現在無所属(立民の会派に所属)のデマノイこと山井和則。相変わらず国会でデマをまき散らしている。本当にどうしようもないクズだ。

3月11日に質問に立ったデマノイ。
PCR検査の保険適用で検査数が下がっていると質問。これは大ウソであって、適用からの報告数を適用数とデマノイが間違えただけ。その旨指摘されると「人の命がかかってるんだ」だってさ。その上、審議をストップさせるという愚挙に。

自分が無知なのをさらけ出す美技を披露。

さらには和歌山県が安全宣言を出したと、またしても大ウソ。和歌山県がPCR検査を積極的に行っているから、国も希望者全員に検査をさせろと言っている。これもある病院が院内感染(医師が感染)の心配をし、病院関係者(つまりは濃厚接触者)を全員検査しただけ。そして病院の「安全宣言」を出しただけ。

ろくに調べもせず上っ面の情報に飛びつき、無様な姿をさらすD難度技。

さらにさらに、厚労省は都道府県別の検査数を公表していないと質問したが、厚労省HPには毎日の検査数・患者の状況や都道府データが載っている。自分で見もしないでギャーギャー騒ぐ。

PCも触れずスマホも扱えず(なのか?)、なんとも素晴らしい離れ業。

それにしても、デマノイは自分の間違いや不理解を認めない旧民主党議員の典型のような存在。その上、それを指摘されるとガキのように騒ぎたてる。いい加減にしろと言いたい。

デマノイのバカッぷりは枚挙にいとまが無いが、有名なのは2016年のG7(サミット)の際に、TIMESが掲載した風刺画を理解できず無様な姿をさらしたこと。
(「民進党・デマノイって風刺画も理解できないアホだった」参照)

恥という言葉を知らない人間は・・・。