Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

カテゴリ: 左翼の異常な言動・行動


渋谷のハロウィンに集まった一部アホどもが軽トラをひっくり返す暴挙を犯した件で、4人が暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで逮捕された。その他、この暴挙に加わった11人も特定されており、書類送検する方針とのこと。

警視庁が周辺の防犯カメラや一般人が撮影した動画などから、アホどもの素性を割り出したことは快挙と言える。防犯カメラの映像は犯罪捜査に大きな役割を果たしている。

新宿・歌舞伎町に防犯カメラが大々的に導入されたのが2002年のこと。当時、それを伝えた朝日新聞は「あなたは監視されている」との見出しを付けた。明らかに防犯カメラ設置に否定的な見出しだ。記事中でも、お得意の人権派弁護士に「善良な市民の平穏まで害するおそれがある」とコメントさせていた。

しかし現実は歌舞伎町の犯罪は大きく減少した。「善良な市民」の平穏が害されたとはついぞ聞かない。都会に限らず、日本各地で防犯カメラは犯罪の抑止と事後の捜査に大いに貢献している。

朝日新聞も現時点では事実を淡々と伝えるだけで、過去に防犯カメラの設置に否定的だったことなどおくびにも出していない。

逆に相変わらず元気に批判しているのがTVのコメンテーターといわれるその界隈の人たち。代表としてテレ朝の玉川徹の発言。「ボクなんか政府の批判できなくなりますよ」だってさ。

相変わらずの拡大解釈で「善良な市民の平穏まで害するおそれがある」と未だに考えているようだ。それとも、何か後ろめたいことでもあるのかと疑ってしまう。玉川は左翼デモにも顔を出しているようなので、影で何かやっているのか? それに、被害者のことなど何も考えていないこと丸出し。自分が被害に遇った時も、同じことが言えるのか?

歌舞伎町の防犯カメラ導入から16年。こいつらがTVという公共の電波を使って、あることないこと(と言うか、ないことばかりだが)言いたい放題やってきて、何か不自由なことが起こったことあるのか? ネットでバカだアホだと言われているだけだろう(これは事実だからしょうがない)。

今回の件は犯罪抑止にも大いに貢献するだろう。犯罪を犯した者は捕まる。ただこれだけのこと。「行き過ぎ」でも何でもない。玉川らはこんなつまらない心配をするなら、現実に政府批判をすると当然のように逮捕・拘束される中国や北朝鮮の国民の心配をしてあげればと思う。

何なら中国に行って、「習近平は辞めろ!」「言論の自由を認めよ!」と天安門広場あたりで叫んでみたら。

玉川関連
 「テレ朝・玉川徹のバカさ加減に呆れる

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京新聞・佐藤圭は福島を道具に使うな!
東京新聞・佐藤圭なんて端っから記者と思ってないよ
自分の行動は自分に責任がある
後藤謙次って自分で恥ずかしくないのか?
惨めな関口宏
教職員組合ってどこも酷いな
香山リカの「心」は大丈夫か?
東京新聞・望月衣塑子って本当にクズだな
中国「墨汁抗議事件」を見るにつけ日本は良い国だ
政府批判ができれば何でも利用する連中
七夕飾りに思想丸出しは引くわ
豪華メンバーすぎて笑うしかない「オウム事件真相究明の会」
大阪大教授・島岡まなの独善的持論に呆れる
阪神タイガースを政治利用するクソ左翼
早大教授・豊永郁子の極端で自分勝手な「忖度論」がすごい
東大教授・本田由紀の「弾圧だぁ~!」に唖然
群馬県の護憲派のレベル
俗欲まみれのクソ坊主ども!
再生可能エネルギーの推進者?
前川喜平が相当調子に乗ってるな
沖縄暴力極左・山城博治はただの犯罪者!
「何回も書いた市民の思い」って・・・何?
流行語大賞2017 「忖度」の解説が酷すぎ!
東京新聞・望月衣塑子の「正義の味方ごっこ」にうんざり
宮古島市議選で石嶺香織が落選!
東京新聞・佐藤圭は左翼活動家以前に人として失格!
東京新聞・望月衣塑子はすべてが「思い込み」!
左翼メディアや自称文化人・知識人のダブスタ
憲法9条があれば日本は平和???
望月衣塑子は「そもそも」が間違ってる(苦笑)
東京新聞・望月衣塑子のうぬぼれが酷い!
慰霊の日に大騒ぎするバカども
蓮舫の二重国籍問題が差別に繋がる?
福島瑞穂の娘って弁護士になってたんだ
「自由」に守られている連中に限って・・・
国連にまで行って恥をさらす山城博治
河野洋平の理想呆け ここに極まる!
東京新聞・望月衣塑子は新聞記者を名乗らない方がいいな
相変わらず福島に風評被害をまき散らすバカども
東京新聞・佐藤圭は危機管理が分かってないようだ
池上彰は何を偉そうなことを言ってるんだ!
池上彰がバレバレの「ウソ」を垂れ流す!
浜矩子が痛快直言? あっ、サンデー毎日か(嘲笑)
相変わらずな日教組教員連中
東京新聞・佐藤圭の何でもレイシスト論
新潟県の教員にはクズが多い!
流行語大賞トップ10「日本死ね」の異常感
流行語大賞なんてやめた方がいい
極左労組は賃上げよりもデモが好き!
沖縄に跋扈する左翼の異常性!
瀬戸内寂聴のクズ発言!
自称脳科学者・茂木健一郎が思考停止
暴れる沖縄左翼 報道しない左翼マスコミ
佐藤圭の暴言ツイートには呆れるしかない・・・
何か起こるとすべて安倍首相の責任って・・・
原発メーカーの損害賠償責任を認めず
懲りない北海道教組の異常性
ピースボートの欺瞞は許せない!
お花見の雰囲気をぶち壊す連中
クロ現元キャスター・国谷裕子は「イヤな女」
未だに福島に風評被害をまき散らすバカ作家
東京新聞・佐藤圭の凄すぎる国会議員評
「君が代」不起立教員の非常識には呆れる
輿石の引退を機に日教組なんて潰してしまえ!
どうしようもない日教組に呆れるばかり
都合のいい時だけ「人権」を使う「クズ人権派弁護士」
沖縄プロ左翼の異常性
新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない その2
新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない
浜矩子がまた言ってるよ
狂宴の後の静寂・・・
奈良教育大の反日教授の非常識っぷり
教職員の非常識に呆れるばかり
災害救助でも自衛隊を批判するクズ野郎
呆れた極左の非常識
福岡教大准教授が講義で「安倍辞めろ!」
韓国の反日に協力する日本の「市民団体」
歌手・加藤登紀子の信じられないツイート
「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その4
日本一の勘違い野郎・古賀茂明
日本の将来のために日教組をつぶそう!
朝日新聞の吉田調書曲解・捏造報道が特別賞??
フリージャーナリスト・志葉玲が非常識朝日新聞を大擁護!
日本人人質事件に便乗する反日国会議員は消えろ!
選考委員を見れば実態が分かる流行語大賞
大橋巨泉の戯言 その2
大橋巨泉の戯言
あぁ~恥ずかしい やくみつる
「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その3
「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その2
「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ!
どうしようもない左翼教師!
世界最強の盾は憲法9条???
西山太吉、自分のやったことを棚に上げるな!!
日本に住む謎の鳥
「人権派弁護士」の正体は?
原発メーカーを訴えるなんてアホもいいとこ
平和とか 言ってるくせに 火炎瓶
民主主義の危機?? 笑っちまうアホども
沖縄米軍へのヘイトスピーチは許されるのか?
「はだしのゲン」は良書か?? その3
「はだしのゲン」は良書か?? その2
「はだしのゲン」は良書か??
「竹島は韓国の地だ」だとぉ~ 元日教組教員
自衛隊は人命救助もしてはいけないのか!
良心的日本人
中国での被害を石原都知事に請求しろだって??
今からン十年前の教員
早稲田大に渦巻く左巻き
不起立界のジャンヌ・ダルク?? その2
不起立界のジャンヌ・ダルク??
不起立教員なんて一掃しろ!
日教組のみなさん、もっと世間を知ってね

このエントリーをはてなブックマークに追加


福島第一原発の事故以降、原発や放射性物質への嫌悪が広まっている。ある程度はしょうがないのだが、それが福島への風評被害増大に繋がっている。それを助長しているのが反政府を標榜する連中が、「道具」として使っている現実がある。

自称東京新聞の記者で左翼活動家・佐藤圭のツイート。
「『研究に名を借りたプロパガンダ』とは言い得て妙。『福島大丈夫』論の人たちが、『科学』『復興」『風評助長』といったパワーワードを振りかざし、それ以外の考え方を排除する不健全な空気」。

これは読売新聞(オンライン)に載った「原発事故発生1か月で『感情的』ツイートに勢い」という記事を暗に批判し、佐藤は「福島は安全ではない」という考え方が排除されていると言っているわけだ。

事故を忘れないことは重要だが、だからと言って感情論で「風評」を煽るのは、もういい加減にして欲しいものだ。科学的に反論すればいいだけの話だ。佐藤が原発反対(原発ゼロ、原発再稼働反対)でもなんでも構わない。だからと言って、福島をその「道具」として使うのは止めろ! と言いたい。

「原発反対」と「福島復興」は分けて考えなればいけない。それなのに自称とは言え新聞記者が、率先して復興の邪魔をしている。佐藤ら反原発派からすると、福島は永久に「危険」でないといけないのだろうが・・・。

佐藤がもし新聞記者ならば、感情論で不安を煽る人々を逆に戒めたうえで、科学的に反論をすることで原発のあり方を論じなければいけないだろう。それなのに感情論の先頭に立ってるんだからどうしようもない。

左翼活動家に「もし新聞記者なら」なんて仮定は意味がないことだった。佐藤の感情論の先にあるのは反政府・反安倍のイデオロギーであって、そのためには原発も福島も何もかも「道具」でしかないということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京新聞の自称記者であり、その実は左翼活動家の佐藤圭。佐藤がツイッターで「記者の仕事とは、権力に媚びることでないのは当然のこと、どっちつかずの姿勢をとることでもない。ジャーナリズムが、少数者、弱者、権力にアンチのつぶてを投げる人たちの側に軸足を置いてこそ公平や平等は実現する。それを活動家と呼びたければ、どうぞご自由に」。

まあ、佐藤なりの記者像を言ったのだろうから、それはそれでいいけど。でも、「普通」の人が描く記者像とは大きく異なるのは言うまでもない。

「記者の仕事とは、権力に媚びることでないのは当然のこと」まではいいとして、「どっちつかずの姿勢をとることでもない」は明らかに違う。それ以前に記者の仕事の本質は「事実を報じる」ことである。

その「事実」に佐藤のフォルターを通してしまったら、それは「事実」ではなく「佐藤の考え」になるからだ。さらには、自身や自社に都合の悪いことは報じないという姿勢は、何をか言わんやである。

まあ、これは佐藤に限ったことではないが、こういう記者が多すぎる。

「少数者」「弱者」「権力にアンチのつぶてを投げる人たち」に軸足を置くと言うが、実はこれも佐藤の定義する「少数者」「弱者」であり「権力に云々する人」なのだ。つまり、佐藤の中での虚像でしかない。

その虚像に軸足を置くと「公平や平等」が実現すると言う。これは、ただの自己満足しかない。「弱者のために記事を書くオレって格好いい」ということ。普通に考えれば、どちらかに軸足を置いた段階で「公平・平等」ではなくなる。

つまり「事実」を踏まえて客観的に物事を把握・理解する。その上で、どうあるべきかを論じるべきである。この前段抜きに、最初から自分の考える「弱者」「少数者」ありきで物事を判断すれば、当然「事実」は歪む。

例えば、「公共の利益」の前には不利益を被る人もいる。そういう立場の人を「弱者」と定義してしまうと、利益を得られるはずだった「大多数」の人々が、逆に不利益を被ることになる。最初に「弱者」ありきでは「事実」すら見えなくなってしまう。

それに、佐藤が「左翼活動家」と言われるのは、記事内容だけのことではない。ツイッターで左翼団体の抗議デモを告知したり、極左組織の内ゲバを擁護したりしているからだ。

佐藤は新聞記者としての信念から「活動家と呼びたければどうぞ」と言ったのだろうが、そんなに心配することはない。誰も佐藤のことを新聞記者などとは思ってなく、最初から左翼活動家だと思っている。

だから、改めてそんなことを言う必要性はまったくないということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


シリアで拘束されていた自称・ジャーナリストの安田純平氏が解放された。とりあえず生きて返ってくることができたことは良かったと思う。日本政府からの要請を受けて作られた枠組みの中での支援(身代金支払い)だったようだ。

彼の行為・行動に関して賛否両論が巻き起こっている。危険を冒して戦地での情報を配信するという使命感と、結果として拘束され関係者に多大な迷惑を掛けた。擁護や褒め称えている人たちは前者を重視し、批判する人たちは後者を重視しているのだと思う。

でも普通に考えれば、いくら崇高な考えをもった行動だとしても、その結果を自分で解決できてないんだから、前者を重く判断する理由が分からない。「自己責任」がキーワードのようになっているが、自ら「自己責任で行く」と啖呵切って行ったのだから、それ以上でも以下でもないこと。

オレが思うに、スキー場で未滑走の新雪の上を滑りたいと滑走禁止区域に入り込み、雪崩に巻き込まれて生き埋めになった。レスキュー他が必死で助け出し、九死に一生を得た。それなのに、助け出され方に納得できないなんて言ったら? 「非常識」と言われてお終い。これと何が違うの? ということ。

それと、彼を評価している多数が左派系なことだ。彼の過去の言動や行動などから、どうも彼を反政府の象徴と捉えているのかのようだ。政府の渡航自粛要請を蹴ってまで行った行為を、反政府を貫いたと喜んでいるのだろう。

「彼は英雄だ」などとトンチンカンなことをテレ朝・玉川が言っているが、玉川にとっての「英雄」だと考えれば納得できる。でも他人に強要してはいけない。一般人にとって彼を英雄とする理由が何もないのだから。自分は安全な場所で遠吠えしかできないことから、彼はすごいって言ってるだけのこと。こういう言葉を公共の電波で発することに躊躇しないところが玉川の世間ズレ。言い換えれば傲慢さ。

朝日新聞や毎日新聞も必死で擁護論を載せているが、彼が自ら「自己責任」と言っていたことには決して触れない。「自己責任と批判が出ている」などと、いつもの論点ずらしに終始しているのは笑うしかない。

「自己責任」という言葉に、無理矢理に理由付けをしたり、変な解釈をしたり、屁理屈を付けたり忙しいあちら界隈だが、結局は「お仲間を必死で擁護しているだけ」というのが結論では?

このエントリーをはてなブックマークに追加


報道ステーションのコメンテーターなのかアジテーターなのか知らないが、元共同通信の後藤謙次が出演している。この後藤のコメントを一部紹介。

6月の新潟知事選。選挙期間中には「この選挙結果は国政にも影響を与える。そういう意味で非常に注目されるリトマス試験紙と言うか。安倍政権の信任の意味を持つ」と言っていたのに、与党推薦候補が勝利すると「(与党候補は)原発について争点化を避けていたので、まだまだ安倍政権が信任されたわけではない」。

7月の西日本を中心とした集中豪雨被害時には「国会審議をすべて休んで、被災者のみなさんに自分たちの姿を見せる。これが政治の力」と発言。しかし翌日、安倍首相が被災地を訪問すると「今日のタイミングだったのか。日本のトップリーダーが行けば、逆に現場が混乱する」。

自民党総裁選では「安倍首相が党員票で55%を越えられるかがポイント」と言っていたのに、55%を越えたら「石破さんが大善戦。安倍一強というのは永田町だけの虚構だった。党員票は55対45だから、ほぼ拮抗に近い」。

よくこんなのを公共の電波に乗せられるなテレ朝よ! 言った言わないの話ではなく、上記コメントが堂々と放送されてるんだぞ。言いっ放しで自分の発言に責任を取らないコメンテーターが多いが、ここまでのご都合主義発言のコメンテーターもいないぞ。

後藤謙次が何でも反政府・反安倍(反自民)の偏向人間だということを、よく示しているではないか。それも典型的なご都合主主義左翼! 普通の神経の持ち主なら、恥ずかしという気持ちが出てくるものだが、どうやら後藤にはそういう神経はないようだ。何たって、ご都合主義左翼だから。

こういう発言の数々は、報ステを観ている一部視聴者層には受けるのだろう。だが、普通の視聴者をバカにしているとしか言えない。報ステの信用度など元々ないのだが、後藤がそれに大きく貢献していることだけは間違いない。まあ、テレ朝の方針と合致しているから使われ続けているのだろうが。

報ステには下記のようなテロップを出すことをお勧めする。
「報ステは何でも反対路線の偏向番組です。昨日言ったこと今日言うことがまったく違うことも多々あります。でも反政府・反安倍の方針は首尾一貫です」

このエントリーをはてなブックマークに追加


「サンデーモーニング」と言えば、明らかな放送法違反を繰り返すクソ番組。司会の関口宏を始め、コメンテーターと称する左翼人が、薄っぺらいコメントを恥ずかしげもなく公共の電波に乗せている。

10月7日の放送で、関口はプロ野球・パリーグで西武が優勝したことに触れ、「優勝を決めたこの試合がまた情けなかったんだ。負け試合ですよね、これ? もうもうひとつ盛り上がりに欠けていたかなと私は感じました」と発言。

しかしゲストで来ていた落合博満に即座に「関口さんね、そう言うけども、勝とうが負けようが胴上げはいいんですよ」と切り返されていた。

そりゃそうだ、1年間戦ってきた成果が優勝となって表れているのだ。その1試合だけの結果ではない。こいうことも分からず、野球に造詣が深いわけもないくせに、何でも批判すればいいと思っている。勝って胴上げできればそれに越したことはないが、1年というシーズントータルで考えなければいけないことくらい、公共の電波で発言する者として当たり前のこと。一番安直なコメントしか出せない無能司会者。

関口は政治にもつまらないコメントを出すが、そのほとんどが前後関係や多方面との繋がりなど関係なく、その場のイメージで発言する。関口や番組には賛否があるが、何でも批判すればそれなりに見えてしまう現状にはうんざりしている。特に政治の世界では、何をやるにも100点満点などありえない。立憲民主党や共産党、社民党のように「何でも反対」のアホはいるからだ。

国家・国民のため、80点の内容でも行わなければいけないことはある。それを100点でないからと批判するのは簡単だ。この簡単なことに流れている典型が「サンデーモーニング」「報道ステーション」などの左傾番組だ。まあ、立憲民主党や共産党、社民党などの政党までもが、こういう態度を取っているのだからしょうがないか。

だったら自ら100点満点の施策を提言してみろといいたいが、絶対にそんなことはしない。批判だけしていればすむ立場ほど楽なことはないからだ。枝野幸男などは、こんなお気楽な立場に身を置きながら「ポスト安倍はオレだ」的な発言をしている。アホかっ!

関口も一部勢力からはチヤホヤされているようだが、能なしぶりを公共の電波で晒しているだけだということを、良く自覚した方がいいんじゃないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


全教系列の愛知県一宮市教組の公式ツイッター。「日本はすでに独裁制の段階に入っており、今日本に最も必要なのは民主化運動であるということ」とツイート。組織としてではなく、ツイートした個人の意見と言うが・・・。これをツイートしたのが教員だということが恐ろしい。

それにしても、「独裁制」の中で自由にものを言えていることを、どう考えているんだろうか? 反体制・反政府組織が非合法化されることもなく自由に活動し、好き勝手ほざくことができる。こんなに自由を謳歌しながら「独裁制」とは恐れ入った。

こういう反論への反論みたいなこともつぶやいていたので紹介。「形式的には、日本は当然独裁ではありません。また、諸外国のように分かりやすい独裁ではありません。でも、独裁下の社会の要素が日本にないかどうか探っていくと、独裁と感じる人もある程度いる」

独裁下の社会の要素って?
繰り返すが、自由を謳歌しているヤツに限ってこういうことを言う。笑うしかない。じゃあ、当然中国や北朝鮮は独裁と考えてるんだろうな。日本が独裁なら中国や北朝鮮は地獄だろう。中国・北朝鮮の「人民」を救う手立てを考えた方がいいんじゃないの(苦笑)。

こういう教師が思想丸出しの授業をしているかと思うとぞっとする。

最後にちょっと紛らわしいが、この一宮市教職員労働組合(一宮市教組)の上部組織は愛知県教職員労働組合協議会(愛教労)で、これは全教傘下。似てる名称の組織で一宮市教職員組合(一宮教組)があり、この上部組織は愛知県教員組合(愛教組)で、愛教組は日教組傘下。

まあ、全教だろうが日教組だろうが「百害あって一利なし」なことに変わりなし。日本には不要な組織だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


「原発推進派は精神科医から見れば心の病気」

自称精神科医で左翼活動家の香山リカが、お仲間達の集会で発したお言葉。おいおい、大丈夫か。こっちが心配してしまうくらいの暴言だ。自分と考えの違う人のことを「心の病気」って。あなたの「心」の方が心配だわ。

香山は最近、特に左翼活動に熱心のようで、いろんな集会やデモのカウンターに姿を現わし、下品で無様な姿をさらしている。熱心に活動してもいいけど、本当に医者なら他人を病人扱い(しかも精神病的な物言い)して、揶揄することの重大性に気づかないはずはないと思うが。

中国上海での習近平のポスターに墨汁をかけた「墨汁抗議事件」を思い起こす。女性は拘束され、精神病院へ隔離されたという。最高指導者へ抗議すると病気にされる国。隔離入院だけで済むかは不明だが。(「中国『墨汁抗議事件』を見るにつけ日本は良い国だ」参照)

香山の発言と共通点がありすぎて怖いわ。まあ、こういう国を目指しているんだろうけど。

香山が現在も医療行為をしているなら、こんな恐ろしいことはない。「はい、あなたは精神病です。強制入院です」とかなりそう(苦笑)。心の病を持った精神科医ほど恐ろしいものはない。

ちなみに、「香山リカ」とは本名ではない。香山の本名は、まあ言わないでおこう。「香山リカ」は人形の「リカちゃん」の名前。

このエントリーをはてなブックマークに追加


官房長官の政府記者会見に顔を出し、トンチンカンな質問を執拗に繰り出す東京新聞・望月衣塑子。国民の代表を気取っているが、ただの自称新聞記者の左翼活動家でしかない。そんな望月の底意地の悪さ、意図的な煽り・印象操作を示すことがあった。

例によって会見に出席した望月は、東京医大の入試不正やジェンダーギャップ指数などについて質問した。

悪意ある望月衣塑子
その会見の動画を、あるツイッターユーザが自身のコメントを付けてツイートした。ただそれは質問とその回答を意図的に編集した代物だ。

①望月の質問A(ジェンダーギャップ指数)
②官房長官の回答A
③望月の質問B(東京医大の入試不正)
④官房長官回答B
という流れだが、この②と③をカットし、①と④を繋げている。当然、質問に対して意味のある回答にはならない。こういう編集をして、官房長官を誹謗するツイートになっている。

批判勢力の悪意あるツイート。まあSNSの世界ではこういう悪意あるものも多いので、自ら真偽の確認をしないと、こういうツイートに引っかかることもある。もちろん褒められたものではないが、別にこのツイッターユーザーを批判しようというのではない。

問題なのは、このツイートを望月本人がリツイートしていることだ。質問者である望月がおかしな編集になっているのに気づかないはずがない。新聞記者だというならツイートに対し、「事実と違う」と注意しなければならない。それなのに、ウソだと知りながら拡散するあくどさ。

新聞記者とは自称で、左翼活動家でしかないことを自らゲロしたも同様である。質問とは名ばかりで、活動家が自分の思想を垂れ流しているだけ。官邸の危機管理としても、まずいのではないか。こんな活動家は排除すべきだ。

「言論の自由がぁ~」とか聞こえてきそうだが、ウソを発することに言論の自由はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月4の早朝、中国上海で29歳の女性が「習近平の独裁専制の暴政に反対する!」と叫び、現場に貼られていた習近平のポスターに墨汁をかける様子を撮影し、ツイッターに投稿した。いわゆる「墨汁抗議事件」。

日本で「墨汁抗議事件」自体が何故か余り報道されていないし、ましてや女性がその後どうなったかも同様に報道されない。

女性は、その日の午後には自宅から警察に連行されている。女性のツイッターアカウントは削除され、もう見ることはできない。中国当局の処置なのは言うまでもない。さらには、この女性の父親も、支援者に匿われていたようだが、既に当局に拘束されている。別に父親が何をしたわけはない。ただ父親だといういうだけのことで。

おぞましい国だ。最高指導者に対して抗議をしただけで拘束される。抗議と言ってもポスターに墨汁をかけただけ。言論の自由もなければ、普通選挙の民主主義もない国。そういう国で権力者への抗議は命がけである。

翻って、日本でも安倍首相に対し「独裁者」「日本のヒトラー」などと揶揄・批判する勢力がある。抗議デモも頻繁に行われている。しかしそういう人たちが、それを理由に拘束されることなど絶対にない。それは日本が法治主義の民主主義国家だからだ。「言論の自由」もしっかりある。

もちろん、日本でもポスターに墨汁をかければ「器物損壊罪」で拘束されるかもしれないが、いいところ罰金刑だろう。

こういう日本に身を置き、各種の自由を謳歌しているその界隈の人たちは、得てして日本が嫌いのようだし、中国にシンパを感じているように見えるケースが多い。だからだろうか、そういう人たち(の一部?)は他人の言論を封じようとする。

気に入らない言動があると「差別」「ヘイトスピーチ」だと騒ぐ。本当に「差別」「ヘイトスピーチ」なら致し方ないが、そうかな? という場合が多い。自分たちの声は「抗議」だが、相手の声は「ヘイトスピーチ」だと言う。

自分たちは言いたいことを言うが、相手には発せさせない。言論機関を自称する新聞社が、その急先鋒なのだからしょうがないか。言論で勝負することのできない新聞社なんて、存在価値がないと思うけど。

指導者のポスターに墨汁をかけたくらいで逮捕され(器物損壊ではなく)、その父親に類が及ぶような国と、何をしようが(法律違反をしなければ)自由に批判できる国。

日本が嫌いな勢力が、日本の体制に守られているというおかしさ。自己矛盾とは思わないのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


自民党・杉田水脈議員が月刊誌へ寄稿した文中で「生産性がない」とLGBTなどの性的マイノリティを差別したとして、各地で抗議デモが行われた。「生産性がない」の表現には違和感があるが、言っていることは税金の使い道の方向性だ。

とは言え「李下に冠を正さず」ではないが、誤解を受けるような表現には気をつけないといけないだろう。

また、LBGT及びその支援者・賛同者が抗議するのもいいだろう。しかし、そこに多数の「部外者」が入ってきていることは、かえってLGBTへの誤解を深める結果にしかならないのは明らかだ。

LGBTデモ?
デモで林立していたプラカードの酷さ。よほど人権意識が薄いとしか思えない。そして、なぜか「安倍辞めろ!」と叫ぶ参加者。「安保法制」「特定秘密保護法」「カジノ反対」などのデモでも見かけた顔ぶれ。

さらには、目立つこと最優先で出てくる国会議員の「人権屋」。こいつがいると、すべて胡散臭く感じるのはなぜだろう(苦笑)。こいつが写っている写真を使う毎日新聞も、どうかと思うぞ。(「変なデモには必ず顔を出す福島瑞穂」参照)

もちろん純粋な抗議者も多いだろうが、デモを反政府的に利用しようとする面々が紛れ込んで、しかもそちらの方が目立つような、いつも状況になっている。その界隈が昔から使っている手口。反対運動や抗議運動が起こると、どこからともなく現れて、その活動自体を乗っ取って行き、いつの間にか反政府活動へと変えていく。成田・三里塚あたりからの使い古した手口。

その証拠に、こういう抗議活動は絶対に野党関係者には向かない。菅直人が過去に「生産性がない」と発言していたことがバレても、誰も菅のことには触れない。所属の立憲民主党へもしかりだ。

こういう現状を分かっていながら、本質に触れないオールドメディア。社説を使って杉田議員を批判した朝日・毎日の両紙は、話を広げて自民党批判へと持って行った。毎日新聞は出版社の責任にまで言及した。

と言うことは、朝日・毎日は最低でも菅も批判しないと、それこそ辻褄が合わないぞ。本当に両紙がLGBTのことを考えているなら、なおさらだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月7日の七夕は各所でお祭りが催された。皆が願いを込め短冊をつるす。大きな飾りから個人的なものまで様々だ。

異常だね (1)
そんな中、とある人が「アベが辞めますように!!」と書かれた短冊の写真とともに、「これ全国でやらない? (中略)やろうよ。日本中で」と呼びかけけたら、追随する人がこぞって同様の短冊の写真をUPし始めた。

何だかなぁ~。別に安倍首相批判も政府批判も、どこでやっても構わないんだけど、こういう伝統行事に潜り込ませることに、非常に違和感を感じる。「他でやってくれよ」という思いしかない。

「表現の自由だぁ~!」と言われそうだが、時と場所をわきまえて欲しい。その界隈の方々の最近の行動には、目に余るものが多々ある。

異常だね (2)
電車内の広告の上に「アベ政治を許さない」のステッカーを貼る。元々の広告主に対し非常に失礼だし、場合によっては犯罪になりかねない。

異常だね (3)
新幹線内から外に向かって「戦争反対」。

もう一般人がどう思うかなんて関係ないんだろうな。自分の主張を場所もわきまえずに展開する。こういうことで支持者・同意者が増えるとでも思っているのだろうか・・・。

異常だね (4)
2015年には堺市立の小学校の教室にも「アベ政治を許さない」が貼られていた。貼ったのは学童保育の指導員。1ヶ月も剥がされなかったことを考えると、日教組の教員が剥がされないようにしていたことは、想像に難くない。

こういうなりふり構わない姿を見ると、相当その界隈の方々は焦っているんだろうな。自分たちの主張は拡がらない、支持する野党はジリ貧。朝日新聞があれだけウソ・捏造を乱発しても安倍政権に決定的なダメージを与えられない。選挙で野党は負け続ける。

だからと言って、こんなことをやっても逆効果だと思うのはオレだけか? いろいろ批判を示すやり方(行動)はあると思うのだが。個人的に、こういう人たちは「想像力」に欠けていると思う。自分らの支持する、例えば枝野幸男や志位和夫や福島瑞穂が同じことをされたら、「幼稚だな」って思うんじゃないの?

共産党・池内沙織
まあ、元国会議員(当時は現職)がこんなことをやっているんだから、しょうがないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


オウム真理教による多くの犯罪の首謀者・麻原彰晃ら7人の死刑が7月6日に執行された。3月に複数の死刑囚が東京拘置所から各地の拘置所に移送されたのを受け、執行も近いと言われていた。

法に基づき死刑判決受けた者が執行されただけのこと。それを、あれやこれやと「論調」している自称・有識者や自称・ジャーナリストがいる。個人的には「難癖」の類いとしか思えないけど。

死刑執行前の6月4日に「オウム事件真相究明の会」と言うのが立ち上がった。「事件の周辺や背景には、まだ多くの謎や矛盾が残されている」と言う。簡単に言えば会の名称通り「真相究明ができていない」ということらしい。

6月29日の声明文では「私たちは国に対して求めます。麻原彰晃こと松本智津夫に対して、死刑執行前に精神疾患に対する治療を速やかに行い、その情報を公開することを要請します」だそうだ。

今更感しかない。上記のことを考えていたなら、なぜ10年前から積極的活動してこなかったんだ? 執行が近いと感じ、慌てて会を立ち上げたようにしか思えない。

そんな「オウム事件真相究明の会」だが、呼びかけ人・賛同人を見て、妙に納得してしまった。青木理、雨宮処凛、大谷昭宏、香山リカ、田原総一朗、安田浩一など、呼びかけ人には豪華メンバーが並ぶ。なるほどな、ある特定の意図を共有している人々の集まりだ。

結果的に、会の発足後1ヶ月で死刑が執行されてしまったが、今後この会の活動がどういう方向に向いていくかは、ある程度予測できる。見え見えだ。

繰り返すが、なぜ今頃こんな会を立ち上げたのか? なぜ10年前から活動してこなかったのか? この疑問の先にあるものは・・・。分かりやすいなぁ~(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


大阪大院高等司法研究科教授・島岡まながとんでもないツイートをし、自身の品性下劣さをさらけ出している。

島岡まなのアホツイート
ちょっと長いが。
「今朝出張先の東京で5歩で渡れる横断歩道の信号が赤だが左右に1台も車なし。フランスなら全員渡るが、日本では20人以上の大人が青になるのを待っている光景に衝撃! 私が渡ると一斉に冷たい視線。彼らに言っておく。信号は人間のためにあるのであって、人間が信号のためにあるのではない!」

まず、車がいなければ赤信号を渡ることを良しとする公共心の無さ。公共心以前に、違法行為でもある。だいだいこれを言い出したら、交通量の少ない地方の田舎道では信号無視し放題になる。5歩で渡れる交差点だから良いわけでは決してない。こういうことの積み重ねが社会のルールだ。

次に、なぜフランスを引き合いに出す? フランスでは常識(?)かもしれないが、だから何? でしかない。ここは日本だし、日本人としての常識(美徳と言っても良い)の方がフランスより低いとでも言いたいのか。

最後に「信号は人間のために云々」だが、信号は人間のためにあるからこそ守る必要がある。お互いが信頼し合ってこその社会だ。「信号が人間のためにあるのではない」などと屁理屈を捏ねても、信号無視を正当化する理屈にはならないのは当然のこと。

ルール(法律)を守らなければ、それは「無法地帯」になる。島岡のようなエゴ丸出しの人間が、日本社会の公共心や道徳心を壊しているのだ。

屁理屈を捏ねてでも違法行為を許容する法律を専門とする大学教授。この「それが違法行為でも、自分の考えは絶対に正しい」に同調するお仲間達が、あちこちで違法で暴力的な活動をしているのもうなづける。

ところで、このツイートは昨年の11月のものだが、先月末から話題になりプチ炎上。そのためか、島岡はツイッター名を本名から「圧力に屈しません」に変更した。自分の違法行為自慢ツイートに何がしかの圧力でもかかったとでも思ったのだろうか。困ったもんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前の反対派アジトに、日教組上がりのクソ左翼が登場した。こいつは阪神タイガースをもじり「反戦タイガース」、左翼仲間を盛り上げたという(琉球新報より)。

クズ日教組
失礼極まりない! 怒りしか湧かない。阪神タイガース・六甲おろしを政治利用するな!

こいつは日教組上がりの北田万寿夫。わざわざ兵庫県からやってきて何をやっているんだ。お仲間含め、実際の球団旗やユニフォームまで使ってやがる(少し変な加工してるが)。失礼千万!

嘆かわしい。こんなのが教員をやってたんだから。自分の考え・行いは絶対に正しい。そのためにはすべてが許されるなどという、傲慢なクソ左翼の典型だ。

確かこいつは、以前の国会前デモデモ同様のことをやっていたはず。本人は「パロディーの範囲」などと言っているが、他人を不快にさせるものはパロディーでも何でもない!

オレは阪神タイガースを保守派(右派)が変なことに使うことにも、もちろん反対である。阪神を応援するときは、ファンの個人思想など関係ない。純粋に阪神をみんなで応援する。阪神ファンなら、このように利用しようなどという発想は出てこないはずだ。

北田が個人的にどのような考えを持っていようが構わないし、どのような活動をしようがまったく構わない。自分の思想信条に従えば良い。しかし北田が阪神タイガースファンを公言し、政治利用していることは本当に腹が立つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の「政治季評」に早稲田大教授・豊永郁子が、すっごくアホな文章を寄稿していた。「忖度を生むリーダー 辞めぬ限り混乱は続く」(5月19日)。

自分勝手な「事実誤認」「思い込み」「想像」(妄想と言っても良い)から、思いっきりの極論に導いている。呆れるしかない駄文だ。

「モリカケ問題」は「ナチスのユダヤ人殺戮」と同じだという。共通点は「忖度」。で、忖度されるリーダーはそれだけで辞任に値する。だから関与は無くても安倍は辞めろ。飛躍すごっ!

とても大学教授の論理構成とは思えないひどさ。オレはこの人をまったく知らないので、日ごろどういう言説をしているのか分からないが、これは余りにも突っ込みどころ満載すぎて吹き出すレベル。

例えば、「前国税庁長官・佐川氏の証人喚問では、安倍首相の指示の有無を問いつめられる佐川氏の姿が、法廷でヒトラーの命令の有無を問われるアイヒマンに重なったのである」。

豊永は「ヒトラーの意思を忖度したアイヒマン」と「安倍首相の意思を忖度した佐川氏」と言っている。呆れる。ヒトラーは明確にユダヤ人の殲滅を表明していた。ヒトラー政権の明確な意思なのだ。それに対し、安倍首相が森友学園側に優遇措置をとらせる意思があったことも分かってないのに、どうして「違法行為も辞さぬ忖度」となるのか?

大阪航空局が「不良資産」である国有地を早く売っ払いたかったのは、ド素人のオレでも知っている「事実」だ。それは隣の公園や給食センターの事例からも明らかだ。それを未だに「破格の安値で払い下げられた」などと言っている時点で、この人のレベルが分かるというもの。隣の公園や給食センターの件は? と聞きたい。

「忖度されるリーダーはそれだけで辞任に値する」と言うなら、間違いなく豊永自身も教授を辞任する必要があるだろう。助手、研究生、ゼミ生など、豊永の下の人間は豊永に対して忖度しているはずだ。

豊永への忖度に根拠はない。でも、ないことを証明する責任は豊永にある(あなた方のいつもの論調)。なら、豊永は教授を辞めないといけないだろう。

朝日新聞が「疑惑! 疑惑!」と根拠もなく騒いでいる内容を、豊永は「事実」前提で書いている。この駄文を載せた朝日新聞も、さぞや喜んでいることだろう。あっ! 朝日新聞への忖度か?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


京都府警は京大近くの交差点にコタツを置いて交通の妨害をしたとして、京大大学院生の男ら2人を逮捕した。

クズ京大生
写真を見ても分かるように、大学生のやることではない。他人の迷惑を考えないクズ学生。

この逮捕に関して「なぜ京大への弾圧がにわかに厳しくなっているのか?」とツイートしたのが東大教授の本田由紀。

あららら、「弾圧」とは穏やかではない発言だ。迷惑行為をした京大生の素性は知らないが、本田が「弾圧」なんて言葉を使ってまで擁護したのを見ると、その筋の学生かと思ってしまう。なんと言っても、京大は中核派の活動拠点だからな。それに、ヘルメット、拡声器などの姿を見るとね。

さすがに「弾圧」発言はまずいと思ったのか、本田は「他の情報を調べたところ、この逮捕はやむをえないようなのでツイートを削除します」だって。他の情報って何? この事実以外に、何を調べないと判断できないのか?

さらに「立て看問題とつなげて考えて、自由や反骨の気風がつぶされてしまうのではないかと危惧しました」だってさ。

立て看板問題は、学生が設置した立て看板が「京都市屋外広告の条例」に違反するとして大学側が撤去したことを指す。この件に関しては、「『自由の学風に反する』と反発の声も上がる」などと擁護する論調をしたお仲間メディアもあった。異常なことだ。

思想・信条に関係なく、法律や法令に反すれば罰せられるのは当然のこと。それを「自由」だ「反骨」だと結びつけること自体がナンセンス。

法律・法令違反に対し「オレの自由だ!」なんて、通用しないことすら分からない東大教授。お仲間擁護になると何も見えなくなるのか、それとも単にバカなのか分からないけど(苦笑)。

それにしても、何かあると「弾圧だ!」と叫ぶその方面の人々。「自由」を叫ぶのはかまわないが、自由の裏には義務と責任があるのだ。本田は小学生に「赤信号で渡る自由もある。それが反骨心だ」「赤信号で渡って怒られたら『弾圧だ!』って言おう」とでも言うのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月3日に群馬音楽センターで開催された護憲派の集会「5・3憲法記念日集会」(5・3憲法記念日集会実行委員会主催)は、余りの極端な思想にドン引きだ。「5・3憲法記念日集会実行委員会」は、県内の九条の会や一部労組で構成されているというから、どこぞの政党の傘下だな。

まともじゃないな
安倍首相をヒトラーに模した写真を出し、その吹き出しには
・自衛隊が国軍になり世界へ派兵
・米軍の命令で日本人兵士が死ぬ
・高校に制服の兵士がリクルートに
・監視・格差の強化、戦前型の社会
とある。

主催者、参加者とも特別な方々だろうから、一々目くじらを立てることはないのかもしれないが、こういう会にはやっぱり元朝日新聞記者が顔を出す(苦笑)。記者を辞めた後「九条の会」の世話人をやってるくらいだから、現役の時にどんな記事を書いていたかは想像がつく。

憲法に自衛隊を明記すると、どういうロジックで上記のような言い分になるのかさっぱり分からない。

こういう方々が大好き(だと思われる)中国や北朝鮮に対しては、どう考えているのだろうか? 許される独裁なのか頼もしい独裁なのか。それともうらやましい独裁なのか。

まあ、何にしても理解できない。また、ある意味「特別」な人たちの集会を「護憲派集会」などと報じる上毛新聞を始めとした新聞メディアはどういうつもりなんだろう。

それにしても、一部護憲派の人たちは、何でこんなにヒトラーが好きなのだろう?ヒトラーも現代の日本で自分を模した画像が毎日のように使われていることを知ったら驚くだろうな(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


納税者一揆デモと称する左翼界隈の集会に顔を出した坊主がいるが、こいつら本物なのだろうか?

俗欲まみれ坊主 (1)
真ん中の坊主は何を考えているのか知らないが、よりによって「税金返せ!」だって(苦笑)。一般的に宗教行事に関する物は非課税で、「坊主丸儲け」なんて言葉もあるくらいなのに。税金払ってない連中が、何を言ってるんだか・・・。

それに、税務行政で不祥事があったわけでもない。まあ、ただの反日活動家。

俗欲まみれ坊主 (2)
こいつらかどうかは分からないが、脱原発派と一緒になってつまんない活動をしているヤツら。「呪殺祈祷会」とは宗教家としてどうなのか?「呪殺祈祷僧団四十七士(JKS47)」とか言って何やらこじつけているみたいだけけど。

国有地を不法占拠している連中と連んだ瞬間に、何の説得力も無い! ただの無法者。犯罪者でしかない。

坊主がどんな思想を持っていても構わないし、どんな政治行動をしてもいい。でも一部こういう連中のせいで、普通の坊さんがどんな目で見られることになるかは考えた方がいいと思うぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年の「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多を更新した。倒産件数は調査開始以降最多の88件。過去最多更新は3年連続。

2012年に再生可能エネルギー(太陽光、風力、地熱など)の固定価格買い取り制度が導入され太陽光関連市場は拡大したが、5年経ってこの有様。

バカども
菅直人が首相の時に推進していた「再生可能エネルギー促進法」の陳情者たち。この面々は、現状をどう考えているんだろう?おそらく「オレには関係ないね」かな。だいだい、この中に真にエコの観点から、この法案を希望していた人は何人いたのだろうか?

左端の人は、福島第一原発事故発生に右往左往し、事故処理に失敗。危機管理能力も含め、首相としても政治家としても能力がないことをさらけ出した無能者。自らの失政を隠したいがためだけに、この法案を推進したアホ。

右端は、単に自らのビジネスとして太陽光発電に目を付け、高値で買い取らせるために奔走した守銭奴。当時40~42円/kwh! 一般電力契約者が、こんなヤツ(ら)のために「再生エネルギー発電賦課金(再エネ賦課金)」を払わされているに等しい。ちなみに、うちの昨年12月の「再エネ賦課金」は、なんと918円!

右から3番目は、自宅の近くに風力発電の計画が持ち上がると、大反対した利己主義者であり偽善者。

本当にエコ?
山林を切り開き、広大なエリアに太陽光パネルが設置されている。しかし、この施設で発電される電力は、原発1基分のたったの0.3%。

現在は火力発電所をフル稼働させて電力を供給しているが、この先を考えれば、ベース電源として何発電を中心に据えるかを、本気で考えないといけない。写真のような広大なエリアを使って、原発1基分の0.3%の発電量しかないとすれば、自ずと答えが出ると思うが。

エネルギー問題を一部勢力は政治問題化して悪用しているようにしか見えないことは、非常に不快だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞の加計学園問題捏造に、自作自演で一役買っているとされる前川喜平が、最近相当調子に乗ってる。

その筋界隈からもてはやされているが、朝日新聞が小川栄太郎氏を訴えたスラップ訴訟の状況によっては、一気に化けの皮が剥がされることになるだろう。まあ、それはさて置き。

そんな前川が、国公労連の機関紙のインタビューにで、好き勝手言っている。
 加計学園は若者と社会にマイナス
 国家公務員は安倍政権の「下僕」になってしまった
 安倍首相のお友達に利益誘導をした
 規制緩和ではなく特権の付与
 (一部)メディアが政府のプロバガンダ機関になっている
 フェイクニュースによって闇の権力が拡がる
 「明治日本の産業革命遺産」もお友達案件でルールを曲げた事例
 加計・森友のような不正はあちこちにある気がする
など。面白いヤツだなぁ。

最近になって「もうあんまり派手にメディアに出るつもりはないので、私の顔は忘れていただきたい」などと言っているが、本心ではないだろう。前川が何を狙っているかは、だいたい検討がつく。

当面、すでに自爆して過去に人になっているが、古賀茂明のように左翼TVショーのコメンテーターあたりで小遣いを稼ぎ、立憲民主党辺りから声がかかるのを待っているのだろう。次の参院選か、予算で立ち往生して小池が追い詰められての出直し都知事選あたりか。

現在の日本は批判だけしてると、何となく仕事してる風に見られる変な風潮がある。まったく建設的な議論ができず好き勝手言ってるだけなんだけど・・・。

そういう連中からはうってつけの存在だ。でも、そういう連中はハシゴを外すから、余り調子の乗るのは充分注意した方がいいぞ(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沖縄で違法で異常な基地反対運動を行っている極左・山城博治が自身の公判で、「私への訴追は弾圧で不当である! 問われるべきは政府の差別的沖縄政策だ」とか勝手なことを言っていた。

極左・山城博治
山城は「傷害」「威力業務妨害」「公務執行妨害」などに問われている。こいつらの運動は、まともな反対運動には見えない。こういう連中の共通認識である「自分の考えは正しい。だから何をやっても許される」みたいな歪んだ正義感もどきが、一般に通用するわけがない。

それに、何かというと「弾圧だ!」と言って、自分をいつの間にか被害者に仕立て上げる姿も鼻白むだけだ。

山城が反基地運動をやっているから逮捕されたのではなく、単に違法行為を行ったから捕まったに過ぎない。判決前なので言い過ぎなのを承知で言うが、ただの犯罪者だ!

山城は、国連人権理事会にまでノコノコ出かけていき、恥をさらしていた。チベットの人権問題に取り組むNGO幹部は「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」と呆れられていた。
(「国連にまで行って恥をさらす山城博治」参照)

山城らの行動は「普通の沖縄県民」にとって迷惑でしかないだろう。当然、こいつらの活動が主流派になることは絶対にない。違法行為を繰り返している連中が、多数派になれるわけがない!

好き勝手言っても何にも問われない「言論の自由」がある日本人であることを、今こそ良く考えた方がいい。「言論の自由」に甘えるのもいいけど、日本は法治国家でもあることも絶対に忘れてはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沖縄県石垣市(石垣島)への陸上自衛隊配備計画に対し、反対派が集めた約1万4000人分の反対署名の内、約5000人分が重複署名などであることが判明した。何と3分の1以上!

石垣市が署名を精査する方針を示したところ、反対派が「精査するな!」と反発していたので、「なるほど」と思ってしまった。署名の中には「6重ダブリ」もあったとのことなので、反対派のなりふり構わない行動が浮き彫りになった。

こんな反対派の行動を、一生懸命擁護しているのが沖縄左翼だ。共産党の井上美智子市議は
「市民の署名を何と思っているのか、市民の思いを精査するなど、とんでもない。何回も書いたのも市民の思い。市民の思いを受けとめよ!」だってさ。

「何回も書いたのも市民の思い」って、何のための署名なのさ?
逆に市民の思いを知るにのは正確性が重要だと思うけど。まあ、共産党なら選挙で2重投票という違法行為が発覚しても「何回も書いた市民の思いを受け止めよ!」とか言いそうだな。本当にやりそうだから怖い。

「水増し」をしてまでも、「反対市民が多いんだ!」と訴えたいんだろうけど、こういうことをすると署名活動自体が否定されかねないのに。そんなことにも気づかない反対派。さらには、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」の活動自体も否定されかねない自滅行為。

こんなことをする団体が信用されるわけがないではないか! 「自分たちのやっていることは絶対に正しい。正しいのだから何をやっても許される」という独善的な考えは相変わらずだ。

そのうち、石垣市の人口以上の署名簿を持ってくるぞ(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」の年間大賞に、「忖度」と「インスタ映え」が選ばれた。ある意味、どっちも予想通りだった。

「忖度」と「共謀罪」を選びたいけど、露骨すぎるので「インスタ映え」を入れるだろうと思っていたらその通り(苦笑)。

しかし、「忖度」を選んだ説明の酷さは何? 驚きだ。ちょっと長いが、
「二大忖度疑惑、モリカケ問題に世間の批判が集まった。総理のご意向と書かれた文書は私的なメモであって行政文書ではないと言う。それでは行政文書で違うことを示せば良いのだが、それがでないのはなぜなのか?
過程が見えず責任の所在があやふやな忖度政治は歴史を見ても独裁政治と相性が良い。集団的自衛権の行使が可能となり、憲法改正論議が選挙の争点となる中、忖度という言葉は行政には公開しなくてよい文書というのがあって、記録に残らない流れで事態が進んでしまうことがあるのだという事実を教えてくれた」

姜尚中あたりが書いたんだろうが、それにしても好き勝手言ってるな。昨今あれだけ批判を浴びているにもかかわらず、審査委員の偏りを是正する気もなく、相変わらず左翼のプロパガンダに使っている。年末恒例の左翼の断末魔と考えても、やっぱり許容できない解説だ!

それにしても、ユーキャンも懲りないなぁ~。

関連
 「流行語大賞トップ10『日本死ね』の異常感
 「流行語大賞なんてやめた方がいい
 「新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない その2
 「新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない
 「選考委員を見れば実態が分かる流行語大賞

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京新聞・望月衣塑子が新聞記者を名乗るのは勝手だが、名乗るのなら、もう少し事前の準備をすることをお勧めする。

事実をきちんと確認する。そんな当たり前のこともせず、官房長官の会見に出て行き、恥を全国にさらす。それの繰り返し。

11月9日も、共同通信の「首相、57億円拠出を表明 女性起業家支援のイバンカ氏基金」というフェイクニュースを確認もせず「イバンカ基金、57億円でしたっけ? 57億ドル? かなりの金額が費やされる」とかバカ丸出しの質問をしていた。

57億が円なのかドルなのかもあやふやな状態が、すでに新聞記者失格なんだけどね。

基金は7月のG20で立ち上げが決まり、10月の世界銀行・IMF年次総会でに設立されたもの。途上国の女性起業家を支援するためのもので、日本を含めて14ヶ国がすでに計3.4億ドルを拠出する方針。外務省は7月の時点で公表してた。

こんなことは調べれば分かること。安倍首相(内閣)のすることには、すべていちゃもんををつけてやろうというだけ。

「私は正義の味方。安倍政権の不正を正すため、今日も頑張ってるわ!」ってところかな。

望月の「正義の味方ごっこ」に付き合わされる官房長官も大変だが、これを見せられる国民もたまったもんじゃない!こんな望月と朝日新聞の記者もつるんでいるから、どうしようもない。似たもの同士で気が合うのは分かるけど。

さらには、こんなヤツが「国民の代表」を気取っている。国民があなたに託すことは何もないけど・・・(苦笑)。

ついでに、知ってるとは思うけど、あなた方の大好きな韓国も拠出するんだけどなぁ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加


衆議院選と同日に行われた宮古島市議選で、「あの」石嶺香織が落選した。当然の結果だろう。

石嶺は今年の3月に
「陸上自衛隊が宮古島に来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」
と自身のFBに書き込み大批判を受けた。

宮古島市議会からも辞職勧告を受けたが、石嶺は無視。その後の4月にも
「自衛隊員がたくさん来たら、居酒屋でバイトしてる高校生とか大丈夫かなあとか、女の子たち大丈夫かな、そういう不安があった」
と発言し、反省などまったくしていないことを示した。

石嶺の基本的な「思想」のようだ。こういう根っからの左翼が少なからずいることは理解しているが、公人としてふさわしくないことは明らかだ。

そういう意味でも、宮古島の方々が適切な判断をされたことを、大いにうれしく思う。

宮古島市議選の結果は、与党系17人、野党系5人、中立2名との結果であり、石嶺の落選だけでなく宮古島の方々の慧眼に敬意を表する。

宮古島を含め沖縄の離島は、中国の海洋侵略の脅威をまともに受ける地である。こういう現実に目をつむり、お花畑脳丸出しの石嶺(福岡県出身)みたいなのを、闊歩させてはいけないのだ。

関連
 「朝日新聞はなぜ宮古島市議・石嶺香織を批判しないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京新聞の自称記者であり、左翼活動家の佐藤圭が品性下劣なツイートをした。

膵臓がんが見つかり、治療のために衆院選不出馬、政界引退を決めた自民党・保岡興治憲法改正推進本部長を引き合いに「自民党憲法改正推進本部長が公示直前に不出馬表明。党内から突き付けられた強烈な『安倍改憲ノー』のメッセージでは」とツイート。

安倍首相が批判できるなら、病気である人まで使う。これから闘病を頑張ろうという人に対して、あまりにも心ない物言いだ。

不出馬原因が分からないなら、いろいろ推定も仕方がないかもしれないが、理由までしっかり書いてある時事通信の記事を引用してのツイートだけに、左翼活動家以前に人として最低である。

東京新聞が自身を「新聞」だと考えているなら、このような自称記者を使っていることをどう考えているんだ? 社として対応しなくてはならないくらいの事例だと思うぞ。左翼活動家を大量に記者と自称させてもいいけど、品性下劣なクズ人間を記者と自称させてはダメだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京新聞・望月衣塑子が
「官邸から配布の注意文書について『官邸が産経にリークした』と私が質問してしまいましたが、全社に出していたということで誤りでした。まあ、撤回して謝罪をしたいと思います」
と謝罪した。と言っても、座ったままで頭も下げない。嫌々なのが見え見え。しかも、「まあ」だって。

さらには「産経」って。他紙には「さん」くらい付けたらと思う。失礼なことを言ったんだから。社会人としてなってないし、それ以前に人としてもどうかと思う。

官邸報道室から東京新聞に対して「注意文書」が出されたことを産経新聞が報じたところ、望月が「官邸が産経にリークした」と発言し、産経新聞が東京新聞に抗議したことを受けてのものだ。実際は東京新聞官邸キャップが了解の上で、内閣記者会の常駐各社に配布されたものだった。

望月は一事が万事、これである。つまり「思い込み」。自社のキャップが了解していること。一言聞けば分かるもの。でも、それをしない。

なぜか?
望月からすれば、官邸から産経新聞にリークされるというのが、自分の中のストーリーと一番合致するから、事実確認など必要としない。事実は二の次、自分のストーリー最優先。望月はそんな記者なのだ。(本当は、ただの左翼活動家・反政府活動家でしかないんだけど)

官房長官の記者会見を荒らしまくっている望月だが、そのほとんどが思い込み(妄想と言ってもいい)からくるもの。自分のストーリーができているから、事実なんて関係ない。それに沿って思い込み質問、妄想質問を繰り返す。

最近は、朝日新聞の記者も便乗していたというから、同じように恥ずかしい低レベル記者だ。確かに、朝日新聞も自分のストーリーありきで、事実が合わなければ曲解・捏造も当たり前の新聞だから。

望月もこれに懲りて、自分で最低限の事実確認して記者会見に出るくらいになればいいけど。普通の人間ならそう考えるんだけど、望月は無理だろうな。

自分の「思い込み」「妄想」で質問しておいて批判されると、「個人の記者に対する誹謗中傷が、私事だがかなり進んできていると感じる」とか言ってるんだから。

まあ、これも望月の「思い込み」ね。多分そのうち、「権力から弾圧される悲劇の女性記者」という「妄想」が出来上がり、被害者ズラをし始めると思う。

これも左翼の定番(爆)。

望月衣塑子関連
 「望月衣塑子は『そもそも』が間違ってる(苦笑)
 「東京新聞・望月衣塑子のうぬぼれが酷い!
 「東京新聞・望月衣塑子は新聞記者を名乗らない方がいいな

このエントリーをはてなブックマークに追加


元文科事務次官・前川喜平と元民進党・山尾志桜里は、左翼界隈のダブスタを浮き彫りにした。

文科省の天下り問題発覚時、朝日新聞や東京新聞などの左翼メディアに加え、知識人・文化人を自称するコメンテーターなどは前川を批判していた。ところが、加計学園問題で見え見えの自作自演をやり始めると、一転し「勇気ある告発者」みたいに持ち上げた。
(「東京新聞の人物評は当てにならない 」参照)

さらには、自社に都合の悪いことは一切報道しないという愚挙にも出た。
(「朝日新聞を始めとしたメディアの『報道しない権利』は酷すぎ 」参照)

今回の山尾志桜里の不倫問題もまったく同様の状況だ(苦笑)。山尾自身が自民党議員を批判してきたのとまったく反対の対応(説明責任を果たさず逃亡)をすると、それを批判するわけでもなく、逆に「惜しい人材だ」とか間抜けなことを言う。

把握できているだけでも、小林よしのり、江川紹子、室井佑月、テリー伊藤、小倉智昭、安藤優子、山田邦子など。コメンテーターなどといえる連中ではないが、恥ずかしい面々。

特に、安藤と山田は自分が略奪不倫をしていたから、批判できないんだろうけど、タブスタはダメだと思うぞ。

自分の思想や考え、支持する政党によって、その時その時で言い分を変える恥ずかしい連中。以前は、当人が過去にどんな発言をしていたかなんてすぐに忘れられたけど、現在はネットなどで発掘されるということをよく自覚した方がいいな。

まあ、民進党自体がダブスタを連発し、特大ブーメランが直撃しまくっている政党だし、そんな民進党を応援している朝日・毎日・東京新聞もダブスタを気にしない恥ずかしい新聞。

それに疑問も持たないような自称連中がダブスなのは、ある意味しょうがないのかもね。でも、すっごい恥ずかしから、自分の過去発言くらい調べておいた方がいいぞ(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ