2月19日の朝日新聞のコラム・政治断簡「『仕方ない帝国』に生きてて
楽しい?」は、朝日新聞の現状を良く表しているように思う。書いたのは
政治部次長・高橋純子。
(なぜか紙面では「嗤われたら笑い返せ」というタイトルになっている)

内容は安倍首相をこき下ろしているだけの、とても新聞記者が書いたとは
思えない、ただの感情論。まあ、高橋はいつもこういう文章を書く。

ある意味、このコラムは朝日新聞の役職記者全員の想いを書いている
のだろう。もしかしたら、全社員の想いかも。
中身に興味のある人は朝日新聞を読んでください。(嫌だろうけど)

朝日新聞記者の想い。それは、
安倍首相のやることなすこと全部が気に入らない。だから朝日新聞は
枝葉末節にまで拘って反安倍記事を書く。

しかし、どうしてもそれが国民に伝わらない。安倍内閣の支持率は高値を
キープ。おかしい、そんなはずでは・・・。

そのため、どんどん社民党化が進んでいく。
「反対反対! 何でも反対ぃ~!」

朝日新聞の想いとは裏腹に、国民はどんどん朝日新聞から離れていく。
なんで? なんで? 自分たちは間違ってない! 絶対に間違ってない!
そんな悔しさをぶつけたのが、今回の高橋のコラム。

朝日新聞は「世論を誘導する」みたいな傲慢な考えを未だに持っている。
遠の昔に朝日新聞は国民の信を失っている。
信を失っている朝日新聞が、何を書いても所詮は負け犬の遠吠えでしか
ないのは自明の理である。それ以前に、言ってることが間違ってるから。

それにしても、高橋の文章は酷いものだ。
いろいろこねくり回してはいるが、他人(安倍首相)を茶化し、おちょくる
ような文章は、プロの新聞記者としては褒められたものではない。
まるで、どこかの民族が火病ってるようだ(笑)。

高橋に少しでもプロ意識があるのなら、正々堂々とまともな言論で勝負
すればいいではないか? まあ、朝日新聞の論調は既に論破されている
から、こういう方法しかないのだろう。

口げんかに徹底的に負けた子供が、言い返す言葉もなくなり
「お前のかあちゃん、でぇ~べそ!」
と、半ベソ掻きながら言い放つのと同じレベルの文章だ。

関連 
 「朝日新聞政治部次長・高橋純子こそ気味が悪い