千葉県の小学生殺害事件で、近隣住民から取材を断られた共同通信の
20代の記者が、住民宅の壁を蹴り上げるという蛮行を犯していた。




住民宅の防犯カメラにバッチリ映っており、余りの非常識さに憤ったの
だろうが、住民は「地域全体の気が滅入っている中、良識的な取材を
切に願います」というコメントとともに動画をSNSにUPしていた。

ポケットに手を突っ込んで、態度も悪いが頭の悪さも明かだ。とても
記者とは思えない。その筋の人と言われても違和感はない。
まあ、紙一重なんだろうけど。

当該記者と幹部が住民へ直接謝罪を済ませたようだが、左翼記者の
傲慢さを表す良い例だ。左翼記者だけではないかもしれないが。

取材を受けるのは当然だ! 断るなんてふざけるな! という傲慢さ。
こういうヤツがいるから「マスゴミ」なんて言われる。

こんなクズ記者が偉そうな記事を書く。こんなクズ記者を飼っている
通信社が偉そうに世論を誘導する偏った記事を配信する。
世も末だ・・・。

共同通信は、総務局名で
「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。
本人を厳しく指導するとともに記者教育を徹底します」
とのコメントは出しているが、自社HP、ニュース配信サイトでは知らん
プリをし報じていない。本当にクズ通信社だ!

ちなみに本件に関し、読売、毎日、産経、東京の各紙は報道しているが、
朝日新聞のみスルーしている(いづれもWeb版)。朝日もやっぱりクズ!

こんなヤツをどう教育・指導するのか見物だが、まあ無理だろう。
特権意識凝り固まった連中は、そう変われるものではない。

*住民は共同通信の謝罪を受け、動画をすでに削除している。
 「真摯に謝っておられましたし、社としての打撃もありますから私と
 しては寛容な処分を祈るのみです」とコメントしている。
 しかし現在もコピーされた動画が広く出回り、閲覧可能となっている。