朝日新聞・鮫島浩というのが、朝日新聞の得意技「論点のすり替え」
ツイートをしていた。しかも物事の本質を理解していないことも露呈して
いるマヌケなツイート。

鮫島浩は元特別報道部次長らしいが(現職は不明)、ツイッターでは
「ジャーナリスト」とだけある。
ジャーナリストなら、言葉をきちんと使わなといけないし、物事の本質を
理解し発言しなくてはいけない。

前置きが長くなったが、鮫島のツイート。
「領事館前の少女像設置を黙認するのはいただけないが、防衛相の靖国
参拝を黙認しておいて相手に誠意を迫るのも誠実さを欠く。あっちで設置
したのは市民団体だが、こっちで参拝したのは閣僚だ」

なんとなく尤もらしく感じてしまった人は、朝日新聞的な物言いに毒されて
しまっている。
このツイートには2つの大きな誤魔化しがある。実に朝日新聞らしい。

まず第1に、「領事館前の少女像設置」と「防衛相の靖国参拝」は、何の
関係もないまったくの別物である。何の因果関係もないし、比較ができる
ものではない。

第2に、「あっちは市民団体」、「こっちは閣僚」と言っている。これこそ
鮫島が今回の問題の本質がまったく分かっていない証拠である。
確かに少女像を設置したのは市民団体だが、それを放置(許容)している
韓国政府(自治体含む)の不作為が問題なのだ。
だから駐韓大使などの帰国になっているのだ。

こんなことも分かっていなかったとは。恥ずかしい自称「ジャーナリスト」。
鮫島は実に朝日新聞らしい記者だ。韓国擁護と政府批判を一緒にしよう
として、自分のバカさ加減を曝け出してしまった。

韓国の反日を、何とか日本が悪いからだとしたい朝日新聞。
慰安婦問題などで韓国の反日が激しくなったのは、朝日新聞に責任の
一端がある。

朝日新聞は表向き日韓友好を言っているが、その真意は政府批判を
するために韓国を利用しているだけである。