「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、そのトップ10に
「保育園落ちた 日本死ね」が選ばれ、肯定派、否定派双方の議論が
活発だ。

最初に言っておくが、オレは「否定派」だ。
理由は簡単。子供たちに何と説明するのか?

肯定派は「特定個人に向けられていない」「比喩だ」「悲痛な叫びだ」
とか言っている。元の発言主の真意が例えそうであっても、世の中に
大きく取り上げられ(流行語大賞)、子供たちの目に触れた場合に
悪気なく、安易に「◯◯ちゃん死ね」などと誤用される恐れが多い。

当然「そんなこと言っちゃダメ!」と注意するだろうが、「じゃあ、TVで
言ってるのはいいの?」と聞かれたら、何と説明するのか?
あれは「比喩だ」「悲痛な叫びだ」とでも説明するのか?

子供の世界を甘くとらえてはいけない。世の中に出回る言葉の意味を
問わず使うのが子供たちだ。もちろん悪気はない場合が多いが。

「日本死ね」などという言葉を流行語として表彰する異常さを、異常と
感じないのは、この言葉を政治的に利用しようとした勢力から見れば
大成功といったところか。

朝日新聞・伊丹和弘の当時の意見を書いておこう。
「批判するときほど冷静に。一番やってはいけないのは、死ね、殺す、
殴るなどの言葉を使った段階で正当性を失う」
と言っていたのに、これが政治的に使える!と考えた瞬間に、
「あの日本死ねには党派性がない。子育て世代の悲痛な叫びである
ゆえに大きな共感を生んだ」
だってさ。
(「朝日新聞の記者ってどうしてご都合主義なのか?」参照)

自分の日頃の言論を変えてまでも、政治的に利用した朝日新聞記者。
結局、こういう連中が集まって喜んでいるだけ。
こういうことも、この言葉を流行語として表彰することには反対だ。

それに、流行語大賞自体がもう不要だ。即刻やめた方がいい!

関連
 「流行語大賞なんてやめた方がいい
 「新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない
 「新語・流行語大賞は左翼の叫びでしかない その2
 「選考委員を見れば実態が分かる流行語大賞