朝日新聞の10月23日の社説「トランプ氏 民主主義損なう暴言だ」
には、呆れるとともに大爆笑してしまった。

米国共和党大統領候補・トランプ氏が「選挙結果を受け入れるか」との
質問に明言を避けた後に「受け入れる」と語ったが、「自分が勝てば」
としたことに対して、朝日新聞は
「米国の民主主義のありようが問われかねない事態だ」だってさ。

まあ、トランプ氏の言ってることは民主主義の大前提である選挙制度を
否定しかねない発言で、批判されてもしかたがないだろう。
でも、朝日新聞が言ってはいけない。断じていけない。

なぜか? 過去、朝日新聞は民主主義を否定する記事を書きまくって
いるからだ。特に選挙結果に対して。

2014年の衆院選に関しては
 民主主義は数の多寡だけで判断されるべきものではない
 投票率が低かったから、こんな結果は民意ではない!
などと、戯言を繰り返したのが朝日新聞だ!

さらに2013年の参院選時に自治労が起こした不正開票問題では、
誤認から始まったと終始自治労を擁護し批判すらしなかった。

こんな朝日新聞がトランプ氏の発言を「米国の民主主義のありようが問わ
れる」とか言うんじゃない!! 自分は民主主義を否定しているくせに。

朝日新聞は米国の民主主義は心配するが、自分の意のようにならない
日本の民主主義は否定するってことか?

社説中で「選挙での勝利で政党の候補は国民の大統領になる。敗者も
これを受け入れる」とか書いているが、負けを認めず悪あがきをしている
のは、朝日新聞自身じゃないか!

本当に呆れて呆れて物も言えない。こんなクズ新聞が存在すること自体が
信じられない。潰れてもらうしかないな。