朝日新聞の政治断簡というコラムは、政治部記者が駄文を載せて悦に入る
「気味の悪い」コラムだ。

「気味が悪い」
「気色が悪い」
「気持ちが悪い」
と高橋は言う。何のことかと言うと、安倍首相の所信表明演説に自民党
議員がスタンディングオベーションを行ったこと。

さらに高橋は言う。
「なぜ海上保安庁、警察、自衛隊に限って敬意を表するのか。日本は
かつてそうやって、少しずつ道を踏み外していったのではないか」

高橋が自衛隊違憲・廃止論者だろうが、中国や北朝鮮大好きだろうが
いいだろう。個人の思想・信条に口を出すことはしない。
しかし、他国の横暴に対して頑張っている人々に、敬意を表することに
何の問題があるのだろうか?

なぜ海保、警察、自衛隊だけなのか? と言った論調をしているクズ紙も
あるが、話の文脈だろうが。その他、公的な職業の人々に敬意を表して
いないなんて捉える方がどうかしている。

しかも、これらに敬意を表すると道を踏み外すと言っている。はぁ~??
新聞記者とは思えない論理の飛躍。まあ、朝日新聞的には飛躍でも
何でもないのだろう。キーセンに売られた貧しい朝鮮女性を「連行された」
などと書いて、何も感じない新聞だから。

高橋の駄文を喜んで読んでいる朝日新聞読者もいるだろう。でも老婆心
ながら言っておく。「ねえ僕ちゃん、どれにする?」とか、安倍首相を
揶揄するような表現はやめた方がいい。自分の品性下劣さを際立たせる
だけだぞ。