相変わらず朝日新聞が現実逃避に終始している。

1月7日の社説「韓国との外交 性急な対抗より熟慮を」は酷いものだ。
韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された
ことに端を発する日本政府の措置に対して、
「性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている」
「過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう」
「もっと適切な外交措置を熟考すべきである」
「日韓関係が再び暗いトンネルに入りかねない」
と批判している。

じゃあ、朝日新聞はどうすればいいと考えているのか?
日韓合意をまったく履行せず、さらには明らかな合意破りを許容する韓国。
朝日新聞は約束を守らない相手に、何を熟慮しろと言うのか?

朝日新聞は、何度も何度も裏切られ、さらには新たな約束も守らないどころ
か、恩をあだで返すようなことばかりする隣人に、何の対応もせず「熟慮、
熟慮」とつぶやけば、すべての問題が解決するとでも思っているのか?

多くの普通の日本人は、そうではない。
「もう、いいっ!!」「いい加減にしろ!」「もう、ほっとけっ!」となる。

それに「少女像問題の改善」って何だ???
こんな言葉を使ってまで韓国を擁護しようとしても、かえって逆効果だ。
「撤去」と書かず逃げていても、何も解決しない。
ここまでの現実逃避には呆れるだけでなく、もう哀れである。

朝日新聞に限らず左派系新聞は、韓国側が朴槿恵の職務停止で揺れて
いる過渡期のようなことを言うが、そんなことは関係ない。韓国の国内
問題である。

朝日新聞は自ら「捏造」した慰安婦問題が、すべての発端であることを
良く理解しないといけない。朝日新聞がやらねばならないことは、
「韓国のみなさん、すべて『ウソ』でした。申し訳ありませんでした」と
韓国民に謝罪することだと思うぞ。