赤報隊を名乗る組織が朝日新聞阪神支局を襲撃してから30年。
亡くなられた記者ご本人、及びご家族は、さぞ無念であったと推察する。
改めてお悔やみを申し上げる。

朝日新聞も5月2日の社説「阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、
明日も」で、言論への意気込みを語っている。

「社会に開かれた支局を襲う卑劣な犯行は言論の自由への挑戦」
「気に食わぬ言論を暴力で封じる。そんな手法に、理などない」
まったくもってその通りで、この件に関しては朝日新聞に同調する。

しかし、他に言っていることはいちゃもんに近いうえ、論理のすり替え
ばかりである。朝日新聞は言う。
「特定秘密保護法の成立や、審議が進む「共謀罪」法案、防衛省の
情報隠蔽疑惑など、政権がすすめる政策やふるまいには、国民の
『知る権利』を脅かしかねないものが目につく」

まず特定秘密保護法の成立で朝日新聞は何か実害があったのか?
報じたいのに報じられないことがあったのか?
「国民の知る権利」とか言ってるけど、朝日新聞自身が「報道しない
権利」を行使しまくっている事実をどう考えているのか?

「異論を排除する、すさんだ言葉の横行は、安倍政権の姿勢と無縁
ではなかろう」
結局、安倍政権と言うか安倍首相を攻撃したいだけである。

「報道機関が政権の意向を忖度すれば情報は偏り、国民は正しい
判断ができなくなる」とも言ってるが、
朝日新聞が政権の意向を忖度することはないだろうが、別の忖度が
行われていることを国民はよく知っている。

それに、朝日新聞が「国民が正しい判断」をするための情報を提供した
ことがあるのか?

煽り、扇動、印象操作。朝日新聞の記事は最初から朝日新聞の言い
分に誘導するよう、意図的と言うか悪意をもって作られている。
国論を二分するような案件でも、自社の言い分を垂れ流すだけ。
他の意見を取り上げず、何をもって「国民の判断」などと言っているのか?

結論ありきの記事作り。そのためには事実を歪曲し、それでも不足なら
捏造・ウソも当たり前。何度も批判されているにもかかわらず、未だに
そんな記事作りをする。

この社説掲載と同日には、宮城の「いじめ自殺」事件のコメント捏造が
明らかになっている。こんなことを繰り返す朝日新聞が
「自由にものを言い、聞くこと。その普遍的な価値を社会と共有していき
たい」
とか戯言を言う。

自由にものを言うのはけっこうなことだ。だが、自由の裏には責任と
義務が発生する。自由に捏造する、自由にウソをつく、自由に自社に
不都合な記事は掲載しない。そんな自由などないことに朝日新聞は
気づかなければならい。