3月14日に「テロ準備罪」の新設に反対する「市民団体」が国会議事堂
前でデモを行った。

「市民団体」と言ってもその筋の団体だが、まあいいや。
ここにいつものごとく、デマをまき散らす国会議員が登場する。

共産党・山下芳生
「例えば、職場の同僚と一杯やりながら『あの上司ムカつくね、今度やっつ
けてやろう』と合意したら罪になる」

社民党・福島瑞穂
「共謀罪は話し合うだけで罪になる犯罪だ」
「共謀罪(の対象犯罪)が277に減っても、(戦前の)治安維持法が277
できるようなものではないか」

もう妄想である。
数少ないお仲間は喜ぶかもしれないが、こんなデマを無責任に飛ばす
神経がまったく分からない。本当にそう思っているならただのバカだし、
意図を持って発言しているなら非常に悪質だ。

このような悪質なデマに感化される「普通の日本人」は皆無であろう。
いつまでも数少ないお仲間とヨチヨチやってろ。
どっちにしろ、両党とも日本には不要な政党である。