朝日新聞政治部次長・高橋純子が、また頭の構造を疑われる文章を書い
ていた。

4月24日の政治断簡「スットコドッコイと愛の行方」。
本人は「うまいこと書けた」と思っているのかもしれないが、読むに堪えない
駄文だ。もし金を払ってこんなものを読まされたら、即刻購読をやめるだろう。
朝日新聞の読者って、やさしいね。

この中で、高橋は作家の百田尚樹氏が指摘した
「(朝日新聞は)北朝鮮からミサイルが日本に落ちても、一発だけなら誤射
かもしれないと書いた」
との件に対して反論というか見解を書いている。

ちなみに、朝日新聞の記事は
Q ミサイルが飛んできたら?
A 武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かも
  しれない。
という武力攻撃をQ&Aで解説したもの。

高橋が言うには
「北朝鮮を含め具体的な国や地域名は出てこない。一般論として、武力
攻撃事態の線引きは難しいということをQ&Aで解説する記事だった」
とのことだが、次のQ&Aでは
Q 不審船は?
との質問に答えているので、北朝鮮を想定していることは明らかだ。

まあ、北朝鮮を想定したものでも一般論でもいいけど、これが朝日新聞の
本音である。ミサイルが飛んできても1発なら許容せよ、と言うこと。
国家主権が脅かされても我慢しろ。被害が出ても我慢しろ。うかつに反撃
するな、話し合いをしろ、と言うこと。

普通の国民には受け入れらない論理である。
高橋は疑問も持たずに「一般論」などと言えば事足りると考えているようだ。
おぉ~、こわ!

突然1発顔面を殴られて、歯が折れ鼻血が吹き出しても
「1発では誤打かもしれない」
と考える一般人がどれくらいいるだろうか? 普通の人なら
「なんだ! この野郎!!」となるだろう。
大げんかまで持って行くかは別にして、「誤打」と考え「何ですか??」
と聞く人は、まずいない。

こういう非常識な論調を平気でする朝日新聞。その中で訳の分からない
駄文を毎回載せる高橋。新聞記者って、お気楽なもんだ。