加計学園問題が朝日新聞の思惑通りの展開になっている(苦笑)。
どんなことをしても安倍政権を倒す! という朝日新聞。
朝日の意思はいびつだが、朝日なんて新聞を名乗っているだけの反日
機関紙でしかないのだから、ある意味当然かもしれない。

それにしても酷いのは、一部メディアの「報道しない権利」の行使だ。
ネットで各種情報をひいき目なしに見ているつもりだが、加戸前愛媛
県知事と前川前文科次官の発言を比較すれば、一目瞭然だ。

前川が言っていることは「自分の理解」であって、客観的に事象を捉え
ているようには見えない。前川が特定の意図を持っているのかは不明
だが、前川の思い込み発言でしかない。

いろんな立場の発言をきちんと報道すれば、国民は自ら判断できるが
特定の発言(前川)のみを延々と報道されれば、「そういうもんか」と
思ってしまうのもやむを得ない。
(実際に安倍内閣の支持率は低下している)

さらに、他のメディアがこれに相乗りし、同じように「報道しない権利」
を行使しまくっているからたちが悪い。
一方的な情報に晒され続ける国民の不幸。

特にTVのワイドショーで、タレントまでもが「にわか評論家」になって
いるのを見ると、苦笑を禁じ得ない。

もちろん、きちんと正論を言っているメディア、評論家、タレントもいるが、
そういう声は大きく報道されない。

メディアも酷いが、これ幸いと一緒になって煽っている野党も酷いもんだ。
自分たちに調査能力がまったくないことを露呈しただけでなく、何でも
食いつく「ダボハゼ」っぷりも呆れてしまう。

森友学園で懲りてないのか?
豊中市の共産党市議の個人的な思想に朝日新聞が乗っかり、他のメディア、
野党まで巻き込んでみたものの、何が出てきた?
前理事長の特異なキャラがが世間を賑わせたが、結果的に何も出てこな
かったではないか。
共産党市議が喜んだ(森友学園が実質破産したから)だけだった。

今回も同じだと思うけど。
民進党なんて、自党議員のまっとうな活動までも否定し、特区を廃止する
なんて言い出している。
民進党が一生懸命なのは、玉木雄一郎が疑惑の対象にされることを防ぐ
ためでは? なんて思ってしまう。
森友問題の時に、辻元の名前が出た途端に「言論封殺」まで行っからな。

まあ、朝日新聞は記事に「角度」を付けすぎ、ひっくり返らないように気を
つけてね(笑)。
他のメディアも朝日と一緒になってひっくり返っても知らないぞ。
ついでに、民進党はもう終わっているからどうでもいい。