朝日新聞・上丸洋一。こんなのが編集委員をやってるんだから、まともな
新聞ではない。

そんな上丸のツイート(1月8日)。
「首相は(あるいは、日本政府は)過去に背を向けて逃げよう、逃げようと
しているようにみえる。しかし、そうすればするほど、過去はひたひたと
追いかけてくる。過去を過去にするには、過去と向き合い、過去に真摯に
学ぶしかない。未来、未来と繰り返しても過去は消えない。」

爆笑!!
安倍首相が過去の何から逃げようとしているのだろうか?
よく分からないが、朝日新聞関係者が何を言ってるんだろう(苦笑)。

上丸のツイートの首相を朝日新聞に置き換えたら、そのまますばらしい
文章ではないか。過去だけでなく、現実からも目をそむけ、妄想に明け
暮れているのは朝日新聞だろう。
朝日新聞に「反省」という言葉はないということ。

1月11日には
「特定秘密保護法、集団的自衛権行使容認、戦争法、武器輸出解禁、
『土人』容認、カジノ法、共謀罪  どんな未来を志向しているのか!」

上丸は安全保障面だけでなく、あらゆる分野で「非武装を目指せ」と言っ
ているに等しい。安全保障も経済も、何もかも丸腰でいろと言うのか?
でも上丸の大好きな中国や北朝鮮はまったく逆の国だけど。

上丸には中国、北朝鮮の横暴は目に入らないが、日本が「普通の国」
になるのは気に入らない。
ここまで来ると、中国、北朝鮮のために日本は「非武装を貫け!」と
唱えているとしか思えない。

しかし朝日新聞にはこの手の記者が多い。まあ、だからあんなクズ紙
なんだけど。朝日新聞には極左が集まるのか、朝日に入ると極左になる
のか? どっちもかな。

若い記者にも変なのが多いから、朝日新聞がまともになることはないね。
ということは、潰れてもらうしかない!