4月27日の産経新聞に
「東北で良かった・・・東京の皆さんの本音ではありませんか?」
というコラムが載った。しかも1面。
書いたのは伊藤寿行という記者。東北特派員という肩書きがついている。

今村前復興相の「失言」に絡んでのものだが、非常に失礼な文章だ。

今村の発言を「被災地以外の国民の本音を映し出している」と言い、
今村=東京都民=東北以外の日本人
という図式を作り上げ、国民全体を蔑んでいる。

どこかで見たロジックだと思ったら、朝日新聞をはじめとした左翼マスコミ
が言う「沖縄差別論」。本土が沖縄を差別・蔑んでいるという論調と何が
違うのか?
ほとんどの国民は、今村と一緒にするな! と思うだろう。

災害が多いのに「お上の防災対策は不十分で、国民の危機意識も高ま
らない」と嘆くが、政府批判を交えるところが、どこの新聞の記者かと
思ってしまう。

未だに風評被害をまき散らしている団体・個人も多い。
メディア自身が、結果的にそれに荷担しているケースも見受けられる。
朝日新聞など一部メディアは、レアケースを持ち出して「今も福島は・・・」
的な論調をする。朝日新聞は自身が風評被害をまき散らしている自覚すら
ないだろう。
産経新聞がどうだこうだとは言わないが、メディア人としてどう考えて
いるんだ!

伊藤は「結局人ごと」とも言うが、では産経新聞は何をしてきたのか?
伊藤は何をしてきたのか?
記者という公的に発信できる立場にいるのに、失言を嘆くだけか?
しかも、被災地以外の日本人はみな「人ごとだと思っている」とは何だ!

あなたも「東北で良かった」と思ってませんか、だと?
思ってないわ!!!!!