら、逆に悪風評をまき散らす行為は止めろ! と書かねばならない。それがメディアの役割だ。

関連
 「朝日新聞は福島への風評被害を煽るのをやめろ!
 他、多数。

このエントリーをはてなブックマークに追加


中国武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が全世界的に拡がっている。武漢市は市民の移動を制限する、実質的な「封鎖」に踏切った。日本政府も武漢在住邦人の救出のためのチャーター機を手配するなど、対応を急いでいる。

そんな中、朝日新聞・鮫島浩は例によって意味不明の政府批判に一生懸命だ。

鮫島の1月24日のツイート。
「今の日本で新型肺炎が蔓延したら想像を絶するパニックになろう。虚偽隠蔽だらけの嘘つき政府の発表を信じられないからだ。報道に携わる一人として安倍政権の現状をみると『政府発表を信じ落ち着いて行動を』と無責任なことはとても言えない」

政府発表が信じられない、ウソを言っている、何か隠しているとでも考えているのなら、なぜそれを暴き真実をつかもうとしないのだ。それが記者の仕事ではないのか? それなのに、自分は第三者、評論家のつもりなのか知らないが、安全な場所から好き勝手言うだけ。

だったら朝日が自ら「真実」を書けばいいじゃないか。しかし朝日の実態はどうだ。夕刊の短文コラム・素粒子は「ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう」なとと呑気なことを書いている。これこそ「無責任」ではないのか?

だったら鮫島は「安倍政権のウソを暴き真実を書け」と、社内でしっかり声を上げるのが先ではないか。ツイッターのプロフに書いている「ジャーナリスト」の肩書きが泣いているぞ。

まあ、鮫島が朝日社内で干されていて、ツイッターでその憂さを晴らしている現状は理解しているが、こんなツイートはただの扇動家でしない。吉田調書を意図的曲解しデマを垂れ流した反省など何もなく、相変わらずの扇動ツイート。これで「ジャーナリスト」を名乗る傲慢さが鮫島らしい。

それに鮫島もそうだが、対中国となると、途端に何も見えなくなり、何も言えなくなる朝日。中国がすべての情報を公開しているとでも考えているのだろうか。

さらには、解熱剤で一時的に熱を下げて日本に入国する中国人に言うことはないのか? 日本の健康保険にただ乗りしようとする一部の悪意ある中国人に言うことはないのか?

鮫島がツイートすればするほど、朝日のいかがしわさが世間に知らしめられる。これはこれで、いいことなのかもしれないな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞1月22日のコラム「多事奏論」は高橋純子の「映画の助成金不交付 感性の牢獄へようこそ」。映画「宮本から君へ」の助成金1,000万円が、ピエール瀧の有罪判決を理由に取り消されたことを批判している。

高橋はこの映画で「生きる力みたいなものが身の内で沸騰し、うおぉーと叫んで駆け出したくなった。理屈じゃない。エビデンスもない。作り手の『魂』に感応してしまった」。

良い映画に巡り会えて良かったじゃねぇか。それ以上でも以下でもなし。ただ「エビデンスもなし」は、過去の自分への批判の皮肉のつもりだろうが、まったくの逆効果。言わずもがなの一言。

高橋は製作会社社長や主演俳優の言葉のみを引用し、色々批判の基にしているが、助成金を不交付にした独立行政法人・日本芸術文化振興会には取材すらしていないようで、一切言及無し。不交付理由すら書いていない。

芸文振は文化庁所管で、政府からの出資(541億円)と民間からの寄付金(146億円)を原資とした運用益を使い、さまざまな活動に助成金を充てている。税金が入っていることは重要なことだと思うけどなあ。

高橋は一応「どんな罪かによっても判断は変わってくるだろう(中略)個別に考えるしかない」と書いているのに、なぜか「『そんなもんか』と慣らされ、考えなくなる。そしてそのうち、自分の思考に枠がはまっていることにすら気づけなくなってしまう」と大きく飛躍していく。

そして、結論は「ようこそ。クリーンで快適な感性の牢獄へ」だって。

結局は結論ありき。自分で旨いこと考えたなと自画自賛している結論に、どう話を繋げていくか。これだけの文章。

普通ならこの問題は、芸文振の「国が薬物使用を容認するようなメッセージを発信することになりかねず、公益性の観点から交付内定を不適当と判断した」に対して考察すべきだろう。これなく「そんなものかと慣らされ」とか「自分の思考に枠がはまっていることにすら気づけなくなってしまう」とかは、論理の飛躍どころか、論点がまったく違うことだろう。

でも高橋は芸文振興の不交付理由すら書かない。「俳優の不祥事と芸術性は別問題」とかの切り口は陳腐と感じたのか、読者の支持を得られないと考えたのか知らないけど。

高橋のように不交付を批判する人もいるだろうし、逆に不交付を当然のことと考える人もいるだろう。その物事をどうどう捉えるかには、朝日の好きな「多様性」がある。

まあ、コラムなので高橋の剥き出しの本性で書いて構わないのだが、いつも自分の言い分と一方側の言い分しか書かない。書かれなかったもう一方の当事者の「多様性」は無視される。でもこれが朝日の「多様性」。

そして、なぜか最後は安倍首相批判。珍しく安倍批判が出てこないなと読んでいたら、最後の最後で出てきた(苦笑)。これは明らかに無理筋。安倍批判を入れないと、高橋は精神の安定が図れないようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞1月19日のコラム「社説余滴」で、「あの」坪井ゆづるがまだ「モリカケ」ってひとりで騒いでいる。バカ丸出しだな。

「1月20日を忘れない」だってさ。坪井が死ぬまで忘れなくても別に構わないのだが、こんなところでぐちゃぐちゃ言ってないで、自分で調べればいいだろう。ひとつでもいいから、何か「証拠」を出して見ろよと言いたい。

当時から「疑惑だ、疑惑だ!」と騒ぐだけで、何の「事実」も見いだせなかった朝日。逆に朝日の一面トップ写真の「いかがわしさ」の方がクローズアップされたけどね。

朝日が言っていたのは安倍首相と加計理事長が友人だから「~のはずだ」とか「~に違いない」「~ではないか」。こんなものに乗せられ、一緒になって1年以上も騒いだ朝日のお仲間・民進党(当時)は崩壊。現在の無様な野党は朝日が作ったようなものだ。

坪井は2018年、2019年も1月19日に「社説余滴」で「モリカケ」を書いているけど、ご苦労なことだ。その執念を取材に活かせばいいのに(苦笑)。

朝日に不都合な事実は報じない(加戸前愛媛県知事や八田WG座長の発言)くせに、印象操作の域を出ないものを「疑惑だ!」とし、しかも「無いことを証明しろ」と迫る。坪井は「幕は下りない」と書いていたが、朝日が「幕を下ろさない」だけのこと。「疑惑だ、疑惑だ!」って騒いでいれば商売になるんだから、記者なんて楽な仕事だな。

それに、朝日が小川榮太郞氏を訴えている裁判で「原告(朝日)は両問題(森友・加計問題)について安倍晋三首相が関与したとは報じていない」と主張していることを、どう考えているのか?

「権力者にとって不都合な事態を、時間とともに忘れてゆくのは、それを容認するのと同じだ」と坪井は書くが、主語を朝日新聞に変えれば、そのままの文章になるな(苦笑)。

慰安婦捏造、サンゴ事件、吉田所長調書の意図的曲解。数えれば切りがないが、我々は朝日の数々の悪行(ウソ・捏造、印象操作など)を決して忘れない。

関連
 「朝日新聞・坪井ゆづるの『負け犬の遠吠え』
 「朝日新聞・坪井ゆづるがまだ『モリカケ』言ってる(呆)
 「朝日新聞論説委員・坪井ゆづるの恥の上塗り
 「朝日新聞『安倍首相が関与したとは報じていない』って?
他、多数あり。

このエントリーをはてなブックマークに追加


観光庁が昨年12月、及び2019年累計の訪日客数を発表した。累計では2018年比2.2%増の約3,100万人。中国からの約960万人を筆頭に、台湾(489万人)、香港(229万人)、タイ(132万人)、アメリカ(172万人)は100万人を超える観光客が訪れている。

イギリスなどはラグビーW杯の終了後も訪日客が前年比で増加しており、訪日客全体は7年連続で過去最高(3,188万人)、主要19国でも過去最高を記録。これに対し韓国のみ560万人で2018年比25.9%減、12月単月では前年同月比63.6%減。

また、訪日時の消費額は、1人当たりの消費額は豪州が24万9,128円と最も多く、韓国が7万5,454円と最も少なかった。

この観光庁データを朝日新聞がどう報道したか?

「12月の訪日韓国人、前年比63%減 『日本離れ』続く」の見出しで、ほぼ韓国のことしか触れていない。韓国からの訪日客が大きく減少したことを報じるのはいいとして、他にも書くことあるだろうと思ってしまう。7年連続最高を更新とか、韓国以外は過去最高とか。

どこまで韓国目線なんだ(苦笑)。

朝日の読者は韓国客が減ったことしか分からない。それは訪日客数データから読み取れるほんの一部でしかない。もちろん、朝日がウソを書いている訳ではないが、この報道では全体像や傾向・特徴はまったく分からない。

これを見ると、アメリカ3代大統領・ジェファーソンの言葉を思い出す。「新聞は情報を独占、勝手に取捨し、醜く加工し、民に下してきた」。

ただし、現在の日本で大きく異なる点は、誰でも観光庁の生データが確認出来ることだ(オレも見た)。つまりは、朝日の記事がどういう意図で書かれているかを理解することができてしまうと言うこと。

朝日は旧態依然の認識で、未だに「情報を独占」していると思い込み、「勝手に取捨し、醜く加工し、民に下している」。そんな時代ではないのに。だから捏造・ウソはすぐバレる。タブスタや一方的な偏った見方は批判される。

今回の訪日客データの記事は、そんな朝日をよく表わしている。まあ、箱田哲也のようなヤツが論説委員として媚韓記事を書きまくっているのを見れば、朝日からしか情報を得ていないコアな読者さえキープできればいいと考えているのかもしれない。でも、それじゃ新聞事業はジリ貧だけど、既に朝日は不動産屋なので構わないのかな。

それにしても、あれだけ国を挙げて反日をやっているのに、12月に25万人近くも韓国人が観光に来ているとは驚きだ。

韓国オリンピック委員会は、東京五輪に参加する選手団用に韓国産の食材と放射能測定器を持ち込むと言っている。福島第1原発事故による「食の安全」を懸念しているからだと言っているのに、韓国人観光客は日本で何を食べているんだろう? (苦笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞がTBSのサンデーモーニングを気持ち悪いほど持上げていた。署名は定塚遼。あぁ~、納得!

定塚は世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」(大坂府)に関して、「権力者が市民(左翼用語としての)から財を搾取し、自らの権力を見せびらかすようなモニュメント(墓)を、市民を酷使して造らせた」的な感想を書いていたヤツ。
(「朝日新聞・定塚遼は根っからの共産主義者のようだ」参照)

そんな定塚がサンモニを持上げるのは、ある意味当然のことかもしれない。

一般的には、あれほど偏向した番組もないと思うほどのもの。常に一方的な人選で、一方的な論調を垂れ流す。放送法など関係ないと言わんばかりの内容に、呆れている。

でも、政治経済などの硬いニュースを取り上げるから「硬派」だなどと、安直なことを言う定塚からすれば、反日・反政府・反安倍に徹し、特定勢力のプロパガンダをこれもか! と流す番組は、心地良いことこの上ないのだろう。

こういう番組は得てして他人に厳しく自分に甘い。石原慎太郎都知事(当時)の発言に対して、テロップを捏造してまで貶めたサンモ二。捏造がバレた後の関口宏は「(ミステロップが)出ちゃうときがありましてね」などとへらへら言っていた。

テロップ捏造はサンモニの得意技で、トランプ大統領の批判する際にも、「タフな人々」発言を「野蛮な人々」、「フェイクニュースは国民の敵」発言を「メディアは国民の敵」とするなど、やりたい放題だ。

そう言えば、「フェイクニュースが220万回リツイート」などと、SNS(ネット)はウソだらけみたいに放送したが、実際は「230回」だったとバレたなんてこともあったな。

こんなの言い出したら切りが無い。上記などはウソ・捏造がバレた例だが、ウソを言い放しで訂正しないなんてこともしょっちゅうだ。さらにはニュースと直接関係ない映像を差し込み印象操作することも日常茶飯事。

定塚は、そんなサンモニの偏向や捏造、印象操作には触れない。定塚からすれば、偏向しているなんて思ってないのだろうし、反日・反政府・反体制が目的なら、捏造や印象操作も許されるとでも考えているのだろう。まあ、それが朝日記者としてのあるべき姿なんだろうけど。

金富隆Pの「『常に冷静であれ』ということを意識している」との、白々しいコメントを臆面も無く載せる。よく金富の名前が出せるなと思うけど、このあたりにも定塚のサンモにへの強烈なシンパシーを感じている姿がよく見て取れる。

偏向・捏造紙記者が、偏向・捏造番組を持上げる。気持ち悪い。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞1月11日の社説「東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう」は朝日論説委員の底の浅い媚韓思想を持ち出し、さらには侮日に繋げるという朝日の常套手段の論立てだ。

「(国旗などは)見る人が代われば、それは激しい憎悪の対象にもなりうる」とし、「戦後75年が過ぎても(中略)日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない」と断じる。

それは朝日と、ある思惑を持った特定国の言い分だな。欧米の植民地からの解放の象徴と捉える国もある。朝日の大好きな「多様性」を無視する一方的な見解に過ぎない。

特定国の主張を代弁するのが朝日の役割だと思っているのだろうが、浅はか過ぎる。ある一面を全面と言い募るのは、朝日の常套手段だけど。

さらに旭日旗にも「東京五輪で旭日旗を振るのを禁止すべきだと韓国人が言っている」「旭日旗を振る行為に『政治的主張』はないと言えるのだろうか?」と書く。

旭日旗を批判する韓国の行動そのものが、反日からくる「政治的主張」であることには触れない。サッカー選手の言い訳が、国を挙げての反日の象徴と化したことを朝日も知っている。知っているくせに、こんなバカなことを書く。ただの媚韓だし、媚韓から侮日への発展形。芸が無いことこの上ない。

「特定の集団への憎しみが高まれば、旗は集団の代わりに辱められ、燃やされる」と、米国・星条旗がアフガニスタンで憎悪の象徴とされたと書く。でも、何かというと日の丸や旭日旗を燃やす韓国(人)のことを朝日は書かない。あれが「政治的主張」そのものであることを、朝日は分かっているからだ。

国旗は国の象徴である。それを貶めて(燃やして)満足し、喜ぶような行為は、決して許容されるべきではない。それは会社の社旗だって同様だろう。

朝日は「朝日の社旗がサンゴKY事件、慰安婦捏造など数々のウソを垂れ流してきた国賊朝日の象徴」とされ、燃やされ、踏みつけられたらどう思う? また、夏の甲子園に掲げられる朝日の社旗を「国賊朝日の悪行を思い起こさせる」から禁止しろと言われたらどう思う?

同じことではないのか。

朝日は「旗の数だけ、それぞれの思いがあっていい」と社説をまとめる。朝日の言うとおり、その旗に対する思い入れは、良いも悪いも人によって様々だ。それなのに、朝日は自社思想(媚韓と自虐史観)と合う一部の言い分を、あたかも大多数の言い分のよう書くことの恥ずかしさを何も感じていない。

哀れな新聞だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞12月27日のコラム「社説余滴」、タイトルは「日韓慰安婦合意の悲哀」。筆者は「あの」箱田哲也(論説委員)。

韓国が一方的に破棄した「慰安婦問題合意」を、「すでに日韓両政府によって骨抜きにされてしまっている」と書く。日本がいつ骨抜きにしたんだ?

箱田が言うには「合意案の承認を最後まで渋ったのは、韓国大統領府ではなく安倍首相の方だった」と言う。確かに日本側は大きな譲歩をした。合意当初、日本政府(安倍首相)への批判的な声も聞かれた。箱田の言うことが正しいとしても、合意後に日本が何を骨抜きにしたのか、さっぱり分からない。本文中にも、その内容はまったく書かれていない。

本文中に何も書かない(書けない)で、何を言ってるんだ?

箱田のいつものことではあるが、どうにかして「日本も悪い」と書きたいのだろう。それにしても「日韓両政府」は無理筋だ。どういう神経をしているんだ。アホかと言いたい。

箱田が執筆に関わっている(箱田は国際社説担当)12月25日の社説「日本と韓国の対立 『最悪』を抜け出すために」でも、相変わらず「日本も悪い」的に書いていた。さらには日本経済に悪影響を与えていると一部産業の事例を書いていたが、逆に韓国経済の打撃については「さほど損害が伝えられない韓国側」などと書く。

よく言うわ。朝日が報じないだけで、韓国の経済が瀕死状態なのは周知のこと。文の経済失政の面も大きいが、文主導で始まった日本製品の不買運動が致命傷になった産業もある。旅行業界などが良い例だ。LCCなど潰れる寸前ではないか。都合の悪いデータは無視して報じないで、日本経済が大きな影響を受けているとの印象操作。相変わらず過ぎて、笑うしかない。

こんな箱田が「徴用工問題の解決策をさぐる上でも慰安婦合意が残した教訓は多い」とかヌケヌケと書く。日本が譲歩してまで合意したものを、韓国に一方的に破棄された問題が、何の教訓になるのか? 韓国を信用するなという教訓以外ないと思うが。箱田からすれば「日本がもっと譲歩しろ」って教訓なのだろうが、「バカを言ってるんじゃねえ!」以外の言葉はない。

関連
 「朝日新聞・箱田哲也は相変わらず『日本も悪い』論
 「朝日新聞・箱田哲也の韓国目線にうんざり
 「朝日新聞・箱田哲也は相変わらずだな
など多数。

このエントリーをはてなブックマークに追加


福島第一原発の処理済みの汚染水、つまりは「処理水」の処分について、有識者で作る小委員会で検討が続いている。朝日は12月27日の社説「福島の処理水 地元との対話を重ねよ」で、科学的な判断よりも感情を優先し、風評被害を煽るようなことを相変わらず書いている。

社説タイトルは「処理水」と書いているのに、本文中では「処理済み汚染水」と書く。「汚染している」という印象操作以外の何ものでもない。

朝日は社説中で「処理水」について直接的に言及していない。そりゃそうだ、汚染水ではなく「処理水」だから。希釈した上で海洋放出は、科学的に何の問題もない。朝日も「処理水」が危険だから放出するなとは言えない。

だから朝日は「この問題は科学的・技術的な側面だけでなく、社会的な影響など、さまざまな角度から慎重に検討するべきものだ」と言う。社会的云々は風評被害を指している。

自分らで風評被害を煽っておいて、何を言ってるんだ! という思いしかない。

朝日は「処理水」の放出について科学的に批判できないから、逆に感情的に風評被害を煽ることで反対しているだけ。「地元の反対」などと書く朝日が、地元が反対せざる得ないような煽り記事を書く。卑怯な新聞だ。福島県関係者からすれば「いい加減にしろよ」でしかない。

こんなに悪質なメディアはない。自らのイデオロギーを最優先し、ウソも交えて風評被害を煽ってきた。自ら煽っておいて、風評被害が拡がるから海洋放出を止めろという。悪質なマッチポンプ。

以前も書いたが、朝日が記事や記者のSNSなどでデマも含めて煽る。読者や見聞きした人が不安になり風評被害が広がる。さらに朝日が煽る。風評被害が拡大する。この無限ループが現在も継続している。

朝日は「処理水」が科学的に問題だと言うなら、きちんと論評すべきだ。それができないなら、過去の「科学、振りかざすのでなく」(編集委員・佐々木栄輔)などの記事を取り消せと言いたい。そうして、科学的に安全だから風評をまき散らすのはやめようと、逆に書かねばらない。

しかし朝日は「処理水」の海洋放出を絶対に認めないだろう。認めた瞬間に「処理水」問題は終結する。原発批判の材料をひとつ失うことになるから。

結局は、自社のイデオロギーが最優先で、福島の復興など何も考えていないのが朝日だ。そんな朝日が「地元との対話を重ね、住民の声に誠実に耳を傾ける。そんな姿勢なくして理解は得られまい」とはよく言うわ。

関連
 「朝日新聞は科学よりもイデオロギーと感情優先
 「朝日新聞よ 反原発でもいいがウソは書くな!
 「朝日新聞が福島復興を語ってはいけない
このエントリーをはてなブックマークに追加


百舌鳥・古市古墳群
TBS系列で放送されている「世界遺産」。国内外の世界遺産を紹介する番組。12月15日の放送は、7月に登録された「百舌鳥・古市古墳群」(大坂府)だった。

定塚記事
これを紹介している朝日新聞のTV欄が余りに酷い。筆者は定塚遼。「たんまりと富や権力を得た生は、さぞ手放し難かろう。生きた痕跡として巨大な墓を造り、次に行く世での安寧を願うのも、さもありなん」「名も無い私(定塚のこと)の墓が跡形も無くなった後も、彼らの墓は残り続けるだろう。生前の富と権力が、何千年にもわたって民との違いを生み出し続ける」

定塚の所属などは知らないが、それにしても酷い記事だ。

権力者が市民(左翼用語としての)から財を搾取し、自らの権力を見せびらかすようなモニュメント(墓)を、市民を酷使して造らせた。こんな発想が出てくるのは、定塚が根っからの共産主義者だからだろう。

「普通の日本人」には出てこない発想だ。TV番組の紹介・解説記事に、ここまで自らの思想丸出しで書かれると、おもいっきり引いてしまう。

国家のみならず邑でも何でも、その形成には中心的な役割を担う人物や氏族がいるは当然だ。大和朝廷の成立過程で天皇家が果たした役割は大きい。歴史の流れの中で、現在の日本がある。歴史とはそういうものだ。定塚が思うような権力者なら、その家系が続くわけがない。

「百舌鳥・古市古墳群」の中心的な大山古墳は仁徳天皇陵に比定されている。仁徳天皇に関しては日本書紀に「民の竈」の逸話が載っている。事実かどうかは別にして、こういうことの積み重ねが、日本人の皇室への敬愛に繋がっているのは確かなこと。新天皇即位の各種式典への「普通の国民」の反応を見れば分かることだ。

オレはこの番組を観たけど、普通に古墳群を歴史的遺産として紹介していた。まあ、そんなに目新しいことを言っているわけではなかったけど。それにTBS的な変な偏向もなかった。

定塚個人がどんな思想を持ってようと構わないのだが、TV番組紹介を利用して共産主義のプロパガンダのようなことを書く。朝日にありがちな記者ということ。定塚は近年の開発により古墳が破壊されそうになったとき、地域住民が保存を熱望したという事実(番組でも紹介されていた)をどう考える?

TBSは朝日に抗議した方がいいぞ。番組を貶める以外何もない記事だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の「パブリックエディターから 新聞と読者のあいだで」という記事で、小島慶子が世論調査部長・前田直人にインタビューしていた。内容は以前朝日新聞が行った「韓国が好きか嫌いか」みたいな調査について、韓国の反感を招くみたいな意見が読者から寄せられたかららしい。

まあ、前田直人の言い分も、小島慶子の意見もどうでもいいのだが、前田の回答の一部に吹き出しちゃうのがあったので。

小島の「好悪を尋ねる調査結果を報じることで、嫌韓感情をあおることにはならないですか」との質問に、前田は「ネットを使う人が増え、(中略)偏った認知に基づくラウドマイノリティー(声の大きな少数者)の意見が拡散され、感情的な空気が作られていくことを懸念しています」だそうだ。

思わず「お前が言うな!」と言いたくなった。ラウドマイノリティーの声を大々的に報じ、サイレントマジョリティの声は一切報じないのが朝日ではないか。それに、朝日自身がラウドマイノリティーではないか。

何が「感情的な空気が作られていくことを懸念しています」だ。朝日が「捏造・ウソ」も交えて報じることで、感情的な空気を煽っている事実。さらに前田は「エコーチェンバー現象(自分と同じ意見ばかりが目に入る現象)や認知バイアス(自分の意見が主流と誤解する)が生じる」などと言っているいるが、これもまさしく朝日自身のことではないか。典型的な「お前が言うな!」。

前田は盛んに「科学的根拠のある世論調査」と言い、小島が「世論調査結果と実感がズレている場合、どちらがより客観的データに基づいているかを考えることが重要だ」とまとめる。

本当にそうだろうか?

つまりは、前田・小島が言う「科学的根拠のある世論調査結果が事実」には前提条件がある。それは「きちんとした母集団からの抽出ならば」だ。「平日のまっ昼間に電話に出られる人」がきちんとした母集団であるはずがないのは明らか。朝日を始めとした左翼紙やTVのワイドショーに毒されている人たちからいくら抽出しても、「科学的根拠」のある調査にはならないぞ。

そんなことも理解できていないから、自社の調査結果と選挙結果が違うと受け入れられず右往左往する。

2017年の衆議院選で、「安倍首相の続投を望まない」が多数という朝日の調査結果に対し、逆に自民党が大勝したときに、選挙結果が「おかしい」的な民意を無視した記事を連発した朝日。惨めな現実逃避だった。

特定の母集団から抽出した世論調査結果と、選挙結果のどちらが「民意」と言えるかは明らかだ。前田の言う「科学的根拠」もこの程度のもの。それなのに「偏った認知に基づくラウドマイノリティーの意見が拡散される」などと、朝日自身のことを言っているかのような戯言を言う世論調査部長。

世論調査に意味がないとは言わないが、朝日のように「世論を誘導する」との傲慢な考えを持っている連中には、その結果すらきちんと理解できていない証拠でもある。

前田は編集委員の時「政治断簡」(コラム)の執筆者のひとりだったが、世間ズレしたことを書いていた。みのもんたを政治家が恐れたとか、前原と枝野の民進党(当時)党首選で、左右から敵陣に攻め入る形に見えてきたとか。

こんなのが世論調査の結果をきちんと分析できるわけもない。なぜなら、こいつ自身が「エコーチェンバー現象と認知バイアス」に浸かりまくりだからだ。

朝日はいい加減、年功序列人事は止めたらいかが。せめて世論調査部長には数理統計学くらい勉強させろよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞って、本当に日本が嫌いなんだなぁ。いつも思うことだが、またまたこじつけでお花畑論を振りかざす朝日新聞。12月8日の「ローマ教皇、かざした羅針盤」(日曜に想う)を読んで、改めて実感した。筆者は編集委員の福島申二。

ローマ教皇・フランシスコが来日し、広島・長崎でスピーチした内容を絶賛している。

「今日の世界では、何百万という子どもや家族が、人間以下の生活を強いられています。しかし、武器の製造、改良、維持、商いに財が費やされ、(財が)築かれ、日ごとに武器はいっそう破壊的になっています。これらは途方もないテロ行為です」(長崎)。
「戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか。・・・武器を手にしたまま愛することはできません」(広島)。

尤もなことではある。これを受け、福島は「『安全保障上の現実』という言葉の僕になってはいけない。日本人は、日本政府はそうなっていませんか」だって。

教皇やキリスト教徒の皆さんを批判するつもりはまったくないが、「現実」を前にキリスト教が何をやってきたのか? 十字軍、異端審問、侵略の正当化。みなキリスト教が「現実」に対して行ってきた行動だ。

過去にいろいろあったから、現在の発言に意味がないとは言わない。言いたいことは、現在、慈しみの言葉を投げかける教皇(キリスト教)でも、いざ「現実」に向き合えば、どう行動するか? 特に不利益を自覚すれば、利を得ようとするだろう。

なぜバチカンはアーミッシュを嫌うのか? アーミッシュは教会に行かず聖書のみに生きる。教会に行かなければ献金も洗礼代も取れない。だから惨殺した。終戦後、GHQが送り込んだ司祭のひとりが犯罪(殺人)を犯したとき、バチカンはどうしたか? 国外逃亡をさせた。

バチカンも「現実」を前にすればエゴを出す。

福島が「現実」を言うなら、もっと言わなければならない国がいっぱいあるだろう。ところが、福島がそういう国々を批判することはない。福島が決して批判しない国々の軍事的挑発という「現実」を前に、「現実につき従う僕になるな」と言う非常識の方が恐ろしい。「現実」には「現実的対応」が当たり前。

「理想と現実」のギャップは大きい。理想論のみを言っていればいい福島とは訳が違う。政府は国民の生命・財産などを保護しなければならない。そんな政府が「理想論」のみ語っていれば解決する問題などない。

近所で空き巣が多発していれば、防犯対策を強化するのが当然のこと。「世の中に悪い人はいない。そう信じていれば空き巣も入らない」と考えるのは勝手だが、これは「現実的対応」ではないことは明らか。でも、福島はそう言う。そう考えない日本人や政府を批判する。究極のお花畑論だ。

福島は教皇の言葉を使い日本批判しただけのこと。教皇にも失礼だ。まあ、教皇の言葉は素晴らしいと言うだけなら、朝日の記事にはならない。事実に角度をつけて、何でもかんでも日本批判に結びつけてこそ朝日の記事になる。そんな福島や朝日の性根が嫌いだ。

*朝日新聞、及び福島申二批判であって、教皇・キリスト教(教徒)批判ではないのでお間違えなく。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が参院選の「一票の格差」3.0倍を高裁レベルが概ね許容(合憲)したことに反発している。12月7日の社説「参院定数判決 政治の怠慢を許すのか」がそれ。

「格差3倍とは3分の1の価値しかない投票権をもつ人がいることを意味する」などと、尤もらしいことを書く。これはこれで否定しないが、じゃあ原則論に従い1.0倍にしろというのか? そうしようとしたら、東京は30議席、四国地方全体で2議席とか、中国地方全体で6議席になるかも(厳密に計算したわけではない。あくまでイメージ)。

これでいいのか? という議論も当然起る。「3.0倍なんてけしからん」もいいけど、朝日はどうしたいのか? 何も言わない。2倍ならいいのか? 2倍だって、価値は半分だぞ。

なんとなく原則論を言い批判する。でも「じゃあ、どうする?」は言わない。全議席を全国比例代表にする? その時の政治の安定性はどうする? 安定性よりも一票の平等性を重視する? 選挙区が広すぎて、過去の全国区が銭酷区と呼ばれたみたいになるけど? じゃあ、道州制にする? など、様々な議論が出てくる。

こういうことを喚起しないで、批判だけしてもまったく意味はない。朝日お得意の批判のための批判でしかない。そして、判決批判を装いながら、結局は政府・自民党批判に話は流れていく。朝日が言いたいのはここだろうな。批判できれば何でもいい。

当然考えなければならないのは、首都圏などの大都市圏に人口が集中する問題だろう。経済活動や利便性を考えれば、ある意味当然と言える。これを地方への移動性をどう促進していくかを考えずに、定数問題だけを論じることに意味はない。

また参院の役割も考慮しない議論も意味はない。

アメリカ上院の格差は約70倍。各州人口に関係なく定数2。上院は各々の州民全体の意見を代弁させるとの考えだ。憲法規定でOKになっているので、反対者はいるだろうが揉めはしない。

だから参院の3倍なんて許容されると言うわけではないが、参院の役割も各県全体の代表との考えなのだから同じではないか。自民党が一時言っていた憲法に書いちゃえは、ここから来ている(と思う)。ひとつの考え方ではある。

つまりは定数問題(格差)は、特定地域への集中問題があり、その解決なしに議論しても意味がないと言うこと。先に書いたように、東京30議席、四国全体で2議席でもいいのか? それでも良ければ1.0倍にすればいい。朝日はそれでもいいんだな。

選挙のたびに提訴する特定弁護士連中もそうだが、究極の平等の先に何を求めているのか。それは共産主義かな。共産主義が理想の平等社会だなんて考えているとしたら、それこそ世間離れすぎる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の箱田哲也は論説委員で国際社説を担当している。国際社説担当という割には視野が狭く世界を俯瞰できない。なぜなら日本を貶めることが主目的だからだ。

そんな箱田の得意とする手法は、韓国を擁護することで日本を貶めるというもの。韓国のことを書くときは、必ず「日本も悪い」とセットになる。だから韓国がどんなにバカなことをやっても、結論は「日本も悪い」。こんなのは韓国を甘やかすだけで、決して韓国のためにならないのは明らかなのに。

それでも箱田は韓国を擁護し持上げることで、日本を貶めようと一生懸命にくだらない記事を書く。11月24日のコラム「社説余滴/日韓、米国頼みのたそがれ」。内容は韓国がGSOMIA破棄を取り止めたことを書いている。

箱田が書くのは日韓とも「どっちもどっち」。日韓ともアメリカ頼みで、この問題を解決しようとした。そして「見苦しい米国頼みの習い性は、いい加減改めるべきだ」だそうだ。

今回の韓国のGSOMIA破棄騒動は、韓国が勝手に騒いで暴れて、そして勝手に堀にに落ちたようなもので、日本に何の非もない。なぜ同等に扱うのか?

箱田は「日韓高官が順々にワシントンに詣で、『告げ口外交』を展開した」と書く。日本は自らの立場を説明しただけだろうが。それに対し韓国はアメリカに仲裁を頼んだ。しかもウソを並び立て「日本が悪い」から何とかしてくれと。

事の本質は何か? すべて韓国の問題だ。ここに触れないばかりか、日本側にも問題がある的に書く。「日本も悪い」って書いても、韓国の異常性は隠せないぞ。

ゲームコーナーで「このゲーム勝ってくれなきゃ帰らない!」って大騒ぎする子供に、箱田は「分かった、買ってやる」という親らしい。これに味をしめた子供は、毎回毎回色んなところで駄々をこねるようになる。それでも「分かった、買ってやる」が箱田の答えだ。

元ソウル支局長の牧野愛博も、この件に関して同様に韓国の問題には触れないコラムを書いていた。(「朝日新聞の『韓国通』牧野愛博のすっからかんコラム」参照)

朝日新聞ってこんなヤツらばっかり。韓国に譲ることが良好な日韓関係とでも思っているのか。朝日にしてみれば、日韓関係は悪い方がいいのだろう。そうすれば、いつでも「日本が(も)悪い!」って書き続けられる。

反日で国内をまとめ北との赤化統一を目指す文在寅。反日は結果的に文の失政(経済政策・外交政策)を隠す手立てにもなっていた。しかし、それでも隠しきれないド素人外交。

こんな文のことをスルーして「日本も悪い。どっちもどっち」と書く論説委員。朝日の記者なんて楽な仕事だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞11月25日の「日韓GSOMIA維持 危機免れたが、日米韓に禍根」(記者解説)読んで、相変わらずの韓国目線と内容の無さに呆れるばかり。何が言いたいのかもさっぱり。筆者は牧野愛博。牧野はソウル支局長だったので韓国通らしいが、この程度で何が「記者解説」なのかとも思う。

牧野の結論は「日米韓には危機を直視した関係の立て直しが求められる」とのことだが、韓国が勝手に騒いで日米との間をぎくしゃくさせただけ。すべての責任は韓国にある。ここに触れないで何を書いても意味がない。

韓国がアメリカに不満を持っているだとか、韓国の言い分をこれでもかと書くが、それもこれも文在寅の外交オンチのなせる技でしかない。経済失政に加え、こういう外交の失敗について何も書かない「解説」って何???

文が目指す「北との赤化統一」。その一環としての反日政策。それでもアメリカは「理解してくれるだろう」との勝手な解釈。こんなド素人外交に付き合わされた日米こそ、いい迷惑でしかない。

牧野は日米韓が軋んだところで、中国やロシアがそれを利用しているなどと書くが、そんなことは韓国が8月にGSOMIA破棄を言い出した頃から分かりきっていたことで、何を今さら感しかない。

牧野が言う「日米韓には危機を直視した関係の立て直しが求められる」の主役は韓国だ。文が「北との赤化統一」を目指している限り、日米に何を求めてもどうしようもない。しかも文は反日を使い韓国国内をまとめ、北との統一に利用しようとしている。

このような国に日本が積極的に協力できるわけがない。また、トランプも文をまったく使用していない。それはG7での「文在寅という人は信用できない」「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」発言からも明らかだ。

今回は文が最後の最後でアメリカと手を切れなかっただけ。それは文が北との統一に向けて突っ走るには韓国国内情勢が悪いからだ。それは自らの失政が原因。でも習近平や金正恩が好き勝手言ってきたら、唯々諾々と従うだろう。それが文だ。

良くも悪くも韓国が勝手にひとりで騒いでいるだけの状況なのに、「日米韓」などと括る「韓国通」の限界を示したコラムと言うしかない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ