国公立大の2次試験の前期日程がある2月25、26日前後、福岡県内を
中心に、宿泊場所を確保できない受験生が続出しているという。入試に
加え、若者に人気の2つのグループによる計5万人規模のコンサートと、
薬剤師の国家試験日程も重なったためだという。

このニュースを見て昔のことを思い出した。
実はこの時期は、会社員にとっても出張の際の宿が取れない苦労がある
のだ。また取れたら取れたで、思いっきり気を遣う。

10数年前、東京の立川で宿取りに非常に苦労したことがある。なんで
こんなに混んでいるんだろう? と思いながら、やっと立川駅からちょっと
遠いビジネスホテルが取れた。

夜ホテルに着くと、ロビーはうら若き女の子で溢れている。新聞を真剣な
眼差しで読んでいる子、フルートの指遣いを練習している子。

何?? と思いフロイントに尋ねると、翌日が国立音大の入試だった。
これは気を遣う。彼女らにとっては一生を決めるかもしれない大事な入試。
別に迷惑をかけることはないんだけど・・・。

翌日の朝食を採りにレストランに行くと、びっしり女の子。
どうも男性社会人の客はオレしかいなかったみたい。どうしよう?
レストランに入らず、静かに部屋に戻り、そそくさと出張先に向かった。

この時期は入試向かう受験生で新幹線もけっこう混む。
いつもなら余裕で座れる新幹線自由席が、満員のこともしょっちゅう。
まあ、季節ものだからしょうがない。

受験生のみなさん、入試頑張ってね。