先日、朝日新聞が「ファクトチェック」を始めたという記事を書いた。
(「ファクトチェック? 朝日新聞のギャグか?」参照)

「内容は本当か」という疑問がある
「ミスリードかもしれない」という印象を与える
政治家の発言を取り上げ、事実かどうかチェックするというもの。

はははっ!!
早速、「週刊新潮」(2月23日号)に朝日新聞自身の「ファクトチェック」を
されていた。

以下、主な内容は週刊新潮による。
2月10日の「天声人語」をファクトチェックすると、「ウソ」「印象操作」を
連発!! 悪意に満ちた米・トランプ大統領評。

安倍首相と同行したフロリダの別荘「マール・ア・ラーゴ」。
この邸宅を一目で気に入ったトランプ大統領は、嫌がらせをしたうえで
安価で取得したというもの。
嫌がらせ内容は、邸宅前の海岸(砂浜)を先に買い占め、海岸との間に
壁を造って、海が見えなくしてやる! と脅したという。

ところが、これがまったくの「ウソ」!!!
そんな事実はないことが暴露されてしまった。

さあ、「ファクトチェック」の朝日新聞は何と答えるか?
「(天声人語の)執筆の詳細な経緯については通常お答えしてません」
だそうだ。

これで、よく他人の発言に対して
「内容は本当か」という疑問がある
「ミスリードかもしれない」という印象を与える
などど言えたものだ。先日の記事でも書いた通り、まずは自分の記事を
すべて「ファクトチェック」をしてからだろう。

いや、それ以前に天声人語の「ウソ」「印象操作」を謝罪することが先だ。
こういうことに頬かむりしているから、いつになっても「ウソ」「捏造」を繰り
返すのだ。

朝日新聞が好きな言葉に「自浄作用」がある。不祥事を犯した企業に向け
必ず書く言葉だ。しかし、その言葉を朝日新聞自身が実践したことは、
1度もない!!!