朝日新聞12月20日の社説「オスプレイ再開 県民より米軍なのか」を
読んで、ひとつだけ疑問に思うことがあった。

内容はオスプレイの飛行再開に反対する内容で、朝日新聞の主張から
すれば当然の内容。内容に見るべきものはまったくない。
はっきり言って、どうでもいい。

で、ひとつの疑問とは、下記の記述。
「在沖米軍トップの四軍調整官が副知事に『パイロットは住宅や住民に
被害を与えなかった。感謝されるべきだ』と述べ」と、断定して書いている
ことだ。

これに関して、朝日新聞は事実確認を行っているのか?
沖縄県の安慶田副知事が言ってるだけで、ローレンス・ニコルソン在日
米軍沖縄地域調整官の発言(英文)は不明のはずだが・・・。

朝日新聞も15日の社説では「感謝されるべきだと話したという」と書いて
いる。安慶田副知事の言い分しか確認できないのだから当然だろう。
同日の別記事でも、「安慶田副知事によると」と記している。

しかし今回(20日の社説)断定したということは、朝日新聞はニコルソン
調整官の発言を伝えた安慶田副知事の発言が正しかったと、15日から
19日までに確認したことになる。

本当か??
どうやって確認したのか教えてほしい。ニコルソン調整官本人に確認した
のか? まあ、これしか確認方法はないはずだが。
まさか確認もしないで、断定調に書いているんじゃないだろうな?
それとも、安慶田副知事を全面的に信用しているからか?

安慶田副知事はこうも言っている。「謝罪は全くなかった」。
しかしニコルソン調整官は翌日の記者会見で「遺憾」であると副知事に
伝えたと答えている。また「遺憾とは謝罪のことである」とも答えている。

通訳を介しての会話の限界かもしれないが、100%お互いの意思の
疎通ができていなかった可能性がある。
そのような中での安慶田副知事の発言を、いつの間にか断定調に書く
朝日新聞の見解はいかに?

もし趣旨が違っていても、安慶田副知事が言ってたからとか、責任を押し
付け逃げるつもりだろうか。確認していないことを平気で書くのは朝日
新聞の得意技だけど・・・。
あの沖縄タイムスですら「安慶田副知事によると」としか伝えていない。

ところで、確認できただけでもテレ朝とTBSは、朝日新聞と同様に断定
調で報じている。同じく、確認できているのか?