日本維新の会が提案した「委員会室へのプラカード持ち込み禁止」が
民進党の反対で却下となった。

民進党はこれからもプラカードを持ち込んで、反対パフォーマンスをやる
と宣言したようなものだ。嘆かわしい。

民進党は衆参両院で「過去に、自民党もプラカードを掲げて反対した」と
懸命にアピールしている。衆院:玉木雄一郎、参院:蓮舫。
当然、自民党も過去の行動を反省しなければならない。だからと言って
民進党のパフォーマンスが肯定されるわけではない。

「自民党もやっていたのだから、オレらだけが批判される覚えはない」と
いくら声高に叫んでみても、国民の胸にはまったく響いていない。
その証拠に、民進党の支持率が上がったという話は聞かない。

蓮舫は党首になった際に、「批判から創造へ」みたいなこいとを言って
いた。つまり、自ら旧民主党時代から民進党が反対のための反対をして
いたことを自覚しているのだ。でも現実は蓮舫が率先して反対のための
反対をしてるんだから、話にならない。

民進党は政府・自民党法案に反対なら、自ら対案を示し堂々と論戦すれ
ばいいだけだ。それなくして、反対パフォーマンスが支持されるわけはない。

審議拒否をしながら、審議時間が短いと文句を言う。
審議拒否をしながら、採決時にパフォーマンスを行う。
国会議員が国会外でデモ隊と一緒になって文句を言う。

こんなことをやっておきながら、自己正当化だけは人一倍する。
こんな民進党が幅広い支持を得られるわけがない。