「年末ジャンボ」が11月25日から発売されている。
1年納めのジャンボ宝くじだ。

年末ジャンボ2016 (1)
年末ジャンボは、1等賞金が7億円。1等の前後賞が各1億5000万円で、
1等・前後賞合わせた賞金額は10億円と、昨年と同様の最高額。
2等は1500万円で、昨年の1000万円から500万円の増額。3等の
100万円は変わらず。4等は1万円で5万円から減額。

昨年は宝くじ発売70周年を記念して、70万円の記念賞があったが、
当然今年は無し。

年末ジャンボ ミニ1億円
今年から新発売の「年末ジャンボ ミニ1億円」。
昨年までの「ミニ7000万円」から衣替え。
その名の通り、1等は1億円。2等100万円、3等3000円、4等300円。

年末ジャンボ プチ1000万
さらに「年末ジャンボ プチ1000万円」も新登場。
1等1000万円。2等100万円、3等3000円、4等300円。

年末ジャンボ2016 (2)
地元チャンスセンターのジャンボグッズは「メモ用紙」。
何のキャラも書いてないシンプルなもの。でも実用性があるからOK。

最近のジャンボはミニ7000万円みたいのを併売するようになったが
(今回はミニ1億円とプチ1000万円)、本来は1枚の宝くじでこれらの
賞金を網羅させて然るべきである。

上の賞金額を厚くすれば、下の賞金が減額される。かと言って、下を厚く
すると上の賞金額が抑えられ、夢を売る宝くじの魅力がなくなる。
一見、難しい問題のようだが、そんなことはない。すべてのガンは宝くじの
還元率が異常に低いことだ。

中央競馬の還元率が約75%なのに対し、宝くじはたったの約48%!
建前上は売り上げの約40%は全国都道府県、政令都市などの公共事業に
使われることになっているが、お役人の天下り法人にも相当流れている。

こういうところを変えることなく、1等(+前後賞)の賞金額ばかりアップ
させても、宝くじの売り上げが今後伸びることはないだろう。
とは言え、毎回買ってしまう自分が悲しい。早く億円を当てて、卒業したい
ものだ。