萩生田官房副長官は11月23日に東京都内で開かれたシンポジウムで
「強行採決というのは世の中にない。審議が終わって採決するのを強行的
に邪魔する人たちがいるだけだ」と民進党などの対応を批判した。

ちょっと長いが引用すると
「あの(野党の)人たちが本当に声を枯らせて質問書を破りながら腹の底
から怒っているかといったら、『田舎のプロレス』と言ったらプロレスの人に
怒られるが、ここでロープに投げたら返ってきて、空手チョップで1回倒れて、
みたいなやりとりの中でやっている。ある意味、茶番だと思いまして、もう
そろそろこういう政治のあり方は変えるべきだと思っている」

これを普通に読めば、「野党」のやっていることはパフォーマンスありきの
反対のための反対だと言うこと。つまり「田舎のプロレス」で「茶番」。まあ、
採決時にプラカードを作ってきて、カメラ目線で掲げている姿を見れば一目
瞭然の茶番だ。

ところが朝日新聞の記者は、これを「強行採決は田舎のプロレス」という
見出しで報じた(朝日新聞デジタル)。

朝日新聞記者はこの場にいたようで、発言内容をかなり詳しく報じている。
それなのに、なぜ上記発言が「強行採決は田舎のプロレス」ってなるのか?
まったく理解できない。

野党の行動が「田舎のプロレス」で「茶番」なのに、政府の採決が「強行
採決」であり「田舎のプロレス」「茶番」と誤誘導している。真逆の印象を
与えようという意図が丸見えである。

朝日新聞が「強行採決」で政府側に問題ありと考えていて、萩生田官房
副長官の発言に納得がいかないなら、正々堂々批判すればいいだけの話。
それを、わざわざ曲解見出しを付け、政府自らが「茶番」だと認めているか
のごとく報じるのは何なんだ。

新聞などで、見出ししか見ない人は多いので、何とかなると思ったのか
クズ新聞さんよ。

*個人的には、発言趣旨は的を得ており正しい認識と考えるが、野党の
  「茶番」を「田舎のプロレス」との例えは不適切で不愉快である。
  「田舎のプロレス」をバカにしてもらっては困る。そこには観客を楽しま
  せるという大きな目線があるからだ。国民(有権者)無視の野党(特に
  民進党)などと同等に扱うことは、本当に失礼である。