中日新聞は、中日新聞と東京新聞に掲載した「新貧乏物語」の連載記事に、
事実とは異なる記述などがあったとして、両紙の10月12日付朝刊に
「おわび」を掲載した。インターネットに掲載していた当該記事も削除した。

原因は取材班の一人が事実と異なる取材メモを作成し、それを基に原稿を
書いたことだという。
また、当該記者は「原稿を良くするために想像して書いてしまった」と話して
おり、ねつ造を認めている。

原稿を良くする??
どういう基準に対して「良くする」なんだ?
この記者の価値観にから見た「良くする」でしかない。

つまりは、最初に記事ありきなのだ。そのストーリーに従って書いている
だけ。ストーリーに合わなければ事実を「曲げる」。それでも足りなければ
「捏造」する。

どこかで見たようなことだと思ったら、朝日新聞の数々の捏造と同じ。
朝日新聞が新聞とは名ばかりの紙クズでしかないように、中日・東京新聞
もただの紙クズ。記者も佐藤圭や久原穏のような左翼活動家ばかり。

多分、もっとたくさんの「捏造記事」が隠されているだろう。
朝日新聞ともども廃刊してくれ。それが日本のためだ!