朝日新聞3月31日の社説「敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する」は、
左翼陣営のお花畑に綺麗に花が咲いていることをよく示している。

自民党が、敵のミサイル基地をたたく敵基地攻撃能力の保有について、
検討を開始するよう政府に求める提言を提出した。
安倍首相は「しっかり受け止めていきたい」と応じたという。

これに朝日新聞は「とうてい賛成できない!」だそうだ。

敵基地攻撃は既に昭和31年(1956年)に鳩山一郎内閣が、
「わが国に対し攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが
憲法の趣旨とは考えられない」
とし、「法理的には自衛の範囲」との見解を示している。

朝日新聞もきちんと書いているが、これはあくまで「法理」を説明したもの
であり、現実は違うと言う。

朝日新聞は言う。
「日米安保があるじゃないか」
米軍が「鉾」で、自衛隊は「盾」なんだから、米軍にやらせればいいという
ことらしい。

じゃあ、なぜ朝日新聞は普天間基地の辺野古移設に反対するんだ?
なぜ国外移設を! なんて言ってるんだ?
「鉾」をなくす(小さくする)方向に向かわせようとしているのは誰だ?

さらに、朝日新聞は
「移動式発射台や潜水艦からミサイルが撃たれれば、位置の特定も発射の
兆候をつかむのも困難だ」

その通りなんだよ、朝日新聞。
日本の防衛の不備(不足)をよく分かってるじゃないか。
その不足分をどうするか、防衛上考える必要がある訳だろう?

「日本が攻撃したら、戦争を拡大させる」
とか言っているが、ミサイルを撃ち込まれることがはっきりしている状態で、
何を呑気なことを言うのか? 現実に被害が出てからでは遅いだろう。
朝日新聞は「座して自滅を待つ」でもいいだろうが、オレは嫌だ。

朝日新聞は「何でも反対!」と言っていれば自己満に浸れるだろうが、
被害を受けるのは一般国民だ。
朝日新聞関係者は、いざとなったら中国が匿ってくれるからいいねぇ~。

以前、PAC3(地対空誘導弾)の配備に対して、社民党・福島瑞穂は
「ミサイルを撃ち落としたら、その破片で付近に被害が出るから反対だ」と
変な持論を展開して失笑を買った(しかも国会の質疑で)。
着弾してしまったら、どんな被害が出ると思っているのか?

今回の社説は、これと同レベルことを言っている。

中国の核ミサイルは何発も日本を射程に入れている。
北朝鮮はこれだけミサイル発射を繰り返し、あげくの果てにいつ暴発する
か分からない状態だ。

そんな状況にもかかわらず、朝日新聞のお花畑は満開だ(笑)。