セブン&アイ・ホールディングスの老害・鈴木敏文が引っ込んだのが
昨年5月。

そして、何の実績もなく、また才能もないのに取締役になっていた息子の
康弘もやっと辞めた(昨年12月)。
まあ、父親から「最高情報責任者(CIO)」などというポストを新設され、
父親の威光だけで踏ん反り返っていたバカ息子。

ネットショッピングを担当していたが、何の成果も挙げられず。そりゃ
そうだ、元々実力も何もないんだから。
こいつも自分の実力の無さをやっと自覚したのか、自ら退任届をだした。

こんなヤツを社長にしようと画策していた敏文。このバカにも呆れるが、
いい気になっていた息子のバカさにも呆れ果てる。

康弘は「仕事に一区切りついたから」とか「社長からも留意された」など
と強がりを言っているが、実質「クビ」同然。

これで少しはセブン&アイもまともになるかな。

そう言えば、群馬県内にはイトーヨーカ堂は2店舗しかないが、その内の
藤岡店が閉店するらしい(もう1店舗は伊勢崎店)。
藤岡店のレベルの低さは過去にも書いた。その中で「そのうち淘汰され
るだろう」と書いたが、見事に当たった。閉店は当然だろう。

関連
 「セブン&アイ・ホールディングスの老害・鈴木敏文退場!」 
 「イトーヨーカ堂にも行かない!
 「イトーヨーカ堂もうひとネタ