6月17日の伊豆半島沖で米国イージス艦とフィリピン船籍の貨物船が
衝突した事故は、イージス艦乗組員7名が亡くなる痛ましいものだ。
現在も原因調査が続いているが、「どちらに回避義務があったか」が
焦点だと朝日新聞は報じている。

海上衝突予防法
その中で、朝日新聞は上記のように図解で「海上衝突予防法」が定める
回避ルールを示している。

あっ、朝日新聞は「海上衝突防止法」を知っていたんだ?
なぜなら、昭和63年(1988年)に発生した自衛隊潜水艦「なだしお」
が釣り船と衝突した事故では、「海上衝突予防法」など無視し「なだしお」
批判記事を書きまくっていたからだ。(毎日新聞も同様)

なだしおの事故の場合、
 ・なだしおが右前方に釣り船丸を確認
 ・なだしおが衝突回避のため右転を行う
 ・なだしお、汽笛信号「短一声 (本船右に回頭しつつある)」を発する
 ・釣り船は「短一声」を理解せず、衝突直前に左転
 ・衝突
の時系列。

上記の衝突防止ルールの「横切り」に関しては、相手を右に見る船が
針路を右に曲げると定める。

時系列とルールを照らし合わせれば、どちらの過失がより大きいかは
明らかだ。しかし朝日新聞はルールを示さず、
「『腕組みして眺めるだけ』目撃者の証言 潜水艦・釣り船衝突」
などの見出しで、「救助が遅れた」「見殺しにした」(釣り船の被害者は
30名)と大バッシングした。(この目撃情報は誤解であった)

「どちらに回避義務があったか」などの法律論はあっちに追いやり、
ひたすら反自衛隊論調で押し通した。

今回、衝突防止ルールを示したのは、米国イージス艦とフィリピン船籍
貨物船の事故だからだろう。自衛隊の船舶・潜水艦が絡んでいたら、
ルールも示さず自衛隊バッシングをやっていただろうと、強く推認できる。

客観的なものの見方を朝日新聞に期待しても、しょせん無駄なことでは
あるけど・・・。

*海難審判(高等海難審判庁)では、なだしおの回避遅れ、釣り船の
 左展の双方に同等の過失があったと採決している。
 この記事で、なだしおに過失がなかったと言っているわけではない
 ので、誤解なきようお願いする。