4月3日に駐韓大使と釜山総領事が韓国に帰任することを政府が発表
したことを受け、朝日新聞が翌4日の社説で大はしゃぎだ(苦笑)。

「異常事態がやっと解消される」
「遅きに失したとはいえ、当然の措置」
「大使らの一時帰国は短慮だったと言わざるをえない」
とか、いろいろ言っている。

まあ。朝日新聞が喜ぼうがどうでもいいけど、やっぱり目線が一般国民と
大きく違う。それは
「帰任する大使らには、2年前の日韓の慰安婦合意の意義を粘り強く
韓国に説き、少女像問題の進展につなげてほしい」
とバカなことを言っていることだ。

政府間で正式に締結したことだ。それを何で日本側が「意義」を「粘り強く」
韓国に説かないといけないのだ。すべて韓国側の問題ではないか?

しかも、日韓合意を履行していないのは韓国である。
日本には何の落ち度もない。

この前提を無視して朝日新聞は何をはしゃいでいるのか?
バカバカしいほどの韓国目線だ。

朝日新聞のこういう態度(論調)が韓国をつけ上がらせている。
さらには、真の日韓関係の構築を阻害している。
しかも、それに気づきながら煽っているとしか思えない。
どうしようもないクズ紙だ。