朝日新聞・鮫島浩が、頭の悪さ全開ツイート。

安倍首相が内閣改造で、当初伊吹文明元衆院議長に文科相就任を
打診したと報じられていることに対して、
「三権分立に対する無神経さを物語るエピソードである」
とツイートした。

「三権分立に対する無神経さ」というなら、菅直人は法相に元参院
議長・江田五月を起用し、江田も受けている。
これはなんなの? 菅直人の「三権分立に対する無神経さ」は問題で
はないの? 鮫島は菅直人と相当親しいらしいので、「忖度」ですか。

つまり鮫島のツイートは、批判のための批判でしかないということ。

鮫島の他のツイートを見ても、新聞記者とは思えないほどの事実無視、
思い込みに終始する内容。なかなか一般人には理解しがたい思考
回路を持っているようだ(苦笑)。
ある意味、正直に自分の考えをツイートしているとも言える。

これだけ思い込みの激しい人間が、記事を書いたりチェックしたり
すると何が起こるかと言うと、
「福島第一(原発)の所員、命令違反し撤退、吉田調書で判明」
という曲解・ウソ記事に行き着くわけである。

鮫島は当時、特別報道部次長という立場で、このウソ記事に大きく
関わっている。

さすがに、これは朝日新聞も放っておけずに、記事を取り消している。
慰安婦「誤報」と一緒だったので、影に隠れちゃったけど。

さらには、原発事故にからむ除染に対して「手抜きが行われている」
とスクープしたのも、こいつのチームだ。
しかし、これも「週刊新潮」に「やらせ」と暴露されてしまった。
告発者に対して、手取り足取り朝日の女性記者が演出していたことが
ばれている。

こんなヤツが自分の偏狭な思想に基づいて、記事を書いたり書かせ
たりしている。そんな朝日新聞に真実など書かれていないことは明ら
かである。

関連
 「朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート