朝日新聞が4月7日、「(Re:お答えします)銃剣道、中学指導要領に」と
題する「言い訳」を載せた。

朝日新聞は3月31日に
「中学校の『武道』に新たに盛り込まれた『銃剣道』。旧日本軍の戦闘
訓練に使われていた『銃剣術』の流れをくむだけに、波紋が広がっている」
という記事を載せていた。

その中で「中学校の『武道』に新たに銃剣道が盛り込まれた」と、ウソを
交えて悪質な「印象操作」を行っていた。
(「朝日新聞は相変わらず印象操作に忙しい(笑)」参照)

朝日新聞は、新しい指導要領決定までの経緯を書いた上で
「今後ともわかりやすい記事を心がけます」
と、社会部次長・西山公隆が署名している。

はぁ~? わかりやすい記事??
意図的にウソを交えて記事を書いておいながら、記事が分かりづらかった
と言い訳している。

社会部の記者が、新指導要領決定までの経緯を知らないわけがない!
知っていながら悪質な「印象操作」記事を書きながら、何を言ってるのか。
呆れる・・・。(もし、知らないで書いていたなら新聞記者失格である)

朝日新聞は「誤解を与える記事だ」という指摘に対する回答の体をとって
いるが、本来は「ウソ記事」(捏造といってもよい)の謝罪をしなければ
ならないのは明らかだ。

何が「お答えします」だ!
「ウソ記事を書いて、印象操作をしました。どうも申し訳ありません」だろ!