福島瑞穂がツイッターで
「憲法改正のための国民投票にかかる費用は852億円。(中略)
莫大な費用がかかる」
とツイートした。

費用がかかるから憲法改正は不要だと言っているに等しい。
福島が憲法改正を認めないと考えているのは別に構わないが、国民の
権利まで剥奪しようとしているのは看破できない。

2014年の衆院選の時も、福島は同じ事を言っていた。主権者たる
国民がその意思表示をする機会を奪うものである。

福島は自分の意に沿わない費用(コスト)=ムダと考えているようだが、
こんな危険なことはない。選挙や国民投票で、主権者たる国民の声を
聞くことを「ムダ」と捉えるのは、どこぞの国の「独裁者」と変わら
ない。

福島は盛んに安倍首相に関して「独裁者」「ヒトラー」などの批判を
するが、言ってることは自分のことのようだ。

ムダと言うなら、社民党に支払われている政党交付金ほどムダなもの
はない! 過去、オレの計算で約352億円(2015年まで)。
社民党は2016年の参院選で、得票率2%の基準をクリアしてしまっ
たため、2022年までは支給されてしまう。つまり、少なくとも今後
20億円以上支給される。

そんな政党交付金が何に使われているかと言えば、福島や社民党の反日
活動だ。こんな社民党が、「政治にはカネがかかるから、もっと増やせ」
と言っているのには呆れるしかない。

ついでに言えば、福島自身にも議員歳費や公設秘書給与代、文書通信費
などが、公金から支払われている。こんなムダな事はない!

国民は福島や社民党にかかるコストを、嫌だけど許容している。そんな
福島が、主権者たる国民の意思表示そのものを、コストを理由に否定
するバカさ加減。

自分にかかる費用は有用だが、主権者の意思表示にかかる費用はムダ
だというような独善的な考えを持つ福島。
まあ、ある意味左翼に共通している考え方だな。
「自分は絶対に正しい。何を言ってもやっても許される!」

こういう連中が、幅広い支持を得られるわけもない。