朝日新聞8月4日の社説「内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ」は
安倍内閣の改造を受けてのものだが、いい加減ウソを書くなと言い
たい。

朝日新聞が安倍内閣を批判するのは、言論の自由があるので構わ
ないが、その中にすこしずつウソを散りばめるのは、もう止めろ。

身内に甘いとか隠蔽体質だとか、自分たちのことを言っているのかと
思ってしまうが、まあいいだろう。
しかし、東京都議選最終日の「こんな人たち」を一般人扱いするのは
明らかなウソである。

特定の左翼団体、極左暴力集団も含まれる人たちを「一般人」はない
だろう(苦笑)。

何でも反対(朝日新聞的に言うと権力監視)論調の中に、「一般人」が
多数声を上げているとか紛れ込ませる。
山城博治を始めとした沖縄極左は、「普通の」反対派地元住民。
SEALDsのメンバーは、「普通の」学生。
憲法9条にノーベル平和賞をの鷹巣直美は、「普通の」主婦。
中核派の西郷南海子は、「普通の」ママ。

笑ってしまうしかないが、朝日新聞が上記の人たちの素性を知らない
訳がない。知っていて「普通の」と書いているからたちが悪い。
扇動記事であり、ウソ記事である。お得意の捏造とも言える。

改めて言うまでもないが、朝日新聞は左翼のプロパガンダ紙なので
ある。当然、新聞などと呼べる代物ではない。

こんなものにカネを払っている人は、左翼活動家に活動資金を与えて
いるのに等しいことを自覚すべきである。