韓国外務省は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の成立経緯を検証する
ための外相直属の作業部会を発足させた。
左派紙・ハンギョレの論説委員室長を務めた人物が委員長に就任した。

委員長は過去に同紙のコラムで
「慰安婦合意は『屈辱的だ』」と厳しく批判した人物なので、結論は考える
までもなく見え見えだ。

これを文在寅に報告としてあげ、文は報告書の通り慰安婦合意を「破棄」
もしくは「再交渉要求」するという、出来レース。

既に女性家族相は、日韓合意を再協議する意向を表明しており、合意
破りは韓国政府の基本方針だろう。
(「韓国はやっぱり韓国だ!」参照)

その後も「慰安婦記念館を作る」とか「慰安婦記念日」を制定するとか、
言いたい放題、やりたい放題。
とてもまっとうな国とは思えない。

「最終的かつ不可逆的」な解決をみている慰安婦問題。
もともと強制連行などなく、性奴隷などと言われる実態もない。
日本側もお詫びと10億円の拠出という妥協をしている。

結局、韓国はまともな国ではないと、世界に公言するだけのことだ。
それでも文は突き進むだろう。自ら国内を抑えることができない程度の
大統領だ。反日を言えば、自分への不満は抑えられる。

文を選んだのは韓国国民。合意破りを要求したのも、実質韓国国民。
世界中から笑われていることに気づいた方がいいと思うけど・・・。