福岡県春日市の市議の胸を突いたなどとして、毎日新聞の勝野昭龍が
暴行容疑で書類送検された。

市議が勝野の市政に関する記事を「誤解しやすい内容」と指摘した
ところ、勝野が傍聴席から怒鳴りだし、その後市議に対し「誤解とは
何だ!」と詰め寄り、胸をド突いたという。

記者が傍聴席で騒ぐこと自体が論外だし、暴力行為にでるなど記者
以前に人間としてクズであることは言うまでもない。

毎日新聞は、被害届が出された直後
「本人(勝野)に胸を突いた認識はない」
などと、勝野の言い分を一方的に垂れ流しただけであったが、書類送検
されるに及んで、やっと
「記者の行為については、関係者の皆様におわびします」
とコメント。コメントであって、記事にした訳ではない。

さぁ~すが、毎日新聞。
勝野が書類送検されたのは7月27日。毎日新聞は「報道しない自由」
を行使し隠蔽していたのだが、他紙に書かれちゃったからしょうがなく
感丸出しの対応。できれば隠しておきたかったという意識が見え見え。

それにしても、左翼記者というのはなんと傲慢なことか!
自分の主観と思い込みで記事を書き、それは絶対に正しい。自分の
記事に不満を言うなど絶対に許さない!

こんなのが記者を名乗っている毎日新聞。
毎日新聞のレベル通りの記者だとも言える。