朝日新聞2月16日の社説「領土教育 複眼的な思考こそ」は、朝日新聞の
バカさ加減が如実に表れている。

小中学校の学習指導要領に「北方領土、竹島、尖閣諸島は我が国の固有の
領土」という記述が盛り込まれたことに対して、朝日新聞は言う。

「政府の見解を教えるだけではなく、相手国の言い分も伝え、世界を知り、
自分の頭で考えることをうながしたい」
「自国の主張が正しいと言いつのるだけでは共感は得られない。育てたい
のは、相手の立場を理解し、冷静に考え、議論し、共生の道を探ろうとする
人材だ」

そして、極め付きが
「隣国はどう考えているか。いかなる歴史的経緯があるか。こうした事実を
知って初めて、問題を深く、複眼的に見ることができる」

朝日新聞は、中国・韓国の言い分に良く耳を傾けよ、と言っている。
つまり中韓の言うことを聞くのが「複眼的」だと言う。

朝日新聞は、竹島や尖閣諸島に対して中韓の言っていることが、聞く
価値がある言い分だとでも言うのか?
非論理的でこじ付け以外の何物でもなく、国際法上もまったく通用しない
言い分を。

朝日新聞は「複眼的」に見た結果、領土問題はどう考えているのか?
竹島はどこの国の領土? 尖閣諸島は? 北方領土は?
朝日新聞の答えは「韓国」「中国」「ロシア」??

朝日新聞の本社敷地内に突然小屋を建て、昔からここはオレの土地だ
という人物が現れたらどうする? 理由は非論理的で話にならない。
法的な裏付けもない。でも「複眼的」に物を見ると、この違法者の言い分も
十分拝聴する価値があると考えるのか?

朝日新聞でも公権力を使って強制的に排除するだろう。
違法者の話を十分に聞き、相手の立場にたって物を考える、なんて行動は
とらないだろう。

朝日新聞が以前に「複眼的」という言葉を使った社説は、長崎市の端島
(軍艦島)を含む「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録しようと
している時に、「世界遺産―複眼で歴史見る機会に」がある。

これは韓国の言い分を「ウソ」まで交え書いており、酷いものだった。
(「朝日新聞は相変わらず韓国の代弁者!」参照)

「複眼的」に物を見られない朝日新聞が、「複眼的」に物を見よ、などと
言うこと自体が天にツバする行為だ。
賛否が分かれる施策に対して、自社と反対の意見を取り上げたことが
あるのか? 特定秘密保護法、安保法制報道を見れば、朝日新聞がいかに
「単眼的」であることは明らかだ。