朝日新聞8月10日の社説「慰安婦問題 救済の努力を着実に」は、
朝日新聞が慰安婦問題に対して何の反省もしていないことをよく
表している。

繰り返すまでもないが、平成27年(2015年)12月に「最終的かつ
不可逆的」に日韓両政府によって合意している。
本来は、昭和40年(1965年)の「日本国と大韓民国との間の基本
関係に関する条約」(日韓基本条約)により、解決済みの問題であるにも
かかわらずだ。

朝日新聞を中心とした反日勢力により捏造された「慰安婦問題」。
自ら火を付けて火事だと騒ぐ、放火魔・朝日新聞。
そんな朝日新聞が、日韓合意を履行していなばかりか、ひっくり返そう
としている韓国に対し通り一遍の論調しかせず、逆に日本側に問題が
あるかのごとく社説を書く愚かさ。

朝日新聞はインドネシアでの唯一の例を持ち出しているが、それは
韓国とは何の関係もない。日本側が日韓合意を履行していない項目
などないから、書くことがないにしても呆れる呆れる。

なぜ、韓国はすべての項目に関して完全履行せよとか書かない。
すべては韓国側の問題だ。

朝日新聞は戯言を言う暇があったら、きちんと自らの責任を果たせ。
吉田清治の詐話記事を取り消すだけでなく、それを事実とした前提で
書いたすべての与太記事を取り消せ!