蓮舫の参院本会議での代表質問を扱った毎日新聞が
「蓮舫氏、提案型から対決型へ」との見出しを付けた。

記事を読むと、
「昨秋の臨時国会では『提案路線』を打ち出した蓮舫氏だが、政府批判の
材料に事欠かない状況に『対決型』が鮮明となっている」
だそうだ。「対決型」と言っているのは、「批判型」のことのようだ。

昨秋の臨時国会で蓮舫(民進党)が「提案路線」であったとは、初耳だ。
何をどう解釈すると、臨時国会で蓮舫(民進党)が提案路線であったの
だろうか?

一方、読売新聞は、蓮舫の質問に対して
「蓮舫氏『提案型』で挑むも論戦不発・・・ かわす首相」という見出しだ。
今回の蓮舫の質問が「提案型」であったかは別にして、読売は臨時国会
で民進党が「提案型」ではなかったという認識だから「『提案型』で挑むも」
と書いている。

昨秋の臨時国会の蓮舫(民進党)の評価に関しては、どう見ても読売の
方が正しいだろう。
毎日新聞のように「反安倍」「親蓮舫」というフィルター越しに見ると、変な
見え方をするものだ。

岸井成格みたいなのが主筆をやっていた新聞社なので、さもありなん
だけどね。