詐話師・吉田清治が韓国の国立墓地・望郷の丘に建立した慰安婦
強制連行に対する「謝罪碑」を許可なく書き換えたとして元自衛官・
奥茂治氏が韓国当局に逮捕された。
(現在は拘束を解かれているとはいえ出国禁止措置中)

奥氏は吉田清治の長男の依頼を受け、碑文を書き換えた。
経緯については端折るが、吉田清治が私費で建てたものを、長男が
修正したと考える気持ちは良く分かる。

朝日新聞は吉田清治を最大限に利用し、慰安婦問題の捏造に邁進した。
しかも「ウソ、捏造」を前提に反日記事を書くまくり、韓国にも
強制連行を根付かせ、現在の慰安婦問題の政治利用の道を作った。

そんな朝日新聞は、今回の奥氏の逮捕・拘束、出国禁止措置に関し
まったく報道していない。(7月9日0:00現在)

朝日新聞は一応吉田清治の証言はウソだったと認め、吉田清治の
証言など直接的な記事は取り消した。しかしウソを前提に書きまく
った関連記事はまったく取り消していない。

それだけでも、朝日新聞の不誠実な態度であることは明らかだが、
奥氏の件を一切報道しないはどういうことか?

朝日新聞こそが率先して報道しないといけないのではないか?
ウソに基づいた謝罪碑なのだから、書き換えどころか撤去すべきと
報道しなくてはいけない。それが朝日新聞に課せられた責務だ。

奥氏の件を報道すると、朝日新聞が吉田清治を利用し慰安婦問題を
捏造したことを読者が思い出すのが嫌なんだろう。
さらには、慰安婦の強制連行が韓国の反日に利用されていることを、
そのままにしておきたいのだろう。

朝日新聞は自らが広めた吉田清治のウソを正す責任がある。
30年に渡ってウソをつき続けていた朝日新聞が、頬被りをしていて
よいはずがない!

しかし改めて思うのは、朝日新聞が良識も良心もないクズ新聞だと
いうこと。何の反省もしていないから、未だに印象操作・扇動報道を
繰り返している。

本当にどうしようもないクズ新聞だ!!!