東京新聞が2月17日に「厚木の米軍機FA18 6割飛べず?」の見出しで
厚木基地に所属するFA18の約6割が米国防費の予算不足で稼働できず
「米軍の戦力に疑問符がつく」と報道した。

米軍見解
これに対して、在日米海軍司令部は
「完全に任務遂行可能で、常に日本を防衛する即応態勢にある」
と真っ向から否定している。しかも
「東京新聞はなぜ、米海軍に問い合わせることすらせず、憶測の記事を
掲載されたのか。読者は正確な情報を知る権利がある」
と、東京新聞の取材姿勢まで批判している。

東京新聞のソースは不明だが、これこそ一方の意見のみ報道し、肝心の
当事者に取材していない「憶測記事」だ。
東京新聞は、東京MXテレビの「ニュース女子」に対して、「取材もせず」
などと批判していたではないか?

自分たちは取材をしないで憶測記事を書いてもいいが、他社にはダメ!
って。こういうことをやっているから、左翼マスコミはまったく信用されない。
まあ、ご都合主義は左翼界隈の定番とは言え・・・。

ついでに言うと、安全保障に関して、その内容を書くことは抑止力の観点
からも適切とは言えない。相手に手の内を見せることになるからだ。
東京新聞は特定国に対して、「米軍の戦力なんてたいしたことないよ」と
教示したくてしょうがなかったんだろう。

こういうのを売国紙と言う。