朝日新聞5月15日のコラム(政治断簡)「おごる首相がつかんだ
『コツ』」は、都合のいいところだけ「つまみ食い」した、ある意味
朝日新聞らしいコラムだ。

書いたのは「あの」前田直人。駄文しか書けないのみならず、分析力も
まったくない御仁。分析力はないけど、現職は「世論調査部長」。

安倍首相の憲法改正発言に「驚いた!」ってさ。
前田に言わせると、安倍首相は「慢心、ここにきわまれり」だそうだが、
前田の見解なので、それはそれでいい。

しかし、その論拠となっているのが、いやはや・・・。
世論調査部長らしく、世論調査の結果をもってくるのだが、それが
いやらしいほど酷い。

前田は言う。
「森友学園問題の真相解明や原発政策の見直しを求める多くの世論
からは目をそむけ、好都合な数字のみにおごり、弱る野党をあざ笑う。
まるで独裁者のようだ」

森友問題や原発問題を引き合いに出しているが、前田はなんと言って
いた? 安倍首相の改憲発言を「驚いた!」って書いていたはず。
コラムの内容も改憲に関してだ。じゃあ、改憲に関しての世論調査結果を
なぜ持ってこない?

理由は簡単。持って来たくても持って来れなかっただけ。
朝日新聞の調査で、9条改憲賛成41% 反対44%と拮抗しているから。
数%は誤差の範囲。つまり朝日新聞の世論調査でも、圧倒的反対では
ないから。

当然、世論調査部長なら他紙の結果も把握しているだろう。
共同通信は賛成60%、産経新聞は賛成52.9%。読売新聞は賛否が
49%で拮抗という結果。

これらを見ても明らかなように、国民は前田のように驚いてはいない。
世論調査部長が自分に都合の良いことのみを「つまみ食い」したあげく、
「好都合な数字のみにおごり、まるで独裁者のようだ」とは、どの口が
言っているのだ?

普通の人間なら、こんな文章は恥ずかしくて書けない。
こんなヤツの文章を読まされる朝日新聞読者は、「そうだ、そうだ」って
嬉々として読んでいるのかな。

大きなお世話だけど、かわいそうだな・・・。