日教組の教育研修全国集会(教研集会)が2月3日から3日間開催された。
相変わらずの内容で、未だにこんな連中が教員をやっているかと思うと、
薄ら寒い思いだ。

鹿児島県の教員は
「教え子が戦場に送られる日が迫っている」
「今は戦前の空気だ」
「今年度から手足が動くかどうかの検査や色覚検査が復活し、これは
徴兵制につながるのではないか」
だそうだ。
こんなヤツの授業を子供たちが受けているかと思うと、本当にゾッとする。

そんな中、今年は「道徳教育」に対する批判が大きかったようだ。
道徳は平成30年以降、小中学校で教科化される予定。
従来の読み物中心の道徳から、多面的・多角的な見方を養う「考える
道徳」へ転換が図られる。

これに対して、「一定の価値観が押し付けられ、子供の『人格形成』への
妨げになる」とか言っている。

じゃあ、自分たちが自分たちの価値観を散々押し付けていることはどう
なんだ? 自分たちの特定思想を前面に出し、授業と言う名の「洗脳」を
行っているのは誰なんだ?
余りに自分勝手、自己中心的な考えの教員連中には、吐き気がする。

日教組の組織率は全国平均では25%程度だったと思うが、特定県では
未だに80%なんていう、おぞましい県もある。

トップが愛人を作って、しかも組合費を不正に使っても、批判の声すら
上がらない。こんな腐った組織は消えていくのみ。

こんな連中が定年後、沖縄を始め各地で暴れている。
全教も含め、教職員組合なんて百害あって一利なしだ。